goo

巨木巡礼8 瓢箪桜

2016-10-12 20:10:08 | Weblog
樹齢600年といわれる仁淀町のひょうたん桜。
桜の木の寿命は短い。普通、樹齢何百年の櫻というと幹は腐り葉もちらほらというものが多いが、
この櫻は現在も樹勢はしっかりしていて葉も茂っている。
花が咲けばきっと美しいと思う。
33号線で高知に行く途中には名物の櫻が数本あるので春になれば写真を撮りにこようと思っていたが、ここはどうだろう。
山道が狭すぎて怖い。
最近、高知県の山道をちょくちょく走ることがあって感じるのは道路が整備されていないこと。
交通量の多い山道でさえも。
ずっと共産党とか野党の強い土地柄だけに、公共土木費があるなら民生費用にまわせということで、公共事業は後回しにされていたのかな。
私の住んでいる愛媛県は隣の県だが結構整備されている。
こんなところにまで道を作る必要があるのかと思うところまでどんどんやっちゃうのは、どちらがいいとも言えないけどね。
まぁ道は整備されているほうがいいね。
こんな山奥で脱輪したらどうしようとか思いながら走るのは、精神衛生上よくない。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。