そらまめ日記・猫と暮らす会(猫とクラス会)

静岡県浜松市を拠点に、人と猫とが上手に暮らせることを願い
共生をテーマに自分なりの言葉で日々を綴っています

18歳のサラ

2016-07-26 19:12:33 | そらまめんちの同居猫
わが家の長老のサラちゃん
御年18歳と3か月
人間で言えば89歳に該当する高齢猫です



昨日・・・キッチンの電気をつけようとして
何かを踏みました


やばツ


最近、やたらと吐くのでゲロがそこら中に。。。(;´・ω・)
と、思いきや違いました


ウンPでしたよ


洗濯機の前も水が溜まっていましたが、当然それはおしっこです


年を取るっていうのは、人間でも犬でも猫でも
いろんな弊害が生じるものですね


トイレに間に合わなかったのかな
痴呆気味なのかな


食事も、ほんの少し食べるとどこかに行って
またすぐに戻ってきては、ニャアニャア催促します


何言ってるのか知りたくなる時もあるのですが
ダーリンいわく


口が聞けたらえらいこっちゃ
ず~っと、ここの飼い主は餌もくれん!世話もせん!
めし~くれ~腹減った~~
を、連呼してるに決まってるよと


確かにそうかもしれませんね笑


昔は無かった犬や猫の痴呆の問題
高齢化が進んで起きているわけです
どうやらわが家も例外ではないようです


どこまで何を誰を覚えていて、どの程度進行してるのかはわかりませんが
愛おしい子に変わりはありません
サラちゃんがうちの中にいてくれることが幸せです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペコちゃんとブルーベリー摘み

2016-07-25 23:36:57 | 料理・食べ物・お店
ペコちゃんという猫さんがおりまして・・・



そのペコちゃんは昨年春赤ちゃんを4匹産んで、わたしたちは里親探しをしました
ペコちゃんは、Iさんのお庭で寝る場所などを作ってもらって幸せに暮らしていたのですが・・・



Iさんはこの夏、住み慣れた浜松を離れ遠い他県に家を建てて引っ越すことになりました
ペコちゃんを連れて行くことがどうしてもできないという相談です


そんな切羽詰まって相談されたってねぇ・・・てな感じです
けっこうな勢いでIさんにいろいろ言わせてもらっちゃいましたよ
でも、そんなこと言ってても・・・今さらなのです
新しいペコちゃんの居場所を探すお手伝いをするほか道は無いのです


会員さんたちが預かってトイレトレーニングなどの協力や、家猫として暮らせるのかを見てくれました
1件目のお宅では、ケージを抜けることがわかり、数日で夜泣きの声にお戻りコース


次のお宅では鳴き声の問題はクリアしましたが、トイレを失敗したりしていました


そして、2件のお宅にステイに行きましたが
2件とも縁がなく戻ってきました
カーテンレールに飛び乗ったり、ソファにおしっこをしてしまうというのです


だんだんこちらも焦ってきました
見た目も可愛いし、時間さえあれば必ず決まると思える子でしたが
いくらなんでもな子猫シーズンです


ですが・・・とある譲渡会場での出来事でした
ペコちゃんを、ずっと膝に乗せて愛おしそうに撫でてくださってる方がいらしたのです
譲渡会ってどんな感じか初めて見に来ましたと
来年、猫を迎えられるから下見に来てみたのと


わたしは思い切って、ペコにはもう行き場がないこと
時間もなく来年では間に合わないことをお話ししました
もし縁があるのなら、是非にでもこの子を迎えてもらいたいと必死でした


難しいかな~と半ばあきらめてもいたのですが、ペコちゃんはどこまでも強運なラッキーガールでした
数日が過ぎ、ペコちゃんを迎えていただけるというお電話をいただいたのです
しかも、ステイというより心を決めたからうちの子として迎え入れますとおっしゃるのです


にこやかで穏やかで優しそうな方でしたが、1本芯の通った雰囲気の方でした
数分の会話でしたが、間違いない!なぜか確信できてしまった自分がいました


そして、お約束した日時にペコちゃんを連れてうかがいました
ハーブのあるお庭、様々な植物が植えられていました



室内も、お見事としか言いようがないほどの無駄のない清潔感あふれる暮らしぶりでした


TV番組でロケができそうな感じです
井戸水を使用してるというお水は冷たくておいしかったです



不安でいっぱいのペコちゃんをケージに移し替えました


そして、ペコちゃんのお話がひととおり済むと、
ペコちゃんはまぁ今日はあんまり構わない方がいいという適当な理由付けをして、
ブルーベリーを摘みに裏の畑に行きました


あほみたいに夢中で摘んだわたし・・・われを忘れるとはまさにこのことです




山のように摘んだブルーベリーは、半分は娘に分けて、
その日のうちに会えたスタッフさんにも渡すことができました

それでもまだ山のようにあるブルーべりーたち
小分けして冷凍してジュースにしたり、ジャムも作りました








幸せな時間です
収穫する作業が大好きなわたし、そしてそれで何か作るのが大好きなわたし


おうちがもっと近ければ、ずうずうしく時間さえあれば遊びに行ってしまいそうです


今週、Iさんとお邪魔する予定です
浜松を離れるにあたり、ペコちゃんを委ねる方に直接お礼を伝えたいという想いをかなえるためです


不思議な縁で、わたしは生まれて初めてのブルーベリー狩りを楽しむことができました
忘れられない印象深い出来事でした
神様っているんですねぇ
ペコちゃんの身を案じてくれたスタッフさんたちの想いも加味されたかもしれません


お届けしてから2週間
今ではすっかり新しい生活を満喫しているペコちゃんなのでした





今度会うのがわたしもとっても楽しみです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いただきものの人参

2016-07-25 23:25:22 | 料理・食べ物・お店
以前、と~っても美味しい人参をいただいて
がんばって料理を作ったものの載せずにいた人参料理


美味しくいただきましたので、ちょっと気分転換も含め載せてみます










人参本来の味がして、どれもとってもうまくできました


人参のスープ、サラダ、濃厚な人参のソースで味わう魚料理


時間があればデザートも人参で何か・・・とも思いましたが
デザート類はあまり得意ではないのでまたの機会ということで


夏野菜の美味しい時期なのですが、忙しくて1品料理みたいな食事になっています笑
腰を据えて何か作れる日は、まだまだ先かもしれません





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふくちゃんとトラさんは同じ猫

2016-07-23 09:25:05 | 不妊手術・TNR
会員のAYAKAさんから届いたラインは、
1匹の野良猫が見ず知らずのご近所さん同士をつなぐ素敵な内容でした


ご紹介させていただきます



アナの里親のHさんから、迷い猫が敷地にいるのでどうしたらいいかと相談を受けました。

(アナちゃんは以前猫とクラス会から譲渡した猫さんです)

