地震予測 水曜日が満月なので,潮汐力が大きくなってきています。

2016年07月18日 19時20分05秒 | 平年差に基づく毎日の予測(図入り)
水曜日が満月ですので,潮汐力が大きくなりはじめています。 やや大きめの地震が発生する可能性もありますが,どちらかというと,九州から伊豆沖あたりに向かって,冷熱流の動きがあるので,沖合での地震が中心になると考えています。 地殻内部では相変わらず強い熱的変動がありますが,巨大地震が発生するような方向性ではないようです。 ------------- 大潮のときには,地殻内部の熱が上昇気流を作りや . . . 本文を読む
コメント

地震予測 関東地方は、注意レベルを上げて下さい

2016年07月14日 11時47分27秒 | 平年差に基づく毎日の予測(図入り)
内陸部で地震が発生しやすい状況になっています。 高エネルギー電子数も増加しています。ただ低気圧があるので、地震抑制力として作用するのですが、潮汐力が時期に、大きな地震が来ることが、昨年から多くなっているので、注意レベルを上げておくのが良いと思います。 . . . 本文を読む
コメント

地震予測 明日は、上弦の月。注意が必要です。

2016年07月11日 05時55分04秒 | 平年差に基づく毎日の予測(図入り)
大規模な地震が発生するタイミングが、3.11のころから大分ずれてきているのですが、この上弦の月の時というのは、注意レベルを上げておくべき日です。その前後二、三日も含めて、注意レベルを上げておきましょう。 熊本を中心とする九州では特に注意レベルを上げておく必要がありますが、これからの時期は、関東や伊豆、甲信越など内陸部での大きめの地震に対する注意が必要です。 . . . 本文を読む
コメント

地震予測 猛烈な台風1号が発生しており,台風時の特徴的な地震発生となります。

2016年07月06日 17時43分37秒 | 平年差に基づく毎日の予測(図入り)
まずは,熱流の動きですが,太平洋側から日本海側への動きとなっているために,海洋部における大規模な地震は発生しにくくなっています。 一方,猛烈な台風が沖縄から中国南部に移動しているために,台風が接近する直前,通過した直後に,やや大きめの地震M5からM6が発生する可能性があります。この場合,内陸部での地震発生となるために,注意レベルをあげておく必要があります。熊本もまだ揺れやすい状態なので,南西諸島 . . . 本文を読む
コメント

地震予測 冷熱の流れは,地震が発生しにくい方向です。

2016年07月03日 19時29分33秒 | 平年差に基づく毎日の予測(図入り)
冷熱の流れは,地震が発生しにくい方向となっています。 明日は,新月ですので,日中に内陸部でのM5程度の地震に注意が必要です。 黒点数は,最近は,ずっとゼロとなっているので,内陸部で大規模の地震は発生しにくいとは思いますが,新月,満月のときには,いつもよりは注意が必要です。 ----------- 三陸沖あたりにある温熱塊が発達しています。これは,巨大化してくると,M6クラスの地震発生の原因 . . . 本文を読む
コメント