さるみみ屋

夫サボさん、私さるみみと2000年生まれ長男コナンくん
2004年産次男エナリくんとの「人生楽ありゃ苦もあるさ」日記。

結局インフルエンザ

2007-04-30 11:59:56 | Weblog
昨日の夕方からの熱が坐薬でも全然下がらず、
「これは絶対インフルエンザだな…」と思って当番病院へ。
同じクラスの子が2名も来ていて
こざるよりも先に受診した子がインフルエンザA型だったと。
そしてこざるも検査したらインフルエンザA型。


ついに来た!
あとは私とべびざるがどうなるか…
おお、恐ろしい。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今日もだめらしい。

2007-04-30 00:59:30 | Weblog
こざる、熱が下がったと思って外出はしなかったものの
家の中で遊んでいたら、昼にダウン。
また熱が上がってしまい、夜には9度台へ。
29日のみならず30日もどこへも行けないであろう。
千歳レラへの夢ははるか彼方へ。

アンヒバで下がりはするけど、抗生物質とかもらわないとダメだろうなー。
当番病院へ直行か~。
5/1は学校行けるのかな~
それより5/3から義弟の赤ちゃんに会いにいけるのかな~
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あわやインフルエンザ!!

2007-04-29 10:32:47 | Weblog
学校でこざるの座っている列、2人並んで縦に4列で計8人がいるんだけど
その縦の列8人中5人が金曜日に休んだと帰宅したこざるから聞いた。

木曜日から休んでいる子が2人で、金曜日にそれにプラス3人が休み。
聞けば「インフルエンザA型」

まだまだ札幌も流行ってます。
他にも別の列で1人休んでいるから合計6人休み。
全部で29人しかいないのに、2割が休んでいるなんて!!
学級閉鎖になったりして?

まあGW明けにはみんな戻ってくるよ~なんて言ってたら
昨日、プールから帰って来て夕方、こざる発熱。
私が予備校のお仕事から帰宅するとぐったり気味。
熱を測ったら7度5分。
ご飯もそこそこに寝てしまう。
時間が経つと8度4分まで上がって「これはインフルエンザでは??」

救急に行くかどうかでかなり迷っていた。
すぐ行っても反応出ないだろうし、起こしてまで行くのもどうかと思うし
どうしようか…と悩んで12時近くに夫に救急へ行ってもらった。
でも、「検査するなら明日やって」と軽くあしらわれて
アンヒバ1本で2540円。

かなり激怒の私。
聴診器当てて5分もしないで2540円ってどういうこと!!
アンヒバならまだストックあるぞ!!!

帰って来てスポーツ飲料を飲んで再び寝るこざる。
起きたらまた当番病院で2500円か~辛いよ、乳幼児医療費切れてるし…

と思ったら朝には熱が下がっている。


インフルエンザではなかったんだ。
とりあえず予想最高気温は20度だけど、べびざるも調子悪いし
みんなでインドア生活。

でも、インフルエンザじゃなくてよかった。
いろいろ疲れていたんだろうな、こざるも。
私もホッとしてダウンしないようにしよう。

まだまだハラハラのGWだ。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

これが初制作のこいのぼり。

2007-04-29 10:22:17 | Weblog
べびざる初製作のこいのぼり。
おくらとレンコンの野菜スタンプでうろこ。
目に白い○シールを貼って、そこに目を描くんだけど、
なぜ?
一匹だけ目が「やられた」って感じになってるのは??
そういう小技をきかせる辺りがやはりべびざるである。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初お弁当日

2007-04-28 16:24:19 | Weblog
昨日はべびざる園の初お弁当日。
本格稼動はGW明けになるので、来週の谷間はまだまだ午前保育
こざるの小学校が来週から5時間も始まって喜んだのもつかの間…ううう。

はじめてのお弁当だから少なめにと指示が来たが
「少なめって、これで大丈夫なのかな…」と不安なままお弁当箱へ。
べびざるはとにかく時間がかかっても「お腹いっぱい」食べる人。
普段食べる量の半分にも満たない量しか入れなかったけど
大丈夫なのかな~
年少は時間を多めに取ってお弁当食べるって聞いてはいるけど
少なくて他の子のを取ったりしないか、
足りなくて暴れないか、というような普通じゃない心配をして送り出した。