写真を送ってくれたら、その子は耳カットがあり手術済の子でした。



同じ町内で前にわたしが関わった捕獲現場のOさんのところの子が

そちらに移動したのでは、と思いOさんに確認をしました。

確認をしたところ、Oさんの近所の方が手術をしてくれた子でした。

Hさんは、その子が風邪を引いていたので病院に連れていき、

薬をもらい、検便、エイズ検査をしてくれました。

その事をOさんに伝え、お世話してくれてる方に伝えてくださいと連絡しました。

その猫は、今はHさんのお宅からは離れたそうですが、

そうやって近所で外の猫をお世話してる方とお近づきになりたいので、

そちらの方に自分の連絡先と住所を教えて欲しいとOさんからお話がありました。



そこで会員のAYAKAさんは間をうまく取り持ってくれました


先日お話した、OさんとHさん、うまく繋がりました

Hさんは地域猫のことはこの猫を通じてはじめて知り、

地域猫のお世話を一緒にする事には踏み込めないけれど、

迷子や庭に来た子など情報交換はできるという返答でしたので、

連絡先を交換して連絡を取り合うという形になれました。

Oさんは情報交換のみでいい、嬉しいと言ってくださり、とても喜んでくれました

こうやって地域の猫を守る連携がとれること、すごく良いですね


1匹の猫を同じ地域の方がみんなで心配して見守っていけるのは理想的な話です
好きな人ばかりではありませんから、地域猫の課題は山積みなのです


だからこそ・・・こうして、心温まる交流のお話が聞けるとほっとします
猫なんかで片付けようとはしない人たちが集まっている町は、きっと猫だけでなく人間も
住みやすい町なんでしょうね


ちなみに、Oさんはふくよかな体型と福がくるようにと思いを込め、ふくちゃんと呼んでいて、
Hさんはトラさんと呼んでいるそうです。


外で暮らす猫たちは、たくさんの名前を持っている子が多いんですよね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミルク飲みの赤ちゃん猫

2016-07-23 07:57:52 | そらまめのひとりごと
やたらと可愛い~



ですが、やっぱり子育ては大変


睡魔と闘いながら頑張ってます


ほ乳瓶を手に持ったまま撃沈してることもあります


無事に育ってほしいものです




お母さんが恋しいのか、よちよち歩いて行った先は・・・





御年18才のおばあ様猫でわが家の女王様のサラ様のお腹の下


まちがってもおっぱいなんて出ないと思いますよ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜松市動物愛護推進協議会

2016-07-21 01:04:19 | 浜松市協議会関連・講演会・猫イベント
7月20日水曜日
記念すべき 第1回浜松市動物愛護推進協議会総会が開催されました


これは、動愛法の第38条に規定されているのもで
法律で認定されて組織されています


活動内容など詳しいことはまだこれからですが、大まかな骨組みができましたから
上手に運営されて、機能させていかなければと思います


≪動物を愛する町浜松≫


この言葉を単なるうわべのキャッチコピーのように使うのではなく
中身の伴ったものにしていきたいと思います


委員のひとりとして、動物に関わるひとりとして
次世代の子どもたちにもわかりやすく、動物とのよき関わり方を伝えていこうと思います
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちりも積もれば

2016-07-21 00:40:41 | そらまめのひとりごと
ドドーンと貯蓄するほどリッチではないので
自分に合った貯蓄方法でお金を貯金しています


500円玉貯金  前回の記事はこちら


何か目的が合って貯め始める方もいますが、わたしは500円玉貯金を貯めるのか趣味
2缶、みっちりぎっちりと貯まっていたおかげで
このたびパソコンが壊れて買い替えることになってもあわてないで済みました


ゆすってもお金の動く音がしなくなるところまで入れます



2缶で26万円入っていたそうです
10万円貯まるバンクは13万円は入ることになります


せっかく貯めた愛しい貯金箱を自ら開ける気にはなれず、ダーリンに頼みました


自宅用とノートパソコンの2台
きっちりとお支払いできましたが・・・
500円玉貯金はまたスタートさせないといけません


ゆっくりこつこつと貯めていこうと思います
今度は何に変わるのかも、楽しみです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

