そらまめ日記・猫と暮らす会(猫とクラス会)

静岡県浜松市を拠点に、人と猫とが上手に暮らせることを願い
共生をテーマに自分なりの言葉で日々を綴っています

わらわら・・・わらわら

2017-04-27 08:25:32 | 里親募集
相談がたくさんあります。
猫は1匹が1回で産む数が4匹とか5匹とか・・・多いと8匹なんてのも過去にはありました。


あっという間に、預かりスタッフさんの手元はいっぱいです。



赤ちゃん猫を見てもらうには、こちらも信頼できる方に限られますし
まめな性格の方が望ましいし、何より拘束時間もあるから
そのあたりを上手に配分できないと、思いつめちゃいます。



時間、気持ち、経験などなど
やっぱり小さな子猫のお世話は大変です。



まだまだ慢性人手不足なのですが、おかげさまで現在の預かりスタッフさんのレベルは
かなりな水準まで達していますし、みなさん大変勉強熱心です。



第1走者、第2走者と走り始めています。
ありがたいことです。



また、少し成長した子たちを随時ホームページにアップしていますが
こちらも優秀な頭脳班のおかげで、おばはんは言ってるだけ~かも。


で、その後お見合い設定などは、経験値の高いスタッフさんが冷静な視点で判断しています。



わらわらの子猫の相談ですが、今年も1匹でも多くを助けていきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

斎場会館へ

2017-04-26 08:45:08 | 旅に出た猫たち犬たち
今から、斎場会館へ向かう予定です


昨日手術が済んだメス猫のお腹には、いつ産まれてもおかしくないほどの子猫たちがいました。


その子たちを見送ってきます。


産ませるわけにはいかない活動とはいえ


なんとも申し訳ない想いはいつもいつもあります。


以前、ある獣医さんに言われたことがあります。


自分は地獄に堕ちるんだろうなぁって気がするけど、そらまめさんは、確実に天国に行けますね。


猫たちが天国でたくさん出迎えてくれるんでしょうね。


理系の頭脳でも、こんな風に思うことがあるのかと不思議な気持ちでした。


そのときは何も答えませんでしたが・・・。


自分とて、もはや天国に行けるなどと思ってもおりません。


何度も何度も逝ってしまった子たちに、謝ってばかりです。


そして、今日だって・・・。




できることは花一輪、たむけることぐらいです。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゆとりやさんへ寄付してくださったみなさまへ

2017-04-25 10:19:16 | 会からのお知らせ
前年度末の集計で5167円の募金が集まりました。


ゆとりやさんに置いてある募金箱にご寄付いただいたみなさま


本当にありがとうございました。


大切に使わせていただきます。





1匹の小さな子猫を助けたいと思ったら、根性だけでは育てることができません。


ミルクも必要です。カイロも使うことがあります。


ペットシーツ、替えのほ乳瓶、シリンジなども購入しないといけないのです。


労力をかけるだけでも育てることができないのです。


病気をすれば医療費もかかります。


下痢をした子をそのままほっておくことはできません。


風邪で目がふさがってしまった子も、先生に見せれば何でもない一生を過ごせるようになるのです。


療法食を食べさせ栄養をつけさせなければならないこともしばしばです。


現実問題は、資金繰りで常に頭を悩ませています。


よりいい状態で、里親さんのところに送り出したいと思っています。


ご協力いただいたみなさま心より御礼申し上げます。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麦さん慢性膵炎

2017-04-25 09:22:09 | 病気&事故の話し/猫編
今月に入り、口内炎の痛みを抑えるためにステロイドを投与してから・・・
麦さんの調子が悪くなりました。


ここ数日、下痢もひどくなり様子もおかしいので血液検査のために受診しました。


慢性膵炎ということでした。
前回の検査では、そういう数値ではなかったのですが、やはり高齢ですし
ステロイドはきついのかなと思います。



抗生剤と食事が自力では必要量摂取しきれないので、鼻ちゅ~です。



わが家でお世話する子は、あっちもこっちも鼻ちゅ~ばかり。


与える食事も異なるし、入れる薬も違うので
毎回いろいろ計ってあげています。


大学時代の実験室を彷彿とさせる光景になってきました。


年を取るっていうのは、やはりいろんなところにガタもきますし
生きてるものはみんな同じですね


具合が悪くて持ちにくそうな麦さん
今までも、何度も何度ももう今回はダメかなって状況をよみがえってきた大物です。
今度もきっとまた復活できるよね。



麦さんがおとなしいと気が抜けちゃって変な気分です。
本当の年齢も定かではありませんけど・・・元気になっておくれよ~。


ちょっと前、リーナちゃんに買ってあげたベットを奪い取って居座る麦さん




この迫力が無くなって現在ケージの上から降りてきませんが・・・。
登れる気力、体力はまだあるみたいです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラブ♡ラブシルバーちゃん

