台湾ベジ生活

台湾→東京在住サラの楽しい素食ライフ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

引っ越しました!

2010-06-10 10:22:38 | ベジ生活
どもども〜。『台湾ベジ生活』の管理人、サラでございます。
ほったらかしの当ブログをのぞきに来てくださった皆さま、ありがとうござます!

さて、以前、ちょろっと予告しましたように、私たちは昨年、アメリカに移住いたしました。
東京からオレゴンに移ってはや9か月。私は初めてのアメリカ長期滞在。デビさんも11年ぶりの母国生活。
二人ともまだまだ新環境への適応期間中という感じですが、相変わらず中国語をしゃべりながら、新生活をエンジョイしております。

昨年、アメリカ移住が決まってからのち、『趣味は台湾』というタイトルのブログをスタートしました。
自分向けに残しておきたい記録と親しい友人への近況報告として書きはじめたもので、現在も決してベジタリアンに関する情報を発したブログではありません。
しかも、タイトルと内容が矛盾しており、あまり台湾に関する記事がありません!あは〜!
でも、台湾の食べ物、社会、人、台湾に関する事になら何でも興味がある、私という人間を一言で表した(?)タイトルです。

そして、大きな変化といえば、猫をアダプトしたことです!
幸運な事に、デビさんの猫アレルギーをあまり引き起こさないロシアンブルー(のミックスですが)との出会いがあり、
今年1月から二人と一匹の生活が始まりました。

もしよろしければ、これからも『趣味は台湾』のほうで、お会いできればと思います!

この『台湾ベジ生活』ですが、せっかくたくさんの台湾好きの皆さんとお会いできた場所なので、このまままだしばらく残しておこうと思います。ただ、情報はかなり古いものとなっておりますし、特に台湾のレストランなどは進退状況など変化がかなりスピーディかつ大胆なので、ここの記事には信憑性はほとんどないと思って、ご参考程度にご覧くださいね。

引っ越したのニャ?

この記事をはてなブックマークに追加

「ウサギを救え!」署名のお願い

2009-05-17 12:18:40 | 動物
 おねがいっ、のポーズ。極簡の愛玉ちゃん友情出演。


 こんにちは。サラでございます。
 すっかりご無沙汰でございましたが、東京からアメリカへの移住計画が始動いたしましたので、皆々様にごれんらくを。

 さて、日本に住んでいる間はほったらかしだったこのブログですが、アメリカに引っ越したらなおのこと、どうなるんでしょうか(他人事?)さらに、ブログのタイトルは?でも、基本的に台湾ラブなわたくしなので、台湾とベジタリアンにからみながら(?)ブログ活動も続行したいと思います。アドレスはチェンジするかもしれないけれど、その時にはご通知いたしまする。チェンジといえば、わたくし、オバマさん夫妻にもラブなので、そのネタも増えるかも。

 さて、基本的に私がアクティビストタイプの人間ではないことはこのマッタリブログをごらんいただいてご存知かと思うのですが、私がたまにネット訪問する「東三河動物福祉の会ハーツ」ブログで資生堂の動物実験に反対する署名の記事を拝見しました。日本を代表する化粧品会社がこんな回答をしてるような具合でよろしいんでしょうか。それでは日本国民的に太可惜(悔しすぎるっ)ですっ!!で、さっそく署名!

 ここを見てくださっている方の中には、もうすでにネット署名をされている方も多いと思いますが、ベジの皆さんも、そうでない皆さんも、もしご賛同いただけたら、ぜひ署名をお願いいたします!

