左下のブックマークにオリジナル曲の
サイト、掲示板などがありますので、どうぞ
リンクもご覧ください
SARA'S PAGE



チャイコフスキー:幻想序曲「ロメオとジュリエット」、大序曲「1812年」、他
シカゴ交響楽団 バレンボイム(ダニエル)

ユニバーサル ミュージック クラシック

 

これはおすすめします



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




チャイコフスキー : バレエ音楽「眠りの森の美女」全曲
ゲルギエフ(ワレリー)

マーキュリー・ミュージックエンタテインメント

 

チャイコフスキーの傑作



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 77年に出た、ジェネシスのライヴアルバム

これがいかに凄い作品かということを書きたいと思う

まず重要なことは、20分に及ぶ大曲、「サパーズ・レディー」が収録されていること

 スティーヴ・ハケットが2014年のライヴの時に

「アルバム『フォックストロット』から40年がたちました」とコメントしているが、

つまり彼等は40年前、20歳そこそこでこんな大曲を作ってしまったのだ

 特筆すべきなのは、「シネマ・ショー」ではドラムにビル・ブラッフォードが

参加していること 因みに他の曲のドラムはチェスター・トンプソン



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




恐るべき静寂

タイ・フォンのデビュー作

これは素晴らしい

ワーナーミュージック・ジャパン


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 木村沙織は引退したけど、まだこの人が居た



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 最近人気があるピアニスト



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ティック・タック

アレアの80年のアルバム

これはかなり面白い

ワーナーミュージック・ジャパン


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 私の音楽の趣味の原点といえる

14歳の頃にエマーソン・レイク・アンド・パーマーやイエスを

聴いたのがきっかけであった

 昨年、ELPのうち2人が亡くなったが、ああいう形で話題になるとは

思っていなかった

 ジェネシスやルネッサンスも好きだが、最近はさほど聴いていない



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ザ・ナイト・サイレン~天空の美情

スティーヴ・ハケットの新作

3月22日発売

ヴィヴィド・サウンド


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 春の花は、黄色が多い



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 エマーソン・レイク・アンド・パーマーのライヴアルバム

クラシックのカバーではあるが、名盤ではないだろうか

ELPのカバーの豊富さは、キース・エマーソンのクラシック通を思わせる

 

 そういえば、May  J.ってカバーばかりだとかいってネットで叩かれて

いるが、なんだか他人とは思えない



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




虚実の城[完全限定プレス盤/紙ジャケット仕様]

ジェラルドのセカンドアルバム

かなりテクニカルである

キングレコード


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 うちの猫、ミーちゃんです メスです

こたつに入っています



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Touch Me: Inner Sanctum (Redux)

エニドの3作目、78年のアルバム

まあ、これが彼等のシンフォニックロック

を極めた最高傑作と言っていいだろう

Adasam


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ 次ページ »