落合順平 作品集

現代小説を中心に、小説を書いています。

赤襟の清ちゃんと、三毛猫のたま (39)

2017-01-30 17:10:02 | 現代小説
赤襟の清ちゃんと、三毛猫のたま (39)
 恭子と清子と日傘



 「この足袋。意外と履きやすいわねぇ。これ、サイズはいくつなの?」



 「9文半、です」



 「9文半?。センチに直すといくつになるの?」



 「22.5 cmです。その上のサイズは23.0cmで、 9文7分と呼びます」



 「へぇぇ。専門的な呼び方があるんだねぇ。
 で、さぁ。なんでこはぜが5つもついているの。
 足首の部分が深くなっているから履きやすいけど、裏地の様子も
 なんだか、普通の足袋と少し違うみたい。
 なんともいえない、いい履き心地があるわ」


 「それ。日本舞踊用の、特別仕立てです」


 「ふぅ~ん。で、あんたは、もう日本舞踊を踊れるの?」


 「見よう見まねで、奴さんなら舞えます」


 「あんた、歳はいくつ?」

 
 「15です。この春、中学を卒業しました」



 「そうか、15か。あたしは、17。高校3年生で名前は、恭子。
 大学を卒業したら、パパを手伝って、家業の酒蔵を継ぐと決めているの。
 お母さんが亡くなったのは、あたしが7つの時。
 それからは口うるさいおばあちゃんと、パパとあたしの3人暮らし。
 わたしはこの喜多方で、歴史ある大和屋酒造の、10代目になるの」



 「わたしは芸者見習いの清子です。こっちは、親友の三毛猫のたま。」



 懐から顔を出しているたまの頭を、清子が撫でる。
6月半ばを過ぎた川原には、すでに、夏の気配が濃厚に漂っている。
長い竿を操っている鮎釣り師たちの背中が、水面の照り返しを受けて
キラキラと銀色に輝いている。


 (暑くなりそうですねぇ・・・・)


 清子が日傘をパタンとひろげる。
『はい』ともう一本。恭子に向かって日傘を差し出す。
『あら。あたしのために、わざわざ日傘を用意してくれたのかい?』
嬉しそうに恭子が目を細める。
そんな恭子へ清子が小さく頭(かぶり)を振る。



 「いいえ。恭子さんは色が白いから、これを持って行きなさいと、
 市さんが渡してくれました。
 ウチはまだ、そこまでの配慮はできません。
 見習い中の身ですから」


 「そうでもないさ。たまを懐に入れたり、日傘を2本も持ってきたり、
 足袋まであたしに分けてくれたり、あんたも相当な世話焼きだ。
 じゃ、あたしのお気に入りの食堂へこれから案内するから、
 そこでラーメンを食べようか」



 「願ってもありません。着いていきますお姉さん」



 「うふふ。お前ったら、なんだか、いちいち可愛いね。
 よし。着いといで。
 喜多方のラーメンはどこで食べても、美味しいよ。
 あっ、たまには無理がある。スープは熱々のうちが一番旨いからね。
 猫舌のお前には、無理があるなぁ」


 喜多方市のラーメンは昭和の初期、「源来軒」が、中華麺に近い
「支那そば」を打ち、屋台を引いたのが原点。
当時は敗戦の影響による食糧難の時代だった
そんな中。「支那そば」は喜多方の市民にとって、すばらしいご馳走になった。
そしてその味は、あっというまに市民生活の中へ浸透した。



 源来軒から、支那そば作りを継承する人間が増えていく。
多くの食堂で、支那そばがメニューとして出されるようになる。
こうした流れから現在でも、多くのラーメン店が「○○ラーメン」という屋号を
使わず、昔ながらの「○○食堂」という表記をしている。
喜多方ならではの、流儀といえる。


 喜多方市は蔵とラーメンの街として、全国に知られている。
きっかけは「蔵」の写真展示会。
市内で写真店を営んでいる金田実氏が、四季を通して喜多方の蔵の写真、
500枚ほど撮影した。
東京で写真展を開催したことで、「蔵のまち喜多方」が
全国に浸透するきっかけを生んだ。



 1975年(昭和50年)。NHKが「新日本紀行」で「蔵のまち喜多方」を
全国に紹介した。このことでついに人気に火がついた。
おおくの観光客たちが、蔵とラーメンと酒蔵の町へやってくるようになった。



(40)へ、つづく


 落合順平 作品館はこちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤襟の清ちゃんと、三毛猫の... | トップ | 赤襟の清ちゃんと、三毛猫の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私の喜多方は (屋根裏人のワイコマです)
2017-01-30 18:29:06
昭和60年前後だったと思うが定かでは
ありません、東京ぐらしの折に話を聞き
いつか食べたいと思っていたら東京でも
喜多方ラーメンが食べられる・・との
ことでしたが、それは断って・・
喜多方まで出かけました。
確かに美味しいのですが私は博多熊本
の方が口にあいます。
ハウスの中でナスの支柱・・ということは
いずれこのハウスは取り外してしまう
のでしょうか・・信州では今ハウスを
覗いてみたら・・いちごでした
まだ赤くなっていませんでしたが
おなじハウスでも 中の作物は違うんですね

ワイコマさん。こんばんは (落合順平)
2017-02-02 18:35:39
昨夜から強風が吹き、今日も一日、日暮れまで
冷たい風が吹き荒れました。
赤城山は、中腹まで雪化粧です。
そこからの吹き下ろしの風ですので、寒いこと、寒いこと。
明日は節分。4日は、暦の上での立春。
春はすぐそこまで来ているはずですが、
群馬に春ややってくるのは、赤城山からの
からっ風が収まってからです。
2月の入った今ごろから、3月のはじめまで
赤城おろしと呼ばれる、空っ風が吹き荒れます。

コメントを投稿

現代小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。