さるみみ屋

夫サボさん、私さるみみと2000年生まれ長男コナンくん
2004年産次男エナリくんとの「人生楽ありゃ苦もあるさ」日記。

もしかして歯が抜ける?

2010-06-30 08:59:46 | ねこみみ・さるみみ
けりぐるみおもちゃを激しく蹴ってがぶがぶ噛んで…
「おお、遊んでおるな」と思って捨てられてけりぐるみを見ると

「血…血じゃああああああああああ」

口の中を怪我したのか?
なんだ?どうした?
でも、そらまめ、口を開けてくれないからわからない…
そうこうしているうちに気がついたことが。
ドライフードを食べているんだけど、
器の周りにボロボロと落とすようになってる。
なんか一度に食べる量も激減していて、その代わり30分おきくらいに
「腹減ったコール」が…

「もしかしてうまく食べられてない?」
やっぱり口の中を怪我したのかな?
おまけにいつも舌がちょこっとだけ出てるような状態になってるし。

なんだろう。どうしたんだろう…

「にゃああ」
と鳴いて甘えて来たときに私は見た!!

前の牙(?)が半分取れそうになっているのを!

「ぎゃああああああ、歯が取れる~」

慌ててネットで調べてみると、ええ、猫も歯の生え変わりあるんですって。

母、騒ぎ過ぎですから。

今ちょうど生え変わりまっただ中と思われる時期。
5か月になったそらまめさん、6カ月くらいまでにどんどん生え変わるって。

おお、けりぐるみの血も
うまくフードを口からこぼしてしまうのもこのせいだったのね。

「にゃああ」
また甘えて口を大きく開けた時に奥歯のあたりに赤い部分が
「ぎゃあああああ」

どうやらそこは既に抜けていた様子。

猫は歯をフードと一緒に飲み込むことも多くて
気がつかないこともあるのだとか。
もしうまく1本でも歯が見つかったら記念に取っておくわ

息子たちよりも早いペースで大人になっていくそらまめ。
もううちのバカ息子たちじゃなくて、あなたに老後を支えてもらいたいわ。
元気で大きくなってね。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

少しくらいは家にいろ!

2010-06-28 21:57:54 | Weblog
うちのエナリ少年、毎日学校から帰ってくるなり急いでトイレに行き
急いで水をがぶがぶ飲んで「行ってきます」とか言って
近くの公園に遊びに行ってしまう。

「今日は耳鼻科に行こうかな」とか「一緒にスーパーへ行こうかな」と
私が考えていても、勝手に友達と約束してきてしまうので
病院に行くのも後回しになってるし、
友達を先に呼ぶ約束をしてしまうと親なしの家に子どもたちだけで
遊ばせておくわけにもいかないので、
結局買い物にも行けずで、結構不便。

一日くらい家にいてのんびりすることがあってもいいのでは?と思う。

かつてコナンは「特に放課後まで遊びたい人がいない」と言うほど
帰ってきたらほとんど家の中でのんびりとしていたから
兄弟で全然違う行動パターンなのに驚く。

そしていつも決まって「どうしてこんなになるの?」というくらい
ドロドロになって帰ってくる。


今日もまた汗だくでなぜか水浸しになって帰って来たので
速攻シャワーへ突っ込んだ。

もう、遊ぶのいいんだけど、ちょっと時には落ち着いて家にいて
一人で遊んだり、日曜日に録画している「ダーウィンが来た」観るとか
ゆったり過ごす日があってもいいんじゃないかと思う。

そんなことを母は思うので、彼に一日まったりDAYを提案している。
あさってを予定してるんだけど、どうなることやら…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

MOP北広島へ

2010-06-26 12:51:25 | Weblog
ようやくMOPへ。
我が家はアウトレットモールではいつも
スポーツ関連もしくはアウトドア関連の店にしか行かないのだけど
やはり今回もアディダスだのエーグルだのへ。

W杯予選通過ってことでアディダスは更に安くなっていたでは!

