さるみみ屋

夫サボさん、私さるみみと2000年生まれ長男コナンくん
2004年産次男エナリくんとの「人生楽ありゃ苦もあるさ」日記。

矯正本格開始

2007-08-31 13:55:09 | 矯正日記
すごい画像でしょう。
こざるの口の中についに矯正の器具が入った。
一番奥の上の歯2本を外側に広げるための器具で、きちんと広がるまでに
3、4ヶ月かかるのだと。
外からは見えないからまだいいんだけど、
前歯の裏側にまで器具がかかってるから、活舌がよろしくない。
何かはさまったような喋り方になるので、昨日から発声練習をちょっと
はじめた。先生は「子供だからすぐ慣れます」と言っていたけど、
案の定仕上げ磨きのときに器具に野菜がひっかかっていたり
挟まっていたりで、そういう部分の不快感もあるようだ。

痛みがないのが救いと言えるのかな?

学校でも給食の後に歯磨きがあるからまあいいけど
とにかくここで虫歯にならないように気を使わなくてはね。
頑張れこざる。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

午後のひととき

2007-08-31 12:43:55 | Weblog
近所のフルーツケーキファクトリーに来た。割引券でのんびり~
カフェラテちょっとぬるかったよ。今日食べたのは桃とブリュレのタルト。桃うま~大好き~
一人のんびりを満喫できるのもまた2週間後か~この味を胸に頑張ります(T_T)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

独自キャラづくり~母の巻~

2007-08-30 10:47:35 | Weblog
私が描いてた野菜キャラのうち、こざるが気に入ったのが
なぜか「なすびくん」「じゃがいもくん」
正反対キャラになぜ?

そしてべびざるが気に入ったのが「ピアノを弾く豆」
私が一押しなのは「物思いにふけるとうきびくん」
まだまだたくさんあります
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

独自キャラづくり

2007-08-30 10:43:22 | Weblog
最近、私と子供たちの間で独自キャラづくりが小さくブーム。
最初は私がお野菜をモチーフに人を作ったんだけど、
それを見てこんどはこざるが、こんな風に「公園くん」を作った。
公園くんの頭にはブランコ。
なんと翌日には家族が現れて「公園じいちゃん」「公園キング(お父さん)」
「公園クイーン(お母さん)」まで出来ている。
頭の上にはすべりだいや鉄棒が載せられている。

先週の日曜日に私が半日サックスにでかけていた間、夫が子供たちを
近所の公園数箇所(6つくらい)梯子させて遊んだので
どこの公園はどうだったと評論家気取り。
夫はそれだけ自転車の後ろにべびざるを乗せて回りまくりで疲れた様子。
帰ってきたら夕食の支度中にベッドの上で死んでいた。

ま、そんな感動の1日から生まれた公園くん。
そしてこの下のへんてこな絵はべびざる。
マリンマリンにインスパイアされて描いた魚たち。
真ん中の丸いのはなんだと思いますか?
「ハリセンボン」らしい。その鼻はないと思うんだけどね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週のスタバ

2007-08-29 12:08:38 | Weblog
仕事も片づき、久しぶりにスタバへ。
もうキャラメルマキアートもTallじゃないと物足りない。
糖尿病に気をつけなくてはね、30代。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

子供たちと月食に酔いしれる

2007-08-28 21:01:37 | Weblog
みなさん見ました?月食。
皆既月食中は暗いからわからないけど、
終わって形が元に戻ってきたら「おお、形が変わった」と感動。
もうすぐまんまるお月様。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

最強のリップクリーム

2007-08-28 12:21:39 | サックス日記
これから下期にかけてどうしようかと思うこと。
冬になるとサックス後に結構唇の荒れが酷くなってしまい
普段からもともと口紅はつけてないんだけど、代わりにリップクリームの
メンソールな匂いにまみれていた私。
子供たちが「ママ、ガムのにおいがする~」とべたべたしてきて
「うるさいからあっちいってよ~」というのが冬の光景。

ところが、今年はちょっとまた様子が違う。
月に一度だけのワークショップ2時間半の後にレッスン梯子で3時間半。
ワークショップ後は唇がかさかさで酷い。かわも剥けてるし。
愛用のメンタームを毎日塗っても全然ダメ。
まだ夏なのに…
すごいリップクリームが欲しい。
ものすごい効果あるやつね。
値段はそうだな~ほんとに効くなら3000円くらいまで出してもいい。
そのくらい夏なのに酷いです。
今、イライラしてかわむいちゃって、一部血を流してます。
うーん、辛い。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

男を上げる、男を下げる

2007-08-27 23:47:55 | Weblog
週末のこと。スーパーマーケットで隣のクラスのお母さんと会った。
「こんにちは~」なんて立ち話。娘(隣のクラス)も一緒にいて
お母さんが「隣のクラスのお友達知ってる?」って自分の娘に聞いてたら
その子、なんて言ったと思う??
「知ってる。いっつも私にちょっかいかけてくるの。しかも○○ちゃんのこと
(隣のクラスにいる女の子のこと)好き好き好き!ってキスしようと
してくるし、女の子だったら誰でもいい子」
と、こざるのことを自分の母親に説明した。