普通って何だろう

2016-07-20 03:00:37 | 病気&事故の話し/猫編
このところ普通について考えてしまうことが多くなりました
普通ねぇ。。。


というのも、6月10日に奇形の子猫を引き取ることになりました
処分に持ち込まれた子猫でした



初めはわたしの手には負えないんじゃないかとか、無事に育つのかとか
いわばマイナスのことが気になり、正直不安がありました


でも、実際その子が手元にきて・・・しばらくは、慣れるまでは大変でしたけど
こんな感じでいいんじゃないの~みたいな目安がわかってからは
普通に暮らしているのです


世間でそれを普通とは言わないのかもしれませんが、じゃ一体普通って何なんでしょうねぇ


後ろ足が前に跳ね上がっているので、バレリーナみたいなポーズをいつもとっています
それで、この子はリーナちゃんと名づけました



可愛い女の子です
前足2本で、いろんなところに移動できるようになりました



ご飯も置いてあげると、そこまで食べに行けます
おトイレも、ペットシーツの上でちゃんとできるようになりました



問題は・・・肛門括約筋が弱いらしくて、気張ってウンチをすると脱腸してしまうことです
感染症が怖いので、そのたびに出た腸を押し込めて縫い縮めてもらわないといけません
全身麻酔などできませんから、そのまま縫ってもらうわけですが
気の毒に痛くて大声で泣いてます(無理もないです)


これが、どうにも忍びなくて・・・リーナのそばで見てることがどうしてもできなくて
診察室から離れるわたしです


引き出してから、もう何回もこの肛門縫い合わせなるものをやっているのですが
レントゲンで診た骨盤が狭窄気味でした
便も固めです
成長していったときに、もしかしたらあまりよろしくないことになるかもと言われています
予後がよくないと・・・


ある程度覚悟しながら育てていって、そのよろしくないときのことは
そのときどうするか決めたいと思います


今は好きなフードもあるし、猫じゃらしが大好きです



抱っこするとゴロゴロ言って喜んで、お気に入りの猫ベッドまで行って眠っています



世間的にみんなが思う普通の猫も、明日のことはわかりません
リーナの今の状態から予想される未来が、他の猫より少し重たいことはわかりましたが
それを嘆いて今このときを大事にできないとなれば、それはリーナの問題じゃなくて
この子を見ているわたしの心の問題ということになります


どんな子でも精一杯生きています
愛おしいと想う心が、猫たちには必要で大事だと思うのです



もしリーナを普通じゃないというなら
それは特別な猫ってことですね


大変なんじゃなくて、特別
他の猫に交じって遊んだり、他の猫とじゃれあう姿は神様がくれた贈り物です


この子からたくさんの元気をもらってるわたしです





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出会いと別れ

2016-07-18 23:47:03 | そらまめのひとりごと
譲渡会やホームページで『この子がいい』と気に入ってくださって
新しいおうちに迎えていただいているのですが・・・


実はその喜ばしい出会いの裏には、そこまで手塩にかけた子たちを送り出す側の
顔で笑って心で泣いて、のお別れが必ずついて回っているのです


喜ばしく思う気持ちに偽りはありません
ありがたい感謝の気持ちにも嘘はありません


でも、やはりさみしさは・・・見送った後、毎回起きる感情なのです


とくに苦労して育てた子や、心配のあった子
ものすごく癒された子などは、送り出したあとの静かな部屋で
泣けてくることもしばしばです


使ったおもちゃ、使ったベッド
それらを片付けながらしんみりします


その子の行く末を心から案じ祈り、手元を離れてもなお幸せであれと願います


一度は手元で育てた愛おしい命
新しいおうちできっと幸せだろうと信じるからこそ手離せるのです


たくさんを引き受けるキャパはありませんから、新しいおうちに委ねたら
次の子をまた引き受けて、その子の居場所を探していくことができるのです


順繰りに、丹念に丁寧に、これを繰り返しています


こうして少しでも多くの命が、生きていけるように
喜んだり泣いたり、さみしがったり、笑ったりをしている私たちです


さみしさの分だけ、幸せになった子が増えていくなんて
ちょっと皮肉かもしれませんね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月17日(日)の猫の譲渡会in高丘スカイポート2階

