個人的記録 sarisariko

あるがままに・行きたいところへ・会いたい人に会う

お父さん

2017-05-16 22:43:15 | 一言

私、自分のお父さんのこと、嫌いだと思っていたのね。

でも、大好きがあるから、だいっきらい、になってただけと

ふにおちました。

 

小さいsarisarikoにとって

お父さんは理想の男性だったのでした。

 

お父さんは、頭が良くて何でも知っている。聞いたら

絶対に答えてくれる。

お父さんは、仕事をして、お金を持ってきてくれる。

お父さんは、スポーツ万能、運動は何でもできる。特に卓球とスキー

お父さんは、背が高くてかっこいい

お父さんは、私の事が大好きだ

お父さんは、お母さん以外の女の人に見向きもしない

 

お父さんの内面については知ろうともしてなく

私が持っているイメージの、お父さん

なのに、完全なんだと信じてしまってた。

 

 

親でさえも完全なんかないって、段々理解していけたら良かったけどね。

お父さんの未熟なところに触れるとき、

完全なイメージがくずれて、過剰に傷ついてきた、私だったのだなぁ

 

家の女たちを幸せにしようと、ベストを尽くしてくれていた、

お父さんなのだなぁ

 

お父さんのこと、とても好きだった記憶はあったけど

記憶にすぎなくて、いつも実感は、苦手で嫌い😭💔でした

 

本当に好きで、素敵で尊敬してる気持ちが

いま、実感でよみがえってきて

お母さんにも伝えたら、嬉しそうだった✨

 

自分に表れてくれる現実、男性にまつわることは、

お父さんの表れだ、と強く感じました。

お父さんに対して持っている+のイメージ、-のイメージ

そのまま逆が、表れている。

仕組みは完全って、例えばこういうことかもしれない。


愛の受け取り方にゆがみがあって

気持ちがこじれていたと、気づけて

スッキリしてしまった。


私の内なる男性性は、お父さんそのもの

せっかちで、勘が良くて、合理的、猜疑心が強い

白黒ハッキリしたがる、人付き合い苦手、支配的、そつなくこなす

 

内なる女性性は、お母さんそのもの

優しくて、面倒見がよくて、お人好し

話し方が柔らかい

我慢してでも他のために尽くしてしまう

不器用、がんばり屋さん

 

両親のもとに生まれてこれて、ほんとに良かった。

自分を知る旅🌈

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 制約 | トップ | これからも »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。