2017-04-25 09:05:08 | 不妊手術・TNR
野良猫シルバーちゃん
さてさてその後の様子をお知らせいただきました。


避妊手術後にもかかわらず、彼氏ができたみたいです。
顔のでっかい、そのあたりのボスに見初められたみたいですね♪
ラブラブいちゃいちゃしながら、暮らしているそうです




相変わらずの性格で、激しい威嚇は変わらないみたいですが
元気いっぱいエネルギッシュに暮らしているようなので、安心しました。


とはいえ、本来ならどの子も室内でより安全に快適に暮らせる日が来てほしいのですが
まだまだ先は長い・・・。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の寿命は長いです。

2017-04-25 08:35:18 | 会からのお知らせ
とってもいいことです。


若猫さんから大人猫さんにも、希望者さんから声がかかり
順次ホームステイに行っています。
お見合いの希望もたくさん入ってきています。


もちろん、大人猫は今までの生活から違う環境に入るとき
少しだけ時間がかかります。


受け入れる人間は当然でしょうけれど、でもいちばん戸惑っているのはやはり猫たちです。


どうか、まずは知らない場所で戸惑う猫たちの気持ちになって考えていただけたらと思います。
そうできたら、いろんなこともスムーズに運ぶような気がします。


猫と暮らすにはまずはあきらめることが肝心です。
思い通りになんていかないのが猫。
そして、それがとっても魅力的に映る要因でもあります。


また、今のご自分たちの環境がどの月齢のどのタイプの猫となら暮らしていきやすいのか
しっかり考えて、希望する子を決めていただくようにお話ししています。


フルタイムのご家庭でわずか2か月たらずの子猫をきぼうされても
ちょっと厳しいです。


また静かに暮らしたいと思っている方がハイパーな若猫さんを希望するのなら
しばらくの間は我慢も必要です。


しっかりと検討して暮らし始めていただきたいと思います。
先は長く、20年後もいっしょにいるかもしれないわけですから・・・。


最後まできちんと愛情を持って暮らしてほしいし、そうできる方にお譲りしています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月23日の譲渡会のお知らせinペッツマート浜松店(入野)

2017-04-23 09:46:37 | 会からのお知らせ
現在会では、体調不良の猫をたくさん抱えています
医療費がかさんでいますので
ぜひみなさまのご協力をお願いしいます


猫と暮らす会
ゆうちょ銀行~ゆうちょ銀行
記号12300 番号14286051


銀行からお振込みいただく場合は、こちらの番号をご利用ください
ゆうちょ銀行
店番238 番号1428605



静岡県浜松市近郊で新しい飼い主さんを希望しています


猫たちの新しい飼い主さんを探す会を開催します


すでに飼っている方で2匹目3匹目を考えている方

これから家族に迎えようとしている方
浜松市およびその近郊で希望者さん、お待ちしています。


条件があえば、遠方のご希望も大丈夫で
ただし飼うためには条件がありますので、

こちらとのお約束を守っていただける方にお譲りしています


4月23(日)11:00~14:00

ペッツマート浜松店2階(入野)

浜松市西区入野町9446-1




ご希望の方はここをクリックしてください

  ↓ ↓ ↓



また、猫と暮らす会ではご寄付の品もお願いしています


仔猫用ミルク

猫砂(木・おから)でなるべく細かい物・子猫大人猫用フード・チュール・ウエットテッシュ・保湿用ティッシュ・ペットシーツ

貼らないタイプのカイロ(ミルク飲み仔猫に必要です)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーナの病気がわかってから

2017-04-21 09:52:58 | 病気&事故の話し/猫編
FIPの確定診断をされてから1か月が過ぎたリーナちゃん



本当に微妙な目盛りで減少している体重


しっかりいろいろあげていますが・・・食べたくなさそうな態度をとる回数が若干増えてきたかもしれません。


できるだけ楽しく過ごそうと思っているので


リーナちゃんのできたことをほめています。


そのへんにオシッコももらしてしまうのですが、オシッコが出なくなることの怖さを考えたら


出してあればえらかったとほめています。



まして、渾身の力でウンチができたら、特大花丸


いい子だいい子だと何度も抱きしめています。


リーナちゃんは、この子のせいでもなんでもないのに


不自由な下肢で生まれてきたのです。(もしかしたら生まれてすぐの事故かもしれませんが)


