こちらサラチ分析 広報室

美術家グループサラチ分析のブログです。構成メンバーは 四宮義俊 早川陽 小林智 満尾洋之です。どうぞよろしく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「戸定菊花祭+サラチ分析」の搬入

2011-11-01 19:51:56 | 日記
こんばんわ、サラチ分析です。

今日は、明日からいよいよ始まる、
セコンドスペースvol,1.2
「戸定邸菊花祭+サラチ分析-菊で祝う七五三-」の搬入日でした。


サラチ分析のメンバーは二手にわかれて各アトリエから作品を運んで
展示作業を進めました。
秋晴れのとても良い天気に恵まれました。

今回の企画は戸定歴史館さんの提案で、毎年開かれている菊花祭との
コラボレーションということなので、

どん!



前日からたくさんの菊花が審査の時を待っていました。
これは松戸の千松菊花会の方たちが育てた様々な種類の菊花です。
花を同じ時期に咲かせるのは本当に難しいことだろうと思います。
今日の午前中審査が行われ、入賞したものは床の間などに飾られました。

建物や作品と組み合わせたので戸定邸が花!花!花!
日本家屋と菊花と美術作品のコラボレーションなので、
6月の展覧会とはだいぶ違った展示になっています。

期間は2011年11月2日(水)-2011年11月20日(日)までなので
(月曜日休館)秋のひと時を是非お過ごし下さい。
七五三のお子様とご家族は(各自のカメラで)記念撮影が出来ます。

他にも松戸市のシティガイドさん達による、




などのイベント(松雲亭は戸定邸のすぐお隣の茶室です)や、
11月6日には、オーロラサクソフォンカルテットさんによるコンサートも開かれます。
(午前11時より戸定邸、13時より千葉大フランス庭園にて)

それからすぐ隣の戸定歴史館の方では
「徳川昭武の屋敷 慶喜の住まい」という企画展も開催中です。

今日の展示作業は一般のお客様のいる間に進めたのですが、
様々な反応があって色々お話も出来ました。
ちょうど西日が差し込んだ頃、菊の花の影がまた美しく、時間とともに変化していく様子もなかなか綺麗でした。
日本家屋は屋外に開放的なので、光の変化で、部屋の中の作品が様々な表情を見せます。
6月と11月の違いもかなり感じますが、時間帯や天気が違うとまた面白いですよ。



それでは会場で!
詳しい情報→サラチ分析HP

早川陽
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行灯作りワークショップの準備。 | トップ | 【セコンドスペース】スター... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。