鳥バカ日記

インコと暮らす楽しくシアワセな毎日。
我家の愛しい鳥さんのことを綴った、親ばか、鳥ばか日記です☆

《野生のヤシオウム》オーストラリアのインコ・オウム ♯1

2016年11月13日 | オーストラリアの野生のインコ・オウム写真
先日ブログに書いたけど、私はいつか自分が撮った野生のインコ・オウムの写真で、
自分だけのオーストラリアのインコ・オウム図鑑(フォトブック)みたいなのを作りたい。

そのためにオーストラリアのインコ・オウム全種類観に行くのが夢。



これは今から20年以上も前、はじめてオーストラリアに行ったときに買った
オーストラリアに生息するインコ・オウムポスター。



すっかり色も褪せて、もうボロボロやけど、ずっと部屋に貼ってる。

おかげでオーストラリアに生息するインコ・オウムの名前は全部覚えたし、
ここに載ってるインコ・オウム絶対全部見る!っていう決意も毎日再確認されて、
揺るぎないものになってる。




とりあえず、過去10回の渡豪で私が見たオーストラリアの野生のインコとオウムを
種類別にまとめていくことにしました。

写真の量が膨大なので、ちゃんとまとまるのか?不安だけど・・・

私が持ってるオーストラリアの鳥類図鑑に載ってる順に紹介していく予定です。






いちばん最初に紹介するのはヤシオウム(Palm Cockatoo)。
オーストラリアのオウムの中でも1、2を争うビッグネーム。
ワシントン条約(CITES)Ⅰ類に掲載されているとても希少なオウムです。

野生のヤシオウムには2012年の7月、
オーストラリア北東部から突き出たケープヨーク半島のアイアンレンジという場所で出会いました。





鳥に興味がない人にとっては、ただの黒くて大きい鳥、
カラスと同類程度にしか思えないかもしれないけど、
鳥に興味がある人にとってはめちゃくちゃ憧れの鳥です。




ホッペの赤い部分は羽毛のない皮膚で、感情によって赤みに変化が出るらしい。
ちなみに舌も赤だけど、先端だけは黒色です。




オーストラリアに生息するオウムの中では最大級で、まさにオウムの王様といった貫禄ですが、
動作はおっとりしていて、鳴き声も仕草もとてもかわいいのです。




出会ったときは感動しすぎて、ただ見とれてました。

そのあと必死でカメラのシャッターを押し、
さらにこのかわいい動きを動画に収めようと思いたったけど、
興奮しすぎて冷静な判断ができず、手も震えて、パニック状態で
カメラを動画モードにできずに失敗してしまいました。




オスは木の枝で自分で手作りした棒を足で持ち、
ドラムスティックのように使って木を叩き、メスに求愛する。
私が見たときは、自分が止まってる枝をガシッ、ガシッって足で踏み鳴らして音を出してました。




オーストラリアにいる野生のインコ・オウムは
世界中でオーストラリアにしか生息していない固有種が多いですが、
ヤシオウムはニューギニア島周辺にも生息してます。




名前の通り、ヤシの実を嘴で平気で割って食べます。恐るべし嘴の威力。






ヤシオウムのトサカ劇場。ミラクル変化する様子をお楽しみください。


びっくりパイナップルスタイル。





昭和のサラリーマン風、七三分け。






ノーマルスタイル。





オールバック。





ちょんまげ風。





80年代ビジュアル系バンド風。




海原はるか・かなたスタイル。




海原はるか・かなたスタイル。その2。





モヒカンスタイル。






寝癖スタイル。





バーコード風。





我が家のセキセイインコとおなじように首傾げて・・・かわいい♡





アイアンレンジへの道路標識にはヤシオウムが描かれてました。







ちなみにこの野生のヤシオウムを見たときの旅行記はコチラ。

《オウムの王様ヤシオウム》アイアンレンジ探鳥記11


《ヤシオウムのトサカ劇場》アイアンレンジ探鳥記12


《ありがとうヤシオウム》アイアンレンジ探鳥記14





オーストラリアに何度も行ったけど、ヤシオウムのグッズってあんまりないみたい。

これはケアンズ博物館のミュージアムショップで見つけたヤシオウムのグリーティングカード。






ジャケ買いしたオーストラリア北東部に生息する鳥の鳴き声CD。



ただひたすら83種類の鳥の鳴き声が入ってます。もちろんヤシオウムも。
1番最初がアフリカの打楽器叩いてるみたいな重低音のヒクイドリの鳴き声から始まるという
マニアックでシブいCD。




