さるぼぼのススメ

さるぼぼ気まぐれ日記

「山」の飛騨と「川」の美濃

2017-06-19 11:07:33 | 日記
岐阜県は大きく二つの地域からなります。

ひとつは、険しい山々が連なる飛騨地方

もうひとつは、木曽川・長良川・揖斐側という「木曾三川」が漏斗状に集まる美濃地方

そこで、これを「飛山濃水」といいます。

美濃地方は木曾三川が集まる低地だけに、昔は江戸時代の前期だけでも100回を超える洪水に襲われました。

そこで、洪水をせき止めるために堤防を築きましたが、その堤防に囲まれた地域を「輪中」とか「輪中地帯」と呼んでいます。

享保年間(1716年~36年)には、およそ40キロ四方の地域に80以上の輪中があったそうです。

同じ輪中内の人たちの結束は固く、一致団結してことにあたりますが、輪の外の人たちのことには関心がありませんでした。

そんな輪中地帯で長い間、水と戦ってきた歴史のなかで培われたのが美濃人の気質で、これは輪中根性とも揶揄されます。

いまでも、岐阜県人のなかで美濃地方に住む人々は、温厚で人当たりもいいと称される半面、若いのに保守的で腹を割った話をしない、自分本位で自己中心的と指摘されることもあります。

ところで、過去に洪水被害に何度も見舞われた際、「治山を優先すべきだ」とする山岳派と、「治水を最優先すべきだ」とする水場派が対立していました。

まさに山と水、岐阜県の対照的な2つの風土の対立があったのです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パンダの指 | トップ | 観光地にある自販機の飲料の... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。