なんでも屋のアホ日誌

ここに記載かれていることは全てフィクションです。実在の人物、団体とは一切関係ありません。…と書くと色々便利な魔法の言葉。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「プチクリ」って何?

2006-01-16 17:41:34 | アート
ひょんなきっかけで、岡田斗司夫さんの
ブログを拝見した。
はじめて岡田さんの名前を拝見したのは
NHKの「漫画夜話」である。
そこで繰り広げられる見解は、私を納得させる
ものではなかったので、正直あまり興味は
ありませんでした。
そんな中、たまたま岡田さんの文章を拝見したら
興味を覚え、ブログを辿っていき
岡田さんの文章を目にしました。

とにかくうまい!

脳内醗酵され、吟味された表現は
興味を引かせて、紹介しているものを
触れたくさせます。
これこそプロの技だね!

そんな岡田さんが押している自著が
「プチクリ」
つまりプチ クリエーター
の、略です。

この著書を紹介するブログ内で、氏が教鞭をとる学内の
150人の学生の中で、楽間的に見てクリエーターに
なれる人数が3人くらい。
その中で10年後もプロとして、やっていけるのは
1人いるか、いないか
…と述べている。
まぁ、現実的な数字でしょう。
では、その一部の数字からもれた人間は、どうするのか?
「負け犬」の十字架を背負って諦めて生きていくのか?

違う。
 そんなの、絶対に間違っている。
 プロだけが正解じゃない。
 「プロになること」がクリエイターとしての成功とは限らない。


と定義し、私達の固定観念を打ち砕くべく提案や
様々な役にたつノウハウを本誌で紹介しているようです。

私は、まだ本誌を未読なのですが興味がある方は
購入して読むのがお勧め。
私は、岡田さんが定義する「戦略」にのとって
東京に出る機会に「紀伊国屋」で購入しようと
思いますので、実際手にするのは少し先になりそうです。
読むのは、更に先になるかもしれませんが…(苦笑)

岡田斗司夫のプチクリ日記
↑が、この内容が載っていたブログ。
読んでいて、ぐっときました。
(良い意味でも、悪い意味でも)
ものを表現することを切望する方は
読むと何か感じるかも……
ややイタイですが…(苦笑)

2005年11月23日の日記です。
ちょっと長い文章なので、時間の余裕のある時に一読なさることを
お勧めいたします。
良い日記でした。





ちなみに青字が岡田氏のブログからの引用文に
なります。
言い回しは、多少かえている部分もありますので
ご容赦を……
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オートレース2 | トップ | 咄嗟に本能に負けるということ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート」カテゴリの最新記事