そらまめ日記・猫と暮らす会(猫とクラス会)

静岡県浜松市を拠点に、人と猫とが上手に暮らせることを願い
共生をテーマに自分なりの言葉で日々を綴っています

2月19日(日)の子猫・若猫譲る会inユニバーサルホーム浜松西店/高林町

2017-02-18 18:49:12 | 会からのお知らせ

静岡県浜松市近郊で新しい飼い主さんになっていただける方、いらして下さい


子猫/若猫たちの新しい飼い主さんを探す会を開催します

ユニバーサルホーム浜松西店

11:00-14:00



浜松市中区高林1-8-20



遊びにいらしていただくだけでも結構ですので、お気軽にお立ち寄り下さい
猫と暮らしたいと考えていらっしゃる方に、わたしたち会の存在をお伝えいただけたら
大変ありがたいです


保護猫一覧をご参照ください


ご希望の方はここをクリックしてください
  ↓ ↓ ↓



また、猫と暮らす会ではご寄付の品もお願いしています



猫砂(どんなタイプでも可)・子猫用離乳食・子猫大人猫用フード・チュール・ペット用ウエットテッシュ・ペットシーツ


体調不良の猫や子猫の受診、ワクチン接種など医療費の支援もお願いしています
ぜひみなさまのご協力をお待ちしております


猫と暮らす会
ゆうちょ銀行~ゆうちょ銀行
記号12300 番号14286051


銀行からお振込みいただく場合は、こちらの番号をご利用ください
ゆうちょ銀行
店番238 番号1428605


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

運転席のドアが・・・(;^_^

2017-02-18 18:36:23 | そらまめのひとりごと
運転席のドア、故障しました


乗れますが、中からは開きません


助手席側によっこいせとと移動して、助手席から降りてます


みっともないのですが、致し方ないです


最短で、明日修理してもらえるので、行ってきます


走るのに影響ないので、まあいいんですけど


駐車場で、あまりに左に寄せてると、助手席側からも降りられません


なんだか車の中で、あっちこっち移動する自分の姿に


傍から見た人は何やってるんだと思ってるかな~って、笑えてきました


いろいろあるもんです


長い間運転してますけど、こんなの初めてです


車にも車の事情ってありますね~


普段当たり前のこと


こうしてちょっとつまずくと、普通ってありがたいことなんだってわかります


まだまだ長く乗りたいので、しっかり修理してきます










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

途切れない子猫たち(´;ω;`)

2017-02-18 08:25:18 | 会からのお知らせ
どういうことなのか・・・と思ってしまいます


今年は、いつまでたっても子猫が途切れることがありません


普通なら、12月で相談内容が子猫ではなく避妊去勢の手術の相談に移行していくのですが


年明けにもわらわら多頭の子猫たちを一気に引き上げ


そしてその後もぽつりぽつり


本日も今から現場にて待ち合わせです


タイミングを逸してしまった保護主さん


また、生まれてしまって困っているようです


さすがに今回は、母猫の手術も同時にすることを提案しました


すでに獣医さんに予約済みです


ご本人にお任せするのではなく、わたしが直接手術に連れていくようにします


悪い方ではないのですが、危機意識が薄いのか、のんびりしているのか


いずれにしても、繁殖制限をかけないとエンドレスです


まだ1回も、希望者さんからの声がかからない4か月ぐらいの若い猫たちを撫でながら


なかなか出番が回ってこないね~って苦笑しています


今はまだ、この子たちの順番じゃないのかな


とりあえず、やれることをやるしかないし、あきらめないで続けないとね


それにしても・・・


産ませる人、多すぎるって思っちゃいます









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブチと過ごした14年

2017-02-15 23:39:09 | 旅に出た猫たち犬たち
わたしが猫周りと称して関わっている外の猫たち
最初に関わった場所で生まれた子猫たちの中にブチもいました
2002年の秋に生まれた男の子


当時の私は、大したことができなくて・・・里親探しもうまくいかなくて
できないことずくめで、振り返ると申し訳なかったことばかりです


その頃は、誰に、どこに、何を相談していいのか、わからないことが山積みでした
餌をあげていたわけではありませんでしたが、
繁殖しているその場所が気になって気になってたまりませんでした


