読書って楽しいね♪

好きな作家は東野圭吾さん☆他の作家さんのもいろいろ読んで感想を書いていきたいと思います♪

小湊悠貴「ゆきうさぎのお品書き~熱々おでんと雪見酒」~小料理ゆきうさぎの料理で人の心は懐柔していく☆~

2017-03-30 02:16:55 | 
小湊悠貴「ゆきうさぎのお品書き~熱々おでんと雪見酒」読み終わりました☆



このシリーズも3作めになりました



毎回おいしそうなお料理の数々・・


読んでるとお腹が空きます



そして



今回はお得情報☆



ゆきうさぎのメニューの作り方が


この作品の最後のページに紹介されています



そう!



レシピ付きなんです



早速作ってみたいと思います





祖母の亡きあと



小料理 ゆきうさぎを継いだ大樹




学生時代祖母の店を手伝いながら料理を覚えた




その時の


ある日のこと・・



それが



祖母亡きあとに訪ねてくる客人




その人を救った祖母




その恩返しが


大樹に返ってくる



人と人との縁・・



それを強く感じる



祖母が守って大事にしてきた店



それを



その志を受け継ぎ



守ろうとする大樹



そんな大樹に


祖母からの常連も


ついてくるのだなぁ~。



そう感じる。




大樹のそんな気持ちに沿うように



ゆきうさぎでバイトをする


碧(通称 タマ)


菜穂(通称 ミケ)





大樹の料理に助けられバイトをすることになった


碧は


大樹自身にも


自分で気づかないうちに(周りは気づいているのだけど!笑)


大樹にどんどん惹かれていく



そして


大樹もまた


自分の碧へ惹かれていくの気持ちに



気付き始めていた。




碧をバイト帰りに送っていく大樹



2人の間には




静かに温かい空気が流れている



2人がお互いに感じている




心地よさ




自分が感じているこの空気を



タマも感じていたらいいなぁ~



そう思う大樹




2人の関係が



少しずつ・・



いい関係になっていることを感じる



次回作では


2人の関係がもっと進展するのかな~♪



そんな期待が!!笑





ゆきうさぎを介して



洋菓子屋の「桜屋」


和菓子屋の「くろおや」


の仲たがいしていた父親同士が和解する☆



桜屋の娘 星花


くろおやの息子 慎二





ロミオとジュリエットのごとく密会していたが



大樹の計らいでそんな苦労もなくなる



そして



ゆきうさぎの記事を書いたことで



ゆきうさぎに迷惑をかけてしまったと



後ろめたさから



雪ウサギから遠ざかっていた記者の「双葉」




それを懐柔したのも


また


大樹の料理に対する心と


その料理だった




ゆきうさぎの料理は


人の気持ちを優しくする



それは




口にしただけで自然と誰かを笑顔にできる料理



大樹がいつもそう心がけて作るからだろう



碧はそう思う。



そして



自分もいつかそんな料理が作れるようになりたいと願う



大樹の気持ちに寄り添おうとする碧が



なんだかいじらしい



大樹と碧


いいカップルになっていくこと間違いなしだね(^-^)





あ~次回作が待ち遠しい




そう感じること間違いなし!



あなたも是非ご一読を




牛肉のしぐれ煮♪


茄子の味噌炒めとりんごとさつまいものおやき♪


関東風だけど牛すじの入ってるおでん♪


みんな食べたくなっちゃうよ

















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横尾秀介「カササギたちの四... | トップ | 鏑木蓮「殺意の産声」~産着... »
最近の画像もっと見る

」カテゴリの最新記事