ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「今夜も、うさちゃんピース」第361回その1 (9/23)

2013-09-30 00:00:01 | Weblog


今回も、諸事情に依り、その1その2に分割し、更にオープニングをメインにして、
他は一部、簡略化してレポさせて頂きます。

オープニングで、さゆみんは「・・は~い、エ~、私達、モーニング娘。の54枚目のシングルが、
オリコンウイークリーチャート1位に、なりました~!(ファンファーレのSEが鳴ってます)・・は~い、
有難うございま~す!イヤ~、もうホントに、まずはもう、心から皆さんに感謝の気持で一杯なので、
有難うございます。そうですね、アノ~、オリコンウイークリーチャート1位と言うコトで~!アノ、3作連続で
モーニング娘。に、とっては11年半振り!そして今の現役メンバーにとっては、全員が初めての経験で~、
もう、ホントにホントに、スッゴク嬉しくって~!みんなでキャ~!って、アノ、全員で、一気に、
聞いた訳じゃなくって~!私は中学生メンバーの、5人と一緒に聞いたんですけど~!みんなで凄い、
盛り上がって~!嬉しいね、って話をして~!ま、泣いてるメンバーが居たりとか~、マァ、喜び方は、
それぞれだったんですけど~!でも、そうやって何か、嬉しいって言う感覚と~!後は、マァ何か、
何って言うんだろう?11年半振りって言うコトで~!やっぱ、今のモーニング娘。に、とって~!
オリコン、ウイークリーチャート、この曲で1位を取るって言うのが目標の1つだったので~!
ちょっと安心した気持にも、なったんですけど~!こう、その後とかも握手会とかで、ファンの皆さんに、
有難う!って言う気持を、伝えるコトが出来たので~、ま、そういう場所が沢山有る、今って、凄く、
幸せなコトだなァって改めて感じるんですけど~!
(マァ、最近は新曲イベントの規模も全国に広がって、ファンとのふれあいの場が増えてますからね)(^^)

でも、こうして~、こう、ファンの方にも、今のモーニング娘。沢山、知って貰いたいし~!後は、今の、
モーニング娘。を、そんなに知らない人?にも~、今回オリコンウイークリーチャート1位を、こう、
3作連続で貰えたってコトで、沢山の人に注目して貰える~、機会が増えると思うので~!
そういうチャンスを逃さないようにしたいなって思うし~!アノ、最近、始まったモーニング娘。の秋ツアーの
タイトルも~CHANCE!って言うタイトルなんですけど~!きっと、これはCHANCE!って言うタイトルは、
つんく♂さんが、こう、もう~、つんく♂さんから直接、聞いた訳では無いんですけど、これも、アノ、
今のモーニング娘。は~、そうやって、色んなコトで注目されてるので~!何か、そうやって~、こう、
ファンじゃ無い方でも~、オッ、今のモーニング娘。のコンサート、ちょっと行ってみようかな?って、
軽い気持で、もしかしてコンサートとか、来てくれる人も居るかも知れない!そういう時に~、やっぱ、
そのチャンスを無駄にしたくないじゃないですか!今、こうしてファンの方が作ってくれたチャンス?
こう、沢山~、今のモーニング娘。のCDを聴いてくれるファンの方が作ってくれた、その1位を、
取れたって言うコトで、色んなチャンスが今、私達には、こう~、入って来ているので~!そのチャンスを、
無駄にしないような~、パフォーマンスとか~、ステージを出来るように頑張りたいなって思っているので~、
こう、今まで応援してくれてた人も~、これから私達のコト、好きになるかも~?って、言う人とかに、
こう~、何か、離れて欲しくないので~!そう~する為に離れてて欲しくないって言う!口だけじゃなくて、
ちゃんと、う~ん、態度とか?後マァ、フフ、そういうパフォーマンスだったりとか~!後、気持を上手に、
伝えたりとか、そう言うコトを、しっかり努力したりとか~、研究したりとかして、もっともっと上を、
目指さなきゃイケないなって思うので、これからも良かったら見守って上げて下さい!って言うコトで、
ホントにホントに、皆さんには感謝の気持で一杯です!有難うございました~!っと言うコトで、エ~、
皆さんへの感謝の気持を、今日は、お喋りで返したいと思います。エ~、道重さゆみと30分、
最後まで、お付き合い下さい。それでは、まずは皆さん、ご一緒に!今夜も、うさちゃんピース!
では1曲目、聴いて下さい。The Best! Updatedモーニング娘。アルバムの中から・・」と言って
曲を掛けていました。
マァ、新生モーニング娘。には、新たな若い世代や女の子のファンも確実に増えて来てますからね。(^^)

