そらまめ日記・猫と暮らす会(猫とクラス会)

静岡県浜松市を拠点に、人と猫とが上手に暮らせることを願い
共生をテーマに自分なりの言葉で日々を綴っています

秋桜ちゃん☆またね

2016-10-17 11:37:17 | 旅に出た猫たち犬たち
10月14日金曜日
小さな小さな命が天に還って行きました


420グラムあったという体は、すでに350グラムをきり
飲ませたミルクはすべて下してしまいます
容体はかなり思わしくなかったので、わたしの手元にやってきました


信頼できる獣医さんを受診しましたが
もはやなすすべなしでした


今さら言ってもしかたないけど、あと2~3日早ければ・・・


先生も悔しそうでした


小さな命はなかなか人の手が及ばないことが多いのですが
できることなら助けてあげたかった


長毛の美しい子でした


子猫が譲渡されて幸せな家猫生活を送れるかどうかって、奇跡に近いことなのかもしれませんね


いらない物扱いどころか・・・迷惑で汚くて、触るのさえ汚らわしい物って思ってる人
まだまだ大勢いますから


そして、助けたいと願って命をつなぐリレーが始まっても、
こうして病魔に倒れてしまうこともあるのです


小さくて儚く、でも最後まで戦っていたこの子の体をきれいにきれいに洗いました
ふわふわで甘い香りに包まれて、向こうに行っても恥ずかしくないように
せめてできることをと思いました




もし、こんな世界でも嫌じゃなければ戻っておいでよとそっと頬ずりしました
次があるなら、今度は絶対幸せな場所に送り出してあげるからねと約束をしました


そんなことぐらいしかしてあげられることもなく、
苦しかった数日、頑張っていた日々をほめてあげることしかできず・・・


そして、何よりも子猫猫満載でなければ
もっと早くうちにおいでと言ってあげられたのかもしれなくて
この子に本当に申し訳なくて・・・


この子1匹ぐらい何とかできた自分はいないのかと思ってみたりしています
命はときにたくましく強くて、ときに儚くて弱いものですね


秋桜ちゃんといっしょに来た子は、回復しわずか4日で120グラムも増えました


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猫周りの場所で | トップ | 不思議なめぐり合わせの日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む