 名前とメールアドレス、都道府県を記入し、送信ボタンを押すだけです。期限は6月15日(月)です。

ネット署名はこちら

詳しい情報を知りたい方はこちらへどうぞ。

この記事をはてなブックマークに追加

Sarah's Cafeでランチ

2008-09-09 00:26:27 | ベジ生活
 台湾記事の途中ですが、先週木曜日のSarah's Cafeのランチメニュー(または「自宅で昼ゴハン」とも言ふ)。プレートものにしたかったので、とりあえず一つのお皿のうえにイロイロのっけてみたという感じですが。



 サラは日本に帰国してから、ここ一年間半ほどは基本的に玄米菜食。マクロビアンじゃ全然ないですが、食養生みたいなのはあんがい好きだし、レシピはためになるので自分に都合の良い部分だけ参考にさせていただいています。でも、デビさんの要望もあるし、自分も好きだったりするので、小麦粉を焼いたもの(例えばパンケーキとかスコーンとか)や乳製品を使ったもの(ホワイトソースやチーズ)もいただいてます。相変わらずのいい加減さ。

 マクロビじゃないですが、よく参考にさせていただいてるのが、カノウユミコさんのレシピ集。ベジタリアン向けのレシピ集ではぴかいちだと思います。そして、このカノウさんのレシピをよく参考にしていらっしゃるMIEさんのブログ「おさかなの国でベジタリアン」を見ていつもうっとりとしています。

 えっと〜、唐突ですがあさって引越しします(しぶや⇒かわさき)。それで、しばしインターネットが使えなくなりますので、コメントへのお返事などもできなくなると思います。だから、しばらく見に来なくていいからね〜。

 近所のにゃんこ。君ともお別れじゃ〜。
 


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

猫さんとたわむれタイム

2008-09-05 09:01:41 | 台湾ベジ生活リターンズ
 さてさて、とりあえずおなかを満たして、次に行かねばならぬところといったら、ここしかありません。サラちん、台北に来たからには『極簡』さんに行かずにおるなんてこたあ考えられませんやねえ。ここが渡台目的みたいなところもあるからねえ(…って、けっこう本気でそう思ってたりする)。



 お初にお目にかかりました、このヒト(…猫か)。とってもか〜わいくって、自分からめっちゃくちゃ寄ってきて膝の上にも乗ってくるのに、目があうと突然、お怒りになられ、ビャッと猫パンチが飛んできますお店のひとも油断して引っかかれるらしい。みんなに「你很凶〜。」って言われまくってます。
 『極簡』さんの猫会員は、血統書つきのブランド猫とかじゃなくて、ほとんど拾われたり、もらわれたりしてきた子たちなので、中には外で怖い目にでも遭ってきたのか、新しい環境(人や周りの猫たちとの関係)に溶け込むのに時間のかかる子がいます。…それでも、この子なんか、自分からめちゃめちゃ積極的に人の近くに寄っていくから、本当は人が好きなんだと思う。『極簡』さんで少しずつ心の傷を癒してほしいです。




 相変わらず、ちび君の出入りも多いようです。この日もこの子がサラの靴ひもでさんざん遊んでくれました(嬉々として靴ひもを解く私)。ときどき膝めがけて這い上ってきます。かわいすぎる




 落ち着いて膝に座ってきたのは、古株のキジトラちゃん(…名前が覚えらんないのよね。「小乖」かな?名前のとおりのお利口さん)さすがはお客さんの扱い方を知っています。ああ、これでしばらくもう帰れないじゃないの(嬉)!!



 上の子とは別人。これまた極簡育ちの気立ての良いキジトラちゃん。膝の上から滑り落ちても、起きやしません。サラのふともももどうやら抱き枕としてまだ使い道があったようです。ウフ

この記事をはてなブックマークに追加

いつもの麻醤麺

2008-09-01 09:50:39 | 台湾ベジ生活リターンズ
 またいつもの店に出掛けていますね、サラさん(ホテルから直行しちゃいました)。
 写真だけでどこか分かる人は、台湾素食ツウ!分かりましたか?




