鳥バカ日記

インコと暮らす楽しくシアワセな毎日。
我家の愛しい鳥さんのことを綴った、親ばか、鳥ばか日記です☆

浦富海岸と鳥取砂丘

2016年08月23日 | 旅行・おでかけ
浦富海岸。





東西15kmリアス式海岸やって。





“日本海の荒波と風雪によって浸食された断崖・絶壁・洞門・奇岩の荒々しい景観”が特徴らしいけど、
この日の日本海はベタ凪でした。今すぐここでシュノーケリングしたい欲望がフツフツと・・・






鳥取砂丘。ここに来るのは4回目か5回目くらいかな。







さぁ、行くぞ~!!





砂がサラサラで一歩一歩砂に足がめり込むから、ちょっと歩いただけでめっちゃしんどい~!




“馬の背”といわれる砂の山を登ってる最中。




がんばって登った甲斐あって、日本海を一望!




風紋も綺麗★
























毎日砂丘歩いたら絶対痩せれるやろな・・・めっちゃしんどいけど景色いいから頑張れそう。





海岸まで降りてきました。




しばらく海を見ながら、なにも考えずにのんびり。




汗だくなったけど、歩いてよかったわ。





帰りも砂丘を登り降りするのは体力的にはとてもキツかったが、さいごの梨ソフトクリームで蘇った!






つづく・・・・









にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピンクすぎる恋山形駅とピンクすぎるカレー

2016年08月22日 | 旅行・おでかけ
いつものごとく、だいぶ前の話になってもうてんけど・・・

「鳥取砂丘行こー」と誘われたので、「いいよー」と鳥取に行ってきました。

大阪から高速を走り鳥取県内に入って、
休憩に立ち寄った道の駅に置いてあった観光案内のパンフレットでピンクの駅というのを発見。

ナニコレ??行ってみたーい!!

今走ってきた高速道路を30分以上逆戻りして、わざわざ見に行ってきました・・・”!!





うわぁ~❤ほんまにピンク❤❤





記念撮影用のカメラスタンドもあって、立ち位置に❤❤





夜になると点灯されると思われるイルミまで。





1番線のホームには“恋が叶う鐘”なんてのも。






2番線ホーム。




駅名標も❤形です。




智頭急行株式会社のホームページによると、この恋山形駅の1日の平均乗降人員は3人ほどらしい…
この日は1日3人程度の乗客のうちの希少なひとり(ピンクのホームと不釣り合いなおばあさん)が
列車を待ってたよ。


列車来たーーーー!!




こんだけピンクとハートだらけの駅に、車両が普通すぎて違和感・・・!?















ベンチもゴミ箱もとことんピンク。




ちなみに駅名に「恋」がつく駅は全国に4つしかないらしい。
《北海道:母恋駅(ぼこいえき)、岩手:恋し浜駅(こいしはまえき)、
東京:恋ヶ窪駅(こいがくぼえき)、鳥取:恋山形駅(こいやまがたえき)》

平成24年に駅名に「恋」がつく4つの駅を持つ鉄道会社が集まり、
「恋駅プロジェクト」がはじまったそうで、
ここ恋山形駅は平成25年6月9日、駅舎をピンクに塗り替えたらしい❤

いろんな意味で衝撃的だったけど、かわいい駅でした♥









私が鳥取に来ていちばんしたことのひとつ、
それは鳥取市内の古民家カフェ「大榎庵」でこのピンク華麗を食べることでした!!

じゃーん!!!衝撃のピンクのカレー。1度食べてみたかってん。



ピンクのペンキのような色をした衝撃的なカレーですが、このピンク色はペンキでも着色料でもなく
鳥取県産のビーツ由来のピンク色なのです。

まるでいちごチョコの味がしそうですが、味は普通にカレー味。
でもこのピンク色のせいで、まるでカレー食べてる気がしない。視覚って大事ね。


お土産にレトルトのピンク華麗も購入。
すこし前に若桜鉄道の蒸気機関車までピンクに塗ってしまったらしく、その若桜鉄道とのコラボパッケージ仕様。




そして怖いもの見たさ?で、さらに衝撃的なピンク醤油も買ってしまった。
冷奴や鯛のお刺身なんかにかけてみたいと思います・・・




それにしても最近の鳥取県ってピンク推してるのね♥



つづく・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏は豚まん

2016年08月21日 | ハルちゃん
なんだかねじれまくってるハルちゃん。





水浴してズブ濡れのハルちゃん。







ボロボロの551豚まんうちわ。




ボロボロの原因はハルちゃんが齧りまくったからです。

まるでミシン目のような齧り跡・・・




豚まん食べたくなってきてもうたわ・・・






にほんブログ村

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小豆島に行って来た~2日目~

2016年08月20日 | 旅行・おでかけ
『小豆島に行ってきた~1日目~』のつづき。


小豆島2日目。

朝のエンジェルロード。潮が満ちてきて島付近は道がなくなってきてました。







朝から温泉入って、美味しい朝ごはんを食べて、ホテルをチェックアウトしたあと
最初に向かったのは重ね岩。

小豆島でいちばんのパワースポットと書いてある観光案内書もあり、
これは行かなあかんやろ。と意を決して・・・

でもすこし気が重いのは、400段以上の階段を登らないとたどり着かないらしいということだ。

朝から快晴。気温も高く、じっとしてるだけでも汗かくくらい暑い中、がんばって登りましたよ。




まだまだ続く階段・・・



やっと階段が終わったと思ったら、こんどは鎖伝いに急な坂を登る・・・
せっかく朝から温泉入ったのにすでに全身汗だく。体はガタガタに疲労してます。




やっと見えてきたぞーーー!!!

おぉ!あれが重ね岩か。“天からパワーが降り注ぐ”といわれているのも納得。

重ね岩に向かって左側がフェリーの航路にもなってる島の西側の海。向かって左側は崖です。





重ね岩は小瀬石鎚神社の御神体なのですって。




この辺りも大阪城築城の際、石垣にする石を切り出す丁場だったそうですが、
それにしてもこんなに大きな岩をこんな崖の上でどうやって重ねたのか。それとも自然にできたのか。
真実は謎なんやって。





神様はがんばって登ってきたご褒美をくださった。




頂上からの景色は最高でした!




行き交うフェリーも見える!

















下りは膝に来ますね。ハードやった・・・普段の自分の運動不足を身を痛感しました。







樹齢千年のオリーヴ大樹。
スペインのアンダルシア地方から、1万キロの海路を経て移植されたという樹齢千年のオリーブの木。



この木に比べたら、私の人生なんてあっという間なんやなぁ・・・









江洞窟(ごうどうくつ)。弁天さまを本尊としてお祀りする洞窟霊場。




岩場の地下に洞窟が。ここでお参りすれば、特に首から上の病に効験があるそうです。




梵字のかかれた大岩。






大観音。




ほんまに大きい。




大観音さまの胎内に入って、エレベーターで胸元の高さまで登りました。




仏歯の間。
なんとこの中にスリランカの仏歯寺から頂いたというお釈迦さまの歯が入っているらしい。




大観音さまの胸元の展望室から見た景色。








大観音さまの胎内には胎内仏がズラリでした。







中山の千枚田。




棚田の美しい光景の中にある竹製のでっかいドームは
瀬戸内国際芸術祭のアート作品『オリーブの夢』。



この作品は中にも入れるらしいが、重ね岩の階段と暑さですっかり体がガタついていたので、
下まで降りて行く気力と体力がなかった。



この近所にある“こまめ食堂”という食堂で昼ご飯を食べたかってんけど、
めっちゃ並んでたから早々に諦めた。




四方指展望台。標高777mの高原にある展望台。



すごい絶景で気持ちよかった~!!なのに、他に誰もいなかったよ!







寒霞渓。








山頂駅から空・海・渓谷を一度に楽しめる寒霞渓ロープウェイに乗りました。

これは秋にはめちゃくちゃ綺麗なはず。また秋に来よう!!




絶景です!!




紅雲駅に着いて、そこからまた山頂駅まで折り返し。

途中ヒヨコ岩があったよ!





小腹がすいたので、山頂駅でオリーブ牛コロッケバーガーを食べました。




前日閉まってた“なかぶ庵”にリベンジ。




生そうめん。ツルツルした食感が最高でした!!






瀬戸芸のアート作品を見るために醤の郷へ。

ええ感じの醤油蔵。





かつて小豆島にあった醤油屋さんの屋号紋いろいろ。




ありました。目的のアート作品。『オリーブのリーゼント』!!




記念に私もリーゼント!!





実はこのリーゼント、無人販売の屋台でもあるのだ!




公衆トイレとして普通に使用可能だけど、
これも『おおきな曲面のある小屋』という立派なアート作品。






再び瀬戸芸のアート作品を見るために、二十四の瞳の映画村の近くまで移動。


醤油樽のバス停の待合所がカワイイ。







『愛のボラード』という作品。





私には芸術的センスまったくないので、
いったいいつどのようにしてこのようなアイデアが思い浮かぶのか不思議でしょうがないけど、
青い空と青い海にこのツルツルした大きな白いボラードが不思議とマッチしてました。






いつも目一杯とことんギリギリまで遊ぶタイプなんですけど、
フェリーに乗れずに小豆島を脱出できなかったら、次の日からの仕事に行けなくなるので
余裕持って早い目に土庄港へ。

土庄港のフェリーターミナルにもアート作品が・・・
手前の白い太鼓を叩くと布がはためく仕組みでした。







フェリーが港を出たあと、すぐデッキに出てみました。

岸壁で小学生くらいの女の子が遊んでいるのが見えたので、
大きく手を振ってみたら、思いっきり手を振り返してくれました。

遠くて女の子の顔もよくわからなかったけど、
小豆島最後の思い出は、女の子の最高のお見送りでした。


これだけで「また来たいな。」と強く思いました。



フェリーから朝必死で階段登った重ね岩が見えました。




重ね岩とフェリー。







無事高松に着いて、“まちのシューレ 963”で買った高松張子。
サザナミインコの丸ちゃんモデルらしい。





その後、四国在住の友人に教えてもらったお店で、高松名物の骨付き鳥を食べました。
食べやすいようにカットもしてくれました。

骨付き鳥はお店によって使っている鷄の品種や親鳥、若鳥、味付けなど、
それぞれちがうらしいですが、
このお店では希少な讃岐コーチンの若鳥を使用していて、
適度な噛みごたえとスパイシーな味付けでとても美味しかったです!








おわり。









にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自家製粟穂

2016年08月14日 | セキセイさんたち
自家製の粟穂ができました!




どのタイミングで収穫したらいいのか、収穫したあとどうしたらいいのか、
全然わからんかってんけど、
たぶんもうちょっと早く収穫したほうがよかったみたい。。。

何日か風通しのいいとこに干したあと、セキセイさんたちにあげてみました。




大好評です!




すごい勢いで食べてました!





ハルちゃんも喜んで食べてました!











とても簡単に育って、鳥さんたちにも好評だったので、また育ててみたいと思います!









にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

教員免許状更新講習

2016年08月07日 | いろいろ
8月2日~6日まで幼稚園の教員免許の更新講習を受講してきました。



短期で復帰中の仕事を休んで日給を稼げない上に、3万円の講習費用は自己負担。
おまけに講習会場の大学までは片道2時間かかるし、朝5時起き。交通費も1日2千円以上。
毎日朝から夕方までみっちり勉強して、おまけにテストまである。。。