恐る恐る、不妊手術や里親さん探しを1匹ずつはじめていったことをなつかしく思い出します


なぜ自分なのか、なんでこんなことしてるのかと問うこともありましたが
自分の中に芽生えたものを打ち消すことができず、今日に至っています


ブチは2003年の春に手術を済ませました
捕まえた時、怖がって怖がって暴れていました
かわいそうなほどでした


手術が終わってしばらくはその場所にいたブチでしたが、あるとき他所の猫たちの侵入を嫌って
4車線の大通りを渡り、道路の向こう側を住処としたのです







頭のいい賢い子でした
運動神経も身体能力も高い子で、おかげで野良と呼ばれながらも14歳2か月も外で暮らしてこれました



14年、ブチを見てきました

高架に上り降りられなくなった時も、必死で探しました



職員さんに頼んで線路内まで入れてもらいました


寒い冬の日、とある会社の倉庫に入り込んで閉じ込められた時も泣き声で気が付いて
開けてもらいにお願いにいきました



水を置いてもらえるように近所の猫好きな方に頼みに行ったこともありました


数え始めたらきりがありません
わたしの車に乗るのも大好きでした



どれもこれも、愛しい思い出です



そのブチが口内炎の影響だと思いますが、数か月前から
食事のたびに痛がるようになって徐々に痩せてしまいました


終わりの時が確実に近づいていると感じましたから、何とか捕まえたいと思っていました
警戒心も強く、簡単に捕まえられるタイプの猫ではありませんでした


ずっとずっと、外での生活をさせてしまいました
野良猫と・・・世間ではそう呼ばれる身の上にしてしまいました
何を今さらと言われてもしかたないのですが
最後は、最後だけでも、どうしてもわたしのそばにおきたかったのです


その願いが叶ったのが昨年末の12月16日金曜日の夜でした
病魔と闘う子猫たちの世話で追われている私に代わって、猫周りを引き受けてくれたダーリンが
ブチを保護して帰ってくれたのです


感激して泣いてしまいました
心配していたブチを、これから家でお世話することができるのです
こんなにうれしいことはありません


不安そうなブチも、すぐに家になじんでくれたように見えました
すぐに受診したところ、口内炎がかなりひどく慢性腎不全と診断されました
脱水もひどくて、ブチの身体は相当弱っていましたが、まだまだ大丈夫と言われました


あたたかくし、毎日点滴をし、鼻のチューブから高栄養のドリンクを入れ
口からも食べられるものを食べさせました
できることは何でもやってあげたいと思いました



ブチは、抱っこもさせてくれたし身体を撫でるとゴロゴロ言ってくれました


やっと家の子になったから、今から半年先1年先までいっしょに過ごしたかったんですが
12月29日の19:29分、急変してわたしの目の前で息を引き取りました


その前日亡くなった海ちゃん、同じ日に亡くなった黒蜜ちゃん
きっと同じ舟に乗るために、逝ったんじゃないかと思えました
続く哀しみの中で、わたしにはブチがあえてあの子たちに付き添った気がしてならないのです


幼い海ちゃん黒蜜ちゃんを先導してくれるのがブチならば、これほど心強いことはありません
強くたくましく賢いブチの道案内
幼子たちの魂が迷うことなどありえません


そしてその日から・・・・それまで、どうしてこんなに子猫たちの不調が続くのかと苦しんだ日々でしたが
雪が溶けるように徐々に治癒していったのです
ブチが、会の他の子の病気まで引き受けてくれたかのようでした
みんな、どんどん元気を取り戻していきました


肩の上に乗ったずっしりした重しが取れて、ふっと軽くなったのを感じました
ブチが助けてくれたんだと確かに感じました


同じ屋根の下では2週間しかいられませんでしたが
ブチとは長い時間を過ごしました
ブチもずっと私を見ていてくれました




お正月2日にブチが暮らした場所を回りました





いるはずのないブチが顔を出すんじゃないかと思えて、しばらく待ってしまいました



ブチがいたこの場所は・・・大切で愛おしい思い出の場所です
今頃は、むこうであのころの仲間に会っていろんな話をしているんでしょう
姉妹のはなちゃんいとこのろくちゃんには会えましたか





