落合順平 作品集

現代小説を中心に、小説を書いています。

農協おくりびと (36) 松坂亭へ、尼さんがやって来る

2015-10-30 10:10:23 | 現代小説
 農協おくりびと (36) 松坂亭へ、尼さんがやって来る




 白い尼頭巾に、浅葱色(あさぎいろ・ごく薄い藍色)の袈裟。
白足袋をはいた若い尼さん2人の登場に、店内にざわめきが走る。
松坂亭の従業員も思わず1歩、うしろへ退く。
だが続けて現れた男たちの姿に、今度は居合わせた客たちの腰が一斉に浮く。
男たちのいでたちが、常軌をはるかに越えていたからだ。



 先頭であらわれた祐三は、武蔵坊弁慶そのもののいでたちだ。
頭部は、白の五条袈裟(けさ)で覆われている。
素絹(そけん)と呼ばれる衣の下に、甲冑が見える。
僧兵たちが好んで身に着ける、下腹巻と呼ばれている甲冑だ。
さすがに太刀となぎなたは身に着けていないが、これではどこからどうみても
五条大橋の上で、義経と刃を交わした武蔵坊弁慶そのものだ。



 背後に続く独身の男たちも、祐三に負けていない。
墨衣に鎧を着け、顔を白い布で隠し、足には僧侶の下駄を履いている。
どうみても、これからいくさにおもむいていく僧兵たちの一団だ。
突然あらわれた若い尼僧と僧兵の一団に、店内に居合わせた客たちが、
キョロキョロと驚きの視線を走らせる。



 「いやいや、決して怪しいものではない。
 騒がせてすまないが今日これから、ここで宴会を始める武蔵坊弁慶だ。
 あ、いや、すまん。予約を入れておいた山本祐三だ。
 女4人に男が4人。一番奥の部屋を予約しておいたはずだ。
 訳あってこんな格好をしておるが、悪ふざけをしているわけではない。
 では案内してもらおうか、予約の部屋へ」



 くすりっと笑った接客嬢が、こちらへどうぞと先に立つ。
接客嬢のあとをゆっくりと歩く尼僧から、歩くたびに、清廉な香りが匂い立つ。
2度見、3度見の視線が客席のあちこちから飛んでくる。
その多くが、居合わせた男性客たちからのものだ。
無理はない。普段まったく目にする機会のない、正装した尼僧が目の前を歩いている。



 しかも20歳代半ばと30歳そこそこの、美しい尼僧だ。
男たちの熱い視線を、あとを歩いて行く僧兵たちが「ジロジロ見るんじゃねぇ」
と乱暴に遮っていく。
尼僧と僧兵たちの行列の最後を、おしゃれ着のちひろと先輩が並んで歩いていく。



 (聞いていません。祐三さんたちが僧兵のコスプレをするなんて。
 こんなことなら私たちも、白拍子の衣装で来ればよかったわね)



 (先輩!。平安絵巻の行列じゃあるまいし、悪乗りするにも限度があります)



 (考えたわね。祐三さんらしい演出です。
 尼僧姿で来てくれと頼んだ手前、注目を集めすぎたら申し訳ないと考えたのでしょう。
 いいとこあるじゃん。キュウリばかり作っている農家とは、思えませんね)



 部屋の中央にどっかりと腰を下ろした弁慶が、早く座れと全員を手で促す。
途中で、笑顔で待機している接客嬢の存在に気が付く。



 「案内ありがとう。だが、注文のためのメニュー帳はいらん。
 店長にすでに、今夜のメニューは頼んである。
 前半戦はステーキだ。使うのはA5ランクの雌(メス)の処女牛。
 低い温度で脂が溶ける。そのうえ雑味が少なく、あっさりとしている。
 後半戦は、同じ肉を使ったしゃぶしゃぶだ。
 あ・・・少しだけ待ってくれ。君に頼む用事が有った。
 好きな飲み物を頼むから、ひとりずつ、注文を聞いて回ってくれないか」



(37)へつづく

新田さらだ館は、こちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 農協おくりびと (35)尼僧... | トップ | 農協おくりびと (37)合コ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。