落合順平 作品集

現代小説を中心に、連載で小説を書いています。
時々、画像もアップします。

忠治が愛した4人の女 (62)       第四章 お町ふたたび ⑭

2016-10-13 16:25:54 | 時代小説
忠治が愛した4人の女 (62)
      第四章 お町ふたたび ⑭




 闇の中で、百目ロウソクが赤々と燃えている。
三下が言っていた通り、10人ほどの旦那衆が博奕に熱中している。
代貸、中盆、壺振りと賭場を仕切る3役が揃っている。
さらにせっせと動きまわる、出方と呼ばれる若い衆が4、5人。


 文蔵が予想していたよりも、はるかに大きな賭場だ。
漆(うるし)塗りの上駒が、いくつも盆の上に並んでいる。
おそらく20両から30両の金が動いているのに違いない。


 表からの物音に、若い衆が気がつく。
怖い顔が、いっせいにこちらを振りかえる。
顔を上げた中盆が踊り込んで来た忠治と文蔵の姿を見て、ドスの効いた声を上げる。

 「なんでぇ、てめえらは!」



 出方の若い衆たちも、いっせいに立ち上がる。
文蔵と忠治の前に、若い衆が、ずらりと立ちふさがる。
刃物は持っていない。しかし、いずれも屈強な体つきをしている。


 (まいったなぜ。予想外に賭場がデカ過ぎた。こいつはまったくの想定外だ。
 この場から逃げるためにゃ、こいつらをたたっ斬るしか、
 他に手はないようだな・・・)



 忠治が覚悟を決める。
こうなりゃひと暴れしてやるぞと、腰の義兼に手を伸ばす。
文蔵も懐に手を入れ、手裏剣を握っている。
久しぶりに大暴れしてやろうと、どうやらこちらも覚悟を決めたようだ。
腕まくりした若衆たちが、忠治と文蔵の前へずいと出てくる。
中盆が、乱入者の正体を見抜く。


 「なんでぇ。
 揃って手ぬぐいで顔を隠しているところが、怪しすぎるな。
 さては、さいきんウチのシマで賭場荒らしが続いているのは、おまえらの仕業だな。
 ここへ乗りこんで来たのが運のつきだ。
 かまうこたねぇ。こいつらを簀巻にして、利根川へ放り込んじまえ」


 中盆の怒鳴り声とともに、若衆たちがいっせいに2人の前へ飛びだして来る。
その瞬間、文蔵が動いた。
「どうも失礼、いたしやした!」
ペコリと頭をさげた次の瞬間、文蔵がくるりと身体をひるがえす。
そのまま、出口に向かって駆け出していく。


 (えっ、逃げ出すのかよ、文蔵の奴。
 戦わねぇで逃げ出すとは、こいつもまたまた想定外だぜ・・・)


 忠治があわてて、義兼を引き抜こうとする。
白刃を振り回すことで、この場を切り抜けようと考えたからだ。
しかし。義兼を抜こうとしたその瞬間。
力強い男の手が、忠治の右手がっしりと抑えこむ。


 「早まるな。刀は抜くんじゃねぇ。こんな場で刀を抜いたら、
 ホントにおめえの命がなくなっちまう。
 生き延びてえと考えているんなら、こんな場で刃物なんか抜くんじゃねぇ」



 低い男の声が、忠治の耳元でささやく。
ためらった忠治を、若い衆たちがあっという間に取り囲む。
男たちの動きは早い。
義兼を抜くことをあきらめた忠治が、男たちにもみくちゃにされる。
多勢に無勢で、どうにもならない。


 後ろから延びてきた手が、忠治を羽交い絞めにする。
両方の手と両方の足にも、男たちの腕がタコのようにからみついてくる。
自由を奪われた身体のあちこちに、男たちのこぶしが降ってきた。
何発殴られたのか、わからない。
担ぎ出された忠治の身体が、ドスンと地面に投げ落とされる。


 「てめえだな。
 ウチのシマで、賭場を荒らして、銭をかっさらっていったのは!」


 奥から出てきた代貸が、忠治の顔をいきなり雪駄(せった)で踏みつける。



 「知らねぇ。おれじゃねぇ!」


 「往生際のわるいやつだ。この場におよんで嘘をいうんじゃねぇ。
 おれたちの賭場を荒らしていったのは、手ぬぐいで顔を隠した2人連れだ。
 おめぇら以外に、他に誰が居るんだ!」

 「違う。そんなことは知らねぇ!」


 「しらを切るのか、まぁいいさ。
 どうせ、てめえの命はこれで、おしまいだ。
 おい三下。死ぬ前に聞いてやる。てめぇはいったい、どこの何者だ?」


 若衆のひとりが、忠治の手ぬぐいをむしり取る。
忠治の素顔がさらされる。
しかし忠治の顔を知っているものは、さいわいなことに誰もいないようだ。


(63)へつづく

おとなの「上毛かるた」更新中

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忠治が愛した4人の女 (61... | トップ | 忠治が愛した4人の女 (63... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忠治の顔 (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-13 17:22:28
若い頃の忠治の顔・・多くの人に
惹きつける顔・・興味深いですね
そちらは、クローズしないんですね
通年プレイ・・でも風は苦手です
ボールだけではなく・・体感温度が
グ~ンと下がります。お気をつけあそばせ。
ワイコマさん。こんにちは (落合順平)
2016-10-14 17:35:17
年間通して、プレーすることができます。
ただし、冬場の河川敷ゴルフ場は要注意です。
さえぎるものがないために、空っ風の日は
大苦戦をします。
ほとんどの河川敷が、上流から下流への折り返し。
あるいは下流から上流への折り返しです。
上流には、空っ風を生み出す赤城山がそびえています。
強風にあおられたボールは、普段の半分くらいしか飛びません・・・
風の強い日のゴルフは、ひたすら忍耐のゴルフになります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。