これは したり ~笹木 砂希~

面白いこと、妙なこと、不思議なことは、み~んな私に近寄ってきます。

池袋にあるパリ

2016年09月15日 22時30分02秒 | エッセイ
 昨日、池袋西武に行った。用事があるのは8階だったが、ふと7階の催事場をのぞいてみようかと思いつく。
 いわゆる「嗅覚」である。
 何か掘り出し物があるかしら、と小さな期待を抱いて、下りエスカレーターに乗った。
「パリで味わう美食街道」
 これが今回の催し物のテーマであった。その日はたまたま初日だったが、結構な人出ではないか。フランスパンやクロワッサンを販売しているショーケースの前には何人もの客が並び、活気が渦を巻いている。
 フラッと歩いてみると、ワインありシャンパンあり、デリカテッセンにシュークリーム、チーズ、クレープ、チョコレートなどなど、欲しいものがいくつも並んでいて驚いた。パリの街並みには程遠いけれど、祭りの屋台の高級版といった感じで、賑やかさが心を浮き立たせる。
「ちょっと待って、案内図、案内図」
 これは全体像を確認した方がいいようだ。チラシと会場案内図をゲットし、座れる場所を探す。
「ワイン&シャンパンバー」
 キラリと目が光った。決してダイヤモンドではなく、割れた牛乳瓶の破片のような輝きであったが、ここらで作戦タイムを取った方がよさそうだ。600円で飲めるグラスシャンパンを頼み、じっくりチラシを眺めた。
「今回はトリュフに焦点を当てているのか。トリュフオムレツにトリュフスープ。美味しそうだな」
 次に、いつ、これを食べようかと画策する。展示は19日まで。時間がたつにつれて混みそうな雰囲気だから、連休の前がよさそうだ。
 というわけで、今日は夫と娘を連れて、催事場で夕飯をすませることにした。
「ル カフェ ドゥ ジョエル・ロブションだって!『フォアグラとパルメザンチーズのリゾット トリュフとともに』ってヤツは外せないね」



 3人でチラシの写真に顔を寄せる。これが一番美味しそうだ。
「でも、このトリュフオムレツも美味しそうだから、先にこっちを食べて、次にフォアグラでいいんじゃない」
「そうだね、そうしよう」
 待つこと十分。アルチザン・ド・ラ・トリュフの「トリュフオムレツ」がお目見えした。



「わあっ、すごい! いい香り」
 香りだけではない。濃厚なマッシュルームソースがオムレツに絡み、トリュフと並走しているのだ。二人三脚の美味しさで、あっというまに平らげた。
 夫は足りなかったらしく、トリュフピッツァも注文していた。



 こちらは、ピザ生地にも価値がある。サクサクで見事な仕上がりなのだ。
「でもさあ、何でパリなのにピザなの?」
「知らん」
 それから、本命のフォアグラをいただく計画だったが、予定外のことが起きた。
「えっ、SOLD OUTだって」
「うっそ~」
 何と、一番食べたかった料理はすでに売り切れていた。これでは腹の虫が収まらず、胃袋の隙間に詰め込むものはないかと、スリのような目つきで会場内を探して回った。
「ここはどう?」
 ブイヤベースカレーなるものを見つけ、「ウホウホ♪」と店内に乱入した。



 魚介類のうまみが凝縮されたようなカレーであった。味は相当上のランクであるが、見た目が寂しい。ボイルしたエビでも載せて、もっと盛ればいいと思うのだが。
 夫はピザでお腹いっぱいになり、ここではアイス最中を頼んでいた。



 人のものを見て、自分も欲しくなる。母からはよく「見るもの乞食」と言われたが、今でも変わらないようだ。冷たいデザートなら、ユーゴ・アンド・ヴィクトールの「チョコレートソフトクリーム」がいいだろう。



 ビターで甘さ控えめのチョコが、口の中で香ばしく広がり、「食べたっ」と実感する味に仕上がっている。無言で食べた。
「あー、満足満足」
 3人して、重たくなったお腹を抱え、家に向かってえっちらおっちら歩き始めた。
 普段からすれ違いの多い家族だが、食べ物が絡むと急に仲良くなる。
 さて、次は何のイベントが待っているのかな。


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名探偵? 笹木砂希 | トップ | キャベツとアフタヌーンティー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全員集合 (白玉)
2016-09-17 07:29:30
いつもはお留守番のことが多いダンナ様。今回はごちそう尽くしでよかったですね。
イベントの飲食物は、量が少なめという印象。
なるべくいろいろ食べてもらおうという魂胆でしょうか。
けっこうな散在になったのではと思いますが、みなさんそれぞれ大満足のようで、よかったよかった。
出不精 (砂希)
2016-09-17 20:31:14
>白玉さん

脂肪肝と診断されてから、夫は出かけるようになりました。
今までは家でゴロゴロするのが好きだったんですけどね。
食後の運動を推奨されたせいでしょうか。
そんな背景もあり、30分ほどで行かれる池袋に来たようです。
たしかに、イベントでは「これっぽち?」という量しか出てきません。
今回もそれに近かったかも…。
カレーのご飯が少なかったのはありがたかったのですが(笑)
医食同源 (Hikari)
2016-09-18 05:38:05
ジョエル・ロブションとは、あの、世界一ミシュランの星を持つシェフと呼ばれる人ですよね?
その人のお料理ならば、きっとものすごく美味しいのでしょう。
さすが、砂希さん、そういう嗅覚が素晴らしい!

脂肪肝に血糖値、大丈夫?と思ったけれど、イベントのお料理は少量なのね。
いつも見るばかりなので知りませんでした。
それなら「家族の仲を取り持つ薬」と思えば、ナイスですよね。

オマケですが、新宿京王百貨店にあのサンダルの直営店があると知りました。
私は通販で買いましたが、秋・冬の靴も欲しいです。
見に行こうかなぁ。
催事場 (ヤッギー)
2016-09-18 15:27:50
「パリで味わう美食街道」とても興味が沸きました。

トリュフやフォアグラのお料理は値段が高かっただろうな。手頃なお値段なら食べてみたいです。
京王百貨店 (砂希)
2016-09-18 20:30:07
>Hikariさん

そうそう、そのロブションです。
といっても、カジュアル仕様になっているようですが。
食べられなかったことが残念…。
トリュフオムレツも美味しかったですよ。
付け合わせのフランスパンもフワフワでイケてました。
脂肪肝に腹部大動脈石灰化、高血糖値のなんのその、たまのお楽しみです。
我が家は食べ物がないと仲良くなれないかも(笑)
そうですか、あのサンダルは京王百貨店にありましたか。
池袋西武には「リゲッタ」が並んでいたような気が…。
あれもいいですね。
耳寄り情報をありがとうございました。

高め (砂希)
2016-09-18 20:34:19
>ヤッギーさん

値段は高めでした。
常設店舗だったら食べなかったかも。
19日までという限定だと、「ちょっとくらい高くても」という気になります。
トリュフオムレツは2160円(だったかな?)
フォアグラのリゾットは3240円(だったような)でしたもの。
各店舗ではワインも提供しています。
お値段はほどほどでしたが、口当たりがよくてお料理に合うんです。
たまの贅沢しちゃいました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL