合唱で語る音楽を目指して… 第一混声合唱団

 
第一混声合唱団、通称 ”いちこん” のブログ

指揮者に作曲家・岡田和夫をむかえ
日本語を大切に唄っています

【固定記事】「いちこん」のブログへようこそ!

2018年01月01日 | -----ブログ閲覧ヘルプ----

第一混声合唱団、通称「いちこん」のブログへようこそ!

このブログはソプラノの岡本が管理しております。
新しい記事にお知らせ等が埋もれてしまわないように
トップにこちらを【固定記事】として置いてあります。

最新の練習日記等は、この記事の下にあります。
どうぞご覧ください。

お問い合わせはコメントに記入いただくか
(承認制ですので個人情報が見られることはありません。)
“いちこん”専用アドレス ichikon1971★yahoo.co.jp
(★を@に変えてお使いください)まで!

 ↓お知らせ記事一覧(文字をクリックしてください。)↓

団員募集中です!!
YouTubeにアップしました
楽譜が完成しました!!
CDも発売開始!!

******お断り*******

無料のブログ・サービスを使用しているために広告が表示されてしまいます。
少々お見苦しいかとは思いますが、ご了承くださいませ。

****************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「外郎売り」反復練習。

2017年02月15日 | ~練習日誌

更新サボりがちです…スミマセン

実は岡田先生が骨折で入院されました。
もう手術は終え、リハビリ段階の入口です。
幸い、演奏会などの予定は入っていませんので
お年のこともあるので慌てずゆっくり治していきます。
二度ほどお見舞いに行きましたが、動けないけれどよく喋ってお元気です。 

…と、いうわけで、先生抜きの練習が続いています。
今は『外郎売り』の細かい練習中心にやっています。

他のパートだけの音を聴くのは新鮮ですね。
アルトなど、とても複雑!難しそうです。 
(遣り甲斐もありますね)
“言葉遊び”の面白さももっと出せたら。 

 

前半はいろいろ話し合いになったので
昨日はこれだけになってしまいました。 
「綺麗にハモれる歌も歌いたいね」と誰かが。たしかに! 


今日は岡田先生の86回目のお誕生日。
面会時間ギリギリですが、帰りに寄ってこようと思います。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロシア・シリーズと外郎売りの科白

2017年01月24日 | ~練習日誌

1/24の練習は三鷹コミュニティセンターでした。
今日は団員のみの参加。やっぱり少し寂しいですね。

まずロシア・シリーズから
『君知りて』
恋の歌です。。。が、表情までまだ追いつかない私たち。
まだ音程などに振り回されて、歌詞を良く読む、という基本を忘れがちです。
音が取れてるということは大事なんだけど、表現しないとただ歌っているだけになってしまいますものね。

それから
『冬の道』
これはア・カペラです。
「ものしおもおゆ」など古い言葉使いが出てくるのですが、一昨年最初に練習した時に分からず、先生に質問したのを覚えています。
好きなところは
“鈴の音かわらず月影おぼろ”という歌詞のソプラノです。鈴の音が遠くからシャンシャンシャン...と聴こえてくるような...。

来週はさらに
『前線にも春がきた』
をやることに!
この曲、好きなんですが...とっても高いんです。満足に出せたためしがない私はちょっと不安。。。

休憩挟んで
『外郎売りの科白』
をやりました。
オープニングは拍子木が鳴り、男声の聴かせどころから始まります。
とっても低いところからなので、男声三名が苦労しています。

(特に)男声、募集中です!!

…さて。
この曲は一度始まってしまうとなかなか止められないのです。
ご存じの方も多いと思いますが、リズム良く小気味よくトントントーン!と進むので止めにくい。
それでも細かい練習は必要なのですが、ある程度の長さを続けないと全体像が見えないというか。
全員の息がパチっと合わないといけないし、曲自体のボリュームもあるので持久力も必要。

でも、楽しい!!!

