落合順平 作品集

現代小説を中心に、小説を書いています。

オヤジ達の白球(24)千両役者

2017-08-13 18:32:13 | 現代小説
オヤジ達の白球(24)千両役者



 「詳しいねぇ。もと文学少女は。
 江戸庶民の暮らしぶりが目に浮かぶようだぜ。実に博学だ」


 「食品の値段も書いてあった。お豆腐は1丁12文で、390円。
 お味噌は量によってさまざま。12文から~100文くらいまで差が有る。
 いまよりもずいぶん高い。390円から~3250円もするんだから。
 お蕎麦は1杯、16文で520円。
 お酒はお銚子1本、12文。390円。
 そんな中、鰻丼は、1杯が100文で、なんと3250円。
 お寿司はひとつ60文。1950円もするから、庶民には手が届かなかった。
 銭湯の入浴料は5~12文。160~390円。
 床屋・髪結床は30文ぐらいで、1000円程度だった」


 「江戸時代。たしか歌舞伎役者の中に、千両役者なんて呼ばれたやつらがいたなぁ。
 ということは、そいつらはべらぼうに稼いでいたことになるのか?」


 
 「江戸時代。歌舞伎を中心とする娯楽は盛んだった。良い席は大変に高価だ。
 銀25~35匁というから、5万4000円~7万5000円。
 庶民が座る「切り落とし」という狭い土間の席でも、1人あたり132文。4290円。
 それでも千両役者と呼ばれる人気役者のお芝居は、いつも賑わった。
 「千両役者」と呼ばれるスターたちは、文字通り年俸1000両を得ていた役者のことで、
 現在のお金に換算すると1億3000万円くらいになる。
 「1億円プレーヤー」と言われている、今の一流プロスポーツ選手と同じだね。
 高収入の人たちが江戸時代にもいたことになる」

 「ということは当時の1両は、13万円前後。
 内済金の金額七両二分は、100万円の示談金ということになる。
 なるほどねぇ。男と女の火遊びの精算は、今も昔もけっこう高くつくんだな」


 「『剣客商売シリーズ』に、さまざまな江戸市民たちが登場する。
 老中・田沼意次の絶頂期、武士たちが官僚化していく。
 そんな中。あえて剣の世界を生きていく親子のこだわりを描いた作品、それが『剣客商売シリーズ』さ。
 池上の三大作品のひとつとして、たかい評価を受けている」


 「おう。それなら見た見た!。
 藤田まことが演じた3代目『剣客商売』の秋山小兵衛は面白かったし、渋かった。
 片田舎に住みながら、おはるという40歳も年下の女に手をつける。
 この若い娘がのちに小兵衛の妻になる。なんともけっこうな果報者だ。
 必殺シリーズとはまた一味違う役柄だったなぁ、あのときの藤田まことの演技は。
 ひょうひょうとした演技に、妙に迫力と説得力があった・・・」


 「あら。話が噛み合ってきたわねぇ。
 あんたは、ギャング映画か、スポーツ番組しか見ないと思い込んでいたけど」


 うふふとカウンターで、陽子が笑う。



 「失礼だな。お前さんと違って俺は本はあまり読まない。
 しかし。たまには本格的な時代劇も、出てくる俳優しだいでしっかりと見る」


 恐れ入ったかと祐介が、鼻を鳴らす。
せっかくだから一杯飲むかと祐介が、ビール瓶とグラスを片手に厨房から出てくる。
「悪くないね」陽子が、もういちど笑顔を返す。
じゃ乾杯しょうと祐介が、ドカリと陽子の隣に腰をおろす。


 「あら。何の乾杯?。
 いまのところ、お祝いされることなんか、全く思い当たらないけどなぁ・・・・」

 「お前さんの、そのそそっかしさに乾杯しょう。
 ガラクタだらけの路地道でドジを踏み、痛めちまったおまえさんの足に乾杯だ。
 大丈夫か?。痛むようなら、帰り道は俺が背負ってやるぜ」


 「湿布が効いてきたから、なんとか歩けると思う。
 駄目ならそのときは言葉に甘えて、あんたの背中を借りる。
 そのかわり、はっきり言うけど見返りはないよ。
 身体で払えと言われたって、もう、とっくに賞味期限は切れてる。
 昔はけっこう濡れたけど、今はまったく濡れないよ。
 いまはオシッコするだけの道具だ。
 あら・・・色気がないなぁ。
 こんな夜更けに、初恋の男と二人きりだというのに・・・・」


 「そんな風におまえさんは、燃え上がった火をサラリと消すのが上手だ。
 おお昔から・・・・」


 一杯いけと、祐介がビール瓶を持ち上げる。
「それよりさ。さっきの剣客商売シリーズの続きを教えろ。
なんだか面白そうだ。ひよっとしたら酒の肴になるかもしれん。興味が出てきた」
カチリとビールグラスを鳴らし、祐介が、陽子の顔をのぞきこむ。


(25)へつづく

 落合順平 作品館はこちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オヤジ達の白球(23)もと文... | トップ | オヤジ達の白球(25)不義密通 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何故?? (屋根裏人のワイコマです)
2017-08-13 19:47:21
今ここに 池波正太郎原作の「剣客商売」
藤田まこと、渡部篤郎、大路恵美
小林綾子、三浦浩一のDVD が・・
まゆ墨の金ちゃん、御老中暗殺、
が・・・これ、どうしてここに?・・
池波文学が好きなんですよ・・
暫くこのまま・・親父達の白球は横の置いて
池波文学・・お願いしたい所です
松山選手一打差の2位タイ・・是非とも巻き返しを期待したいですね
ワイコマさん こんばんは (落合順平)
2017-08-14 18:08:25
池波作品、堪能してください。
現代小説しか書けませんが、実は時代劇が大好きです。
描いた時代劇は、幕末期、群馬に実在した女性剣士の話と
国定忠治の作品のみです。
時間的な余裕がたっぷり取れたら、歴史本を読み返し、
あたらしい時代劇作品を書いてみたいと
企てております。

コメントを投稿

現代小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。