コナンのテニスウェアも買えたわさ。

まあ天気のいい夏はレラみたいに屋外の方がいいよね。
冬はこっちがいいけど。
いずれにせよ話題のスポットは意外に小さく感じましたとさ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

高級なネズミ

2010-06-24 06:49:44 | ねこみみ・さるみみ
見て、このネズミおもちゃ。
体長15センチくらいでね、ウサギの毛なのよ、これ。

ネズミおもちゃは沢山あれど、そらまめさんってば
「なんちゃってネズミ」みたいなのには見向きもしない。
98円くらいの小さすぎるネズミも、ゼンマイネズミにも
全然関心を示さないんだけど、
中に何かBB弾みたいのが入っててからから音が鳴って
フェイクファーでもなんでもいいんだけど、毛でおおわれて
生き物っぽい雰囲気があって、
ある程度の大きさのあるネズミおもちゃ、
になると結構本気モードで遊ぶことが分かった。
じゃらしの先についていたネズミがそれに該当するんだけど、
じゃらしの棒のない、ネズミだけのが欲しくてあちらこちらのショップを
覗いて探していたときに発見したのがこれ。

なんと980円もするのさ

高級なネズミおもちゃだと思わない?
でもこれを買って帰ったときの、そらまめの興奮ぶりったら…
ほら、上の写真も遠くにじっとネズミを見つめる彼の姿が…

数秒後には近寄ってきて私が大好きな萌え萌え猫キックが炸裂!

そしてサッカーボールを操るがごとく前足でちょいちょいとネズミを
動かして追いかけまわし、ジャンプして飛びかかったかと思うと、

こんな具合に今度ははむはむと獲物を噛み、一瞬遠くへ去る。
そして動かないネズミおもちゃを物陰からひっそりと見つめて
狙いを定め、再び飛びかかって猫キック、サッカー遊び、はむはむ…
猫キック、サッカー遊び、はむはむ、とびかかり…

そんな単純な遊びを途中で休憩なども含めて30分はひたすらやってる。
じゃらしではないので、私が棒を動かさなくてもいいからちょっとラク。


そして最後にはこんな風ににんまりと満足そう。
結構走ってるもんだから、呼吸でお腹のあたりが大きく上下して
ときどきふがふが言ってるし…

ちょっと前に買っていた180円のじゃらし、本当によく遊んでいたんだけど
いかんせん弱くて1週間に1本のペースで壊れてた。
毎週180円もどうなのよ、と思って買った高級ネズミだったんだけど
実は買って1週間ほどで尻尾が取れた…

でも壊したのはそらまめじゃなくてエナリ。

180円のじゃらしも最初に壊したのはエナリ。
高級ネズミの尻尾は私が再び縫い付けて復活したけど、
さすがに180円のじゃらしは復活しなかった。

猫よりも脅威なのがエナリだったってこと?

今度からエナリがいる間に猫おもちゃを出すのはやめよう、と
心に決めた母であった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこもみな同じ悩み。

2010-06-23 11:13:58 | Weblog
この間、コナンが入学して最初にお友達になったRくんのお母さんに
久々に出会って話をした。
Rくんとはクラス替えで今は同じじゃないんだけど、
3年生から少年野球チームに入って頑張っていることは他から聞いていた。
コナンの周囲は野球チームに入っている子だらけで、
それは隣のクラスもまた同じ。クラスの半分近い男子が野球漬け。

「Rくん野球頑張ってる?」と聞くと
「うん、頑張ってるっていうか野球しかしないの」
「ピアノはまだ続けてるんでしょ?」
(Rくんは年長からピアノを習っていたのよね。)
「それがね、つい最近、野球に打ち込みたいから、って辞めたの」
「ホント?」
「私は野球やっちゃダメだって言わないけど、ピアノも勉強もちゃんと
やってほしんだよね。でも野球のことしかないし…」
聞けばRくんのお兄ちゃんも(中2)野球部でひたすら白球を追っているそうで
お母さんはそのこともかなり心配していた。
高校受験のことも考えて勉強してほしいのに…二人とも、もう!!
っていう感じだった。

