そらまめ日記・猫と暮らす会(猫とクラス会)

静岡県浜松市を拠点に、人と猫とが上手に暮らせることを願い
共生をテーマに自分なりの言葉で日々を綴っています

サラちゃん

2016-10-13 10:11:34 | そらまめんちの同居猫
9月29日木曜日
仕事を終えて自宅に戻ると、テーブルの下にサラが横になっていて
周りにはテーブルの上にあったものが散乱していました


失禁もしていて・・・たぶん、乗り損ねたんでしょう


調子がガクッと悪くなったのはその日からです
それまでもよろよろはしていて、目も見づらくなってきていましたが
少しなら自力で好きなフードを食べていました


もう駄目かなとそのとき覚悟しましたが
あれから2週間、強制的に食べ物を口に運んで食べさせる毎日ですが
何とか頑張ってくれてます




忙しいわたしがこの子にできることというと、寝るとき腕枕で同じ布団で眠ることぐらい
体のどこかが触っていると安心するみたいです


おしっこがそろそろ出にくくなっていて回数が極端に減りました


サラは小さいころから娘の弾くピアノの音を聴いて育ったので
ドビッシーやらショパンやらをかけて過ごしています


不思議なことに演奏会で弾いた曲を聴いた瞬間、上半身を持ち上げて音のする方に向きを変えました
娘を探しているのか、娘のそばにいたこの子なりの幸せな時を思い出しているのか


その仕草を見ていたら、涙が止まらなくなってしまいました


仕事で忙しかった私に代わって、娘の気持ちをどれほど慰めてきてくれたことか
この子なくして、わたし自身の人としての子育ては成り立たなかったと言っても過言ではないと思います


猫でもペットでもなく、家族以上の同志だったサラ


間もなく訪れるであろう終わりの時を、わたしは踏ん張れるのかと
・・・・・今からとても不安です
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道路に横たわる黒い猫 | トップ | 色の法則 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うらら(ちゃちゃ)里親)
2016-10-13 12:41:50
2年前、うちの20歳を半年超えたばあちゃんも・・・階段をずるっと落ちてから調子が悪くなり、その後二日くらいで召されました。さびしい思いはあるものの、20年一緒に過ごしてもらえたお礼の気持ちでいっぱいでした。直前まで自分で歩いてくれて迷惑をかけないようにしてくれた感じもあり、本当に感謝一杯の気持ちで送り出しました。

うららはまだまだ2歳程度、先住の姉弟達はもうすぐ10歳。みんな長生きしてもらわなきゃ!
とりとめのないコメントで申し訳ありません。
うららの里親様 (そらまめ)
2016-10-15 06:54:17
ありがとうございます
前の猫さん、長生きされたんですね
いつも一緒にいた子がいなくなるさみしさ悲しさは、言葉にはあらわせないほどだと思います

あまり考えてもしかたないので
今自分がやれることをやるしかないかと思っています
でもこんなとき話ができたら、いちばんやってほしいと思ってることをやってあげられるのにと・・・

以前はサラのおしっこのことで悩んだこともありました
そこらでしちゃってたので
ですが今は、どこでもいいからおしっこしてって思ってる自分がいて・・・ほんとに勝手なもんですね


うららちゃんの里親様のおうちの子が、どの子も元気で健やかで楽しく暮らせますように



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

そらまめんちの同居猫」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています