鳥バカ日記

インコと暮らす楽しくシアワセな毎日。
我家の愛しい鳥さんのことを綴った、親ばか、鳥ばか日記です☆

《猛禽さんたち》掛川花鳥園に行って来た~1

2017年07月11日 | 動物園・水族館など
約1年ぶりに掛川花鳥園に行ってきました。












シロフクロウさん。








木の株と一体化。まるでオブジェのような十三(じゅうぞう)。かわいいー





あ、目開いた。






よく見たら、まぁまぁコワイ顔してるね・・・かわいいのはかわいいけど。






メンフクロウさん。





メンフクロウさん白と黒。






叱られて、ごめんなさい。って謝ってるみたいな図。





ごめんなさい。って謝って、もういいから。って許してもらってるみたいな図。






ポポちゃん。






くつろぐハヤブサ。







ニューフェイスの世界最小クラスの猛禽やって。


ピグミーファルコン。体重60gらしい。うちのウロコよりも軽い猛禽類。




アカスズメフクロウ。












つづく・・・





にほんブログ村



『鳥』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3coinsのオカメ&オオハシグッズ | トップ | あついね・・・ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (読者)
2017-07-12 08:25:38
ここは十年前くらいに開店した、鳥好きには有名な場所ですよね。

わりと奥まで入っていったところに施設があるようです。

最近だと手のりにして馴らした鳥が放たれているんですよね。

今回も沢山写メあって、楽しかったです!!

とある猿を主食にする民族が、オウムやインコも食べる姿みて、がく然です。
韓国などの犬猫を食べるもそうですが、悲しかったです。

国で大分、生き物の価値観や扱い方が違うんだと思いました。
読者さんへ (サルコ)
2017-07-12 14:36:46
鳥好きには楽園のようなところです。

広々とした屋外でのバードショー、よく人慣れした鳥さんたちとの触れ合い、鳥グッズがたくさんの売店でのお買物、
鳥好きなら開園から閉園まで目いっぱい楽しめます。

他国の食文化には驚かされることも多いですね。オーストラリアの先住民はセキセイインコも食べますからね。
でも日本人がクジラやイルカ、ウミガメなどを食べることも、他国から見れば驚きだったりするし、、大抵の食文化はそれしか食べるものがなかったから貴重なタンパク源の補給に食べ始めたということが多く、簡単には否定できません。
その地域によってさまざまな食文化の違いだと認識して割り切るしかないのかなぁ。。。と個人的には思ってます。
Unknown (馬)
2017-07-12 17:54:04
メンフクロウさんたちの謝りの図、めちゃウケです!
掛川花鳥園行けず。行かねば!
馬さんへ (サルコ)
2017-07-13 00:39:07
黒と白のメンフクロウさん、きっと仲良しなんだろうなぁ。ってほほえましく見てました。

めっちゃかわいいでしょ?

掛川花鳥園は鳥好きなら絶対楽しいので、行けるときが来たらぜひ!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL