さるみみ屋

夫サボさん、私さるみみと2000年生まれ長男コナンくん
2004年産次男エナリくんとの「人生楽ありゃ苦もあるさ」日記。

教育を経済学で考えると…

2010-10-27 13:00:44 | さるみみ文庫
親になってみて、子どもの教育ってのを見たときに、
いつも「○○式」とか「○○が能力向上にいい」らしいとか
何が学力の向上、あるいは素晴らしい人格形成に必要なのか、ってことに
注目しがちで、理想とか夢とか精神論とかそういう方に偏ってるような気が。
それは私ばかりではなく、やっぱりeduなんかの教育系雑誌を見ても
そういう感じなんじゃないかと思う。

実はこの本、その一部は私の予備校仕事で資料として扱ったもので
その着眼点がちょっとおもしろかったので本体を読みたい!と思って
早速図書館で借りたものだったのよね。

タイトルからしてちょっと「何?」って思うんだけど
読んでみて結構面白かった。途中で経済学を学んだ人なら普通なものかも
しれないんだけど、数式とかグラフとか出てきたりして???ってところも
あったにはあったんだけど、それを除いても
「教育は投資か消費か」
「教育の成果は何で測るのか」
「教育を受ける意義というものはあるけど、反面個々人の能力差を明らかに
してしまうという面も持つ」など、今まで自分でじっくり考えていそうで
あまり考えることがなかった視点でものが書かれていて
なんていうんだろう、教育ってものを考えるときは、情緒的な視点とともに
こういうちょっと無機質っぽくて現実的な視点も持ち合わせていないと
いけないのかな~とか思ったりした。
「勘違い・思い込みが教育の重要を生み出す」ってところなんかは
特に戒め的に読んでみたりして。
ちょうど今、通塾についてコナンとの間で揉めてるところなので
いろいろなことを考えるのにちょうどよかった。

経済学ってのも面白いものだよね。でもやっぱ教育学部に進むべきだったなあ…と
もう人生何度目かの後悔先に立たず~だったりして。
また続けて読書中。
今年中にあとどのくらい読めるのだろうか…




コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ついに雪

2010-10-26 07:57:48 | Weblog
来たね、冬。
猫も釘付けの雪だわさ。
去年より6日早い初雪らしいけど、
まだまだ銀世界までは遠いよね。

子供と犬は雪が楽しみだけど、
主婦としては光熱費増加が気になるわさ。

寒さに弱いさるみみと猫は引きこもりの季節じゃね。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

そらまめの「食べ比べ」

2010-10-25 12:31:27 | ねこみみ・さるみみ
去勢手術してからは太りやすくなるから体重管理に気をつけてと言われて
はや2カ月が経過。動物病院からしじされたカロリーに基づいて
去勢手術後の猫用フードをあげてるんだけど、
なんか物足りない様子なのよね。一度に与える量を少なめにして回数を増やす、
って方法をとってみたんだけど、あまり効果はなく
以前に増して人の食べ物に興味を持ってる様子。
目を離すと台所に上って食べ物を物色してるので「だめだめ!」って言って
下ろすんだけど、やっぱり同じことの繰り返しでね。

そらまめの体のことを考えると、カロリー制限は仕方ないと思うけど
そのせいで食べる楽しみ、みたいのが無くなっても可哀そうかな~とか思って、
去勢猫用のだけでなく、さまざまなカリカリフードを買って
計算してあげてみていたのよね。この2カ月。

そこでちょっとこれ、お試しで買ってみた。
ロイヤルカナンの3つのエクシジェントお試しサイズね。
食にうるさい猫に、どんなこだわりがあるか実験してみる、って感じで
香りを強めにして食欲を刺激したフード、
食感と味付けに工夫をして食欲を刺激するフード、
高タンパクで栄養価の高いフード、と3種類の特色を持ったフードが
一つに入っていた。

与えるときは3ついっぺんに結構な量をあげて観察するみたいなんだけど
カロリーのこともあったので、箱に書かれていた量よりも少なくして
3種類をそらまめの前にならべてみた。

普段の食器3つもないから100円ショップで買ってたいつものフード保存ケースに
それぞれをバラバラと入れて、観察のために別の場所でお昼ご飯!

私は、これをやると猫によって結果がまちまちだとか聞いていたけど
正直、そらまめは受け付けないフードってのがなかったので、
そんなに差が出ることもないかな?と思ってたのね。

でも…

こんな感じで結構はっきり差が出たかも。
一番減ってるのが、高タンパクフード。その次が食感フード、最後がアロマの。
最終的には全部どれも完食したところがまたそらまめらしい。
(エナリ並みに残さないのよね、この子も)
一番最初ににおいを確かめて食べ始めたのも高タンパクフード。
で、途中激しく食感フードに走り、アロマをちょこっと味見して
高タンパクに戻り、あとは食感フードと往復。
最終的には高タンパクを食べつくし、食感フードをうろつきながら食べ、
途中猫トイレで用を足して、すっきりしてからアロマのフードを完食。

これを数日試してみるとそれぞれの猫の傾向がはっきりわかるみたいね。
なんか面白くなっちゃったから、3種類のフードの好みがよくわかったら、
今度はいつもの去勢用フードやちょっと割高なマルヤマクラスで調達してる
ドイツ製のフードとも比較したりしてみよう!
もう完璧「実験くん」な母。
たぶんサボさんにも「楽しそうだよね。そういうの好きでしょ」って
簡単に行動読まれるだろうこと間違いなし。

でも、アロマや食感じゃなくて、自分に一番必要な栄養が摂れるフードから
選んだことにちょっと感動した私。
そらまめってどんくさいけど、おバカじゃなかったのね。

そんな彼、今は暖房の上でぬくぬく中。
まだ小さく入れてるだけだから焼けどもしないのよね。
真冬は注意せよ、そらまめ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2011年は「ほぼ日手帳」で。

2010-10-22 00:26:55 | Weblog
LOFTとか行くと、先月あたりから来年のスケジュール帳が出てて
「ああ、新しいの買わないと」って毎年のことながら思う。
毎度のことながら、かなり悩む。
自分の使い方はもう当然よくわかってるんだけど、「来年はこれで行こう!」
って思って実際に使ってみると何かしら「不具合」いや、「不都合」でもなく、
なんか「もう一歩」な感じがする。
それはレイアウトだったり、大きさだったり、デザイン全般だったりいろいろなんだけど、
とにかく「今年もあれ買おう」って感じになってない。
原因は2年前から始めた「日記」にある。
日記をつけだしたら、日記帳とスケジュール帳を別にするのも嫌で
どうにかして1冊にまとめようと思うんだけど、

こんなふうにね、私はなんでも面白いと思うものをべたべたと貼ってしまうので、
日記スペースを確保しつつ、べたべた貼るスペースもありスケジュールも書き込み
…とよくばりな要件を満たすものがね。
上の写真はたとえば3月のある週のもので、右に日記、と言っても1日数行程度のもので
大きく書きたいことがあるときは1日2日すっ飛ばして激しく書く。
左にはこの週にエナリの入学写真を撮影に行ってもらってきた見本。
ここに書いてる記号を伝えれば焼き増しも可、みたいなのね。
それと、3月にやまださんが持ってきてくれた100%チョコカフェのおかしについてた
かわいいチェックの帯も貼ったりしてさ。 とにかく分厚くなるのよ、結果として。

去年はこれって思って買ったけど、教科書サイズはやっぱりでかい。
しかも日記のくせに、やっぱりスペース足りる日、足りない日があり、
貼るものもでかく貼れるといえば貼れるんだけど、なんか逆にレイアウトが難しく
「やっぱり小さいサイズにしたいかも」と思ったわけ。

そこでうろうろ探してLOFTで見つけたのが、一番上の「ほぼ日手帳」
これって実はすごく人気で今年で10年目だったのね。すごいよ、糸井重里!!
サイズは小さいんだけど、とにかくレイアウト的に私にばっちり!
実はカバーも何種類もあったんだけど、カバー付きになると3500円と高いので
本体だけ2000円で買って、カバーは手作りすることにしたよ、マナさん!