ブチに会えて本当に良かった
ありがとうね、大好きだよ



こうしてブチのこと書いてると・・・会いたくてたまらなくなってしまいます
ブチの呼ぶ声を聴きたくてたまらなくなってしまいます
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

猫の妊娠期間

2017-02-15 05:20:05 | 不妊手術・TNR
猫の妊娠期間はおよそ2か月強です
ということは、さかりの声を聞いてから、2か月後には出産です


少し前から知らない猫をよく見かけるという方は・・・メスを求めてオス猫が来ていたということになります
オスならいいかというと違いますね
そのオスが来ていたということは、メスが近くにいて出産するはずですから
子猫わらわら、の図式は簡単に想像がつくと思います


ということは・・・今が野良猫の手術時なのです


繁殖を制限できるのは、不妊手術をおいて他にはありません
昔のように、安易な原始的な考えで処分してしまえばいいと考える方もまだ多く存在しています


でも、このやり方は現代にはまったくそぐわない野蛮な考え方です
人にも猫にも優しいやり方というのが推進されているわけですから
改善していかないといけないのです


また、餌をあげているだけの人たち
こちらも、それでいいはずはありません


手術のことを考えられないとか、お金を出すのが惜しいのなら
どんなにかわいそうだと思っても餌だけをあげるという行為は問題を増やすだけになってしまいます
自分のしていることには責任が生まれます
ご飯だけあげて自分のしている行為に酔っぱらってるのは、猫たちのためになどなってはいません


気の毒だとかかわいそうだとか思うのなら、ぜひ生まれる前に手術をすることを考えてください


処分に連れてこられる猫の数は5月6月が圧倒的に多いです
3月に出産した子たちが、よちよちと出てきて捕まってしまうパターンです


また、妊娠していても手術はできます


5匹6匹と生まれた子の里親探しに駆けまわるくらいなら、その分の席を
殺処分に連れてこられた子たちに回してあげてほしいと、いつも思います


ご自宅の周りに野良猫とおぼしき猫を見かけているのなら
手術をしてあげることをぜひとも考えてみてもらいたいと思います





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おじさん化症候群

2017-02-14 18:10:42 | そらまめのひとりごと
今日はバレンタイン
気合がある・なしにかかわらず、今朝起きてしばらくして
ようやく今日がバレンタインデーだと気付き・・・しばし、途方に暮れてしまいました


ダーリンや日ごろお世話になってるあの人この人
老若男女関わらず、渡す人はたくさんいるのに、きれいさっぱり抜け落ちていました


つまり、私的にはあまり重要じゃないイベントってことになりますよね


やばい
完全に終わってるわたし


このところ、終わってると思うことの頻度が増してきているようです


お疲れなんですよ~ってなぐさめてもらってますが・・・
ときめきをどこかに忘れたおばさんになっているようです


それでも、今はコンビニという強い味方があります
行ってみてびっくり!
有名メーカーの品が、すでにきれいにラッピングされて置いてあるではないですか


セブン、サーK、ミニップなど、とりあえず回っていろいろ購入してみました


な~んだ、焦ること全然なかったんだと思ったら、
今後もこうして安易に済まそうとか思う自分もいて、そこも終わってるとか思いましたよ


何日も前から、どうしようかと考えたり調べたりして、想いを込めて選んだら
きっと素敵なプレゼントになるんでしょうね


チョコレートよりも、帰宅途中で寄ったお肉屋さんで
バレンタインフェアと銘打って、サーロインステーキが半額になっていて
そっちの方がずっとドキドキしちゃいました


おじさん化症候群のわたしです
でも、わたしの周りには、同じようにおじさん化してるお姉さん、おばさんが結構いるので
変に安心感が増してるかもしれません



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2月12日(日)の子猫・若猫譲渡会inペッツマート市野店

2017-02-11 12:54:26 | 会からのお知らせ
子猫たちの新しい飼い主さんを探す会を開催します


すでに飼っている方で2匹目3匹目を考えている方

これから家族に迎えようとしている方
浜松市およびその近郊で希望者さん、お待ちしています。



条件があえば、遠方のご希望も大丈夫で
ただし飼うためには条件がありますので、

こちらとのお約束を守っていただける方にお譲りしています


2月12日(日)11:00~14:00


ペッツマート市野店
浜松市東区天王町1981-1




ご希望の方はここをクリックしてください

  ↓ ↓ ↓



また、猫と暮らす会ではご寄付の品もお願いしています



猫砂(できればおからか木)・子猫用パウチ・子猫大人猫用フード・チュール・ペット用ウエットテッシュ・ペットシーツ・カイロ(貼らないタイプ)