こざる園は給食だったから、足りない子はおかわりできたし
いらない子は最初から少なめにしてもらったりと調整ができたが
お弁当は残す分にはいいけど、足りないときにどうしたものか。
今度からフルーツなどで対応するか?
母の悩みは尽きない。
しかもお弁当箱が浅くて、から揚げなんて入れたらふた閉まらないか?とかね。

べびざるは喜んでお弁当袋をかばんにしまって園にでかけた。


出発から5時間後帰宅。えらくごきげんで帰ってきた。
帰ってからからっぽのお弁当箱を見せて「たべた~」
かばんの中に、小さなかっぱえびせんが一袋入っていて
「これどうしたの?」と聞くと「おやつ」
おそらく幼稚園で配られたんだと思うけど、どういういきさつで
それが配られたのかが結局わからず。
お手紙もなかったし。これから毎回出るわけではないんだと思うけど、
これってなんだろう???
足りない子もいるだろうから?

絵本バッグの中に絵本もついでに入ってきた。
本当に「こどものとも」みたいな絵本かと思ったら
「たのしい幼稚園」とかみたいな遊び学習本だった。
シールの付録もついていて、べびざるは喜んでいた。
へー、なんかこざる園の絵本(こどものとも系)よりお金かかってる?

こいのぼり制作も持ってきてご満悦。
宝物がたくさん入ったバッグ!みたいに喜んでいた。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

眼科に行ってみて

2007-04-26 10:57:02 | Weblog
こざるが学校でやった視力検査にひっかかったので
昨日眼科まで行ってきた。

就学前検診でもなんか見えてない雰囲気だったんだけど
学校からのお便りでは右目が0.7~0.9くらいというB判定。
あちゃ~と思って天気のいいうちに眼科を予約してでかけた。

視力検査だけだと思っていたんだけど
目の病気がないか瞳孔を開く目薬を入れて検査したり
立体メガネをかけて調べたりなんなりして1時間以上かかった

結局、こざるの右目は0.8でちょっと乱視も入ってるらしい。
左は1.0だったんだけど、私も夫も目が悪いとはいえ
小学校1年からこの視力でどうなのよ?って感じ。

病院の先生にDSの話をされたので
「うちは持ってないんですが」と言ってやる。
何が理由で悪くなったのかとあれこれ思い出してみれば
やっぱり姿勢悪いし、テレビもちょっと斜めから見る癖があるし
そういう生活習慣だろうなー。
悪化を食い止めることはできてもよくはならないと言われてそれも
とりあえず経過観察で大丈夫ではあるんだけど、
いつか黒板の字が見えなくなったらめがねですと言われて
「結構早い時期からめがねだったりして…」とドキドキ。

私は小学校6年でめがね。夫も中学時代にはめがね。
だから同じような頃にめがねかと思っていたけど
3年生くらいでめがねだったりして

そして飽きてうるさいべびざるをなだめてようやく会計したら2810円
そうだった、乳幼児医療が1年生になって切れてるから
500円くらいとかそんな金額じゃ済まないんだった…

何かとお金のかかるこざるである。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

単なる不満なのか、当然の要求なのか。

2007-04-25 11:29:10 | Weblog
べびざるが幼稚園に通うようになって2週間。
毎日楽しいみたいでそれはそれでよかったと思う。
ところが、ここんとこ、いろいろあるんだよね~

先週べびざるが遊びに夢中になっててトイレに間に合わず漏らして
着替えをして帰ってきた。
ところが、バスを降りたべびざるの姿を見て「???」
お着替え袋に入れた洋服と違う。お着替え袋の名前ホルダーが
はずれていたのかな?園の洋服かしら?と思った。
まだ寒いのになんと半ズボンで中も薄手のTシャツ1枚と下着1枚。
ありゃりゃ、寒かっただろうにと思って速攻着替えをさせてこざるの参観日へ。

園から連絡があるのかと思ったものの待てど暮らせど電話は鳴らない。
思い切って電話をかけたら担任の先生。
「あの~べびざるが今日着替えして帰ってきたんですが」
「あ、そうです、お母さん。連絡忘れてましたが帰り際にお漏らししちゃって」
「それは本人から聞いたんですが、洋服がうちのじゃなかったので
お着替え袋の名前ホルダーがはずれてわからなかったのかな…と思って。
はずれてたら付け直しますから…」と言うと
「あれ?違ってましたか?すみません、私別の子の洋服着せたんですね~笑」


