落合順平 作品集

現代小説を中心に、連載で小説を書いています。
時々、画像もアップします。

忠治が愛した4人の女 (63)       第四章 お町ふたたび ⑮

2016-10-14 17:46:22 | 現代小説
忠治が愛した4人の女 (63)
      第四章 お町ふたたび ⑮




 「おい。死ぬ前に名前くらい名乗ったらどうだ。
 名無しのごんべぇじゃ、墓をたてることも出来ねぇだろう。
 もっともおめえみたいなやつの墓を、立ててくれるやつがいたらの話だがな」


 男たちが、ゲラゲラと大きな声をあげて笑う。
「武州無宿の、忠次郎ってもんだ」忠治がとっさに嘘の名を語る。
死ぬ前に、せめて本名を名乗りたかった。
しかし。忠治の脳裏に、代貸の新五郎の言葉が横切った。
窮地に立っている百々一家の紋次親分に、これ以上、迷惑をかけたくなかった。


 「ほう。武州の、どこでぇ?」


 代貸が思い切り、忠治の横っ腹を蹴りあげる。
「うっ」とうめいた忠治が、絞り出す声で「藤久保でぇ」と、必死にこたえる。



 「藤久保村?。
 そうするとてめぇは、獅子ケ嶽重五郎んとこの三下か?」


 「違う、三下じゃねぇ。
 三下なんかつまらねえから、飛びだしてきた」



 「なんでぇ。てめえは、三下修行もつとまらねぇ半端者か。
 中途半端なことしかできねぇ奴が、賭場荒らしなんて大それたことをするんじゃねぇ。
 おう。かまわねぇから簀巻にして、とっとと利根川へ放りこんじまえ!」


 代貸が簀巻にして放り込めと、若衆たちに言い付ける。
「へい」とこたえた男たちが、忠治の両手と両足をぐるぐる縛りあげる。
口にがっしりと、猿ぐつわをかませる。
身動きができなくなった忠治に、ぐるぐると筵(むしろ)を巻き付けていく。
完璧といえる、忠治の簀巻が出来上がる。



 (畜生。まだ死にたくはねぇ。
 こんなところでおしまいとは、俺もまったくついてねぇ。
 だが、それもまた運命だ。
 ああ・・・死ぬ前にもういちど、お町に会いてぇな。
 女房のお鶴にも会いてぇ・・・
 だがそれもこうなっちゃ、かなわぬ夢になっちまったな・・・)


 忠治がすっかり覚悟を決める。
両目を閉じた忠治を、男たちが担ぎ上げる。
船問屋から急流で知られる利根川は、すぐ目と鼻の先を流れている。


 「どうしたい、いってぇ?。たいそうな騒ぎじゃねぇか?」



 「あ。こいつは、福田屋の親分さん。
 どうもみなさんには、みっともねぇところをお見せしやした。
 いやもう騒ぎのほうは、すっかり片付きやした。
 見た通り、こいつを川へ流してしまえば、万事それで終わりです。
 どうぞ部屋へ戻り、遊びをつづけてくだせぇ」


 「そうかい。片付いたかい、そいつはよかった」



 福田屋の親分と呼ばれた男が、ぐるぐる巻きにされた忠治の顔を覗き込む。
忠治も、福田屋の親分の話は聞いたことが有る。
たしか、紋次親分の兄弟衆のひとりだ。
むかし。福田屋の親分は、大前田英五郎と肩を並べる侠客だった。
英五郎が久宮一家の先代を闇討ちしたとき、助太刀を買って出たのもこの男だ。


 そのため。英五郎とともに国越えをしたが、玉村の佐重郎の仲介のおかげで、
一足先に国に戻る事ができた。
いまは故郷の前橋で、福田屋という旅籠をかまえて十手も預かっている。


 福田屋の鋭い目が、忠治の顔を覗き込む。



 「おう、若いの。その様子じゃ、すっかり往生を決めたようだな。
 その若さですべてを捨てて、死ぬ覚悟を決めるとはいい根性だ。
 もう一度だけ聞く。おめえはいったい、どこの何者だ」


 福田屋の鋭い目が、腫れあがり、ふさがりかけている忠治の目を覗き込む。


 「誰でもねぇ。おれは武州無宿の、忠次郎ってもんだ。
 三下にもなれねぇ、中途半端な男だ」


 忠治が小さな声で、言い捨てる。

 (64)へつづく

おとなの「上毛かるた」更新中
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  忠治が愛した4人の女 (62... | トップ | 忠治が愛した4人の女 (64... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忠治危うし (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-15 07:39:17
スリル満点ですね・・話の間合いが最高
良い小説ですね~
上州のゴルフはからっ風に要注意でしたか
低い弾道のゴルフに徹しないと・・
信州では雪が積もるまではできますが
フェアウェイでも凍結しているところが
ありまして、思わぬ方向へ跳ね返ります
そして思った以上に飛んだりします
それがまたスリルなんです

ワイコマさん。こんばんは (落合順平)
2016-10-16 18:06:31
尾瀬で紅葉がはじまったそうです。
カミさんと2人で、尾瀬の入り口を通る昂六峠を越えて、
照葉峡へドライブしました。
もちろん、目当ては紅葉。
奥利根は、群馬の水の水源地。
山頂部でナラやブナなどが、見事に黄色に紅葉していました。
これから冷え込むと、山頂から徐々に
紅葉が広がっていくと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。