こちらサラチ分析 広報室

美術家グループサラチ分析のブログです。構成メンバーは 四宮義俊 早川陽 小林智 満尾洋之です。どうぞよろしく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

終了のお知らせ

2011-06-20 01:01:11 | 日記
「戸定邸・日本画タイムスケイプ」は本日6月19日をもって無事終了しました。

お越しいただいた皆様ありがとうございました。




会場として使わせていただいた戸定邸は、来週からまた通常の戸定邸に戻ります。
たくさんの方が来場してくださいましたが、中にはこういった建物に現代的な作品は相応しくないと
思われた方もいらっしゃったと思います。気分を害された方にとっては、無事終了という言葉は
相応しく無いと思います。申し訳ありませんでした。


一年と数ヶ月の準備期間は永いようでも、建物の歴史から見れば一瞬のことかもしれません。
そういった「場」での作品提示にはそれなりの覚悟が必要であろうとは思いつつも、個人の作家として臨む時には
「場」へのオマージュと作家個人の自意識のようなものが、ないまぜになった状態のものが作品として表れます。
ですが、もちろんその価値を決めるものは作家の手の内にはありません。
作品を見に来て頂いた皆様によって、初めてその存在が観察、観測され、永い時間軸の一断面の上に載る事ができます。
展覧会が終わってからが、本当の意味での質が問われる時が来るような気もしています。


展覧会開催に際し、まだ未知数のグループにも関わらず、場所を貸していただいた館長さんや学芸員さんをはじめとした
松戸市戸定歴史館の職員や研究員の皆様。

まだ企画段階から話し合いに参加していただき、戸定邸のガイドコースに作品の案内を組み込んでいただきました。
戸定邸のシティガイドの皆様。

来館されるお客様に熱心に展覧会チラシを配布していただき、宣伝していただいた戸定邸の管理や受付をされている皆様。

毎日窓を磨き、戸定邸の清掃をしていただいている皆様。

お庭を管理されている庭師の皆様。

松戸市や近隣の市の店舗にチラシを置いて、宣伝していただいた、店舗主の皆様。

いろいろな方の協力を得る事が出来、そういったお力の上にようやく14日間という限られた時間をお借りする事ができました。
サラチ分析一同、心から感謝しております。ありがとうございました。




ちなみに展覧会は終わってしまいましたが、展示してあった作品の搬出は明後日6月21日の午前中に行う事になっています。
搬入の時と同じく、戸定邸の開館時間内の公開作業となっています。
え!?まだ作品見られるの?,,,と展覧会会期中は日程が合わず、涙を呑んだ方いらっしゃいましたら、是非!
早めの時間でしたら作品を見る事ができます。



サラチ分析HP トップ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日が最終日! | トップ | 無事搬出完了。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。