落合順平 作品集

現代小説を中心に、小説を書いています。

忠治が愛した4人の女 (79)       第五章 誕生・国定一家 ⑬

2016-11-05 17:42:30 | 時代小説
忠治が愛した4人の女 (79)
      第五章 誕生・国定一家 ⑬




 (おっ、女渡世人の登場だ。助かったぜ。まさに渡りに船だ・・・)
おりんの登場に窮地の伊三郎が、思わず、にんまりとほほ笑む。
それほど、初めて見るおりんの姿は美しい。


 壺が振れると聞いた瞬間。伊三郎の喜びがついに爆発する。
(捨てる神あれば拾う神あり。どうやら俺にも運が向いてきたようだ。
この女なら、間違いなく忠治の賭場の、お辰と対抗できる)
満面に笑みを浮かべる伊三郎に、「どうぞ、よろしく」とおりんが頭を下げる。


 伊三郎の賭場のひとつ。桐屋でおりんが壺をふりはじめた。
年増とはいえ、衰えをしらないおりんの容貌が、男たちから注目をあつめる。
いい女が壺を振ると聞き、遠方からも客が集まって来るくる。


 百目ろうそくが灯る中。片肌を脱いだおりんが、粋に壺を振る。
生唾が呑まれる中。「入ります」とおりんの声がひびく。
空中を舞った壺が、勢いよく盆に振り下ろされる・・・
伊三郎の賭場へ、ひさしぶりに活況が戻って来た。
人気者になったおりんは、伊三郎一家の最上級の客人として優遇される。



 1年後。そのおりんが百々一家へ戻って来た。
「どうでぇ。伊三郎の弱点を見つけてきたか?」早速、円蔵が詰め寄る。
「お疲れ様を言う前に、それかい?。あんたもホントに甲斐性のない男だねぇ」
おりんが呆れ果てて、拗ねた目を見せる。


 「身内にならないかと、何度も伊三郎親分に口説かれました。
 こんなことなら、ハイと受け入れて、身内になってしまえばよかったかしら?」


 「こいつは俺が悪かった。すまねぇ。長いあいだホントに御苦労だった。
 で、どうなんでぇ。伊三郎の弱みは見つかったのか?」


 「そうですねぇ・・・それほど悪い人には見えません」


 「伊三郎が悪人には見えねぇ?。そいつはいってぇどういうわけだ?」



 「人を殺したこともありません。ひとさまから、恨まれているわけでもありません。
 利根川で働いている船頭さんや人足さんたちから、信頼されています。
 利根川は大雨のたびに、洪水をおこします。
 そのたびに伊三郎親分は、先頭に立って、普請をしているくらいですからねぇ」


 「洪水がおきれば、伊三郎の本拠地の島村の宿がいちばん危ねぇ。
 普請がはじまれば当然、おおぜいの人足が集まって来る。
 やつの賭場が繁盛することになる。
 伊三郎のやつ。そいつを当て込んでいるんじゃねぇか?」

 
 「そうでもないみたいですねぇ。
 江戸から偉い学者さんを呼んで、いろいろ普請の相談をしているもの」


 「そうか。伊三郎に弱みはないのか・・・
 さすがに2足のワラジを履きこなしているだけのことは有るな。
 まいった。攻め手が見当たらないなぁ・・・」


 「そうねぇ。
 親分さんに弱みはないけど、島村一家には弱みがありそうです」


 「なにっ、一家に弱みが有る!。
 朗報じゃねぇか。そいつはいってぇ、どういうことだ!」



 「島村一家はたしかに大きいけれど、一枚岩じゃないの。
 伊三郎はもともと大きな船問屋の息子で、大勢の船頭や人足を使っています。
 お金もたくさん持っています。
 金の力で、利根川の川筋にいる親分衆たちを身内に引き入れてきました。
 2足のワラジも、金で手に入れたようです。
 でも。そんな島村一家ですが、早く言えば烏合の衆の、寄り合い所帯。
 組織的に、もろい部分がありますねぇ」


 「なるほど。作戦次第では、組織を分断できるということか。
 そこを見抜くとは、さすがにおりんだ。
 やっぱり。俺がしんそこ、惚れこんだだけのことは有る」


 「いやだよ、この人ったら。
 いまごろ惚れなおしても、見た通りの大年増です。
 そんなに大きく持ち上げても、もう、なにも出ませんよ。うっふっふ・・・」


(80)へつづく


おとなの「上毛かるた」更新中
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忠治が愛した4人の女 (78... | トップ | 忠治が愛した4人の女 (80... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今でも野菜が・・ (屋根裏人のワイコマです)
2016-11-05 20:27:25
信州の高原野菜は、もうすぐ終わりです
信州は11月から3月まで完全休業
まだ長雨や夏の乾季での野菜不足が
長引いて、今でも高騰のままです
以前の小説にも出てきましたが群馬の
きゅうリ農家の若者・・今年は最高の価格でしょうから農業もやりがいが
ありますね いつもこうならいいのですが
無理してクラブが振れなくならないように
汗は大事です・・ストレス解消にいい
お疲れ様です
ワイコマさん。こんにちは (落合順平)
2016-11-06 17:04:49
群馬では、通年で野菜をつくります。
露地ではこれから、大根やホウレンソウが
旬を迎えます。
キャベツも、あと半月ほどで出荷を迎えます。
年間を通じて何でも出来るため、これといった
特産がありません。
年間を通じて仕事できますので、あまり
贅沢はいえません・・・

コメントを投稿

時代小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。