徒然日記

 GR7歳と錆猫4歳 

免疫進化論

2017-05-06 | 日記

           

   今回のLAVIEが入院している期間が長く,久しぶりに本を手に取ってみた。
   大きな天眼鏡がなければ読めないような,情けない視力になってしまって・・・・
   17年前に根を詰めて作成したHPの入力が主な原因だ。
   だから,PCの入力も天眼鏡付きで入力。これは便利。マウスに付いてきてくれるから(笑)

   本箱に入っている本は,全て終末整理として処分をしてしまったのだが,
   この本はまだ読みかけのままだったので,処分されずに残っていた。
   私は皆さんのように,読んだ本がどのような事が書かれているのかというような
   解説をする事が出来なくて申し訳ないのだが,この本について一言でいえば,
   病気になった時に対処療法として,薬で治療をするだけではなく,
   その病気は何故引き起こされたのか。その原因となるものを考えて,
   その原因を改善していく事で,薬に頼る事のない体を作っていこう。。。と,私は解釈しました。

   例えば日中は交感神経が働いて内臓,筋肉,骨を動かして生産活動をし,
   夜はそういうものを全部休めて,副交感神経が主体となり,
   疲れをとっている。それが,自然のリズムなのです。
   生活のリズムを壊すことによって,夜も交感神経が優位になって,
   生命維持機能がバランスを取ろうとしているのに,副交感神経の働く場がなくなる事で,
   自然治癒力が回復をしてこない。

   という事は,生活のリズムの崩れが原因で体調不良が起きているのであれば,
   幾ら薬を服用して一時的に症状を消す事が出来ても,
   生活そのものを見直さなければ,同じことを繰り返すことになりますよね。
   若い時は治癒力も免疫力,体力も崩れた生活を補う事が出来ていても,
   人間の体は何れ老化してきます。老化が進めばそれまで補う事が出来ていたものも,
   何れは破綻して大きな病気へと繋がってきます。

   私は1990年,1頭のシェルティと出会い,その犬の素晴らしさに魅せられて,
   どんどん深みに嵌り,犬の健康,行動,生活など追求すればきりがありません。
   その中で,多くのシェルティの健康,罹患した病気を追求していく中で,
   上記の本の中に書かれてあることの大切さを,犬の病気から学びその中から,
   家族の健康を守る事に繋がってきました。

   自分の人生に於いて,「今」を生きる事は大切です。が,今だけを見るのではなく,
   自分の将来の健康も含めてどのようにしたいのか。
   その事を考えて生活をすることは大切ではないでしょうか。

   


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 朝露 | トップ | FTPに四苦八苦 »