2016-07-16 20:53:01 | 里親募集
7月17日(日)の譲渡会は
高丘スカイポートさんの2階で
11:00~14:00開催です


譲渡会場案内一覧


可愛い子猫たちがたくさん参加します

飼いやすい大きさの子もいます

お一人暮らしの方でも、会の審査基準を満たしていればお譲りできます

みなさまのご来場お待ちしております
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

20匹の多頭飼育の経過報告

2016-07-16 20:50:05 | 会からのお知らせ
大変遅くなりましたが、皆様に寄付の品やフード
ゆうちょにお振込みなどのご支援をいただき取り組んでいた20匹の多頭飼育のレスキューの途中経過のお知らせです


幸いなことに、子猫たちには1匹を残しすべて里親さんが見つかり
子猫たちは新しい生活をスタートさせ、楽しく安心できる日々を過ごしています


大人猫は、おかげさまで避妊去勢の手術が済み、ワクチン接種も済ませることができました


残念なことに、グレン君というまだ若いオス猫だけが、捕まえてキャリィに入れ待機してるうちに体調がおかしくなり、
あわてて獣医さんに搬入したのですが亡くなってしまいました


たぶん心臓などに先天的に疾患があったのではないかと思われますが、確かな原因はわからないままです


今回の相談をしてきた飼い主さんは
自分が捕まえて自分の目の前で逝ってくれて良かったと・・・


避妊去勢の手術をするお金が無くて、生まれた子を処分に連れてこなければならなくて
いっそ数の少ないオス猫を殺処分でもしかたないと、ぽつぽつと語った飼い主さん


わたしたちは処分などという言葉を使うことなく、問題を解決していこうと思っていました
すべて助けてあげようと思っていましたから、それが病死だとしても
残念で悔しくてたまりません



悲しいお別れにスタッフAちゃんが立ち会ってくれました
グレン君のためにも、この多頭のお宅の猫の問題を最後までやりきりたいと言ってくれました


残りは手術するにはまだ小さめの若猫2匹とてんかんの持病のある子猫1匹です
受診してお薬を渡してあります


8月に手術をする予定ですが、それももちろん様子を見ながらです


みなさまにいただいた支援物資のフードもきちんとお渡ししてあります
手術済みの大人猫たち、未手術の若猫たちに栄養のあるものを食べさせてあげることができています


あとは相談者さん一家が、猫への関わり方をしっかりと考えていけるかです
わたしたちもできるサポートを続けていこうと思っています


あと3匹の手術が終わったらまたご報告します
みなさんの力を貸してもらって、私たちも頑張っていられるんだと思います
引き続き、ご支援いただけたら嬉しいです







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きててくれるだけでいいよ

2016-07-13 23:54:46 | 病気&事故の話し/猫編
5月30日に処分に持ち込まれた男の子
たまたま、引き取ることができてわが家にやってきました



正直言って、連れ帰ったものの無事に育つかどうかもわからないほどで
痩せて発育不良なのは一目瞭然でした


きっとこの子の母猫や兄弟はきれいな子だったろうなぁと思います
母猫は5匹6匹産んでも、育たないと判断すると
あっさりとその子猫を放棄して、育つ子だけの面倒をみるのです


わたしが連れ帰った子猫はまさにその放棄組に入っている方の子猫でした
母猫さえ放棄したような子猫ですが・・・生きられるところまでがんばろうね


ラズ、と名づけました
もともとタルトという子猫がいて、他にも黒い子猫がきましたのでその子にはベリーとつけました
全部合わせて覚えやすい名前がいいと思い、ラズベリータルトにしたわけです


ラズを連れて帰って約1か月半が過ぎました


何度ももう駄目だという命のラインギリギリのところを歩いてきました
自力でご飯を食べることもできず、強制給仕のため口を開けようとすると渾身の力で反撃しました
鼻からカテーテル挿入のいわば鼻チューで過ごしてきました