♪ザ☆ピ~ス!(updated Ver)

ここでは、コーナー以外のメッセージが紹介されていました。

最初は東京都の、うさちゃんネーム“しげのリューさん”からで
“さゆみん、こんばんピンク~!先日の福岡のハロコンで、まことさんが、Berryz工房の千奈美ちゃんが
袖で居眠りしてたと暴露したまでは良かったんですけど、僕の初期推しの飯田さんが、1番、居眠りが、
上手いと、まことさんが言っていたのにはズッコケました。さゆみんは、飯田さんが居眠りしている現場を、
目撃した事が有りますか?“との内容でした。

さゆみんは、私がモーニング娘。に入った当時のリーダーは、飯田圭織さんで、そんなに寝てるイメージが
無いと言うか、寝てると言うよりは、良く、ダンスレッスン中とかに、意識が何処かに行ってるイメージは、
有ると言っていました。そして、私は、飯田圭織さんに、大丈夫ですか?とか、言える立場では、
全く無かったし、むしろ怒られ捲って、注意され捲ってたけど、その時、飯田さんと仲がいいメンバーとかは、
何か、かおりん!交信してるよ!戻って来て~!とか、言われてるイメージは有ると話していました。
だから、何か、寝てると言うよりは、ちょっと、宇宙と交信してるねぇ!とか、そういう話を、メンバーが、
してるのとかを、必死にダンスを覚えながら聞いてたとの事で「・・アッ、そうなんだ!飯田さんって、
そうなんだ~?って、思いながら~、こう何か、感じていたのは覚えているんですけど~!
そんなに~、こう、例えば~、何か、机の上に横になって・・机の上に横にならないか?フツ~!
アノ、机の上に、学校みたいに、こう~、頭を伏せて寝てるとか~!後は何か、楽屋とかで、もし、何か、
畳みとかが有った時とかに~、横に、なってるとか~!今のメンバー、結構、そう言うのするし、さゆみも、
結構、そう言うコト、しょっちゅうフフ、してるんですけど~!でも飯田さんは~、そういうイメージ無いです!
何だろ、いつも姿勢、正しく~!何か、ちゃんとしてる?ちゃんと生活をしてるイメージが有るから~!
多分、まことさんは多分、1回見たコトが凄いイメージが強くて、そうやって言われたのか~、
判らないですけど~!もしかしたら、まことさんは、飯田さんの色んな部分、知ってるのかもフフ、
知れないですけど~!さゆみが知ってる飯田さんの中では~、そんなに寝てるって言うイメージは、
無いですね。は~い!」と、話していました。
マァ、かおりんは、良く、今、宇宙と交信中です!と言う時が有りましたからね。(^^;

続いてのメールは埼玉県の、うさちゃんネーム“気まぐれのり子さん”からで
“・・・私は大学3年生で、硬式テニス部の副部長をしています。11月には幹部交代が有るので、
副部長は、先生や、先輩後輩が、沢山、居る中で、お話を、しなければいけません。
今までの先輩はカンペ無しで話をしていたので、私も頑張ろうと思っているのですが、凄く、不安です。
さゆみんは、ライブなどで、話す言葉が飛んでしまった時、どうしてますか?又、人前で話す時に、
緊張しない方法が有れば教えて下さい!“との内容でした。

さゆみんは、これはキンチョーするだろうなとは思うけど、さゆみは、今でも、フツーにコンサートとか、
イベントとか、大事なコトを人前で喋ったりする時は、キンチョーもするけど、やっぱり、もう、11年、
やってるから、慣れたりとかもすると言っていました。でも、学校とかで、そう言うのが昔も有ったりしたけど、
凄い、キンチョーしたのを覚えてて、学校で、クラス替えとか、するけど、学年が変ったりすると、別に、
要らないのに自己紹介をしよう!みたいな時が有って、もうホントに、それがイヤでイヤで、しょうがなくて、
一応、好きな食べ物とか、好きな、お笑い芸人は~?とか、言ったりとかしてたけど、何か、凄い変に、
その時は、人と一緒になるのがイヤだったと話していました。でも、さゆみは、道重で、み、だから、
意外と出席番号が後ろのほうなので、他の人と被りたくないから何コか、決めてたけど段々、被って来ると、
焦ってきて、別に被っても、いいものの、何か、被るコトがイヤで、先生とかにも良く思われたいタイプなので
被らなくて、道重さん、ちゃんと自分の意志とか、持ってるんだなァ!とか、思われたいと言うか、
人の真似を、しない子、と思われたくて、目立ちたがり屋では無いけど、人とは被りたくないなと言う、
感じだったので、そういう時、色々、考えてたのを、今、思い出したと語っていました。
マァ、どうしても、苗字の五十音で出席番号順を決めるのが、一般的ですからね。(^^;