文庫サイズでコンパクト。だけど、書きごたえたっぷり!
ああ、これがよかったら来年も再来年もこれを使い続けて長きにわたって苦しんできた
私の手帳探しもようやく終わるかなあ。
ぜひ、この素晴らしい「ほぼ日手帳」みんなにも見てもらいたい。
(LOFTのまわし者でも、糸井重里の関係者でもないぞ)
ほぼ日手帳についてはこちらほぼ日手帳2011
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

葉桜の季節に君を想うということ

2010-10-21 10:12:19 | さるみみ文庫
読んだ。展開も早くて途中まで良かった。
でも、やっぱり前に読んだ「向日葵~」と同様に最後にどんでん返し、
というかトリックの全てがあきらかになって、ちょっと白けた。

向日葵ほどのがっかり感はなかったけど「またこういうのか~」って
感じでちょっとぐったり感が。
文字として印刷されている内容に間違いはなくて
読者側がそれらの情報をたよりに勝手に「先入観」を持って人物像を
作り上げたがために、最後でびっくり、って感じなのだけど
やっぱりそのトリックで全部を通そうと思うと無理のある個所がいくつもあって
そこまでしても最後に何も解決しないというか、全然すっきりしないし…

読んでない人には悪いんだけど、
結局最初から登場人物は若者、というかメインは20代~30代くらいの人ばかりだと
思ってたんだけど、最終的に登場人物は全員60すぎの老人たちばかりだったと判明。
でも途中のいくつかの出来事がどうしても「これ老人で設定するには無理があるな」
って感じで、そういうことを気にしなければ面白かったと思うけど
私にはちょっと辛かったかな。

しかも「向日葵」のトリックのあと、もっと言えばこの作家の
「世界の終わり、あるいは始まり」もその前にトリッキーな作品だったから
「またかよ」感が漂った。

よくわからないけど、最近の作家ってこうやってトリッキーなの書く人多いのかな?
サボさんは「こんなのはいいから『永遠の0(ゼロ)』読め」とうるさい。

ちょっと小説食傷気味なので、違う本を読むわさ。
歌野晶午作品は、私的にはもうお腹いっぱい。ごちそうさまでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・コリネッタでランチ

2010-10-19 23:29:06 | Weblog
先週は連休が明けてから何かとバタバタしていて、あっという間に週末に。
で今週は昨日、今日と連日お誘いがあってランチへ。
こんなに続くとお財布も厳しくなるのだけれど、やっぱり声をかけてもらったし
いろんな情報をやりとりできるし、いろんなお母さんたちから得られるものも
たくさんあるし、美味しいし楽しいしね。

今日は伏見にある「ラ・コリネッタ」に初めて行ってきたのよね。
ここは普段レストランウエディングもやっていて、雑誌などで見ていたけど、
普通にランチもやっているようで、それなら行きたい!ってことで。

ちょっと場所がわかりにくかったりもするんだけど、
それがまた隠れ家的でいいのかもね。
地図で見ていたときは「なるほどこの辺ね~」なんて思ったけど
実際は全然気がつかなかった。お友達一人が前に来たことあったからよかったけど
これみんな初めてだったら「あれ?どこ??」ってなってたかも。

やっぱり評判のお店だからか、ランチタイムから結構車停まってた。
で、みんなでランチセットをオーダー。

フォカッチャ、スープ、サラダ、パスタ、デザートに食後の飲み物。
スープは「きたあかり」だったんだけど、なめらかで美味しかった。



ランチのパスタは小エビとブロッコリーのトマトクリームソース。
幅の広いパスタでね、このパスタの色が黄色だったのね。
「かぼちゃ練りこんでる?」とか思うくらいの黄色。
聞いてみればよかった、お店の人に。自家製っぽい感じだったしね。


これはデザートの赤ワインのジュレに洋ナシのコンポートと白いのは
名前が長くて覚えられなかったんだけど、パンナコッタよりちょっとやわらかめの
プリンみたいの。

のたうちまわるほど美味しい、ってことではなかったけど
美味しいイタリアンだった。

最後のコーヒーが濃かった…

ま、それはいいか。

今日は冬休みに一緒にスキー教室に入れる相談をしたり
上の子たちの冬期講習どうするかね~と情報交換したりであっという間の2時間。
楽しかったわさ~。

明日は家に引きこもりで仕事だわさ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

サボさん’sサプライズ

2010-10-13 23:24:00 | Weblog
誕生日。
もう既にお祝いは終わってたので、私はまったりと38歳になった。
仕事を片付けてて疲れてソファで横になりながら小説を読んでたら、
ピンポーン!
佐川急便から宅配というでは。
はて?何かね…
と思って出てみると、私宛にこの「マッサージクッション」が届いた。