 はい、そうです。懐寧街です。台湾で使われてる割箸(特にこのお店の割箸)は、ちょっとヤバイナーと思ってたので、わざわざ日本から日本からマイ箸を持っていったのに、この日にかぎって、ホテルに置き忘れましたでも、麻醤麺と水煎包が美味しかったからゴキゲン



 懐寧街を出て、並びのジューススタンドで飲み物を買うのがサラのお決まりコースです。いつものように飲み物を買って歩き始めたら、すぐにワンコさんに遭遇しました。ハロー、と声をかけると寄ってくる、警戒心ゼロのワンちゃん。街をうろつくワンコに出会わないと、やっぱり台湾に来た気がしませんね。



 重慶南路の書店をぶらついているうちに、すっかり外もまっくら。散歩を続けていると、きれいなスターバックスに遭遇。なんかこういう歴史のありそうな建物っていいです

 でも、ここでコーヒーを飲みたい気持ちをグッと抑えて、タクシーに乗って向かったのが、泰順街。つまりここ(写真)



 サラの行くところ、ぜんぜん変わらない相変わらずの『極簡』ファンでございます。


この記事をはてなブックマークに追加

台湾っぽい光景

2008-08-06 10:42:06 | 台湾ベジ生活リターンズ
 さて、更新するとは宣言したものの、何を書きましょうか…。台湾を離れてそろそろ2年。旅行でちょろっと台北へ行っても、さすがに新たな素食情報などを得るのは困難でございます。

 で、素食とは関係ないけど、なぜか気になってカメラに収めた傘立て。



 カラフルですね〜。一見して、日本ではないことが分かる、不思議な光景です。

 そういえば、日本に帰ってきたばっかりのころ、道行く人がみな黒い服を着ていて、驚きました。かくいう私も1999年に台中に留学したときには、「あの、いつも黒い服を着てる女の子」などと呼ばれたことがあります。そういえば、あのころはサラも黒い服をいっぱい持ってたのでございます。台湾ではやっぱり赤とかピンクとかオレンジとか吉祥カラーが人気。でも、近年の台北なんかじゃ、ずいぶんと黒い服を着た人も増えたような気がします。



 ドトールでタマネギとハムを抜いてもらったサンドイッチ。店員さん、ベジ対応にも慣れたもので、こちらとしても、頼むのがすっごく簡単で嬉すぃ





 にしても、お客さんのいないドトールだなあ。効率的なのか非効率的なのか分からないのが台湾っぽくてステキです。便利なので、次回もまだありますように。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

おあつうございます〜

2008-07-29 18:22:13 | ベジ生活
 おあつう〜ございます。サラ@東京でございます。

 もうほったらかしでいいかげんになんとかしようと思っておるブログですが、ひさびさにログインしてみたら、どうやら昨日も閲覧数は80を越えておりました。ぜんぜん更新できていないのに、懲りずに訪れてくださっているみなみなさま、ありがとうございます〜。やっぱり古巣、台湾ベジ生活。なんだかこのページを開くと、サラもオートマティックに脳からα波がじわじわと出始め、みょ〜なリラックス感に包まれる気がいたします。

 ところで、半年に一度が恒例(なのか?)のサラの「台湾ベジ生活リターンズシリーズ」(勝手にシリーズにしてみた…)ですが、実は今年春にも行っておりまして!でも、全然更新できてないまま、総統もま〜さんに変わったり、台中は台風で浸水したり、ああいそがしい(ってサラには関係ないのか)。気付いたら、おおっ、もうすぐ8月なのでございます。

 そういや、去年はハワイのマウイ島も行ってみたりしたんでございます。ベジ三昧でした。ウヒ。それにゴールデンウィークにはアメリカのデビチチハハのところにも。→このときには、乳製品とりすぎておなかがおかしくなりましたが。

 まあ、気の向くまま少しまた、何かベジ記事をアップしてみようかなあなんて思ってます。毎日見にいらっしゃらなくていっこうにかまいませんので、たまにのぞきにいらしてくださいね4649!(←これでヨロシクと読むのよ。知ってたあなたは私のお友達!)

 写真は「自由広場」になって、サラをずっこけさせた中正紀念堂の門です。ま〜さん…これはどうなさるのかしら。きょうみしんしん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

変わったもの変わらないもの

2007-09-23 11:21:43 | 台湾ベジ生活リターンズ
 サラにとっては半年ぶりの台湾なわけですが、びっくりしたのが、MRTの票がトークンになってたこと!