よくもまあそんなに次々とすごいこと言えるな~と思って
でも「そうか~ごめんね~女たらしで」と笑いながら答える私。
前にも隣のクラスの女の子に「こざるくんっていつも女の子とベタベタしてる」
とかよく言われたりしてて、なんか女の子に手を出して日々暮らしているのか…
とすごいイヤな思いをしてたんだけど
「女の子なら誰でもいい」とかまで言われるとは…とほほ。
その子にめちゃくちゃ腹も立ったけど、親としてなんか情けなくて
「あんた、いいかげんに女の子のお尻ばっかり追いかけてないでよ
と一喝。こざるにしてみれば「何で怒ってるのママ?」って思ってたみたい
なんだけど、なんか、少ない人数の中でそういう位置づけになってるのかと
思うとね~。ため息も出ちゃう。
男を下げてますから、こざるくん。

でもそんな中、こざるはテニスでレベルアップ。
週末コーチに進級OKをもらって、このことがかなり嬉しかった様子。
レッスン後も河川敷で夫と練習を繰り広げていた。
次は4年生や3年生の中でのレッスンが始まるので体格差も気になるものの
でも自信になったようで、河川敷から戻っても公園で今度は
バドミントン。ボレーの練習になるとかなり真剣に夫相手にやっていた。
そこへ同じクラスでこざるの大好きなAちゃんが、お父さんとボール遊びに。

ここぞとばかりに男を上げようとバドミントンに集中。

Aちゃんのお母さんに今日聞いたら、家に帰ってからお父さんに
「こざるくんばっかり見ててボール投げに集中してなかったぞ!」と
Aちゃんは怒られていたらしい。お母さんは
「そんな怒ることじゃないでしょ」と笑ったみたいだけど、女の子を持つ
父親の微妙な心の揺れを感じたね。
かなりアピールしていたかも。

そして今日はかなり男を上げに走った様子。
算数の授業とプール授業でヒーローになったようで
普段積極的に動く子じゃないだけに、自信がついてきたのかな…と
ちょっとホッとした私。ただの女たらしと思われないように
ちょっと頑張ってよ~(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

砂場で頑張る!

2007-08-26 09:52:48 | Weblog
金曜日に砂場で久々に大きな山づくり。
いつもは学童の子たたちがもっとダイナミックなのを作ってるんだけど、やっぱりべびざると二人だとすごい大きなものは難しい。
それでも出来上がってから水入れて川にできたから満足。
また日焼け~

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

2学期が始まって

2007-08-22 13:23:11 | Weblog
今日はPTA関連で学校へでかけた。
始業式の日に夏休みの自由研究の発表会があったようで
そのときに「○○くんはこんなものを作った」と
かなり興奮気味にいくつか印象に残った工作について語っていたこざる。
「冬休みは工作にするかい?」と聞いたんだけど
「調べ物がいい」と言ってる裏腹さ。よくわかんない。

それで、彼が感銘を受けた数名の子の工作を打ち合わせが終わった後に
見てきた。確かに2名ほどすごく上手なのを作っていた。
隣のクラスの男の子の作品にも感動していたのでついでに拝見。
ああ、確かに上手だよね。

2学期に入って今日で3日目。
昨日学校のことをいろいろ話したけど、彼は今「おもしろい人」にあこがれてる
感じがする。「おもしろい人」というのは「面白いこと」つまり
冗談をよく言う子のことで、どちらかというとそういう面白みに欠ける
こざるにとってはある種尊敬したい感じなんだと思う。
もう1人、恐らくライバルっぽく思っている子が1人。
その男の子は面白いことは言わないけど、まず計算が自分より早いらしい。
しかも今回の工作で作った昆虫類がすごく上手だったと詳細に言ってきた。
実際私が見ても上手だったと思うし。
なんか気になってるみたい。そういうのが出てきたのか…と感慨深い。

べびざるは昨日先生から電話がきて、ここ2日間めそめそしているとか。
家でなにかありましたか~?ってことだったんだけど
特にはない。ただ、気になるのが1学期に年少の補助に入っていた先生が
2学期からいなくなったという話。それを「○○先生いなくて寂しかった」
ってちらっと言ってたのを先生に話したら「なるほど~」と。
結構クラスに入ってたみたいだからね。
言われて見れば1学期よりも「幼稚園行きたい!」って前面に出さないな。
「行くよ~」と声をかければ「うん」とはいうものの
「早く時間にならないの~?」と催促することは確かになくなったね。
微妙な子供心かな…

これからの2学期は2人ともそれぞれにいろいろな行事がある。
そして我が家もあれこれと忙しくなる。
ちょっとした変化を見過ごさないようにしなくては…と思った。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加