徒然日記

 GR7歳と錆猫4歳 

年金生活に備えて

2017-04-05 | 日記
  
   結婚した時は,収入が少なく家のローンがあり,子育てと・・・
  必要経費に収入が追い付かないという程でもないけれど,それでも,
  収入は好きに使っていいけれど,「余裕」だけは持っていた方が良い。と言われ,
  その中でローンの支払い,養育,教育,時には縁者への支援等々・・・・。

   削れるものは出来るだけ削っても,削ることをしなかったのが食べること。
   食べることを削らないと言っても,巷の皆様のような御馳走が食べられるものでもない。
   私が削らなかったのは,子供たち,大黒柱の必要栄養素。
   高級なものを買うことは出来ないけれど,働きに出るほどの体力を持ち合わせていない私は,
   近所の田んぼを借りて野菜作り。これなら働くほどの収入はなくとも,もし,
   野菜作りをしないでパートに出たとしても,その収入は食費にも満たなかっただろう。
   現在の広い場所での野菜作りは,義兄が亡くなった翌年,
   2004年の4月からなので丁度,今年で13年になる。この野菜作りが家計を随分と助けてくれた。
   今では年に数回,美味しいねぇ~と言えるほどの牛肉,年末の蟹の仕入れ。
   これからはタコのシーズンが遣ってくる。今度の日曜日に烏賊を(漁港に)見に行こうかと言っている。
   時々だけれど新鮮な鰤(1/4の大きさ)が安く手に入るときは,刺身用にバラシて
   残りを冷凍保存して後に漬けにしたりして,時々,贅沢を味わうことができるようになった。

  子供達も其々が結婚をして独立し,少しは肩の荷が下りたと思ったのも束の間,そろそろ,
  完全な年金生活が目前となってきている。収入が年金だけになると
  節約が必要不可欠になってくるのでしょうねぇ。年金で苦しい,節約だと言いながら,
  皆さんの(私から見て)豪華な食事がどうして出来るのか,見習いたいものである。

      

        これは我が家の冷凍庫。
       今迄は処分していたような小さな小さな馬鈴薯も収穫をして冷凍保存。そうすれば,
       捨てる事もなく皮を剥けば無くなってしまうような小さなものも利用することができる。
       ピーマンや葉物野菜(育ち過ぎると繊維質が口に残るので若い物)も豊作で食べきれないものは,冷凍保存。
       この冷凍庫を購入するまでは,自分が大切に育てたものを捨てるに忍びなく,1万円の交通費を出して
       ネット友達まで届けたり,送ったりしていたのが今では,
       1年中何らかの野菜を買わずとも食べることができるようになった。
    
     

        とはいえ,相も変わらず安価な食材ばかりの我が家です。
        これは,鰯。水を使用すると鰯の臭みやパサパサ感が食べ難いのですが,
        私は日本酒と味醂,生姜,醤油(少量)のみで圧力をかけたままで1時間煮ます。
        (何時もは目分量なので味醂を多い目にしていると思う。)
        そうすると鰯のパサパサ感や臭みを全く感じず骨の違和感もないので,私も嫌がらずに食べています。

      あぁ~・・・・此処だけの話ですが,私は家族の健康や栄養についてよく考え,
      調理などにも気を使ってはいますが,自分が好みでないときは家族を先に食べさせておいて,
      所用を先に済ませているような顔をして,私は「食べない」という事も多々あり。

        


















     
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 施肥 | トップ | PCと血圧 »