健気に生きています。


生きてることだけだってえらいねしか言えません。


リーナちゃんと暮らしたいと言ってくれたEさんが、この子のためにいろいろ支援してくださいます。


いろんなものが届くたびに、リーナちゃんとともにわたしも励まされています。


この子のことを想ってくれる人がいることが、リーナちゃんにとってもどれほどありがたいことか。


誰かに想ってもらえるのって、本当に素敵なことです。


最高級のスーパーハナビラタケ、いただいたその日からかかさずあげています。



サプリメントって信じますかって聞かれましたけど、信じてあげています。


リーナちゃんのことを想っていただいたのですから、たぶんきっと効くんじゃないかと思います。


洗濯が追い付かないんですよ~ってお話ししたら、フリースとペットシーツをくださいました。




ありがとうございます。


リーナちゃん、気に入ってくれました。



びっくりするほどたくさんいただいたので、会の他の子猫たちの預かりさんにも分けさせてもらいました。


優しい人からいただいたから、他の子たちもきっと丈夫に育つと思います。


リーナちゃんの時間があとどのくらいなのかはわかりません。


でも、誰の時間も残りの時間などわからないわけですから、


やれることを一生懸命やっていこうと思います。


昨日、子猫を4匹迎えました。


病気の子たちがいるから、引き受けてる場合じゃないのかもしれませんが


他のスタッフさん宅に移動できるまで、頑張ります。


病気の子たちだって、自分のせいで他の子は無理なんて言い訳の材料にされたくないはず・・・・。


ともかく、できるベストを尽くす時期がやってきたわけです。


わたしの事情を考えて、小さな子猫を頭数ギリギリまで預かってくれるスタッフさんたち


感謝感謝です。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イオンちゃん頑張ってます

2017-04-21 09:43:13 | 病気&事故の話し/猫編
慢性腎不全のイオンちゃん


調子が良くなってみたり、まったく自力でご飯を食べなかったり


吐き戻ししたり、くたっと寝ていたり・・・。


慢性腎不全の猫たちの最期を何度も見てきているので


イオンちゃんの気分の悪そうな表情に、悲しくなるときもあるのですが


顔や頭をなでられるとゴロゴロ甘えてくるので、なるべく話しかけて触ってあげています。





可愛くってたまりません。


いったん数値が悪くなると回復することはないと言われている慢性腎不全。


毎日の点滴と強制給仕


やれることに限りはありますが、イオンちゃんの体が少しでも楽になるように


できることをやってあげたいと思います。


もしかしたら・・・ただのものぐさで、ダルダル聖人のマネしてるだけかも~なんて・・・


思いたいだけ、なんですけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Tシャツのプレゼント

2017-04-19 16:10:43 | そらまめのひとりごと
会員のAちゃんから、可愛いTシャツをプレゼントしてもらいました



猫の手も借りたい。。。。って



ええぇ~ わたしの気持ち代弁してる



でも裏には、貸さないって書いてある



ホントにホントに、猫の手も借りたい季節になりましたねぇ



可愛いピンクは一色しかなかったからではなく、似合うから選びましたと聞きました



やっぱりね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンパンマンとパンパンママ

2017-04-18 10:04:35 | そらまめのひとりごと
わが家の病気の猫たちの体重をキープできているかどうか

毎日、奮闘しています。

体重が落ちているときは

わたしの体重、分けてあげたいって思っちゃいます。




先日ダーリンとリーナや麦さんに点滴しながら

『アンパンマンだって顔を分けて相手に力をあげるんだから、わたしだってこのお肉分けて

元気になってもらいたい。マンガみたいになればいいのにね。』

というと・・・・。



唖然として、『全然違うよ、間違ってる』と言うのです。



全否定するので、ちょっとむっとなって

どうして違うのかと聞いてみました。



『だって、アンパンマンは自分の大切な顔の一部をあげてるんだよ。




君は、自分でもいらないと思ってる腹の肉をあげようとしてるだけじゃない。

全然根本的に意味が違ってる。』


『・・・・・・・・・・



たしかにそうでした。

大切なものを分け与える精神のアンパンマンと、いらないものを回そうとする自分とでは

まったくもって意味が違ってました。



気を取り直して、この子たちのためにできることを現実的に考えないといけませんね



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Sweet sugar

2017-04-17 08:23:00 | 家族ができました
とあるお宅の相談です。


こちらのお宅には猫が18匹
室内というよりは、お庭にビニールハウスを設置してウォータースライダーみたいな通路も作り
外に出さない対策を取って暮らしています。


でも・・・その様子が外から見えるせいなのか
毎年このお宅の庭には新しい猫が現れます。


毎年手術をしてくれます。
そして今年度も・・・です。


ご主人は心意気は大したものですが、かなりな年齢になってきました。
自分たちが若くて新しい猫を飼うことは、もう難しいと感じています。
それでも、ほっておけなくて手術だけでもやってあげたいと連絡が来ました。