そして、キンチョーは、しょうがないと思うものの、人の前で喋るコトは絶対、キンチョーするけど、
どうしよう?と、なるよりは、落ち着こう!と1回、思うだけで、全然、変るし、この後、どうしよう?と、
頭の中で、行くまでに絶対、考えちゃうし、こういう風に話そうかな、とか、この後、こう話そうとか、
前日に考えてるコトを、直前にも絶対、頭で考えると思うものの、前日に大丈夫と思って、寝る前に、
頭の中で考えたコトを、グワ~と思い返すと思うけど、それは、しなくていいと思うと言っていました。
又、その時は多分、前日に、やってるから、絶対、忘れてないと思うので、マァ、ちょっとは、やらなきゃ
イケないかも知れないけど、1回、忘れてもいいし、そのコトを忘れて、フゥ~!と、落ち着こうと思ったら、
意外に、私の経験上、ちゃんと出来る気がします!と話していました。そして、どうしよう?となって、
アレも、コレも言わなきゃイケないと思って、指折り数えて、頭の中で整理してる時のほうが、逆に、
忘れたりとか、1番、言わなきゃイケない大事なコトを言い忘れたりとか、と言うコトが有るので、何か、
落ち着いてやれば大丈夫じゃないかなと思います。と言っていました。後、さゆみが最近、止めてるコトは
何か、出来ますように!と、願うコトで、何となくだけど、自分頼りと言うか、自分が一生懸命、
やって来たのだから、出来ますように、と、お願いするのは、何か、違うなァと思うし、だから、そうじゃ無くて、
自分が、ちゃんと、やったんだから出来る!と、自分のコトを信じて上げるようにしていますと語っていました。
マァ、自分を信じるコトが大事だし、それが1番、落ち着きますからね。(^^)

なので、出来ますように!だと、責任が無い感じだし、あんだけ自分の中で練習して来たんだから、
出来る!と思って、出て、それで出来なかったら、練習が足りなかったのかなァと思って、反省して、
次に繋げるしかないし、出来ると思い込ませながら、自分に自信を持って頑張ってみて下さい!
と呼び掛けていました。すると、ここでスタッフから、何やら、声が掛かったとの事で
「・・最近、キンチョーしたのは?・・アレですね!アノ~、フフフ、オリコンウイークリー、1位取らせて
頂いた時に~、アノ~、ラゾーナ川崎で~、イベントを、やらさせて頂いたんですけど~!その時に、
エ~と、その日の夜に、オリンピックが~、日本で、やるか、やらないか?みたいなコトが決まるよ!って、
マネージャーさんとか、スタッフさんに教えて貰ったんですよ!って、コトは~、記者の方が来てるし~、
オリンピックって言葉を使ったら、アノ、記事にして貰える!っと思ったんですよ!アッ、絶対、今、
ニュース、オリンピック三昧だと思って~!これは言うべきだ!と思って~!前日で覚えて無かったコトを、
プラスしたんですよ。自分の中で!前日の中で考えてたコメントと~、プラス、その日に聞いた、
オリンピックって言う言葉を入れようと思って!オリンピックで言う、金メダルですねぇ?1位は!ってコトを、
言おうかなと思って頭の中で整理したし、一応、色々、口の中でモゴモゴ、モゴモゴ、喋ってたんですけど、
でも、その時も、やっぱ、ギリギリで確認したからかも知れないんですけども、それは言い訳ですけど~、
アノ~、フフ、オリンピックって言う~!って、言うよりも先に、金メダル、金メダルって頭の中で思ってるから、
金メダルで言うオリンピック!みたいな感じのコトを言っちゃったんですよ!だから結局、グダグダグダ~!
って、なっちゃって、ア~!?って、なって、ア~、すみません、すみません!って、なって恥ずかしい、
思いしたから、やっぱり、さゆみって、アドリブ・・アドリブって言うか、その時に直ぐ対応出来ないトコが、
弱みだなと思ったので、ま、私は、そういう所を、もっと伸ばさなきゃイケないなって、今、思ってます。
頑張ります。はい!」と、話していました。
マァ、或る程度、そう言うパターンに慣れたら、スムーズに喋れるようになると思いますけどね。(^^;

