考察 魚の大量死の原因

2017年02月07日 18時29分28秒 | 予測のための仮説の考察ほか
地震予測はお休み中ですが、毎日考察だけはやっています。少し休みを取ると、また、新鮮な目で見る事ができます。

たまたま、魚の大量死の原因を思いついたので、ここにメモっておきます。

太陽フレアや太陽風が原因となる磁場変動によって、近く内部に大きな電流が流れることは知られています。送電線に電流が流れると言うようなこともしばしばあります。

海は、イオンがたっぷりあるので当然電流が流れやすいことは言うまでもありません。
磁場が変動すれば地殻中とおなじく、大きな電流が流れるでしょう。特に深海では熱による海水の対流も少ないため、電流が流れやすいと推論する事ができます。

しかしもしたまたま対流がほとんどない海域に、魚が大量に集まっているところで磁場変動が有ったらどうなるでしょうか?

当然電流が流れるはずです。その電流は大きい時もありまた小さいこともあるでしょうが、何せ惑星レベルの磁場変動です。雷クラスの電流が流れても全くおかしい事ではありません。

感電死とまでいかなくても、魚の神経系を麻痺させるぐらいの電流がながれることは十分考えられる事です。

試しに、過去に魚が打ち上げられたと言うニュースを調べて、その時に磁場変動が大きいかどうか調べて見たところ、これがピッタリ合いました。

全ての原因とは思いませんが、こう言う魚の大量死もあるのだと思います。

そういえば、3.11の頃にもイルカの大量死のような話があったと思います。

あの頃の磁場変動は、太陽フレアも最大級のものが来ていました。

ーーーーーー

地震の最大の原因の1つに、磁場変動があるので魚の大量死と地震は磁場変動を介して関連していると言う事ですね。

つまり、地震前兆の1つとなります。

また、魚が打ち上げられた地域は、地震が発生しやすいと言っていいと思います。しかしだからと言って、100パーセントくるかと言うと、そう言うものではなく、可能性が高くなると言う事であります。地震の発生は複合的な前兆で判断されるべきものだからです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 休み中ですが、先ほどの続き... | トップ | 地震予測 二月から三月にか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。