息継ぎが上手くいかないところ、舌が回らないところ、たくさん課題はあるけれど
毎回、発見があって楽しいです。
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外郎売り

2017年01月18日 | ~練習日誌
昨日、年が明けてから2回目の練習会でした。
先週は欠席もありましたが、昨日は全員揃いました!
そして更に、コンサート2016と冬のコンサートを手伝ってくれたバスの方が『外郎売り』が楽しそう!と来てくださっています♪

『外郎売り』はご存知の方も多いと思いますが、“いちこん”のレパートリーのひとつ。
ピアノとパーカッションが絡む伴奏がとてもかっこよくて、歌い手はとにかく滑舌が肝です。
昨年から基礎練習も強化しないととコンコーネを始めましたが、これも発音・滑舌の練習にはもってこいです。

各パートに聴かせどころのある作品です。どこかでお披露目出来るといいな。

そして、昨日は他に
『冬から春へ』と、ロシアの曲から『君知りて』を。

『君知りて』は一年半ぶりくらいでしょうか。ロシア民謡(この曲は民謡というより歌謡でしょうか。)独特の旋律とうねりにまだ身体が付いていかない感じが。
集中して練習していた時、岡田先生が「ロシア人になりきって」と仰ってました。

いろんなジャンルの曲を一日のうちに歌うのは刺激がありますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017年01月02日 | ~団員のつぶやき
いちこんをいつも応援してくださり、ありがとうございます。
2017年が始まりました。本年もよろしくお願いいたします。

今年の練習は何からかな??
冬のコンサートの時に配られたのは『外郎売りの台詞』と『いろはいろいろあるけれど』。
『外郎売り』はコンサート2016の練習に入る前に歌っていたので久しぶり!『いろはいろいろ...』は私は初めて。ラプソディー・シリーズの一つです。歌ってみたかったので嬉しいです。
冬のコンサート以来参加出来ていないので、早く歌いたくてうずうずしています。

~写真は銚子の犬吠埼の初日の出です~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬のコンサート、終了しました。

2016年12月11日 | ~演奏会後記

三鷹駅前コミュセンでの冬のコンサートに出演しました!

一団体15分の持ち時間。
いちこんはコンサート2016でお手伝いして下さった方々も含め15名(+岡田先生・ピアノの佳園さん)で
『星めぐりの歌』
『宮沢賢治へのオマージュ』
を演奏しました。

岡田先生こだわりの作務衣で唱いました。なかなか似合っているでしょう?
黒一色や、反対に華美になりがちな合唱の衣裳。私はこのいちこんならではの作務衣がとても気に入っています♪

今回は暗譜で楽譜を持たずに出演。初めてで不安もありましたが、大きなミスもなく、たくさんの拍手をいただき嬉しかったです。

他の団体の演奏も聴きたかったのですが、私は仕事で岐阜へ行かなくてはならず、終わってすぐ着替えて早々に出てきてしまいました。。。残念。
コンサートは続いているので、ろくに挨拶も出来ずに出てきてしまいました。

ご感想の書き込み、お待ちしております。

そして、そのまま仕事の都合で年内の練習日には参加出来ない私。
練習日記も今年は更新出来そうにありません。
少し早いですが、皆様、どうぞよいお年を。

ソプラノ☆圭

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「冬のコンサート」情報♪

2016年12月11日 | ★演奏会情報!

たくさんのご来場、ありがとうございました!


「冬のコンサート」に出演します!

 

第一混声合唱団の出演は二番目(14:15~14:30)です。

入場無料です。ぜひお越しくださいね。

 

日時:2016年12月11日(日) 午後2時開演(会場は30分前)

会場:三鷹駅前コミュニティセンター

 

演奏するのは二曲

「星めぐりの歌」 
 詞・曲/宮沢賢治 編/福田幸之助・岡田和夫

「宮沢賢治へのオマージュ」 
 詩/宮沢賢治 曲/岡田和夫

指揮/岡田和夫 ピアノ/古川佳園

 

「星めぐりの歌」はハミングが綺麗です。後半の“追っかけっこ”するところが大好き。

「宮沢賢治へのオマージュ」はコンサート2016でも演奏しました。
イントロのピアノに岡田先生の遊び心が隠れているんですよ!