体調不良の猫や子猫の受診、ワクチン接種など医療費の支援もお願いしています
ぜひみなさまのご協力をお待ちしております


猫と暮らす会
ゆうちょ銀行~ゆうちょ銀行
記号12300 番号14286051


銀行からお振込みいただく場合は、こちらの番号をご利用ください
ゆうちょ銀行
店番238 番号1428605


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノエルちゃんに会いたいです

2017-02-11 11:34:36 | 家族ができました
1月の終わりの譲渡会場は、大勢の人であふれかえっていました
デビューの子猫もたくさんいて、みなさんの目当てはやはりかわいらしい子猫たちに集中しました


そんな中お一組、声をかけてくださった方がいました
会いたい猫がいるんです。気になってる子がいて・・・と。
それはどの子ですかとうかがうと、その日は体調不良で不参加だった白黒のノエルちゃんでした。


ノエルちゃんは、暮らす会から猫を譲った経緯のある里親さんが
駐車場で倒れているところを見つけ、病院に搬送してくれた子でした


脱水していて左目の眼球はすでに組織も壊れていて失明していました。
520グラム
2か月の月齢と思われましたが痩せていて、助かるかどうかもわからない状態でした





先生ともいろいろお話しました
拾った方ともお話しました


夢中で助けてみたものの、あまりのひどい状態とその後のことを考えてかなりあわててしまっていました


今は、この子が何とか無事に回復することを願い治療をしていきましょう
その後は、会で助けられるお手伝いはしますからとお約束したのです
9月の末の出来事でした


運の強いこの子はその後、様々な治療を乗り越えてくれました
いったん遠ざかった未来を、また力強く引き寄せているかのようでした



譲渡会にデビューできるころには、かなり大きく成長していましたが
性格のいいこの子のことをわかってくれる人は、絶対にいるはずだからと思っていました
迎えてくださるお宅は世界にたったひとり(1軒)でかまわないのです
そのお宅の家族が、大切に愛してくれれば多くの人に認められる必要などありません


そして、ノエルちゃんは見事にその世界にたった1軒の家族に巡り合うことができたのです


新しい名前は不二(フジ)ちゃん
母方のおばあさまのお名前だそうです
ご先祖様が、ずっとこの先も見守ってくれる縁起のいい名前になりました


あたたかくて優しいご家族が、べっぴんさんで可愛い可愛いと接してくださっています
わずか半月ですが、本当に驚くほどきれいな子になりました



安心できる本当の家族とめぐり合えたことで
不二ちゃんの良さが前面にあふれ出してきたようです


譲渡するたび思うのですが・・・
ここが一生の家、この人たちがずっとの家族だって動物にもわかるんでしょうか



お世話をしていた側にとって、この無垢の表情を目にして知るのです
卒業のせつなさと、元気で頑張ってとエールを送る、今がその時なんだと
心の整理もしっかりつけて、その子のこれからを委ねることができるのです


ありがとうございました
素晴らしい里親さんご家族に、わたしもたくさん勇気づけられました
わたしや会の仲間のしていることが無意味ではないと、あらためて感じることができました


不二ちゃんの運の強さにも驚いています
勇気を振り絞って拾ってくれた保護主さんにも拍手です
治療してくださった動物病院のみなさんにも感謝です


まだまだ出会いを待ってる子たちがたくさんいます
どの子にも、幸せを手にさせてあげたいと思います
そしてもちろん迎えていただいた方たちにも、
この子と暮らして良かったと思える出会いをと願っています





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミルキー君の新しい家族を募集中

2017-02-10 06:15:28 | 里親募集
とってもフレンドリーで愛嬌たっぷりのミルキー君



譲渡会場だと、どうしても緊張して本来の姿を見せることができません
もちろんそれは、ミルキー君だけに限ったことではありませんが
不慣れな場所や、知らない人に囲まれると、猫は警戒してしまいます