その前にはコナンと同じクラスのママ友と恒例の愚痴ランチ会で
これまた似たような話が出て来た。
娘のRちゃんは水泳大好き。自分は全然タイム的に遅いんだけど、
とにかく泳ぐのが大好きで今は毎日育成クラスに通っている。
毎日2時間泳いでるんだけど、全然選手クラスには上がれない。
大会に出るんだけど、いつも遅くて全然伸びない。
母は送り迎えも忙しいし、実際選手にはほど遠いから、
育成クラスではなくて週に2回程度に減らして、ほかに習っているピアノや
勉強にも力を入れてほしいと思っている。
正直、中学受験も気になってるからそろそろRちゃん自身がどうしたいか
ちゃんと知りたいんだけど、Rちゃんは結論を先送りしているようだった。

ああ、どこも似たような悩みを抱えてるんだよな~、というのが感想。

コナンも「まだ受験は間に合う?」と聞いてくるところをみると
受験もまだ諦めたわけではないのだと思う。
でも実際は全然勉強もしなくなって、テニスにはまり続けている。
本人は「今はテニスだけやりたい」というので
宿題はちゃんとやってるようだし、家庭学習もたまにやってるようだし
学校の勉強も全然困ってないようだからほおっておいてるんだけど
そこはやはり夫がそれを許さない。

「ちゃんと勉強もしないとテニスは辞めさせるからな」と言い続けてる。
それがまた面白くなくてコナンは反抗する。
この夏は、試合が続くので夏期講習も行かないことにした。
コナンは「冬になったら塾に行く」とか「5年になったら塾に行く」と言うが
本当はどうなのかわからない。
でも、少しずつ塾に通う子が増えてきて気になっているのは確かだね。
だけど、もし受験をするとしても、今年からガツガツやる必要もないだろうから
今年は好きなだけがっつり打ち込めばいいんじゃないかな、と思う。

だから私は今「学校の勉強がわからなくなって困ったら教えて」と言っている。
そうやってあとは放置しているんだけど、
サボさんは「それじゃああいつは自分に甘いからダメだ」と言う。
プライオリティとしては勉強が上だとはっきり彼に言ってたよ、サボさんてば。
後悔するのも彼の人生じゃないかね、と思うんだけどね。

さて、この先コナンはどうするんだろうか。
受験を諦めて公立中に行きつつテニスの王子様を目指すのか
テニスはあくまで趣味として続けることにして受験にシフトするのか。
子どもの気持ちも山や谷があるもんだよね。
ずっと同じように「●●中に行くんだ」って気持ちを維持できるわけもなく。
とにもかくにも半年後が見ものだわさ。

なんか同じこと悩んでるんだ、みんな、と思ったら気が
今まで以上に楽になったとさ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

試合を重ねることで見える課題

2010-06-22 10:40:37 | Weblog
週末も実はコナンのテニスの試合だった。
2週連続で早起きをしてお弁当を作っていると、本当に毎週運動会かよ!
と思ったりするんだけど、少年野球に入っている子やサッカーチームに
入っている子のお母さんたちから話を聞けば、みな毎週のように、
下手したら土日両方とも試合だったりして、
「そんなもんだよ」とさらりと言われると頭がさがる。

この日も朝からでかけたが、現地は寒かった…
風邪をひかないかとひやひやしながらの観戦となった。

先週私たちがきつくマナーのことを言って、
今回の試合では試合の前に主催者側からマナーについて講習もあって
合わせてしっかり聞いていた様子だった。

実は今回一つ上のカテゴリ、12歳以下の試合に出た。
体格も大きな5、6年生相手にどこまでできるかな~と思ってね。
リーグ戦で最初の試合では、同じくらいの子だったので
その子も上のカテゴリで出てたのかな。
先週の試合よりも鬼気迫るものではないから、気楽に試せるのかな。

