地震予測 インド洋からの強い冷熱流が来ています。三陸沖,小笠原,沖縄,台湾は要注意です。

2017年03月18日 20時13分53秒 | 平年差に基づく毎日の予測(図入り)
かなり強烈な冷熱流が来ています。

これは,沖縄から小笠原に抜ける非常に強い熱流で,毎春,桜の咲くころにあります。今年は少し早いようです。インド洋からの冷熱流ですが,インド洋にはまだ冷熱が大量にあるので,今年の春だけでも何度かあるかもしれません。

さて,この冷熱流があるときには,三陸沖あるいは小笠原諸島でM7クラスの地震が海洋部であります。そのため,震度はそんなに大きくはなりません。

ただ,このM7クラスが発生する条件のひとつとして,この冷熱流と同時に東北地方にも東向きの強い冷熱流がなければならないのですが,今年は,西向きで,かつ,大規模地震が発生しにくい北向きの冷熱流が発生しています。

つまり,条件はそろっていないので,この冷熱流によってM7クラスが発生する可能性が極端に低くなっています。

---------------

ということで,安心してください,というように言いたいところなのですが,正月前後とこの時期のM7クラスの規模の地震は,条件さえそろえば,確実に発生するため,注意は怠らないようにしているのがよいと思います。

なお,M7クラスなので,さすがに小規模の津波は発生しますが,人災になるほどの規模の津波にはなりません。

---------------

台湾から沖縄にかけても注意が必要です。こちらは,M7になることはありませんが,最大でM6クラスは発生する可能性はあります。

こちらも海洋部なので,マグニチュードの割には最大震度は大きくはなりません。

---------------

このサイトの地震予測は,二日後まで有効ですので,明後日まで有効ということになります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予測の修正 | トップ | 地震予測 3月26日から3月28... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。