これは したり ~笹木 砂希~

面白いこと、妙なこと、不思議なことは、み~んな私に近寄ってきます。

擬音過剰エッセイ

2014年10月09日 19時26分20秒 | 過剰エッセイ
 本来、土曜日は休みなのに、その日は二十代の先生の保護者面談に立ち会わねばならず、ドタバタと勤務校に向かっていた。
 こういうときは、前向きに考えるに限る。「運動不足だったから、もっと動いたほうがいいよね」とか、「どうせ家にいてもダラダラするだけだし~」などと合理的な理由をつけるのだ。単純な私は、カチャッと気持ちが切り替わり、「いくぜいくぜ~」と弾みがつく。
 ガラッと勢いよく職員室のドアを開けると、すでに来ていた若手先生が見えた。寝癖風にふんわり整えられた後頭部がクルリと回転し、恐縮した口元から「おはようございます」の挨拶が飛び出す。男性にしては少々高めの声で、返した私のほうが低音だったかもしれない。
 二言三言会話を交わし、せっせと試験問題を作りながら保護者を待つ。待ち時間は意外に仕事の効率がいい。静かな職員室では、サラサラと鉛筆の走る音まで聞こえてくる。
「ピピピピピッ」
 静寂を遮るように、外線の着信音が響き渡る。若手が素早く手を伸ばし、シュバッと取ったら件の保護者のようだ。
「笹木先生、もう到着されたそうですから、そろそろお願いします」
「はい、わかりました」
 最初は母親だけが来る予定だったが、父親も都合がつくからと同席してくれた。息子の問題行動や学習態度、交友関係について話すと、うんうんと頷きながら聞いていた。
「家でも決まりを守らなくて、怒ってばかりいます」
 イヤなことを思い出したかのように、父親がハアッとため息をつく。たまに、教員の話を受け入れない家庭があるのだが、そういう雰囲気ではなかった。これなら、協力体制が取れそうだ。電話では伝わらないこともあるので、来てもらってよかった。
 息子の話以外に雑談も交わし、一時間ほどワイワイと情報交換したあと、「また何か起きたら連絡します」と挨拶して見送った。
「スムーズに終わってよかったですね。じゃあ、私は帰ります」
 お昼は、娘にカルボナーラを作ってやることになっている。とっとと帰って材料を買わねば。荷物を持ち、スッと立ち上がったら、若手先生がはにかみながら紙袋を差し出した。
「今日はありがとうございました。よかったら、これ、召し上がってください」
「えっ、ありがとう~」
 若い異性から物をいただくのは、ホワイトデーくらいである。今回は予想外だったので、思いのほかうれしくて、心臓がピョコピョコ踊りだしそうになった。
 ちょっと行儀が悪いけれど、電車の中でゴソゴソ袋の中をのぞいてみる。



 マウントバーム モンブラン・デコレ

 私の好きな「ねんりん家」の季節商品らしい。
 ちなみに、中はこんな感じになっている。



 何と気の利く子なのかしら!
 休日出勤もなんのその、喜びパワーがドワッと噴き出し、バッテリーが満タンになった。
 さあ、スーパーにいくぜいくぜ~!


    ↑
クリックしてくださるとウレシイです♪

※ 他にもこんなブログやってます。よろしければご覧になってください!
 「いとをかし~笹木砂希~」(エッセイ)
 「うつろひ~笹木砂希~」(日記)
『スイーツ』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 低カロリーのカルボナーラ | トップ | 2014 鴻巣花火大会 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (YUMI)
2014-10-09 21:25:02
お疲れさまでした。
しかし、何と気が利く若者ではないですか。
ねんりん屋美味しいよね。
うーん、私が辞める直前の20代の若者って、まだ新採用を採用し始めたところだから、優秀な人には違いないだろうけれど、甘やかされていて、年長者に対する礼儀とか酷かったよ。
あれは、その個人が酷かったのかな、複数だけど。
面談 (ヤッギー)
2014-10-10 06:33:53
ウチも三者面談などは旦那様にお願いしています。やっぱり父親が来ると違いますよね~。