なるほど、そうだったのね。
タグの名前見る限りロッカーお隣の子とも名前違ったんだけど…
とりあえずすぐさま洗って乾かして翌朝のバスで持たせた。

同じバス停の年中さんのお母さんに聞くと「よくあるよ~」
なるほど。これって結構よくあることなんだ。

今週に入って、今度はべびざるのバッグに別の子のお便り帳が紛れていた。
まあ、ロッカーお隣の子のだから、間違ったのだろう。
そしてその同じ日、帰って来てからべびざるが
「今日足痛くなったの」と言って靴下を脱いだら、
アキレス腱のところに「冷えピタ」サイズの大きな湿布が。
「あれ?どうしたの?」と聞くと「転んだ」「ぶつけた」「お友達に踏まれた」
と話が二転三転。

三歳児には難しい質問だったかね。
帰りのバスに担任は乗っていたんだけど何も言わなかったし
とりあえずいきさつだけでも聞いておこうと夕方になって園に電話をかける。

ところが誰も出ない。
もう一度30分後電話をかけるとバスの運転手さんとおぼしき人が出て
「先生たちは教材の仕入れ会に行って預かりの先生以外いないんです」


先生、一応行く前に電話で報告して欲しかったんだけど…

こざる園では全くありえないことが連続していたので困惑した。
こざる園ではちょっとした子供の変化にも先生がお手紙をくれたり
後から「今日お友達に指を噛まれたんですが、家でしょげてませんか?」と
電話をくれることもあった。
ものすごくセンシティブなこざるなので、先生のケアはありがたかった。

バス停のママさんに聞いても「先生にもよると思うけど、基本的にあんまり
電話とかくれない園かもしれないね~」と言われた。
これがべびざる園の流儀なのかな。
だけど、ケガとかでもあまり何があったのか教えてくれないのは
ちょっとどうなのかと思うのは私だけ?
夫にも話したら「まあ、お便り帳が間違う程度なら連絡くれなくても
いいけど、少なくとも湿布してきたんだから、何があったか教えてくれても
いいと思うけどね。ちょっとそこはいただけないかな」といわれた。
私もそう思うんだよね。
連絡を忘れていいことと悪いことがあると思うんだけどなー。

バス停のママさんには「気になることは園にどんどん言わないと
園から何かしてくれるような感じじゃないから」って言われてふと思う。

それって「べびざるくんのお母さんは要注意人物」になるってこと?
どうしたものかな…と思う。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

初の家庭訪問

2007-04-24 18:02:08 | Weblog
今週は家庭訪問週間で、子供たちもちょっと早めに帰宅している。
昨日はこざるの友達Rくんのおうちが家庭訪問だったんだけど、
当のRくんは家に帰ってすぐにうちに遊びに来ていた。
最近は子供は別に同席してなくてもいいんだね。

で、今日はこざるの家庭訪問。
10分だから家に上がらないのかと思いきや、昨日先生が来た友達に尋ねたら
「しっかりお茶飲んで帰って行ったよ」
というでは。まあとりあえずうちは最後から2番目だから
のびにのびて4時くらいかなーと思っていた。
こざるも遊びに行くような話していたんだけど、相手の子のお兄ちゃんが
眼科にいくとのことで遊べず、先生が来るまで家の中で親子でだらだら。
待ってるのも結構辛い。
結局予定より10分遅れで先生到着。

話どおり家に上がってお茶も飲んでいった。

天気もよかったので自転車で回っていたという先生。
とりあえずこざるの様子を聞いた。
まあ概ね先生が感じたこざるの印象は「当たりです」という感じで
さすが先生、2週間くらいだけどちゃんと見えてるものなんだな。

こざるがここ1週間くらい「いじわるされるんだよね」という話を
していたので、その辺でこざるが何かちょっかいかけてるのかということを
尋ねてみたら、その様子は先生も気がついていたらしく
その都度対応してくれている様子だったが、ちょっと時間がかかりそうだとか。
これまたこざるも「今ここで先生に言わないほうがいいのか」と思ったのか
あまり何かされていても先生に言いに行く様子ではないらしい。
そこについても先生は「何かあったら言うんだよ」とこざるに指導中みたい。

