YMOについてのおしゃべりあれこれ

タイトルのとおり、ごくごく私的なblog形式のメモです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「体操」

2016-12-12 23:05:57 | マイベスト各曲解説
この記事は、多分寝ぼけて順番を守らずに記述公開してしまった、情けない経緯の記事でございます。本日正式リリース。
------------------------------------------------
思い切りボケてしまいました。なぜA-3の次にいきなりB-3を紹介したかなあ。
---------------------------------------------
お。もう体操までたどり着いましたか。さすが高密度ベスト盤。

この曲、ただの能天気な曲じゃなく、3人のプレイヤビリティが凝縮したハイテンションナンバー。何はさておき、バスドラムの8ビート打ち。そしてライドシンバルのチンチキチンチキ、今までにこんなロックンロールはあったのでしょうか?ここが幸宏パートのぶっ飛んでるところ。次に、唸りまくる細野ベース。4弦を下げて低音をぐるぐると操っております。そしてあのなんとも言えないベースソロ。細野ベースここにあり、コングラッチュレーションな激しいベースソロであります。そして曲の根幹をなすのは、教授の生ピアノ(プリペイドピアノ、とクレジットされているようですが、体操といえばラジオ体操の時代からピアノが主役に決まってる、そこにこのミニマルなフレーズ、ワーーーーッと書きましたが、
これは紛れもなくテクノの名作であり、そして3人のプレイヤビリティが躁状態にまとまった、大変な作品であります。お茶目なボーカル&メガホンボイスも忘れちゃいけません。

21世紀に入って再演されたこの曲、掛け声が「メガホン」で当時のまま再現されているのに、若くてよく知らん人が「手抜き」とのコメントを寄せていました。違うんです。当時からこのスタイルなんです。81年ライブではテクノポリスもメガホンだったんです。このお茶目な演出、どうぞご理解ください。

噴飯ものの名曲でございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「邂逅」 | トップ | 「Firecracker」from y.m.o.... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。