バウムクーヘン美味しそう。でも甘すぎたんですね。

こういう心遣いはありがたいですよね。
擬音過剰コメント (片割れ月)
2014-10-10 08:09:12
ひょえーーーーっ!!!
やっぱりピチピチの若い方が良いですか?┐(´д`)┌ヤレヤレ
その若い先生は以前のルンルン担任にもピョコピョコ同席してもらった方が良いとヒョコヒョコ考えるほどですから、元々気が利くのでしょうね。
くれぐれもモグモグ甘いものにヒョイッと釣られてヒラヒラ舞い上がらないようにしてください。Σ( ̄ε ̄;|||・・・
休日の面談、お疲れさま。三時間で済みましたか(笑)
私だったら学校に呼ばれたらいろいろ理由を付けて女房に行かせるダメな父親かも(_ _;)…パタリ
【ワン】 (心機朗)
2014-10-10 08:42:30
擬音過剰…ってタイトル見た刹那、特撮『超人バロムワン』の主題歌を思い出しました。
「二人が一人。バロロ~ム♪」
さて、休日出勤お疲れさま。
休日出勤は他の人に影響されることなく仕事hはかどりますよね。
また面談とはたいへんですね。若い先生にとって相手は年上ばかりだからやりにくいだろうな…。
砂希先生のようなベテランがついてくれてれば安心ですね。
まぁ同調されるような内容だったようでよかった。
読んでてドラマ『美咲ナンバーワン』を思い出しました。香里奈さん主演で、六本木のNo.1キャバクラ嬢が辞めて高校教師になる話で、三者面談で母親の代わりに来た父親と挨拶交わしてよくよく顔見たら常連客だった…ってんで、話盛り上がっちゃって、娘(=生徒)は置いてけぼりの唖然顔…。
プレゼントの用意なんて若手先生も砂希先生のことわかってらっしゃる。
また相談の付き合い、誘われるんじゃない?
礼儀 (砂希)
2014-10-10 20:12:38
>YUMIさん

いやあ、この若手は貴重なんです。
朝は7時に出勤し、電話は率先して取りますから。
仕事分担でも、なり手がいないと「僕でよかったら…」と手を上げてくれます。
マジメすぎるところが心配になりますよ。
この2年間で、私の好みを把握したようで、喜びそうなものが的中しました。
家族3人で分けてちょうどよかった(笑)
いいお父さん (砂希)
2014-10-10 20:15:00
>ヤッギーさん

両親揃ってお見えになる家庭は、夫婦仲がいいんだろうなと思います。
逆に、母子家庭で、お母さんが男性化している家もありますね。
何か文句を言わなくちゃって感じの人もいます。
バウムクーヘンは、クリームの部分が甘かった…。
カステラのところは申し分なかったのに。
ピチピチ (砂希)
2014-10-10 20:19:21
>片割れ月さん

うーん、そりゃ若いほうがエネルギッシュだし、可愛いですよ。
恋愛対象にはなりませんが。
この若手は猫に似ているかも。
スリムでしなやかな感じです。
でも、ヒラヒラ舞い上がらないようにします(笑)
結構、おじさんはお菓子を配ったりするんです。
でも、若い男性はあまりないかな~。
ちょっと女性的な若手なので、気が利いたのかもしれません。
片割れ月さんは、担任が若くて美人だったら、面談に進んで出かけたかもね(笑)
なつかしい (砂希)
2014-10-10 20:24:06
>心機朗さん

私も20代、30代のころは、保護者対応が苦痛でした。
何しろ、子どももいない人間が、年上の相手に「お宅のお子さんはここがいけない」と指摘するんですから。
親が反感持つこともありましたよ。
今は、同世代か年下になったので気楽(笑)
余計な話で盛り上がる年齢になりました。
「美咲ナンバーワン」私もちょっと見ましたよ。
ありえないと思っても、現実から遠すぎて違和感なかったかも。
「GTO」もチラ見していました。
休日面談 (Hikari)
2014-10-13 08:17:28
努力が形で報われると、大人だってうれしいですよね。
私のチームにも、私より年上ですが、
「この仕事やりきったら、ご褒美シールちょうだい!」
とおっしゃる方がいて、冗談紛れにお好きなスヌーピーのシールを差し上げました。
そしたら、ニパーッと笑顔になって、差し上げたシールをいまだに机に貼って嬉しそうにされています。
お好きなチョコレートの小箱にしてあげたら、もっと喜ばれたのかな?
気が利かないおばさんで、ごめんあそばせ。
ご褒美シール(笑) (砂希)
2014-10-13 11:33:44
>Hikariさん

Hikariさんの部下の方なんでしょうか。
おちゃめなんですね。
ニパー?
ニヤーよりいやらしくなくて、明るめの笑い方という気がします(笑)
スヌーピーが好きってことは犬派かしら。
小箱もいいけど、意外に使いみちがないので、シールで正解だったと思います。
私は6月にもらった土方歳三の栞をデスクマットに挟んで、ときどき眺めてはニマ~。
攻めなきゃいけないとき、パワーをもらっています。

コメントを投稿

過剰エッセイ」カテゴリの最新記事