この後、その2に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「HBCラジオさなみよアップステージ」第25回後編 (9/22)

2013-09-29 00:00:01 | Weblog


前編からの続きです。

(S=沙菜ちゃん、E=絵梨香ちゃん)

状況は、さなみよアップロードのコーナーが終わって2人のフリートークに入った場面からです。

S 「フリートークのお時間です。」
E 「は~い、じゃあ、今回も、恒例の!・・」
S 「今回も恒例の紙コップにマドラーが3本入っています。」
E 「は~い!」
S 「番号が書いて有ります。」
E 「はい!」
S 「その番号を引いて!」
E 「お題です!」
S 「お題で!」
E 「何を、お話しますか、決めて参ります。じゃあ、私から引きま~す!」
S 「はい!」(ガラガラ、音を立てて紙コップを回してます)
E 「じゃあ、これで!ジャン!」
S 「ジャン、ジャン!」
E 「3番!」
S 「3番、オ~!?・・」
E 「3番、何だろう?・・ここに紙が有ります。」
S 「3番がですね?・・」
E 「これだ!ジャジャジャジャン!」
S 「ジャジャン、行きます!」
E 「はい!」
S 「“悲しかった事は何ですか?”」
E 「悲しかったコト?・・」
S 「悲しかったコト、最近、悲しかったコト!最近だったりとか、今までの人生の中で、こ~んなに、
悲しいコトって有りますか?って、言うような、お話を!」
E 「成る程ね!」
S 「はい!」
E 「じゃあ、最近ね、アノ、前回の、お休みの時に~!アノ~、田舎のほうに行ったのね!」
S 「はいはい!」
E 「家の実家の田舎のほうに~、遊びに行って~!で、車で帰り、のんびり帰って来ながら~、
道の駅とか、寄りながら、帰って来ながら~、釣りもしたのね!アノ、途中、海が有って!」
S 「ホゥ、ホゥ、海釣り?」
E 「海釣り!」
S 「フンフンフン!」
E 「投げ釣りを!」
S 「投げ釣り!・・」
E 「したんだけど~!子供の頃、良く、お父さんと一緒に行ってて~!でも、ホント、久し振りに、
釣りをして~!ま、凄い、楽しかったんだけど~!アノ、イソメとか判る?」
S 「イソメ?・・」
E 「餌のイソメ、何かね、ミミズみたいな!」
S 「ア~・・。」
E 「マァ、ほぼ、ミミズなんだけど~!それを~、針に、こう刺して~!」
S 「苦手かも?・・」
E 「苦手そうだね?」
S 「フフフ・・」(マァ、女の子は、ちょっと苦手な部類の餌かも知れませんね)(^^;

E 「でもね、釣りをやるなら、それをね、付けなきゃイケないのさ!」
S 「うんうんうん!」
E 「で~、ま、投げて~、釣るんだけど~!して、結構ね、思ったより釣れたの!」
S 「ホゥ、何匹ぐらい?」
E 「あのねぇ、5匹ぐらい!」
S 「5匹?エッ、そんなに直ぐ、釣れるモノですか?」
E 「イヤ~、釣れる時は釣れるけど~、あんまり、釣れない時は~、ホント、何時間やっても、
釣れなかったりすると思うんだけど~!」
S 「釣れたねぇ?・・」
E 「ホント、釣れたの!1時間ちょっと位で~、5匹ぐらい釣れて~!ま、結構、入れ食い位の時も、
有って~!で、釣れたんだけど~!でも、全部、釣れた魚が・・。」
S 「うん!」
E 「ユグイ、ユグイ!」
S 「アッ、食べれないヤツだ!」
E 「そう、食べれないの!ま、食べれるかも知れないけど~、ま、食べない!」
S 「うんうん!」
E 「って、言うコトで~、マァ、釣れて~!針から取って~、海にね、サヨナラ~!って、有難う~!って、
アノ、返したのね!」
S 「はいはい!」
E 「で~、それを繰り返して、マァ、5匹ぐらい、釣ってたんだけど~!何匹目かな?忘れたけど~、
針から取って!」
S 「はい!」
E 「投げ~たのね!」
S 「うん!」
E 「そしたらねぇ、宙に浮いてる~、途中で~、大っきい鳥が~、パサパサって飛んで来て~!」
S 「ハァ?・・」
E 「その魚を丸呑みにしたの!」
S 「へェ~?・・」
E 「で、ウワ~オ?!と思って~!」
S 「フフフ」(マァ、水族館とかの、空中キャッチショー並みと言う感じですかね?)(^^;