で、最初の試合の子との間のセルフジャッジでまた揉めた。
コナンのサービスを「アウト」と判定した相手の子に
「今のは入ってたでしょ」と詰め寄るコナン。
私たちから見ても確かに入っていたと思うんだけど、そこはセルフジャッジなので
外野はうるさく言ってはいけない。
そして相手は一度アウトと言ったんだけど、コナンに言われて
「じゃあイン」と言って訂正したのよね。
またそういうもめごとかよ…と思い、イライラしないか心配してたけど
いいところにショットも決まったりして、見た目には平静を保っていた。

ところが今回の試合では相手の子がイライラしちゃったようで、
途中からサービスも入らなくなってくる。せっかくボールに追いついたのに
力みすぎかネットもしてしまうなど、空回りして自滅。
最後まで気分が戻らないままにコナンに負けてしまった。

コナンにはイライラするとどうなるか、先週の自分を見た気分になったようで
いつも平静さを保ってプレーすることの重要性を再認識したようだった。
ここで私たちは、コナンが相手はイラついている、と感じたり
相手に弱点があると思った途端に、ものすごい牙をむいて挑んでいくという
「嫌なヤツ」な態度を再認識した。
この前は相手がすごく強いときにも本気モード全開だったけど、
弱いと判断した相手に対しては「これでもか」というくらいに
攻めまくっていたからね…

ちょっと格上の相手だとひるむ癖に。まだまだ弱い犬だな…

あと、しつこくボールを追ってつなぐタイプの子にも意外に弱い。
自分自身も追っていくタイプなのに、ラリーが続くと必ずと言っていいほど
コナンがミスをして相手にポイントが入ってしまう。
勝負所の決め球、ってのがないんだよね。
ドロップショット使いすぎて手の内読まれてますから…

早いボールにも反応できているし、今回はマナーもできていた。
あとは勝負どころでどうドカーンと決めることができるか、が課題かな。

今回もトーナメントの準決勝で敗退した。
コナンが準決勝で負けた子が結果優勝。
でもね、すごく力の差があったわけではなかったと思うんだよね。
なんて言うのか勝負に賭ける気迫と、勝負どころでの攻め、この2点が
まだまだ足りないような気がするんだよね。
技術的には学年が上の子に対しても対応できてると思ったし。

試合に出るたびに、また新しい課題が出るのね。

終わらない旅、って感じかな。

そうそう、我が家は来月からついにエナリもテニスを始めることに…
私たちは彼に球技のセンスがないから無駄だと思ってずっと無視してきたけど
せめてラリーが続くくらいまで習わせようか…となって折れた…。
本人はがぜんやる気だけど、私たちはちゃんとコーチの話が聞けるのか、
そういう基本的なところを一番心配している。
万年初級クラスなんじゃないだろうか。

せめてコナンの練習相手になれるところまで行ってほしいけど。
(あ、試合に出てなんて全然思ってませんから、エナリくん)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

結局なぜ飼い犬に手をかまれるのか…?

2010-06-21 15:40:36 | さるみみ文庫
ちょっと仕事の合間に読んでいたら、読破にものすごく時間がかかってしまった…
この本、なんか面白そうだな、と思って本屋で衝動買いしたのよね。
最初はこのタイトルに惹かれて、なぜ飼い犬に手をかまれるのか知りたい!
と思って買ったんだけど、結局最後まで理由は書かれていなかった、
というか、飼い犬の話が出てこなかった。
犬と猫の違いはあったんだけど…

タイトルと中身が関係ないなんて、これちょっと酷いんじゃない?

私はこの本の著者である日高さんという人を知らないのだけれど、
中の文章が天声人語みたいに短いエッセイ集なので、読みやすいといえば
読みやすいと思う。最初は昆虫や動物の「へええ」な生態などが書かれていて
結構面白く読んでいたんだけど、後半になるにつれて動物とか昆虫とかには
関係なく、世の中のいろんなことに対する雑感って感じになってて
前書きでそれには触れていたけど、結局1冊にしちゃったらまとまりがない感じに。


いろんな知識を増やしてくれたことには感謝するけど、
結局「なぜ飼い犬に手をかまれるのか」がわからない。
最初はそこを知りたくて買ったのに…
そういう本ってどうなのよ!!

