さっぽろ聖書フォーラム ブログ

さっぽろ聖書フォーラムからのお知らせと聖書のメッセージ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ダニエル書学び会

2017年07月20日 | 日記
ダニエル書学び会

7月16日(日)、さっぽろ聖書フォーラム代表木林兄は、旭川聖書フォーラムの開所3周年を記念する集まりにゲストとして招かれ不在。副代表が5000人の給食からメッセージを担当いたしました。
留守番組の祈り会において、旭川フォーラムの記念会とこれからの歩みの祝福を、当フォーラム代表のギャグが旭川フォーラムの皆様の温かい待遇を受けるよう、あまり滑らないよう案じつつ、心合わせて祈りました。

17日(月)、いよいよ半年前からの企画、のべ2日間で予定されている「ダニエル書」の学び会当日。
開始1時間以上前に到着した兄姉が、会場づくりと資料の綴じ込みなどに奔走。
順調に準備が進んでいきます。
本日は前半の6章まで扱う予定です。
会場キネレテは、出席者の熱気であふれ、エアコン設定温度を下げて対応。
旭川聖書フォーラムと、十勝聖書フォーラムの兄姉たちも遠路参加してくださり、37名が着席したところで定刻10:30にスタート。

イントロダクションに続き、1章から順に、ダニエル書が説き明かされていきます。
いつもながら、分かりやすく丁寧な木林兄の解説に、一同真剣について行きます。
思い起こせば、さっぽろ聖書フォーラムの開所当初も、このような1日がかりの学び会を何度か開催していましたが、今回は、旭川と十勝の2つのフォーラムの皆さんの参加もあって、新鮮さと、新たな興奮と、良き緊張感を覚える学びの時となりました。
そしてもう一つ気づかされたことは、参加した皆さんの聖書理解が大いに深まっていることです。
そのため、木林兄も初歩的な説明をすることなく、ダニエル書の内容に集中して学びが進められ、こちらも引き込まれます。
私は、バビロンの王、ネブカデネザルの心の変化を一緒にたどりながら、彼の時代の人たちも、福音書時代のユダヤ人も、そして現代人も、唯一の神に対する純粋な信仰に到達することは、とても難しいことなのだということに気づかされ、自分たちが与えられている信仰の価値の大きさを知ったことが、とても印象的でした。

途中昼食を挟み、さらにN兄、O兄お二人により、プロが落とした本格コーヒーが2種類も振る舞われ、雰囲気も終始和やかでした。

旭川の兄姉のお話によれば、前日の3周年記念の集いは、和やかに盛り上がった良い時が与えられたとの報告をいただき、とても感謝しました。
豊かに祝福された旭川と札幌の2つのプログラムでした。
唯一気がかりだったのが、講師が眠気覚ましにと繰り出してきた、親父ギャグの空振りが目立ったことと-解き明かしが難しかったかもねと本人は言っていました-、第2部に向けて、ダニエル書6章を積み残したこと。
しかし、第2部への期待は膨らむばかりです。
講師の木林兄、そして集まってくださった皆様、ともに与えられた学びと良き交わりを
私たちの主に感謝します。そして、実質約5時間の学びの奮闘、ほんとうにお疲れ様でした。

水木記


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スモールグループの集いのお知らせ

2016年06月27日 | 日記
さっぽろ聖書フォーラム スモールグループの集い 第二弾!

<百合が原公園散策>

1.日時:2016年7月2日(土)11時30分 百合が原緑のセンター集合

2.持ち物:昼食、飲み物、おやつ等

3.入園料:無料(世界の庭園、温室、リリートレインご利用の方は有料。※65歳以上の方は無料です)

4.アクセス:車の場合~駐車場有(駐車料金無料)
       ※公共交通機関をご利用の方はこちらをご覧ください。

5.参加申込:不要。よって、当日雨天、酷暑等による参加・不参加の判断は各自の判断でご自由に。

6.開花情報:ゆり、バラ、ルピナス、高山植物・・・ 今後の天候次第で当日のお楽しみ!


「ゆりの花のことを考えてみなさい。どうして育つのか。紡ぎもせず、織りもしないのです。
しかし、わたしはあなたがたに言います。
栄華を極めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。」
(ルカ12:27)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖餐式

2016年06月27日 | 日記
さっぽろ聖書フォーラムでは、第4日曜日の14:00から、『聖餐式』を行っています。
ハーベストフォーラム長老である、木林先生不在の場合は、他の週へ変更する場合もありましたが、
ここまで欠かさずに実施し、聖餐の恵みにあずかってきました。
月1回のペースで行っている訳ですが、ちょうど良い回数だと思います。
本日は、Y姉が賛美リード。
続いて、長老からショートメッセージが語られます。
今日のテーマは「光」。
ヨハネの福音書3:20~21をスタートにして、
創世記アベルとカインのささげ物へと話は展開。
彼らがささげた場所はどこだったのか?
彼らはどのようにして、ささげ物が受け入れられたことを理解したのか? 等々
光と闇の関係を明白にし、それらがメシア的王国を視野に入れながら、
明確にイエス・キリストに焦点化されていくメッセージです。
このように、「聖餐」にあずかることの意味を確認し、
感謝の祈りをささげてから聖餐式に移ります。
最後に、兄弟たちの祈りに導かれつつ、全員でパンを裂き、ぶどう液をいただいて、終了。
今回、31名の方々と共に聖餐式を行いました。
引き続き、15:00からのプログラムは53名の方々が、キネレテに集まりました。
今日は、いつも以上に熱気があふれ、いよいよキネレテのキャパシティの限界が近づいたことを感じます。
でもこの場所を離れて、ゆったりした所で聖書を学びたいと思っている人はあまりいないようです。
皆さん、それぞれ愛着があるようです。
(水木 記)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スモール・グループ

2016年05月23日 | 日記
5月22日、ホームの「キネレテ」当番病院のため、本日は場所を変えてスモールグループの集会を開催しました。
会場は、宮の沢ちえりや。
会衆賛美に続いて、全員が短くこれまでの証し。
いつもながら軽妙で、テンポのいい司会者小川兄が見本を見せ、一人2分以内というルールに基づいて進みますが、なかなか時間を守れるものではありません。
しかし、普段、真剣に聖書の学びに聞き入り、訓練されているためか、みなさん聞き上手。
ついついのせられて、話しすぎてしまうようです。

続いて、前週のメッセージ内容の分かち合い。
第一コリントのメッセージも13章に入り、みんなよく学んでいるようです。
最後の賛美と、今後のスモールグループの開催方法を話し合って、プログラムを終えました。

普段は、キネレテに集まって聖書からのメッセージに真剣に聞き入っているためか、このような集会はとても新鮮でした。
特に集まった14名が、それぞれの歩みを分かち合って、今後の互いの祈りと支え合いに大いに役立ったと思います。
お互いの背景を知った上で祈り合うということの重要性を気付かされました。
また、ほぼ全員が、さまざまな教会等を経て「さっぽろ聖書フォーラム」に集められていることを確認し、とても安心し励ましになりました。

今日の会場は「和室」。
いつもは椅子に座って、机に向かってメモを取りながらメッセージに聞き入る我々ですが、
やはり日本人には畳が似合うようです。
みんなリラックスして、ここまでの歩みに感謝しながら、1時間40分の時間があっという間に感じられるほど、和やかな集まりでした。
今後も、このような普段と違う形の集会も継続していきたいと思いました。

(水木 記)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お休みのお知らせ

2016年01月14日 | 日記
2016年1月17日(日)のさっぽろ聖書フォーラムはお休みとなります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加