E 「ビックリして、そして悲しくて!ごめんね、って言う気持に、なったんだけど~!マァ、でもさ、
食物連鎖だしさ!」
S 「うん、ホゥホゥホゥ!」
E 「マァねぇ・・。」
S 「食物連鎖、出て来ました!」
E 「・・だし~、マァ、鳥さんもね、きっと~、ねぇ、食べ物、必要だし!」
S 「うんうん!」
E 「マァ、私が~・・。」
S 「食べれなかったからね?」
E 「食べなかったから~、マァ、魚・・お魚さんには可哀相だなァと思ったんだけど~!」
S 「うん!」
E 「何か、凄く悲しくなって!」
S 「何か、色々、悲しい!」
E 「ねぇ、だって魚~、自分、食べてるんだけどさァ・・。」
S 「うんうん!」
E 「でも、何か、それをアノ、目の当りにしたら、凄くショックだった!」
S 「何か、釣ったのも、ユグイでしたっけ?」
E 「うん、ユグイ、ユグイ・・ウグイ?・・」(スタッフから魚の名前で声が掛かったようです)
S 「フフフ、ウグイ?」
E 「ウグイか?」
S 「ウグイで、鳥さんにも食べられてしまい!」
E 「何か、ちょっと悲しい話!何~か、凄い、悲しかった!」
(マァ、海鳥さんは、毎日、一杯、魚を食べてますからね)(^^;

S 「悲しい!・・でも、ウグイ?の話~に、なるんだけどね、何か、仕事で~、釣りを、やったんですよ!」
E 「うん!」
S 「でも、全然、釣れなくて~!アッ、じゃあ、ラスト3分、って、言われて~!」
E 「うん!」
S 「もう、全然、釣れないの!」
E 「うんうん!」
S 「はい、終了・・10、9、8、7、6、5・・」
E 「ウワ、ウワ、ウワ~!?」
S 「ゼロ~!って、なった時に釣れたんですよ!」
E 「マジで~?」
S 「エッ、凄~い、来たじゃ~ん!って、その時は~・・。」
E 「フフフ、来た~、って!フフ」
S 「もう、バスケットボールで言うと、ブザービートですよ!」
E 「うんうん、うんうん!」
S 「その瞬間、釣れたの!」
E 「うん!」
S 「そしたら、ウグイだった!フフフ」
E 「フフフ」
S 「だから、覚えていた!」
E 「アッ、成る程ね!」
S 「うん、そう!」
E 「結構、釣れるんだねぇ!?」
S 「ねぇ!」
E 「ウグイ~!」
S 「何ですねぇ、ウグイさん、ごめんなさいね!」
E 「でも、釣り、楽しいね!」
S 「釣り、楽しい!」
E 「イヤ、久し振りに、やってねぇ、もう、アノ~、竿とか~、リールとか~、揃えて~!
アノ、趣味で、やりたいなと思ったんだよね!」
S 「イヤ、いいじゃないですか~!」
E 「でもね、もうねぇ、今のうちに、やんないと、もう、冬になって、雪、降っちゃったらねぇ・・。」
S 「う~ん、そうだねぇ!」
E 「出来なくなるから~!」
S 「冬になったら、又、ワカサギとかね、有るけどね、海釣りだったら急がないとね!」
(マァ、氷点下の海釣りは、女の子にはキツいですからね)(^^;

