ささかのブログ

いろんな理由からgooブログに引っ越しました。

カメラのシャッター

2017-06-28 21:03:35 | Technics
最近、デジタルカメラが多くなってきましたが、報道だと未だにシャッターを切っているようです。

フラッシュを焚いて、バシャバシャ音がなるので、ポケモンフラッシュ事件を恐れて、明滅映像を加工したり、「フラッシュにより画面が明滅しますのでご注意ください」といったメッセージが出る意味とかわかるのかしら?
とは思います。


今回のメインはシャッターです。

以前、
「デジタルカメラはCCDの画像読み出しに時間がかかるので、高速に動く物体は歪むけど、銀塩カメラは歪まない」
という嘘を論じている人がいましたが、それは間違いです。

高速で回転するプロペラをデジタルカメラで撮影すると、こんな感じになります。


画素データの取り出しが走査線状に行われるために、回転翼が歪みます。

銀塩カメラのシャッターではこれは起きないかというと、起きます。
前幕、後幕の二つの幕があるタイプでは起きるのです。
二幕式シャッターの動作は以下のようになります。


前幕が落ちる少し後に、後幕が落ちることにより、1/2000秒レベルの露光時間を実現します。

だがしかし、やっぱりこれも走査線形式なので、高速で移動する物体を撮影すると歪むのです。

これを防ぐために、このシャッタースピードを早くすることに苦心惨憺して、
・バネを強める
・シャッターの強度を上げる
などの工夫を行うのですが、逆に、
・バネを巻き上げるために強いモーターを使う
・シャッターの破壊
などといった課題が発生し、開発現場では、日夜汲々としておりました。

そういう会社にいたので。

ただし、
・絞りとシャッターが一体化したカメラ
ではこの現象は起こりません。
ボケるだけです。

他のF値とかはよく知りません。
レンズとモーターにしか興味がなかったので。
1年半しかいなかったし。

今では、スマホに付いてるカメラで、たいてい何とかなるし。

次は何をしようか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おじいさんといっしょ | トップ | 進まない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Technics」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。