手を挙げるときも、自分の中で「これは完璧だ」と思えるまで手を挙げない
傾向があるけど、いいところを見つけて自分を出せるように働きかけて
いくとのこと。
ありがたい。ここが一番学校にお願いしたいところだったんだよね。
もっと間違ってもぶつかってもいいから、自分の意見とか考えを主張して
欲しいと思っていたんだよね~いつも自信なさげなのが親としてはイヤで。

いいところがあるんだけど、それが完璧埋もれてます
何でもいいから自分に自信を持てるようになってもらいたいものだわ。

先生からは「おちついてるし、しっかり話も聞いてやることもきちんとやれる」
ということを評価してもらったけど、それってある意味当然では?と困惑。
でも、1年生の当面の目標はそこにあるらしい。
今の子たちが実際には「指示に従う」ことが難しいのだということに驚く。

ま、とりあえず1ヶ月も過ぎていないし
まだまだこれからいろいろ出てきますよ~と言われたので
その「いろいろ」を待っていよう。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

いとこの誕生

2007-04-23 12:18:57 | Weblog
私は一人っ子なので、こざるやべびざるたちに私の側のいとこは生まれない。
夫には弟が1人。結婚したのは3年前なんだけど、まだ子供がなかった。
まあ、デリケートな話題なので「子供はまだかい」などと
特に聞くこともなく過ごしてきて、去年「実は子供ができてさ」と秋口に聞き
待望のいとこの誕生を我が家では「どっちだろうね」と楽しみにしていた。

え~、弟の奥さんにはお姉さんとお兄さんがいるんだけど、
お姉さんは×イチで明るい出戻り。お兄さんのところには3人子供がいて
なんといずれも男の子
そして我が家は2人男の子
とにかく男が続いていた。
みんな「そろそろ女の子みたいよね」と思ってたし
なんとなく弟のところには女の子が生まれそうな気がしていた。

で、年末くらいに病院で性別を聞いてきたらしいんだけど
どうやら男らしい、という医師の一言に弟のお嫁さんであるYちゃんは
ちょっとショックだったらしい。
そんな話をしたら弟は「男でも女でも関係ない!そんながっかりするなんて
子供に失礼だぞ」と一喝したらしい。
さすがロケンローラーな弟。その潔い一言にみんなが感動した。
ま、そんな弟が一番女の子を望んでいたとかいなかったとか。

そしてようやく予定日が訪れて、まさにその日に
予定通り男の子が誕生したというわけ。
このGWは赤ちゃんに会いに帰省するんだけど、
遊べるようになるのはまだまだ先だろうね。

いずれにせよ、よかったよかった。
Yちゃん細いのに赤ちゃんは3200グラムもあったとか。
羨ましい。どんなに頑張っても2860のべびざるが最高記録だった私。
とにかく元気で育てよ!!
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ミニトマトの芽が出た!

2007-04-21 06:48:34 | Weblog
定期購読している「学研の科学」5月号の付録が「ミニトマト栽培セット」
トマト嫌いのこざるなので本当に栽培するのか親としては懐疑的だったが
黄色いトマトの種と赤いトマトの種と二種類入っていて
黄色いトマトを見たいがために「頑張って育てる!」と気合十分

先週の土曜日に届いたキット、土も付録植木鉢もすっごく小さくて
説明書を見たら「途中で植え替えてください」とあったので
「それなら最初からプランターに植えるだろ」と思って
月曜日に土とプランターを買ってきて、早速こざると種まき。
家の中でも暖かいところにおいて日中は窓辺で太陽を浴びせていたせいか
なんともう芽が出たでは!!
予定では2週間以内だったのに。

こざるは絵日記に「種をまいた」を書き、「今度は4月の終わりくらいに
絵日記書くだろうね」と私も言っていたのに1週間経たずに「芽が出た」
になるなんて!!
ちなみに、この絵日記、夏休みの自由研究に持っていかせるつもり。
計画的でずるがしこい母。

でも、すごい数の芽が出てるんだけど、プランター二つにするなんて
ことにならない、よね?
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加