おもしろ探しの部屋

ニュース、グルメ、映画、情報、出会い・・とにかく人生楽しいことがあるといいな

今日はたい焼きではなく たいブッセ

2017年05月05日 | デザート


 この前の淡路サービスエリアで食べたカレーうどんに続き、今度は甘い物をご紹介。

 同じ淡路サービスエリア(上り線)で、たいブッセを発見。僕にはあまりなじみのないブッセ?調べてみたら、フランス語で「ひと口」という意味ですが・・・・?僕が食べたたいブッセは、一口で食べられる大きさではありません!

 お土産売り場の壁際に冷蔵庫(冷凍庫)が置いてあり、その上に「淡路SA限定 たいブッセ」の文字。これは買いか?たい焼きなら即購入ですが、の形をしたブッセですよね・・?結構迷った末、買ってみました。


                      

 手に持ったたいブッセは、硬く冷たい。包んでいる袋の中は、気温差で水滴が発生してます。そんな状態から、暖かい明石海峡の潮風の中に放ちました。するとどうなるか・・・?う-別に目に見えて変化なし。そりゃそう-だ、すぐには変わりはしません。逆に「溶けないうちに食べなくては」と思ってしまいます。
 まずたいブッセの頭をガブリ(いつものたい焼きを食べる時と同じ)。若干ですが、たいブッセの表面がしっとりしているような?でも中はまだまだ硬いですね。間にあるクリームも硬いです。冷たい事もあり、そんなに甘くはありません。そして厚みがあるし、結構食べ応えあります。

 これから暑い夏になります。アイスもいいけれど、ここでしか食べられない限定なので、食事の後のデザートとして食べるのもお勧めです。
 写真の後ろにぼやけれてる橋が、明石架橋大橋です。やはりここに来たからには、これを入れて撮影しないとね。






      

      
 

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレーうどんに浮かぶたまねぎ | トップ | ランチパックシリーズ   ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

デザート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL