おもしろ探しの部屋

ニュース、グルメ、映画、情報、出会い・・とにかく人生楽しいことがあるといいな

たい焼きを探しに・・・・・・    亀屋万年堂・ 南品川店  in 東京都品川区

2017年03月20日 | たい焼き


 たい焼きを探しに、東京都品川区に来ました。品川は東海道の宿場として、古くから賑わっている町です。現在は品川駅周辺は高いビルやマンションが建ち、車の交通量も凄く多く、産業と居住が一体になった街だと感じます。そんな現代の品川の街に、昔の静かな空間を見る事が出来ます。

 今回のたい焼き屋は南品川にあり、最寄り駅は京急の青物横丁です。そのたい焼き屋ですが、あの亀屋万年堂さんですが、東京都内に沢山の直販店を置き、代表的な有名な商品に「ナボナ」があります。その亀屋万年堂さんがたい焼き?と疑問がわきますが、南品川店さんだけがたい焼をその場で焼いて売ってます。
 実は2013年に、亀屋万年堂・南品川店さんのたい焼きを食べました。そしてつい最近、2017年の春にもう一度食べました。というのも、あの亀屋万年堂さんが何故たい焼きを売っている?と、当時も疑問を抱いていました。あれから4年経ち、再度行ってみる事にしたのです。亀屋万年堂・南品川店は現存していても、たい焼きはやっていないのでは?という気持ちでお店に行ってみると、ちゃんとたい焼きの幟が風になびいていました。

                      

 たい焼き小倉あんクリームがありましたが、僕は小倉あんを一匹買いました。既に数匹焼かれていて、110円支払いお店の小窓から手渡してくれました。するとほんのりとした温かさが手に伝わって来ました。
 亀屋万年堂・南品川店さんのたい焼きは連式で焼かれた物です。皮はふわふわで、昔ながらのたい焼きです。それを頭からガブリ。これぞたい焼きの基本のようなやわらかさです。中に入っているあんこは、場所によって量の違いはありますが、でもしっぽまでちゃんと入っているのがうれしいですね。そしてあんこの甘さが軽い感じです?これは亀屋万年堂さんの商品のあんこと同じなのでしょうか?癖がないおいしいあんこです。

 すぐ近くに旧東海道があり、たい焼きを食べながら散策するのもいいかも。

                                      

   



      

      
     

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ランチパックシリーズ   ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL