(返答) いただきましたコメントにつきまして

2013年07月15日 06時58分59秒 | 地震に向き合う
さっそくコメントをいただきましてありがとうございます。 わたしの書き方が悪かったのですが、具体的な作業協力を求める、というつもりはありませんでした。大変申し訳ありません。 --------------- 最近はすこしずつ忙しくはなってきましたが、このサイトはずっと続けるつもりですし、かつ、情報は無料で提供しつづけます。なにより、今では、わたしの生活の一部になってしまいました。 ------ . . . 本文を読む
コメント

地震と向きあう(その2)-地震の恐怖と闘う

2011年05月13日 10時06分15秒 | 地震に向き合う
前回、個人という観点からは、個人の存在そのものを根底から揺り動かすのが地震という存在である、というようなことを書きました。 その結果は、単に精神的肉体的に消耗するだけでなく、自己が根底から揺り動かされる、自信が持てなくなる、信じれる確たるものがなくなってすぺてのものが疑われてくる、などの人間存在の根幹に関わる諸問題が現れるようなことにつながっていきます。 経済的打撃というものも同じです。経済的 . . . 本文を読む
コメント

地震と向きあう(その1) -地震を哲学する知的フレームの構築

2011年05月08日 01時00分00秒 | 地震に向き合う
地震というものを哲学的にどのようにとらえればいいのか? これが最近のわたしの問題意識でした。 哲学を道具として使い、地震の予測技術を作り上げてきました。まだ、地震予知技術という意味ではまだまだデータを積み重ねないといけないという意味で道半ばですが、理論的にはほぼ完成しています。 しかし、今回ここでとりあげようとしている話題は異なります。地震を形而上学的にとらえようとする試みです。 (なお、 . . . 本文を読む
コメント

塩としょうゆを追いかける中国人、トイレットペーパーを追いかける日本人 -今回の大地震の余波

2011年03月17日 19時09分57秒 | 地震に向き合う
中国人というのはよく観察すると、とても奇妙で面白い。いや、思わず噴出してしまうような不思議なことをする。 それは、もはやはるか昔に絶版になってしまったが、100年以上も前に出版されたA・H・スミス著「支那的性格」に見事に描かれている。 さて、それはそれとして、今回の大地震がきっかけとなって中国人が不思議な行動を取り始めた。 ---------------------------------- . . . 本文を読む
コメント

震災後の心的外傷 トラウマ PTSD(Post-traumatic stress disorder)

2011年03月15日 05時54分04秒 | 地震に向き合う
以下は、ジュディス・ハーマンの著書「Trauma and Recovery」と、「精神医学の名著50」(平凡社)において、今回の東北地方太平洋沖地震ももちろんであるが、過去の大規模地震などの被害時においても適用できる被災者における心のケアに必要な情報として、抜粋したものである。一部、例が適切でない場面もあるが、参考情報として削除しなかった。 大規模地震における被災者には、その地震の恐怖を感じると . . . 本文を読む
コメント