現役教諭と教諭経験ありの人の幼稚園免許に関しては、
10年に一度更新しなければ免許が失効する。

でも私は一生保育所でしか働く気ないから、
幼稚園免許失効しても別にもうええわ。って思ってた。

けど保育所と幼稚園が合体して認定こども園になったら、
そこで働くには保育士資格と幼稚園免許の両方が必要で、
うちの市も2年後には保育所が認定こども園に移行するから、
結局更新しなきゃいけなくて・・・・

基本夜型人間やから毎朝5時に起きるだけで辛いのに、片道2時間て・・・

もう講習に通いだす前は憂鬱しかなかった。



でも実際通いだしたら、南海高野線には、
サギやらモズやらコンゴウやらの、鳥を連想させる駅名が多くてちょっと楽しかったり。



駅にラピートが停まっててテンション上がったり。






講習会場の学校はめっちゃのどかな場所にあって、
地元ではほぼほぼクマゼミしかおらんけど、ここにはアブラゼミが普通におったし。




毎日講習終わったら、足がむくんでパンパンやし、クタクタになって帰宅・・・

にも関わらず、5日間の講習のうち3日間はヘロヘロにも関わらず、講習後遊びに行った。

疲れすぎて、眠たすぎて、漫才中寝るんちゃうか?と思ったけど、
おもしろかったので全然眠くならんかった和牛の単独ライヴ@なんばグランド花月。



次の朝起きるときのしんどさは半端なかったけど・・・


そして5日間の講習がやっと終わったのです!!

朝起きるのと、通学はしんどかったけど、
講義を聴くのはとても楽しかったし、ほんまに勉強になりました。


終わったあとの打ち上げ!!

大好きな海鮮もんを食べまくり。


お刺身~!




地鶏も。




大好物の海老フライ。




生しらす。




エビ&ポテトサラダ。



他にもとことん食べまくって、財布の残金が590円になってました。。。


お土産ににわとりとヒヨコのパンを買ってんけど。。。

お店にあったときはめちゃくちゃかわいかったのに・・・・


家に帰って来たら、目は溶け、とさかは折れ、嘴は歪んで、悲しすぎる姿になってました。。。



ちなみににわとりのほうがクリームパン、ヒヨコはチョコパンでした。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

小豆島に行ってきた~1日目~

2016年07月30日 | 旅行・おでかけ
短期やけど仕事復帰するということで、復帰前最後の休日は小豆島で過ごしてきました。


大阪から神戸に行く阪神高速神戸線は朝の時間帯、毎回渋滞するので困ります。
以前は神戸空港に行くときも渋滞であわや飛行機に乗り遅れそうになり、
今回は私がトイレに行きたくなってどうしようもなくなり、途中で一旦高速を降りるというアクシデント。