 相変わらず「変える!」と決めると、やることが早いです、台湾…。久しぶりに新しい旅行ガイドブックを買ったら、「中正紀念館」が「台湾民主紀念館」になってて、それにもびっくりしました。その前日に「中正機場」が「桃園国際機場」になった話を友人としていて、「まさか“中正紀念堂”の名前は変わってないでしょうね〜」と話していたところだったので。あはは…。



 ちょうど毎年恒例、中秋節の月餅フィーバーのさなかで、私たちもたくさん月餅を味見したり、買ったりしてきました。台湾の月餅にはお肉が入ってることが多いので、要注意。不用意に試食をしないほうがいいです。(→不用意に試食をして、二回も肉の塊を食べてしまったサラであった…)試食のときは必ず、素食かどうか聞くこと。


 
 ホテルの近く、ガジュマルの生い茂った住宅地を散歩。もう台湾に引っ越すことはないかと思いますが、今度住むならこういうところでもいいなー、でもこのへんは高いのよねとか、ちょっとだけ考えてる自分を発見。



 いつもの光景。なワンコを撮影するサラもいつもの光景。そのサラを「こんなの写真とってどうするんじゃ?」という顔で見まもってる台湾のおじさんもいつもの光景。



 散歩中にあったにゃんこ。とってもきれいな子でした。外出先でにゃんこに会えると、得した気分になりますね。

*********

 時間の経過は不思議です。一年ぶりにあった親友夫婦はパパママになっているし、よく行っていたカフェは貿易事務所になっているし…。サラも一年前のサラとはちょっと違うもんね(たぶん)。

 全然関係ないけど、このまえ原宿付近で「顔に変わり目の相が出てますよ!」と、知らない人に引き止められました。ハテハテ!?でも、人間ってつねに変わりながら生きてるものだと思います。いつも変わり目、いつも新しい自分でいたいものです。

 次の台湾リターンズは…来春かな?

この記事をはてなブックマークに追加

リターンズふたたび

2007-09-22 20:45:44 | 台湾ベジ生活リターンズ


 どうもどうも。久しぶりの更新でございます。
 9月にこっそり(?)台湾へ行ってまいりました。なか2日間だけの強行スケジュールでしたが、今回はデビさんもいっしょに、一年ぶり(サラは半年ぶり)の台湾を満喫してまいったのでした。

 さて、恒例となりましたベジミール。



 今回は中華航空でした(サラは小心者ですが、意外とチャレンジャーです)が、行きのベジミールはなかなか良かったです。メインディッシュはほうれん草のパイ包みにラタトゥイユが添えてありました。これがけっこう美味しくて、機内食、しかもベジミールにしてはかなりハイレベルかと。
 
 一方、帰りのベジミールですが、



 マクロビオティックを意識したのか(?)、もちきび(かな?)を使った偽スクランブルエッグ。ときどきレシピ集などで見かけますが、自分で作ったことはありません(だって、面倒くさいんだもん)。それがまさか機内食で食べられるとは。うぉ〜。

 …しかし、う〜ん、これは全然味がついてなくて、何を食べてるんだかよく分かりましぇんでした。他のおかずも撃沈で、いかにも台湾の全素メニューの失敗例なのでした(ベジミールはいつも「乳製品・卵はOK」でお願いするのですが、ときどきなぜかベーガンメニューだったりします)。いちばん美味しかったのは…メロン?