次はちょっと小説に移ろうと思ったわさ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベイビーリーフはできるか

2010-06-19 10:28:21 | Weblog
先月アトリエでエナリが植木鉢を作った。

焼き物なので窯入れしてみたら割れてしまった!
ということもあり、どうなるかハラハラ待った1ヵ月。

無事に一つも割れることなく完成したようだ。

エナリはベイビーリーフを作ることにしたようで、
早速出来上がった植木鉢にもらった土と種をまいた。

夏になったら無事食卓に並ぶだろうか。
ちなみにチャレンジ1年生のミニひまわり、2度失敗で枯れて
今は友達から余った種といい土をもらって3度目に挑戦中。
本当に花を育てるのが下手な私。
いつも緑のものしか育たないのさ。

ああ早く食べたいわ(^-^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏のラインナップ

2010-06-18 09:06:48 | Weblog
私、ルピシアの回し者ではないが、

夏はやっぱり麦茶でしょ、ってことで買ってみました~

定番りんご麦茶はかなり品切れ中だったけどようやく入荷。
ライチ麦茶も美味しかった~
すいか麦茶は(^_^;)コメントなし。

水出しでじっくりね~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニスというピラミッド

2010-06-17 01:20:56 | Weblog
初試合後、私は夫とともにこれからテニスとどうかかわっていったらいいか
それを真剣に話し合った。全然答えなんか出てこないけどね。

試合に出てみて思ったのは、野球やサッカーじゃなくても
その競技に参加する子たちで形成されているピラミッドは
やはりどこまでも高くそびえていて、我が家が目指したシードの子でさえも
そのピラミッドの頂点からはまだ遠い位置にあり、
同じ4年生でも中学生のカテゴリ内で試合をする子もいれば
各地の試合にエントリーしている子もいるし
はたまた錦織圭のいるフロリダのテニススクールに短期留学している子もいる。

そのピラミッドの一番下の入り口に足を踏み入れた我が家はその圧倒的な
ピラミッドのでかさと果てしなさに呆然とすると同時に
やっぱりコナンはその中では絶対頂点には立たない、
そこは目指すべきところではないと確信した一日でもあった。

私も夫もコナンにはテニスを趣味として続けてもらって
彼にはやっぱり勉強を頑張ってほしいと思う。
それが彼の将来にとってもいいことだと思うし、体的にも恵まれていないコナンが
いくらプロになりたいと思っても、努力だけで辿りつくことができない
巨大な壁がやっぱりそこにはあると思うんだよね。

親の体力的、経済的、精神的覚悟はもちろんのこと
コナン自身が何よりも24時間365日テニスのことしか考えられない、
そのために努力を惜しまないというくらいテニスに没頭できていなくては
辛いトレーニングや今回のような過酷な試合のスケジュールをこなすことは無理。
いい指導者やさまざまなチャンスなど、歯車がうまく回るために必要な
他の要素ももちろんあるだろうし、スポーツは怪我も怖いから
そういうアクシデントに遭わないような体が資本としてあるかどうかも
もちろんだし、アクシデントを避けられる運もいるかもしれない。

そうしたいろんな偶然などが重なってイチローなり松井なり中田がいるわけで
みんながそういう選手になれるわけではない。
わかってはいたけど、それを痛感した一日だったのよね。

それでもコナンはテニスに打ち込むし、もっと上を目指したいと思っているらしい。
でも、最終的にどこまで行きたいのか、どのくらい自分に頑張る気があるのか
自分もシード選手と同じようになれると思っているのか
その辺は不明。
ただ今はとにかくテニスに打ち込みたいらしい。
勉強もせず、ひたすらテニスにね…


今週末も試合。
夏休みも試合続き。
試合の直前には特訓続き。
テニス三昧で真っ黒に焦げてるかも。
宿題はできるのだろうか。自由研究もできるのだろうか。
ちょっと不安。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加