なんとかギリギリでトイレに間に合ってほんまによかった。
間に合わんかったらどうなってたんやろう。と考えただけで恐ろしい。

ピンチを切り抜けたあとは順調に淡路島を通過し、四国に上陸。
香川県の高松からフェリーに乗ります。

予定よりずいぶん早くフェリー乗り場に到着したので、
予約していたフェリーの1本前のフェリーに乗ることができました♪

フェリーに乗船すると、客室の売店周辺ではうどんをズルズルすすっているお客さんが多数。。。
さすがうどんの国・・・

今から行く小豆島は船でしかアクセスできない香川県の離島です。

フェリーに乗ってる時間は1時間ほどなので、ずっとデッキに出て海を見てました。

船旅って楽しいな~。



女木島、男木島、豊島などの瀬戸内の島々を見ながら、約1時間で小豆島の土庄港に到着。



瀬戸内の島々では“瀬戸内国際芸術祭”が開催されていて、
小豆島にもたくさんの作品が設置されてます。

その作品のひとつ。
島の特産品であるオリーブの葉を王冠の形に仕立てた彫刻『太陽の贈り物』という作品。




小豆島にはこどものころにも来たことあるねんけど、
そのときの記憶としては孔雀園に行ったことだけ覚えてるねん。

なんか小高い丘みたいなとこから、何羽もの孔雀がバサバサバサ~ッて飛んでくる
孔雀のフライトショーみたいなのに感動して、孔雀の羽をお土産に買って帰ったという記憶。

30年以上昔のことをずっと覚えてたくらい強烈な印象やったし、
また小豆島に来ることあったら再訪したいと思ってたけど、数年前に閉園してしまったらしい。

また見てみたかったなぁ・・・孔雀のフライトショー・・・

港から車を走らせるとすぐに、その孔雀園の看板だけが虚しく残ってたわ・・・




そんなわけで私の中の小豆島のイメージ1位は孔雀園。
そして2位以下は王道やけど、
『二十四の瞳』、『オリーブ』、『そうめん』、『醤油』かな。

今回の旅でも小豆島の三大名産品といえる『オリーブ』、『そうめん』、『醤油』は制覇しました。



まずはオリーブ。小豆島は日本のオリーブ発祥の地やねんて。

港から車で15分くらい走ったところにあるオリーブ公園。

エーゲ海に浮かぶミロス島と姉妹島になったことをきっかけに設置されたというギリシャ風車。




こうして見ると外国みたいです。




昼食は小豆島産オリーブオイルを楽しむカフェOLIVAZにて、野菜とチキンのパエリアを食べました。
下ごしらえから仕上げまで小豆島産のオリーブオイルを使用してるそうです。



サラダにもオリーブオイルにハーブソルトをかけただけでしたが、とても美味しくいただけました。



古代ギリシャにちなんだモニュメントも。





天皇陛下御手播種のオリーブ。
昭和25年に昭和天皇が小豆島で蒔かれたオリーブの種が、
こんなに立派な木に成長して現存しています。




オリーブ公園の道の駅では上質なオリーブオイルやさまざまなオリーブ製品が売っていて、
いろいろ買いたかったけど、お金に余裕がないので、
小豆島産のオリーブ油とオリーブ葉の抽出液を配合した化粧水だけ買いました。





とある案内書で透明度が高く、小豆島でいちばん美しいと書いてあったダイアモンドビーチ。



確かに透明度高いし綺麗☆肉眼で魚も見える。

なにより素晴らしいのは、こんな綺麗なビーチなのに人が全然いないということだ。

この日はめちゃくちゃ暑かったし、もうこれは泳ぐしかないな。と思ったけど、
着替えれそうな場所がボットンの公衆便所しかない。ボットン便所コワイねん。水着落としそうやし。
他になんの施設もないから、
上がったあとシャワーも浴びずベタベタで観光するのもちょっとイヤやったし、
海に入るのは諦めた・・・




坂手港にて。瀬戸内国際芸術祭作品『スター・アンガー 』。

ミラーボールの上に龍が。ゆっくりと回っていました。
太陽の光にも反射して綺麗でした。





四国在住の友人に教えてもらった生そうめんが美味しいというお店にはるばる来てみたら、
まさかの振替休日だった・・・HPのカレンダーでは休みって書いてなかってんけどな。。。がっかり。
でも確かに月曜が休日の場合は火曜が休みとは書いてあった。あーあ。


でも気を取り直して、ここまで来たら小豆島を一周してやろうじゃないの。と
小豆島一周プランがここで確定。


で、マルキン醤油。
小豆島ではかつて醸造家の数が約400もあった時代があるほどの醤油の島なのです。

駐車場に車を停めて降りた瞬間からすごい醤油臭。




その醤油に香りに包まれながら食べる醤油ソフトクリーム。
天然醸造蔵の木桶で仕込んだ「初しぼり生」しょうゆを使ってるらしいが、やっぱりしょっぱいぞ。








島の東側は海を見下ろせる気持ちのよい道が続きます。

小豆島は上質な花崗岩が採れることでも有名らしく、いろんなところで山の岩が採掘されていました。
こんなに削って小豆島は大丈夫なのか?と思うほど・・・

小豆島の石は大阪城の石垣に使われていて、
切り出されたものの大阪に運ばれることなく残った残石が
道の駅『大坂城残石記念公園』にもたくさん残ってました。









島の北側は島らしいのんびりした景色が続き、大阪生まれ大阪育ちで田舎のない私にとって
お盆やお正月に田舎に帰るという人たちの田舎って、こんな感じなのかな。
ってイメージするような景色でした。