E 「ねぇ!・・」(又、ガサゴソ、音を立てて、紙コップを回してます)
S 「じゃあ、次、行きますか!?」
E 「私、どうぞ!」
S 「う~んと?・・」(コップを覗いてるようです)
E 「何、してんの?フフフ」
S 「フフフ、・・1番!」
E 「1番!」
S 「はい、お願いします!」
E 「1番は何でしょう?」
S 「ジャジャジャン!」
E 「ジャン!“ビックリした事”・・」
S 「ビックリしたコト?」
E 「はい!」
S 「正に今日~、ビックリしたんですけど~!」
E 「何、何、何、何?~・・」
S 「今日、絵梨香ちゃんねぇ、こう、ラジオ、する時って~!」
E 「うん!」
S 「ま、HBCの局の、ま、1階で待ち合わせしてから~!」
E 「うん!」
S 「マァ、こう、ラジオのね、話す所に~、こう、一緒に向かうんですけど~!」
E 「はいはいはい!」
S 「登場した際に、マスクだったんですよ!」
E 「アッ、私、はい!今日、マスクして来ました!」
S 「そうそう、マスクで来て~!で、ア~、マスクして来たんだな?と思って!で、マァ、
ラジオのブースに着きます~!取ります~!したらスッピンって言ってたんですけど~!」
E 「うん!」
S 「もう、全~然、化粧した顔と同じなんですよ!」
E 「フフ、ウソ~?!」
S 「ホント~!」
E 「同じじゃ無いよ~!」
S 「イヤ、同じ!もう、私はね、もう、こんなに、公共の場で言えるコトでは無いかも、
知れないんですけど~!」
E 「フフフ」
S 「スッピンと化粧の顔は違うんですよ!」
(マァ、それが当たり前と言うか、一般的だと思いますけどね)(^^;

E 「アッ、そうなの~?フフフ」
S 「違うんですよ!」
E 「自分で言うの~?」
S 「そう!だから~、もう、憧れ過ぎて~!」
E 「ホントに~?嬉しい、凄い!」
S 「何か、変んない方と、凄く変わる方って、居るじゃないですか~!」
E 「うんうん、うんうん!」
S 「もう、変らな過ぎてね!もう、化粧した時の美しさと、まるで一緒!?・・」
E 「イヤ、ホントに?」
S 「・・な、コトにビックリしたの!」
E 「もう、自分の中では~、やっぱり、もう、20代ね、後半だし~、やっぱりアノ、何だろ?
マナーとして!?・・」
S 「はいはい!」
E 「やっぱ、お仕事の時とかは~、アノ、お化粧して来なきゃイケないなァって気持で~!」
S 「はい!」
E 「多分、初めてだとは思うんですけど~!」
S 「イヤ、絵梨香ちゃんの~、ドスッピンを見たの、多分、私、初めてなんじゃないかなァと思って~!」
E 「アッ、ホント~?」
S 「もう、マスク無しで外、出れるでしょ?」
E 「アッ、もうね、アノ~、お休みの日は全然、メイクしない!」
S 「イヤ・・羨ましい~・・」(小声で言ってます)(^^;

E 「イヤ、でも、それ~、それよりも私は、今日、アノ~、マァ、スッピンで、ちょっと恥ずかしいなァって言う、
気持が有ったんですよ!」
S 「はいはい!」
E 「で、このロビーで、沙菜ちゃんに会って、今日、沙菜ちゃん、バッチリメイクだった!」
S 「アハハハ」
E 「ビックリする位~!何~?いつもの~、倍以上?」
S 「フフフ、そうですね!」
E 「・・の~、凄い、バッチリメイクで、もう、ヘアースタイルも決まっていて~!」
S 「はい・・。」
E 「アイシャドウも~、普段、多分、茶系、ブラウン系なんですけど~!パープルなんですよ!」
S 「フフフ」
E 「付けまつ毛もして~!髪の毛もクリクリ~!って、なってて!」
S 「はい!」
E 「だからギャップ?・・」
S 「イヤ、今日ね、撮影だったんですよ~!」
E 「アッ、そうなのね?」
S 「そうそう!もう、凄いでしょ?目なんて、まつ毛エクステの上から、付けまつ毛、2枚、
付けてますから!」
E 「でしょう?凄いもん!」
S 「もう、お化けですよね?フフ」
E 「お化けじゃないけど~、フフ、でも、今日~はねぇ、バッチリメイクと~、スッピンで~!・・」
S 「スッピンで~!イヤ、でも、スッピン、ビックリしました!」
E 「イヤ~、有難うございました~!」
S 「はい!」
E 「ちょっと~・・。」
S 「もう、お時間ですね?」
E 「オッ、早っ!」
S 「バリバリ、過ぎちゃいますね!では、1曲、お届けします。2011年に、KANさん、ジョンBさん、
菅原龍平さん、ヨースケ@HOMEさんの4人で結成したバンド、カブレルズで“Chu Chu Chu”」
(マァ、沙菜ちゃんは、この日は逆に、濃いめのメイクしてたと言うコトですかね)(^^;

