落合順平 作品集

現代小説を中心に、小説を書いています。

忠治が愛した4人の女 (74)       第五章 誕生・国定一家 ⑧

2016-10-29 17:01:04 | 時代小説
忠治が愛した4人の女 (74)
      第五章 誕生・国定一家 ⑧



 「おなごに壺を振らせるんだ」


 円蔵の提案に、「ええ~!」と一同の目が真ん丸になる。
女渡世人の噂はときどき聞く。
そしてそのほとんどが、なぜか別嬪だ。
目の覚めるような別嬪が、片膝を立てて勝負の壺を振る。
想像するだけでも壮観だ。


 女壺振りには、男には真似できない芸当が有る。
勝負が白熱してくる。当然、警戒心が薄れてきて、女渡世人の膝がゆるむ。
男どもの視線が、女渡世人の股座(またぐら)へ集中する。
こうなるともう勝負どころではなくなってくる。
いいところを見せようと、気前よく、言われるままに駒を張る。
あげくにぜんぶ取られてしまう。



 「女渡世人や、大年増なら見たことは有る。
 だがよ。目の覚めるような壺振りの別嬪なんぞ、俺は見たことがねぇ。
 こんな片田舎には居ないだろう。別嬪の壺振りなんか・・・」

 「いや。居るんだ、それが。
 初めてみた時は俺も驚いたが、なかなか良い女だった」


 円蔵が自信たっぷりに、ニヤリと笑う。
居ると聞いた瞬間、文蔵が目の色を変えて身体を乗り出す。 

 
 「ホントかよ!。本当に居るのか!、別嬪の壺振りが!。
 そいつは願ってもねぇ好都合だ。で、そいつはいったいどこの何者なんだ!」


 「弁天のおりんという女でな、こいつは片膝を立てて壺を振る。
 それだけじゃねぇ。
 惜しげもなく、片肌を脱ぐ。
 白い肌をさらして壺を振る姿は、男ならだれでもしびれる。
 あ・・・残念ながら裸じゃねぇ。胸にはサラシを巻いている」



 一同の脳裏に、片肌を脱ぎ、膝をたてて壺を振る女の姿があらわれる。
そんな女が賭場で壺を振ったら、おおきな人気を集めるだろう。
「たまらねぇぜ」と、文蔵がぺろりとくちびるを舐める。


 「だがよ。どこにいるんでぇ。その女渡世人は?」


 「最後に見かけたのは、信州の松本だ。
 この女が壺を振れば、賭場が大入り満員になることはまず間違いない。
 なにしろ。俺が惚れこんじまったくらいの女だからな」

 「なにっ。おまえさんの女か。弁天のおりんという渡世人は!」

  
 「いや。残念ながらまだそこまではいってねぇ。
 おれがただ一方的に、おりんに熱をあげてるだけだ。
 しかしいい機会だ。なんとか口説いて、おりんを上州へ連れてくる」


 「なるほどな。円蔵さんにしてみれば一石二鳥のうまい話というわけだ。
 じゃ、おりんさんの件は円蔵さんに任せて、留守のあいだ、
 俺たちは何をすればいい?」



 「伊三郎をやるのは、後まわしだ。
 まずはなわばりをひろげていく必要がある。
 久宮一家がのさばっている国定と田部井村を、百々一家の縄張りにしょう。
 国定は、忠治親分が生まれた村だ。
 大義名分はじゅうぶんに、俺たちの側に有る」


 「大義名分が必要なのか、やっぱり?」


 「義のねぇ戦いは、堅気の衆たちの反発を招く。
 おれらが動くときは、いつでも、堅気の衆に支持されなくちゃいけねぇ。
 俺たちは、堅気の衆にメシを食わせてもらってんだぜ」

 「百々一家は、堅気の衆を大事にするのか。なるほど。
 十手を振りかざして、悪事ばかりを働いている腹黒い伊三郎とは、だいぶ違うな」


 「そうよ。義に生きた越後の上杉謙信と同んなじだ。
 民衆の支持があれば、取締役の八州様も幕府も、まったくもって怖くねぇ。
 義を重んじて、民衆を守る。
 これが百々一家の、あたらしい生き方でぇ!」


(75)へつづく



おとなの「上毛かるた」更新中
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忠治が愛した4人の女 (73... | トップ | 忠治が愛した4人の女 (75... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-29 19:51:02
小説の中に 信州松本が・・出てくるとは
ありがたく観光PRの恩恵に感謝申し上げ
ます。信州でのゴルフもあと二週間か三週間
でもその間に雪が来ればその日でクローズ
来年までお預けです、このあたりは中信南信は・・山梨や静岡岐阜愛知に
ゴルフに行きます。信州でも東信北信の人は
多分群馬の方にゴルフに行くのでしょうね
そんな時期になりました
ワイコマさん。こんにちは (落合順平)
2016-10-30 17:29:21
5時半になると、もう真っ暗です。
夏ならば、7時過ぎまで明るいというのに、
秋の日暮れはホントウに、つるべ落としです。
まもなく『笑点』の時間。
ひと笑いしながら、本日も更新したいと思います。

コメントを投稿

時代小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。