ささかのブログ

いろんな理由からgooブログに引っ越しました。

多目的最適化

2017-07-16 20:13:59 | 日記
学生時代からの研究テーマが、「多目的最適化」

今現在、地球上の最強の生物はヒトであると言える。

「いや、ウイルスこそ最強だ」
「ヒアリだよ!」

とか異論はあるにせよ。

逆説的に、
「地球上で最強の生物はヒト以外である」
とすると、
「じゃあそれはなんだ?言ってみろ?」

ということになる。


単目的最適化はとても簡単にできる。

単一尺度で物事を測り、一番優れているものの特徴を捉えればいい。

・学校での成績
・ある競技での優勝
・最高の売上

それを目指すことに良い悪いを言いたくはないが、それに伴うリスクのほうが高い場合、

やめる

という選択肢を忘れてはならないと思う。

・勉強で目を悪くして、姿勢が悪くなる
・無理に鍛えたがために、身体を損傷
・売上だけを考えて、家庭不和


多目的最適化理論では、解は一意に定まらない。
人生を生きるにあたっても、


健康
養育
物質欲
食欲
睡眠欲
性欲

等など複数の要求を満たさねばならない。

どちらかが満たされて、どちらかが犠牲になるのでは、

人生の質

は良くならない。


意地悪な質問かもしれないけれど、工学において、
「最適化しました」
という人に、
「それはどのような目的と手法によって、何について何%それぞれ最適化したの?」
と聞くことがある。

仮に3目的最適化を行ったとしても、全てが100%の最適化というのは、そうそうない。

すべてを満たす質は、そう簡単に達成されないことを知っている。

精度
使いごこち
重さ
耐久性
価格
安全性
つくりやすさ
互換性
修理のしやすさ
美しさ

等などの複合的価値が工業製品においても求められる。
1部品でできたものだけでも相当作り込まなくてはならないのに、千点、一万点といった部品数になると、膨大な組み合わせができる。

でも、個々の部品に基礎工学でちゃんと魂を入れれば、そう難しくもない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« くつの安全率 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。