地震予測 強い熱流が北陸から関東方面に。やや規模の大きな地震が発生しやすいパターンです。

2016年12月06日 20時26分44秒 | 平年差に基づく毎日の予測(図入り)
一週間ぐらい前から関東地方に強い温熱インパルスがあり,注意を促していましたが,まだ,その勢いは衰えないようです。

ただ,温熱なので,M4クラスどまりにはなっいますが,結構きわどいところで発生しいます。



幸い地下深くに発生しているので,あまり体感はありませんが,地下で温熱が確実に動いていることを示す地震分布となっています。

警戒というよりは,やや注意が必要というぐらいでしょうか。明日は,上弦の月なので,

---------------

さて,こういうときには,地球内部からの熱上昇も多いので,低気圧が次々に発生し,規模が大きくなっています。



最近はすこし日本域は冷えてきたと思っていましたが,再び暖かくなって,そして,また冷え込みそうです。

寒くなったり暖かくなったりを繰り返しながら,徐々に冬になっていくということですね。

寒くなるときには,地殻が収縮するので注意が必要です。

いつもくしゃみのような地震といっていますが,台所のステンレスのシンクに熱湯をそそぐとステンレスは膨張しますが,そのあと,収縮するときに,ボコンという大きな音とともに振動します。急に冷え込むときというのは,地殻がこんな状態になっているのですね。たとえがあまりよくなくてすいません。地震が多い地方では,「急に冷え込むと地震」,と思っておいて間違いはありません。

--------------

ところで,ハワイでは冷熱がかなり強く動いいたので,噴火があるかと思っていたのですが,ハワイは冷熱が動くて,火山の山頂は猛烈な吹雪となっており,とても南国の火山とは思えないような状況となっています。また,噴火というよりは溶岩が流れ出るのがハワイの火山ですが,溶岩の量も増えているようです。

--------------


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地震予測 北陸から関東に抜... | トップ | 地震予測 関東方面は落着き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。