小さな体で苦しそうに呼吸をしていた時は、もうがんばらなくていいからねと
何度も話しかけたりもして、そんな危機的状況を少なくとも3回は味わいました





誰かに譲渡するとか、今後どうするとか・・・そんな先のことは考えられなくなり
ともかく生きててくれるだけでいいと思うようになりました


体重は、ようやく500グラムを超えました



いっしょに過ごした他の子猫や、後から保護した子猫たちがいつの間にか
ラズの体重を追い越して行きました


標準の育ち方じゃなくたって構わない
ゆっくりだっていいから、少しづつでいいから、育っていければいいね


そして、他の猫たちのホームページに載せる写真撮影の時
ラズもいっしょに写しました


譲渡用のお披露目のためじゃなくて、この子の記念撮影かな
やっと鼻チューも取れて、楽になった記念です



そのうち、もしかしたら本当に募集できて
ラズのこと、本当の家族にしてもいいよって人が現れるかもしれません
今はそんな日を夢見て、ラズの毎日に楽しいことがあるように
わたしも頑張ろうと思っています


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン購入

2016-07-12 17:01:29 | そらまめのひとりごと
実は実は・・・。


パソコンが故障し、修理の専門家にも来てもらったりいろいろ頑張ったのですが
残念ながらお釈迦となりました。


ノートパソコンも調子が今一つ


思い切って購入したのですが、きちんと接続してもらうのにまたまた時間がかかり
今週日曜日にようやく復活致しました


ですから、ブログ更新など夢のまた夢になっていたわけです


書こうと思った内容をメモしてあるのですが、
時間の経過とともに走り書きの内容があやふやになりつつあるおばはんのわたしです


そこは笑ってしまえ!ってな感じですかねぇ


さてさて猫に関して言えば、日々の中で感動的なことがたくさんありました
もちろん今も進行形です


育たないと思っていた子が自分のペースで頑張っている姿に勇気をもらったり
不自由な体で必死で生きている障害を持つ猫たちの姿に感動して涙したり


子猫真っ盛りのこの時期に、大人の猫をあえてもらってくださったり、慈しむ心に
時にはスマホに向かって深々と頭を下げてしまったりもしています


また、問題解決したいと地域の野良猫たちの手術を頑張ってくださった方もいます


餌をあげてしまったから、手術をする・・・責任感のある方が少しづつ増えてくれているかもしれません
むろん、モンスターは大勢いますし
捕まらないことをすべて猫のせいにして初めから知らん顔の人もいます


終わりが見えないことで焦燥感が湧いたりしたこともかつてはありましたが
今は、毎年何かが変わってきている感触があります


猫なんか・・・って世間の風潮が
生きてるから・・・になれば、駆除なんて言葉や処分なんて言葉で扱われることも無くなりますね


というわけで、また少しづつ更新再開です
よろしくお願いします









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨年同様

2016-06-29 08:52:53 | そらまめのひとりごと
今年のわが家もそれこそ命のライン、ぎりぎりの子たちで溢れています


譲渡が可能だと思われる子たちは、次々とこの部屋を卒業していきます


そして、別の会員さん宅に移動して、離乳食や独り立ちまでのお世話をしてもらいます


命つきそうな子達のそばで・・・


やれることをただひたすら懸命に繰り返します


この時期は、そういう時期なのかもしれません


寝不足や体調不良と戦い、あきらめそうな自分を励ましながら


ここを乗りきれば、この子達に明るい未来が待っていると信じて


毎日を過ごしています


いつも思うのですが、誰かひとりでも真剣に助けてあげたいと思い行動すれば


助かるわけです


自分の関わった子、助けると決めた子は


誰かに押し付けたり、途中で投げ出すことなく、また見て見ぬふりすることなく


手をつくしてほしいし、そういう世の中になってほしいと思います





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強烈餌やり出没

2016-06-17 03:58:20 | 不妊手術・TNR
相談のあった捕獲現場で、餌袋をかかえた人に声をかけました
まさにしゃがんで、他人の敷地に餌を置こうとしていました(当然トレイなどはありません)