 さてさて、なか二日間しかない旅程ですので、一日目の夜から「食べたいものを食べなくては!」と燃えていた私たち。さっそく夜には復興南路まで行き、お目当てのお店にはいって、そのいちばん食べたかったものにありついたのですが…写真撮るのを忘れた。唯一、お店で撮った写真がこれ。



 台湾つ〜の皆さん、サラたちが何を食べたかお分かりいただけますよね〜!そうです。これです。
 ちなみに、唐辛子調味料に「素食」の文字があって、思わず「よしよし」とうなづいてしまうサラでございました。

 その後も、今回はまともに写真を撮らなかったのですが、ここでこんなものや、





 ここでこんなものも食べておりました。KIKIさんの素食メニューは変わってなくて、ほっとしました。いつも「中華っぽいものが食べたいっ!」というベジタリアンのお腹を満たしてくれるすばらしいお店です。(あ、前回のブログ記事とおんなじもの食べてるなあ)

 そして、忘れてはいけない(っていうか、全然忘れてないけど)ここへも行きましたよ。



 猫カフェ『極簡』さんは相変わらず癒しの場所。(過去記事はこちらこちら)一時期、保護され、連れ込まれてきた猫たちが増えてしまいたい、大変だったようですが、今はすこし落ち着いたでしょうか?カフェ運営だけでなく、猫たちの世話(健康管理)もこなしているオーナーさんやスタッフさんの努力に、頭が下がります。…っていうか、誰がスタッフで誰がお客さんなのか相変わらず分かりません(でも、そこも魅力)。オーナーさんとメインスタッフさんには顔を覚えていていただいて、「久しぶり?いま、日本に住んでるの?」と言ってもらえるのも嬉しい限り。

 「台湾に何しにいったの?」と聞かれれば、「猫に会いに行った」というのがいちばん正しい答えかもしれません。
  

この記事をはてなブックマークに追加

空港で素食。機内でも素食。

2007-05-29 19:26:40 | 台湾ベジ生活リターンズ
 3月中旬の旅行の話を、5月末にまだ書いているという、のんびりもののサラでございますが、これがこの旅最後の記事になります。ふーう。長いこと、お付き合いくださいまして、ありがとうございます。

 さてさて、悲しいことに、帰国の日がやってまいりました。東京に帰ったら、立川や池尻大橋に行かない限り(笑)、またしばらく「台湾素食」とはお別れです。ううっ、名残惜しすぎるっっっ、まだ食べたいのにっっっと、高まる感情を抑えるべく、なぜか…



 …空港レストランで、一人で素食ラーメンを食べてしまいました
 サラ、日本では一人でレストランに入って、ラーメンをすすったりするキャラクターじゃないと思うのですが、たまたま通りかかったレストランのメニューに「素」の字があったもんで、ついふらふらっと注文カウンターに近寄って、気付くと「素食ラーメンひとつ」と頼んでおりました。

 空港にベジメニューがあるなんて、素晴らしいですよね。台湾の空港も成田と同じく、「すっごく素敵」とか「すっごく便利」なお店は少くって、もうちょっとがんばれば?な雰囲気が漂ってはおりますが(特に第二航廈!)、「レストランにベジメニューがあると安心しててOK」という点では、日本よりも進んでます。さすがベジ先進国の台湾です

 素ラーメンでお腹いっぱいになったところで、搭乗。そして、まもなくベジ機内食がやってきました。台湾発の飛行機の場合、ベジミールはほぼ確実に美味しい(エアミールの水準で、ですが)ので、密かに期待。しかもエバーだし…。今回はトマトのパスタがメインでした。やはり想像通りに美味しかったです。
 この日は一般の人の食事との時間差がほとんどなく、周りからの「なんであの人だけ先に食べてるの?」的な視線を感じずに、いただくことができました。うふ。



 そして、写真でお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、このエバー機はハローキティ号でございました紙ナプキンにまでキティちゃんが印刷されていて、可愛くて持ち帰りたくなったくらい。ふだん、キティちゃんに興味があるわけじゃないのに、こうやって予想しないものにキティちゃんがついていると、とつぜんかわい〜〜〜く思えてきます。



 飛行機にハローキティ?そこまでするか!?…などと思っていたサラを、すっかり楽しい気分にさせてしまったハローキティ号、またぜひ乗りたいものです。

 さてさて、ようやくサラの3月の旅のご報告も終わりました。次回の「台湾リターンズ」は夏ごろかな(希望)?みなさまの台湾の旅などもご報告いただけると、サラは嬉しいで〜す!それではまたまた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加