他の出演は・・・
●ヴォイストレーニングクラブ
●ラベンダー
●MMC(武蔵野メンネルコール)
●白ばら
●フォーゲル
●エーデルワイス 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

youtube『劇場からのおくりもの』2016.8.15

2016年11月19日 | ■音源YouTube

第一混声合唱団『劇場からのおくりもの』

1977年 前進座『オバケちゃん』より
森の歌/オバケジュースの歌/オバケの歌
詩/若林一郎

1980年 劇団風の子『ジョディとフラッグ』より
序曲と銀の谷/ぼくの仔鹿/ジョディは走る/ぼくたちのフロリダ
詩/多田徹

1993年 前進座『月夜のサンタマリア』より
月夜のサンタマリア
詩/如月小春

作曲・指揮/岡田和夫

ピアノ/古川佳園

合唱/第一混声合唱団
ソプラノ:宮本弥生 矢吹紀子 青山百合子 岡本 圭
    倉田智恵子 神尾タマ子 坂口美日 
    柳澤佐紀子 馬場育子
アルト: 越部和子 田島美津子 村松久代 
      林 睦子 石川園江 鈴木由希代 赤羽由規子
    森山征子 箭川玲子
テノール:印牧清四郎 畠山保彦
    高橋雄一 天羽憲治 海老沢信一
バス:  笹井俊明
    印牧善雄 工藤佑介 川口 洋


2016.8.15 武蔵小金井 宮地楽器ホールにて

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改めて細かく

2016年11月15日 | ~練習日誌
ソプラノの圭です。
練習日誌をサボってたので、今日は帰りのバスで更新します。

12月の駅前コミュセンでの冬のコンサート、ソプラノにまたお一人、団友の方が参加してくださることになりました♪嬉しい!!

今日は岡田先生がおやすみだったので、ピアノの佳園さんが細かい練習をしてくださいました。
夏のコンサートの半分の人数で小さい会場で歌うので、アラも目立ってしまう。。。
ここのハモリは伸ばしていて最後に動くパートが動ききったところでこの和音が完成するので、この音をもっと大きく、とか、そこにピアノが絡んだ時にどうなるか、などと、とても細かく丁寧に指導してくださいました。
音楽の知識がほんとに乏しい私はとても勉強になりました。

12月11日の日曜日です。
詳細を早めにアップしますね。入場無料ですので、お気軽にお出かけください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

youtube『レクイエム~死と焔の記憶』2016.8.15

2016年11月13日 | ■音源YouTube

なかなか更新できずすみません。
とにかく、早めに演奏会の音源を編集してアップします。 

第一混声合唱団『レクイエム~死と焔の記憶』

「永遠のみどり」 詩/原民喜
「炎の季節」 詩/峠三吉
「黙示」 詩/木原孝一
「祈る」 詩/栗田素江
「足音」 詩/渡邊邦秋
「終曲~永遠のみどり」 詩/原民喜

作曲・指揮/岡田和夫

ピアノ/古川佳園

合唱/第一混声合唱団
ソプラノ:宮本弥生 矢吹紀子 青山百合子 岡本 圭
    倉田智恵子 神尾タマ子 坂口美日 
    柳澤佐紀子 馬場育子
アルト: 越部和子 田島美津子 村松久代 
      林 睦子 石川園江 鈴木由希代 赤羽由規子
    森山征子 箭川玲子
テノール:印牧清四郎 畠山保彦
    高橋雄一 天羽憲治 海老沢信一
バス:  笹井俊明
    印牧善雄 工藤佑介 川口 洋

2016.8.15 武蔵小金井 宮地楽器ホールにて
コメント
この記事をはてなブックマークに追加