当初5匹かなと思っていた場所は、繁華街の裏路地にあたるため
わらわらと違う子が姿を見せます


てんこ盛りのキャットフードも見つけてたので、餌やりさんを探してもいたのです


ご飯あげてるならいっしょに手術をしませんかと話しかけましたが
まったく聞く耳を持たない典型的な身勝手餌やりでした


この付近で苦情もあがっているのです


病気や目の見えない子猫を見かけて心を痛めて何とかしたいと思っている人もいるのです


ご飯をあげる行為をとやかく言っているのではありませんが
このおばちゃんの言うことは支離滅裂です


餌をあげている人は自分のお昼をラーメンで我慢しても猫たちのフード代を出していて
手術代のことまで言われたら困る


猫たちの手術は国や市でお金を出してやるべきで、餌をあげるような善意の市民に出させるのはおかしい


苦情を言うような人間は我慢が足りないし命を粗末にしているんだから
浜松市はもっと注意しなければいけない


市はもっと積極的に野良猫の手術に取り組むべきである(全額出して手術をしなければいけない)


あんたみたいに(私のこと)餌をあげている人間に手術代まで出させようとして
手術を考えないなら餌やりしない方法を言い出すなんて、猫を飢え死にさせようとしてる
強要罪だ


他の地域では手術代なんて出させなかったし、わたしが行ってる公園は理想の公園で
浜松市の職員が餌をあげてくれてありがとうって言ってくれてる


そんな公園あるはずないし、全頭手術が終わってるのは
これまでTNRに力を注いでくれた人たちがいたからなんですが
そんなことは知らん、だそうです


くそばばあ・・・いい加減にせーよ  ←  心の声


結局、自分の気が済むように餌だけあげたいだけなんですね


こういうおかしな輩が大きな袋を抱えてそこらじゅうに猫の餌やりに出向き
そこで起きてる哀しい事実は無視したり、自分の置き餌を迷惑行為だと反省もせず、
餌をあげてるならいっしょにやりませんかの持ち掛けには逆切れしてくるわけです


産まれた子猫の末路をご存知ですか
ここで命を落とすことになった子のことをどう思いますか


の問には、そんなもん私は関係ない、自分は知らないし見てない


餌だけあげたら赤ちゃん産んで増えちゃいますよね?


の問には、だもんで餌代がさらにかかって困ってるから浜松市は真剣に地域猫に取り組んでもらって
手術したり、猫のことで文句言う人間を取り締まってくれんといかん
あんた、動物愛護法っていうのがあるのを知ってるんだろうね


国や浜松市からお金もらってるボランティアは(もらってません)
ちゃんと勉強してわたしら餌やりを守る様に苦情を言ってくるやつらに意見してもらわんといかんよ


もうもうもう~
牛になるしかないですね


かなりむかつきました
途中でこんなババアに関わってるだけ時間の無駄だと思い直し


いっしょにはやれそうにないですね
もういいです、自分たちで手術しますから
結局、増やさない努力の方にはお金を出せないというか、お金が無いんですね(どうしても言いたかったんで)


そうしたら、ものすごい形相でわめきちらしていなくなりました


こういう人のせいで、猫嫌いは増えるだろうし
命を落としている子猫たちがたくさんいるんだろうなと思うと
猫がどうのこうのじゃなくて、こういうババアを取り締まる法律とかを作らないことには
話しは先に進まないんじゃないかと思えて来ました


しかも、なぜかわたしのこと知っていました


よくいろんな場所でわたしの知り合いだと言って名前を出す人がいることは知っていましたが
よもやこの人も、都合よくわたしの名前を引き合いに出していないかと疑ってしまいました


てんこ盛りの餌だけやりばばあを守るような法律や、そんな自治体が存在するはずはありません


生粋の餌だけやりばばあ、しかも大きな餌袋持ち歩いていましたから
餌まきばばあを生で見ることができました


1か所の現場の問題を解決していこうと思うとき、必ず遭遇するんですが
今回のはかなり強烈でした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加