落合順平 作品集

現代小説を中心に、連載で小説を書いています。
時々、画像もアップします。

忠治が愛した4人の女 (65)       第四章 お町ふたたび ⑰

2016-10-18 17:23:30 | 時代小説
忠治が愛した4人の女 (65)
      第四章 お町ふたたび ⑰



 
 忠治が痛む身体を引きずり、帰りの道を歩きはじめる。
顏が腫れあがっている。体中の節々が分解しそうなほど、あちこちがとにかく痛む。
とぼとぼと歩いているうちに、いつの間にか日が暮れてきた。
ようやくのことで鎮守の森をこえたときだ。


 「よう、無事だったか」文蔵が目の前に飛び出してきた。
「無事とは言えねぇか。ここまでボロボロにされちまったんじゃ・・・」
要領のわるいやつだおめえも、と目を細めて文蔵が笑う。

 「ひでぇぜ兄貴。逃げるんなら逃げると、最初に言ってくれなきゃあ」


 「すまねぇ。中へ入って驚いたんだ。
 あんなに大きな賭場じゃ、俺たち2人で襲うのは、とうてい無理だ。
 そう思った瞬間。思わず身体が逃げる方へ反応しちまった」


 「兄貴が尻尾を巻いて逃げ出すとは、思わなかった。
 想定外だぜ、まったくよう・・・」



 「なんだおめえ。正気かよ。本気であの賭場をやるつもりだったのか。
 無謀すぎる。たったひとりで、あんなでかい賭場を?」


 「俺も無理だろうとは思った。だがよ、むざむざ袋叩きにあうのも癪に触る。
 ひと暴れしなきゃ、逃げ出せねぇと思ったから抵抗しただけだ」


 「まあな。だがよ。長脇差を抜かねえでよかったぜ。
 抜いていたら今ごろは、殺されていたころだ。
 まぁ、なにはともあれ、お互いに無事でよかった」


 「無事じゃねぇぜ。体中のあちこちが傷だらけだ」



 「仕方がないだろう。逃げ遅れたおめえが悪いんだ。
 命が助かっただけでも、めっけもんだ。
 だが、賭場荒らしはしばらく辞めたほうが、よさそうだ。
 どうでぇ。俺はゲン直しに一杯呑みに行くが、おめえもいっしょに来るか?」

 
 文蔵が、傷だらけの忠治の顔を覗き込む。
さきほどよりだいぶ腫れている。
右の瞼は腫れあがっている。まるで怪談話に出てくる、お岩のようだ。



 「お町に会いにいきてぇが、いかんせん田部井村は遠すぎる・・・」


 忠治が絞り出すように、吐き捨てる。
五体満足ならすぐにでもお町に会いに行きたいが、いまは身体がそれを許さない。
足をひきずり、歩くだけで精一杯だ。
見かねた文蔵が、「ほらょ」と忠治に肩を差し出す。


 「兄貴。その気があるのなら、さいしょから肩を貸してくれ」


 「歩くくれぇなら大丈夫だろうと見ていたが、それももう限界のようだ。
 ボロボロなくせに、そんなに逢いてえのか、お町という女に?」


 「ああ、お町はいい女だからな」



 「女が欲しいのなら、他にもいっぱいいるだろう。
 その身体で、お町が居る田部井村まで歩くのは無理だ。
 そうだな。半里も歩けば、女郎のいる木崎の宿へ着く。
 今夜はそこで我慢しろ。
 そのあたりまで歩くだけでせいいっぱいだろう?。その痛みようでは」


 「しょうがねぇ。今日はおとらで我慢してやるか」


 「そいつはいい考えだ。
 おとらに介抱してもらえばきっと元気になる。
 おっ、ちょうどいい具合に、木崎へ向かう百姓の大八車がやって来た。
 あいつに乗せてもらおうじゃねぇか」



 「なんで分かるんだ。木崎へ向かう大八車だと?」


 「あいつらは木崎の宿へ、頼まれた野菜を運んでいる連中だ。
 訳を話せば大八車のすみっこへ、おまえさんを乗せてくれるだろうぜ」



 「俺は、野菜と同じかよ!」


 「ばかやろう。傷物の野菜は売れねぇ。
 忠治。おまえのいまの傷ついた身体は、野菜以下の値打ちしかねぇ」



 「よくいうぜ、文蔵の兄貴。
 俺を置き去りにして、先にさっさと逃げ出したくせに!」


 「それだけの元気があれば、十分だ。
 じゃ断っちまうか?。百姓たちの大八車に、乗せてもらうのは?」


 「いや。乗せてもらえるように話してくれ。
 こうして自分の足で立っているのさえ、もう、辛くなってきた・・・」


 「それならそれで、さいしょから素直に言え。この強情野郎」


 「すまねぇ兄貴。
 もうすこしだけ俺の、面倒をみてくれ・・・」



 (66)へつづく


おとなの「上毛かるた」更新中
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忠治が愛した4人の女 (64... | トップ | 忠治が愛した4人の女 (66... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
紅葉から環境問題 (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-19 09:29:54
信州の紅葉も、今年はイマイチみたいです
天候不順に影響を受けたのでしょうね
地球規模の気候がおかしく環境の改善が
検討されている、地球温暖化防止の国際会議
京都の時は元気な日本、今回のパリの議定書
日本はまだ批准できないんですね
まだ原発に未練タラタラの誰かさん
困った国ですね。
ワイコマさん。こんにちは (落合順平)
2016-10-19 17:12:13
新潟で原発の再稼働に反対する知事が
当選しました。
時代の流れは、原発NOに向かっていると思いますが
それを認めたくない人たちが沢山います。
東京電力は、膨大に膨れ上がった賠償のために、
電気料金の引き上げを決めました。
かかった経費を、電気料金に上乗せができる
変なシステムのためです。
結局。膨大な額の廃炉処理と、被害を受けた人たちの賠償金を、
東電を利用している人たちが払うことになりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。