島をぐるりと走って、再び入港した土庄港の近くまで来ました。

世界一狭い海峡の土渕海峡。ただのちっさい川みたい。



ってことは、小豆島って実はふたつの島やってんね。






土庄郵便局舎アートプロジェクトにより、外壁に年賀切手を散りばめられたオシャレなアート郵便局。





今宵のお宿にチェックイン。窓からエンジェルロードが見えるよ!






エンジェルロードは1日2回干潮時にだけ現れる砂の道。




その干潮時だけこの道を歩いて対岸の島に渡れるんです。




4月に鹿児島を訪れた際にも干潮時だけ現れる道を歩いて知林ヶ島という島に渡ってんけど、
知林ヶ島までは片道800メートルほで歩いて結構しんどかってんけど、
このエンジェルロードは小豆島の前島から対岸の中余島の間は長さも短く楽勝で渡れます。
(そういえば鹿児島日記も書いてないなぁ・・・)




映画のロケ地とかにもなったらしく、今や小豆島でいちばんの観光スポットなんだそう。




与島側から見た景色。手前の白いのが宿泊したホテル。





そこら中にできた潮だまりにはちっさいお魚とヤドカリがたくさんいました。






潮が引いた海岸の波打ち際には小さなフグがわらわら泳いでました。





エンジェルロードのすぐ手前にある約束の丘展望台。幸せの鐘鳴らしたよ♥





エンジェルロードって大切な人と手をつないで渡ると、砂州の真ん中で天使が舞い降りてきて、
願いを叶えてくれると言われてるらしい。
どんだけロマンティックやねん。と小っ恥ずかしくなるけど、ステキな場所です♥









このあとエンジェルロードも見える露天風呂の温泉に入浴。

ホテルの夕食は地魚の刺身や阿波地鶏のタタキ、小豆島の手延べそうめんや島野菜などなど、
盛りだくさんで美味しかったです。



つづく・・・









にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セキセイ三兄弟

2016年07月25日 | セキセイさんたち
血のつながった兄弟じゃないけど。



いつもクールな瞳の長男、すみれ。






首傾げがかわいい次男、ひまわり。






換羽終わってツルツル。まどろむ三男、フジ坊。






親バカですけど、自慢のイケメン三兄弟です♥








にほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

鳥さんの箸置き

2016年07月24日 | 鳥さんグッズ
九谷焼の箸置きをもらいました♥





コンゴウインコとオカメインコ。




真ん中は文鳥さん?あとはちょっと鳥種はわからんけど、可愛い♥



お嫁入りの時は持って行きます。って、いったいいつになったら嫁に行くのだろうか・・・?








にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハルちゃんとカツカレー

2016年07月23日 | ハルちゃん
私の人生は残り全部バケーションなんて言ってましたが、早々にお金が底をついたので
夏季限定で仕事復帰してます。

3ヶ月間、ダラダラと好きなだけ寝て、好きなだけ食べて、
好きなだけ遊んで、好きなだけ鳥さんをながめて過ごしてたので、
久々の規則正しい真人間な暮らしです。


久しぶりに働いてバテバテですが、炎天下での肉体労働で、
すこしは痩せるんじゃないかと密かに期待しています。


復帰してはじめの2日間は帰宅してシャワー浴びたらバタンキューでした・・・

体力的にはしんどいけど、こどもたちはとてもかわいいので楽しいです。



すこしの間やけど、飼い主はがんばって働くから、鳥さんたちも元気でお留守番しててね♥





カツカレーを踏みつけるハルちゃん。






カツカレーを皿ごとくわながら、お顔モミモミするハルちゃん。






カツカレーを放り投げる5秒前のハルちゃん。












にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加