ちなみにヤシオウムは日本では名古屋の東山動物園に
ヤシオ&ヤシコというペアをしょっちゅう見に行ってます。

禽舎の金網が細かすぎて見えにくいのが難点ですが、
日本でペアのヤシオウムを見れる場所は私の知る限り、なかなか他にないと思います。










これは埼玉にあるキャンベルタウン野鳥の森にあったヤシオウムのレリーフ。ステキ。







にほんブログ村

『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セキセイインコカイロ | トップ | 沖縄・伊良部大橋と伊良部島... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (馬)
2016-11-13 21:34:14
ヤシオウム、ホッペ赤くて可愛いですね!
しかし、トサカへのつっこみ!ありがとうございます。笑いました!でも、海原はるか・かなたって?知らない!検索します。
埼玉のキャンベルタウン野鳥の森って‥‥知らなかった。検索します!
Unknown (かれん)
2016-11-14 06:21:22
ヤシオウム、初めて知りました。トサカ、爆笑です。気分によって色んなヘアー?が。名前はヤシを食べるからかな。関係ないのでしょうか。私は大型インコは知らないのですがこれくらいになるとヤシを割れるのでしょうか?それにしてもたくさん種類いるんですね。オーストラリア行ってみたい。野生のセキセイ、オカメ見ましたか?また機会があればお話しお願いします。
馬さんへ (サルコ)
2016-11-14 09:04:20
ヤシオウムはとても大きくて貫禄あるオウムだけど、赤いホッペもかわいいし、仕草や鳴き声もとてもかわいらしいんですよ。

風になびくトサカがもうかわいくてたまりませんでした。

海原はるか・かなた・・・松竹芸能の漫才師なんですけど、関東の方はたぶん知らないですよね。。。。

キャンベルタウン、楽しかったですよ!さいたまの越谷にあります。ちょっと辺鄙な場所だったけど、入場料100円だからがんばって行ってきてみてください!

訪問時の記事↓

http://blog.goo.ne.jp/sarusarusaruko/e/6fed58b7e0190114191f7b65c168b85d
かれんさんへ (サルコ)
2016-11-14 09:36:21
ヤシオウムはヤシを食べます。あの大きな嘴で堅い木の実も簡単に割るみたいです。

野生のセキセイインコもオカメインコも何度も見たことありますよ。
小学生の頃からオーストラリアに野生のセキセイインコを見に行きたいと思っていたので、本当に夢が叶って、野生のセキセイインコの大群を見たときには感動して泣きながら見ましたよー
キャンベルタウン野鳥の森 (馬)
2016-11-14 17:09:18
行ってきましたー!今日!
検索していたら、県民の日は無料開放と。
本日県民の日。行かねば!と思い、高校休みの娘を乗せて、たった100円も払わずに楽しんできましたよー!浦和から車で40分くらいでした。
ミカヅキインコがバシューッと目の前をとんで行ったり、オーストラリアイシチドリがみーんな外向いて物思いにふけっていました。
私は個人的にアカハシキンセイチョウとキンカチョウの小さい子が好きになってしまったけど、娘は半野生のオカメちゃんに萌えていました。
こーんな所まで来るなんて、サルコさんの鳥好きの情熱には大変感心しました。
ヤシオウムのレリーフも見てきました。
教えてくれてありがとうございます❤️
馬さんへ (サルコ)
2016-11-14 17:37:43
早速行かれたんですね!しかも今日が県民の日だなんてすごいタイミング!!

キャンベルタウン野鳥の森、バードウォッチング気分を味わえて楽しいでしょう?アカオクロオウムやクルマサカオウム、アカビタイムジオウム等々、1箇所だけであれだけのオーストラリアの鳥を見れる場所は他にないんじゃないかな?

アカハシキンセイチョウのちいさな赤い嘴、かわいいですよね。オーストラリアイシチドリは女の人の叫び声みたいな鳴き声なんですよ。

私、フットワークだけは軽いんです。オーストラリアの奥地まで行くことを思えば、埼玉は楽勝です。日本語も通じるし!
Unknown (馬)
2016-11-14 20:01:41
県民の日という事もあって、入場門の近くで「カワセミ愛好会」のおじ様達が活動していたり、入場してすぐのエミューの前にふれあい動物園が。ラマやウサギや羊やカピバラとふれあいました、マジで。小さい子に混じって。
楽しゅうございました✨
関東でおすすめあれば教えてください。
あー掛川花鳥園。行かねば!
馬さんへ (サルコ)
2016-11-15 21:46:18
関東は鳥カフェとかもたくさんありますよね。私も4軒ほど行きました。

東京行ったら必ず寄るのは大阪にはないプレミィ・コロミィという雑貨屋さん。セキセイグッズがたくさん売ってるので。

横浜のズーラシアではバードショーがあるし、私はまだ行ったことないですけど、千葉市動物公園にはたぶん日本ではそこにしかいないアカミミコンゴウインコがいるので見に行ってみたいんです。

コメントを投稿

オーストラリアの野生のインコ・オウム写真」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事