さっそく見に行くと、手術するにはまだ小さくて3か月半からせいぜい4か月くらいの
とってもきれいな若猫さんがいました。
シンガプーラのような感じです。


いろいろお話して、里親探しに切り替えることにしました。
そして、なんとわずか2日で里親さんが見つかりました。



きれいだし、性格いいし、マイペースだし
ご飯もよく食べるし・・・。


相談してくださったご夫妻に、里親さんが見つかりましたと報告したら


えええええぇ~~はやいですね


と驚いていましたが、すべてタイミングです
縁というものの不思議さを感じる瞬間でもありました。


こうしてシュガーちゃんと名づけられたこの子は
新しいお家で、お姉ちゃん猫がいるにもかかわらず超マイペースで
はじめっからわたしのお家はここよ~みたいにくつろいでいるんだそうです


あっという間の縁結びでしたけど、これで幸せになるのは間違いなし
引っ越しかなんかで置いて行かれたんだと思いますが、
嫌な人間から悪縁が切れてかえって良かったと思います。


でも・・・心優しい年配者の屋敷に捨て猫するのだけは絶対に許しがたい行為です
捨て猫は犯罪行為です。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月16日(日)の譲渡会のお知らせin浜松市動物愛護教育センター

2017-04-16 07:12:44 | 会からのお知らせ
4月16日(日)の譲渡会のお知らせ


日時  4月16日(日)

時間  12時~15時


会場
浜松市動物愛護教育センター

舘山寺/浜松市動物園横


飼うためには条件がありますので、
こちらとのお約束を守っていただける方にお譲りしています


猫の避妊去勢の手術の相談や今後の猫希望の受け付けは随時行なっております

保護猫一覧

ご希望の方はここをクリックしてください

  ↓ ↓ ↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いなばのキャンペーン応募にご協力ください

2017-04-16 07:11:43 | 会からのお知らせ
昨年同様、いなばのチュールの応募券を集めてチャオで当てちゃおキャンペーンに応募したいと思います。

みなさまぜひご協力お願いいたします。



譲渡会場や事務局あてにお送りください。

5月31日当日消印有効なので、そこまでは集めたいと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームページ&猫と暮らす会ブログのこと

2017-04-15 05:03:25 | 会からのお知らせ
仔猫の相談、野良猫の相談、逃げてしまった飼い猫の相談。


お天気で言えばこのところは徐々に雨足が強くなってきていて
小走りに駆け抜けるくらいではおさまりもつかない時期に入ってきているようです。


そんな中、会がきっちりと会として立ちゆくようにみなさんと繋がっていられるのは
活動のひとつでもあるホームページがしっかりしているからだと思っています。


ホームページの製作者も猫と暮らす会をよく理解して作ってくれました。
また担当しているスタッフさんたちも、仕事を終えた自分の時間を提供しての更新です。


そして、譲渡が決まった猫たちのこと、お便り紹介、ご支援いただいたみなさまへのお礼
ひとつひとつ丁寧に、整理しながらのブログ更新です。



里親さんとのフォローにあたってくれたスタッフさんたちも、
自分の言葉で決まった喜びを文章にして送っています。


どの子にも、新しい飼い主さんに巡り合うまで物語があるのです。
それぞれが、世界でたったひとりの飼い主さんにめぐりあうために生まれてきて、
そこに行きつくまで命からがらのエピソードを持ち合わせているのです。


それがわかっていればこそ・・・・。
わたしたちはめぐり合えた奇跡に感謝し、より多くの方に伝える使命を果たしたいと思っています。


わたし自身もいただいたお便りに心温かくなってはげまされたり、参考にさせてもらったり
手術の約束を守っていただいたことに安堵し、日々の糧としています。


若いスタッフさんたちが、自分の時間を割いて、いえ、すでに自分の生活の一部として
暮らす会のブログ更新をしてくれているのを知っているので
そのことにも、いつも感謝しています。


伝えることの大きな意味をずっと感じて活動してきましたから
決まった報告、お便り紹介は、猫と暮らす会の看板でもあると思っています。


若いスタッフさんたちが紹介する猫と暮らす会のブログ



ぜひのぞいてください。
暮らす会が関わった多くの猫たちの幸せな様子が描き出されています。


1匹でも多くの子を、ここでご紹介できるようにしたいと思っています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加