頼んでない…

なんだろう…


この箱の上にプチプチマットだけの簡易包装で送られてきたこの「ブツ」を見て
「これって間違って届いたのでは?」と思い手をつけられずにいた。

実は数時間前に、郵便局で記帳したのよね。
一つはサボさんに渡してある口座の通帳だったんだけど、
いつもの引き落とし以外に送金の履歴が…
この通帳で送金できるようになってないから、サボさんのカードから
送金されてると思うんだけど、株式会社○○○って会社名も途中で切れてて…
しかもそこそこの金額で、もしかしてカードをサボさんが落として
誰かに悪用されたのでは!!と思い、慌ててサボさんに「電話くれ」メール。

昼休みに事情を話したらサボさんが
「あ、それ大丈夫だから。じゃあね」と言って電話を切るということがあり、
私は「大丈夫って何よ…」とワナワナしてたのよね。

夕方、ふと思う。
これってもしかしてサボさんからのプレゼントなのでは?
その代金を口座から送金したのでは?
そう思った私はプチプチマットをバリバリとはがして中を確認。
商品の箱の中に「さるみみさま、ご注文ありがとうございました」とある。

でも、私が頼んだことになってる。
サボさんからの依頼を受けて~とか書いてない。
で、送金の方は、やっぱりこの商品の販売会社が通帳に記載されたものと
同じだと思われたので、少なくともこの商品の代金だろうと推測された。

けど…サボさんからのプレゼントなのかな?本当に…


結局サボさんが会社から戻って電話をくれるまで私は真相を確かめられずにいた。

そして午後10時過ぎ。それがサボさんからのプレゼントであることを確認できた!!
サボさんのサプライズプレゼントだったのだよ。
いろんな意味で「サプライズ」だったけどさ(笑)

サボさん談

プレゼントをネットで探していたら、NHK朝のニュースの街角情報室でも取り上げられた
このクッションがひそかに熱いと聞いて、リラックスグッズだしいいな!と思って
プレゼント用にオーダーしてみた。送金履歴が残らないように現金で支払いしようと思ったけど
金融機関お休みの日だったので、現金で送金ができず、カードでやっちゃった。
記帳したら先にバレるところだったけど、誕生日まで私が記帳してなくてうまく見つからずに
済んだ…なのによりによって当日にバレるとは。

しかも、送り主に自分の名前も書かずに送って「しまった!」と思った。
加えてプレゼント用包装と、メッセージカードも付けられたのに、それも頼み忘れて「しまった!」
そのため妻に「これなんだろう?」と不審に思われた。本当なら大喜びされるはずだったのに。
せっかくの自分の計画があ~~~

そしてこのクッションがいかに評判で品薄だったかを説明してくれたサボさん。
ありがとう

さっそく仕事中に背中と腰をマッサージしてもらってるわ、このクッションで。
週末帰ってきたらサボさんにも使ってもらわなくては。
手軽だし、マッサージ効果で体もぽかぽかだし。
嬉しいプレゼントだったわさ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3日にわたる誕生祝い…

2010-10-12 14:57:43 | Weblog
私、明日が誕生日なんだけど、サボさん単身赴任中なので
平日のお祝いは無理、ってことで3連休に前倒し、ということに。
本来10日の日曜日にお祝いしようと思ってたんだけど
行こうって言ってた焼き鳥屋が日曜はお休みってことで急きょ土曜日に。
ところが、誕生日のケーキを頼んでもらったのはいいけど
毎日沢山作ってるわけじゃない限定ケーキで、材料調達が難しいから
最低でも10日は前もってオーダーとか言われたのよね。
それでケーキは早くても10日ってことになり、9日には焼き鳥屋で前祝い、
10日には子どもたちもリクエストの水餃子パーティしながらケーキを囲んで
本祝い、とかいうイレギュラースケジュールで私の誕生日祝いが行われることに。
もうこれは国賓レベルって感じよね。

で、9日は東京からスペシャルゲストのかつくんも遊びに来てくれて
(別に彼は私の誕生日をお祝いに来てくれたのではなく、出張と旅行だったのだけど)
子どもたちと遊んでもらい、私は夕方から予備校仕事にでかけて帰宅し、
速攻焼き鳥屋へ向かって無事に前祝い終了。
いつもの焼き鳥屋は出てくるのに時間がかかるんだけど、
さすがにサボさんも毎度だけど腹が立ったようで「もう行かない」と激怒していた。

翌日10日。朝から天気も悪かったので、大がかりな模様替えを決行。
ときどき楽天ジャパンオープンテニスの決勝を見つつ
ついに寝室を完全に子ども部屋として開け渡した私とサボさん。
3LDKなので仕方ないのよね。あんたたち、出ていくまでそこで二人部屋をシェアするんだよ。

で、この日実はコナンがテニスのスクールトーナメントがあり
夜「今日はナイトセッションだな」とか言ってでかけたのよね。
私は速攻負けて帰ってくると思って、せっせとパーティ用の餃子を作り、
ケーキもスタンバイ終了で上の写真のワインも準備して待っていたのに…

サボさんメールで「1回戦6-3で勝利」
えええええええええええ!!!