賢い猫こそ、見知らぬ場所では隠れ潜んでしまうもの、なんですね


ミルキー君は、とある方が知り合いから預かってお世話していましたが
音信不通になってしまいました
しばらく待っていたそうですが、迎えに戻ることもなさそうだということで
里親さんを探す方向に切り替えたといういきさつです


良い人が、気に入ってくれるといいね
ミルキー君を迎えてくださる方を募集しています



もふもふしておっきくて丸っこくて
ミルキー君の良さをわかってくださる方、ぜひ声をかけてください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダーリンの誕生日

2017-02-10 06:02:57 | そらまめのひとりごと
昨日はダーリンのウン十ウン回目の誕生日


次の土曜日にどうしても行ってみたいというお店を予約してあるので、今日はケーキだけ


ホールで購入しても食べられないので、ショートケーキをいくつか買おうとお店に行きました


ケーキを購入したいと決めていたのはアキヤマです









あまりにも美味しそうで・・・決まらない、決められない


かなり、かなり迷っていくつか選択しました


ワクワクしちゃいました


選んだケーキはどれも美味しくて、幸せな気持ちになりました


元気でこうしてお祝いできること、それだけでハッピーです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ番組

2017-02-09 05:48:55 | そらまめのひとりごと
今週に入って、捕獲の相談お手伝い、搬入
そして預かりっ子たちのワクチンやら受診やらで忙しく動いているわたしです


忘れないように紙に書き出してチェック
いきなり入った相談も、合間を見つけてこなしていきます


そんな中、昨日勤務中にテレビの話題が・・・


NHKしか見ないし、それも腰を据えて見てるわけではないので
バラエティとかドラマとか、流行ってる歌とか、まったくついていってません
ついていく気ももともとないのですが、ときどきそういうことを織り交ぜての話しになるので
チンプンカンプンです


年末までピコ太郎さんを知らなかったのであわててYouTubeで動画を見ましたが
よくわかりません


TPPTrans-Pacific Partnershipならよく聞くし知っていますが
PPAPなんて初めて聞く言葉でペンパイナッポーアッポーペンの略だそうで・・・


きっと、時間があってもわたしの脳では理解できないままなんだろうなぁって思います


そして、若い子たちのグループも、どれがどれで誰が誰なんだかさっぱりです
みんなおんなじに見えるわけで・・・・あぁ、終わってます


判別識別能力が衰えてきたのか、興味がないのか
だからって今さら命の母を飲んだところで、解決にはならないしね


忙しいからテレビを見ないのか、興味がないから見ないのかもよくわからなくなってますが
今はこの生活で充実しているのでこのまま行こうと思います(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リリースのとき

2017-02-08 06:08:04 | 不妊手術・TNR
寒さが厳しいこの時期はとくに・・・
リリースするとき心が痛みます。


まだ1歳にもなってない子たち
もっと早かったら、新しい家族を探すことができたかもしれないとか
なついていれば里親探しに切り替えれたかもしれないのにとか
たらればばかりになってしまいます。


今の自分のできることを考えると、すべてを保護してしまうのは無理なので
やっぱり野良気質の強い子たちは元に戻すしかないわけです。



でも、そこが住みにくそうな場所だったり
餌をあげている人が不特定多数で、
きちんとしたルール作りができていない場所の子たちだとなおさらつらくなります。、
ふたを開けて元に戻すとき、走り去る後ろ姿にどうか元気で頑張ってと祈ってしまいます。



ときどき見に行って、そうじするくらいしかできませんが
見守りたいと思います。


同じ猫に生まれても、身分に差があることを痛感する瞬間です。


***********************************************************************

今は繁殖シーズンです。
今なら春生まれの子猫が増えることを防ぐことができます。
ご近所であの独特の発情の声を聞いたら、勇気を出して手術を考えてください。


ご相談のある方は、ご連絡ください。
何らかのアドバイスできると思います。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーナちゃん無事避妊手術終了

2017-02-07 07:00:33 | 不妊手術・TNR
昨年の春に浜松市動物愛護教育センターに持ち込まれたリーナちゃん
一般譲渡は難しいので、殺処分になる運命でした