早く帰ってくると思っていたのに…その時点で既に夜7時半。
仕方がないので先にエナリと一緒にお風呂に入って、彼に水餃子を先にたらふく食べさせ、
ひたすら待つ。待つ。待つ。

全然帰ってこないので先にエナリの歯を磨いて寝かしつける。既に9時。
エナリは最後まで「ケーキ食べるからまだ寝ない」と言ってたんだけど
もうどう考えてもその時間からケーキを食べさせるのは得策ではないので
「明日みんなで食べるから心配しないで寝なさい」と言って納得して就寝。

そしてコナンとサボさんが帰宅したのは9時半過ぎ。
なんと彼は準決勝で敗退したのだけど、3位決定戦がそのあとあって
夏の大会で負けた相手にリベンジを果たして見事3位になったのだという。

コナンに負けた相手は相当悔しかったらしく、最後泣いていたんだって。
彼はもっと強くなるだろうね、この悔しさをバネにして。
一方勝ったコナンはかなりの劣勢を耐えて諦めずに粘って粘って勝ち取った勝利だったようで
酷くご機嫌でおまけに死闘を物語るかの如くの汗だく状態

速攻で二人をお風呂に入れて、ワインと水餃子で小さくパーティ。
エナリ抜きで可哀そうだったけど、コナンの3位祝いも兼ねて夕食を取り、
気がつけば11時。完全メタボコース。

で、そういう状況だったにも関わらず昨日は朝から「体育の日だし」ってことで
2時間テニス朝練
そして9時半に帰宅してブランチ。
昼にようやくケーキをみんなで食べたのさ。


これはパークホテルの45周年記念プレミアムケーキ。
ダブルチーズケーキじゃよ。
箱に入った状態で写真を撮ればよかったのに、つい気がつけば食べてるし。
白い部分がレアチーズになってて、黄色いのがベイクドチーズケーキ。
一番下がクッキー。大変美味しゅうございました。

これで3日にわたって繰り広げられた私の誕生日祝いも無事終了。
ちなみに本当の誕生日は明日なんだけどね(笑)
ドタバタしたけど、楽しかったわさ。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

噂のあのドリンク

2010-10-11 16:31:31 | Weblog
最近この自販機沢山みかけるのよね。
カラフルだしなんか体に良さそうな気がして気になってるんだけど、
いかんせん1本200円と高い

ってことでずっと気になってたくせに結局数カ月買わずにじっとしていた私。
今日はちょうどエナリのテニスレッスンの日。
失敗で全部飲みきれなかったことを心配してたので、
見学で一緒に行ったコナンとサボさんを誘って初めて思い切って購入。

私が買ったのは「若さ」というキーワードに反応して、ブルーベリーとかアサイーの
入った赤紫色のドリンク。


なんか裏に面白い言葉なんかも書かれてるんだけど、
著作権侵害になっては困るので、ここでは省略。

で、問題の味なんだけど、
私は濃い味を期待してたんだけど、完全その逆で
ビタミンウォーターなんだから水だと気づけよ、って感じなんだけど
色のついた薄い味の水、って感じだった。

運動後に飲むなら確かにポカリとかより甘さは控えめだからいいかも。
でもジュースとして飲もうと思ったら間違いかな。
水として飲もうと思うなら、高くて買わないだろうし、
これってどういう状況を想定して作られてるんだろう。
体にいいのかもしれないけど、ここまでお金出すなら
断然野菜生活とか買ってそう。

他の味は美味しいかもしれないけど、これだけを考えたら微妙だったわさ。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

エナリ的ゲルニカ

2010-10-08 21:52:10 | Weblog
アトリエでゲルニカの絵を参考に切り貼り、ぬりぬり。

お化け屋敷描いたのか、位になってたし。

来週もおもしろそうだわさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加