縁あって・・・うちの会で引き取りました


下肢がおかしな方向に曲がっていて、脱腸もほぼ毎日
医療用の手袋で飛び出した腸を肛門に入れています



そんな不自由な体でも、リーナちゃんはちゃんと決まった場所でウンチもおしっこもできるようになりました
畳1畳分ほどのペットシーツをテープで止めておくと、その場所に行ってトイレができるのです
ですから手袋の寄付や、大判のペットシーツの寄付が本当にありがたいです


器用に前足2本で体を持ち上げたり引きずって場所移動をしています
外では生きていけませんが、慣れたこの決まった部屋なら生きていかれます


さて、そんなリーナちゃんですが、なかなか体重が増えなくて手術ができなくてどうしたものかと思っていました


運動量も少ないし筋肉量が増えないので、なかなか体重増加につながりません
それでも、ようよう2キロの目安を超えたかな・・・というところまで来ました
チャンスです


しっかり血液検査などしていただいて、手術することができました
常々肛門あたりが炎症してしるので白血球の数は少し高めです


リーナちゃんが、他の子たちより少し遅れてもワクチンが接種できたり
今回のように手術できたりするのが、本当にうれしいです


成長も遅いし、いったいどこまで生きられるのかもわかりませんが
仮に他の猫たちより寿命が短くても、性格もいいしとってもいい子だし
今を懸命に生きる姿は感動です



わたしはこの子と暮らすことで、たくさんの感動をもらっているから得した気分です
少々のことで、めげちゃいけないって教えてもらえます


リーナちゃんの曲がった足は治せないけれど、ゆっくりでも元気で毎日を過ごしてほしいと願っています






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第2回浜松市獣医師会年次大会

2017-02-06 05:51:56 | 会からのお知らせ
昨日2月5日、第2回浜松市獣医師会年次大会が開催されました
大盛況でしたね


着ぐるみのダニ虎君がお出迎えしてくれました




動物と人の健康を守るためというテーマで災害対策などのお話を3人の講師の先生方が
交代で講演してくださいました


わたしたちの暮らす地域でも、地震や津波の心配がありますから
考えておきたいしどうすればいいのかが必要ですね


完全に室内暮らしだからと言って、名札をつけなくてもいいわけではないとか・・・
イタタタ~みたいな内容もありました


マイクロチップ、しようかな。。。


首輪嫌いの数匹の顔を思い浮かべて、マイクロチップのことを検討しようかと思いました


わが家のように多頭でいると避難所にすべて連れてはいけませんし
それでも逃げてしまったとき、マイクロチップは有効なのかもしれません


同行避難は・・・きっと無理
じゃあどうすればいいのか、悩ましいところです


フードと水のストック、点滴パック、針
常々補充しておかないといけませんね~


別の部屋では、模擬動物病院がありまして



ぬいぐるみのくまちゃんのお腹、縫わせていただきました



F先生とN先生が、へたくそなわたしの手つきを横から
そんなに厚くしない!とか、もっと針先を手前に引き出すんだ!などなど
言いたいだけおっしゃってましたが・・・・


無理(きっぱり)
手がプルプルしちゃいましたよ



ゼリーでエコー検査もやらせてもらいました



他にも、山菜おこわとかの味見もできて、意外と美味しかったです
新聞紙スリッパも作りました



災害時のこと、もう少し真剣に考えようと思いながら帰宅したわたしです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月5日(日)の譲渡会in浜松市動物愛護教育センター

2017-02-05 05:33:32 | 里親募集
今回デビューの子もいます

2月5日(日)の譲渡会のお知らせ


日時
2月5日(日)

時間
12時~15時(通常と時間が異なりますのでお間違え無いようにお願いします)
会場
浜松市動物愛護教育センター

舘山寺/浜松市動物園横


すでに飼っている方で2匹目・3匹目を考えている方

新たにこれから家族に迎えようとしている方


浜松市およびその近郊での募集となります
ただし条件があえば、遠方のご希望もだいじょうぶです


飼うためには条件がありますので、
こちらとのお約束を守っていただける方にお譲りしています

こちらの会場は猫とゆっくり触れ合うことができます
ぜひお越しください。


保護猫一覧

ご希望の方はここをクリックしてください

  ↓ ↓ ↓

コメント
この記事をはてなブックマークに追加