♪Chu Chu Chu♪ (カブレルズ)

“エンディング”

E 「はい、エンディングの時間です。マァ、今日はね、3連休の真ん中?」
S 「真ん中だね!」
E 「で、今月は、3連休、2回だよね?」
S 「先週も有りました。2回目です。」
E 「ねぇ、今日は、お休みだった!って方も、多かったんでないでしょうか?マァ、今夜もね、
さなみよアップステージ!お付き合い、有難うございました~!」
S 「ございま~す!」
E 「エ~、番組へのメッセージは、こちらまで、お願いします。(ここでアドレス告知していました)・・
今夜の、お相手は・・。」
S 「伊藤沙菜と!」
E 「三好絵梨香でした!」
S&E 「バイバ~イ!」
(マァ、3連休の連荘は、サラリーマンには貴重ですからね)(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「HBCラジオさなみよアップステージ」第25回前編 (9/22)

2013-09-28 00:00:01 | Weblog



今回もボリュームが膨らみましたので前編、後編に分割してレポさせて頂きます。

(S=沙菜ちゃん、E=絵梨香ちゃん)

S 「こんばんは!伊藤沙菜です!」
E 「こんばんは、三好絵梨香です!」
S 「今日は、私達も所属しています、女子フットサルチーム、札幌チェルビーズの試合が有りました~!」
E 「は~い!」
S 「来てくれた皆さん、有難うございま~す!」
E 「有難うございま~す!」
S 「次節のクレバーリーグなんですが、10月20日を予定しております!」
E 「はい!」
S 「場所は~、北区体育館で~す!詳しくは、札幌チェルビーズの公式ホームページを、ご覧下さい。
では今日も張り切って参りましょう!・・」
S&E 「さなみよアップステージスタート!」

ここでテーマミュージックが流れていました。

S 「改めまして、こんばんは!伊藤沙菜です。」
E 「三好絵梨香です!」
S 「さなみよアップステージのオープニングテーマは、月替わりです。今月は9月11日発売、
Juice=Juiceのメジャーデビューシングルより“ロマンスの途中”で~す!」
E 「は~い!」
S 「私、先日、オリコンをチェックしたらですね。」
E 「うん・・。」
S 「“ロマンスの途中”2位でしたよ!」
E 「凄~い!大~健闘?・・」
S 「ねぇ!フフ、大健闘?・・」
E 「大健闘って言うの?」
S 「フフフ・・」
E 「合ってるよね?合ってるよね、大健闘!・・」
S 「大・・大活躍?・・」
E 「大活躍?」
S 「大活躍!・・」
E 「大活躍、凄いね、デビュー曲で、オリコン2位!」
S 「素晴らしいですよ。こうやってね、オープニングテーマにも使わせて頂いて!」
E 「ねぇ!」
S 「有難うございます~!」
E 「後、何か、札幌の街中~?で、私、何かアノ、2度位、見ました!アノ、スクリーンとか~!」
S 「オッ、はいはい!」
E 「で、P・・プロモーションビデオテープから流れてるのを見たりとか~!」
S 「う~ん!」
E 「目にするコトも凄く、多いですね!」
S 「もう、ノリに乗ってますよ!」
E 「ねぇ!」
S 「今月は後、何回有るんだ?日曜日は?・・」
E 「アッ、今日と~・・。」
S 「来週ですね!」
E 「最後か?」(マァ、何か、9月はアッと言う間と言う感じでしたね)(^^;

S 「最後だけど、皆さん、要チェックしてみて下さ~い!そしてですねぇ、メジャーデビューと決まって!」
E 「はい!」
S 「メッセージが届いております。」
E 「オッ!・・」
S 「ラジオネーム“マー君さん”からです。有難うございま~す!」
E 「有難うございま~す!」
S 「“さて、明日9月23日は、三好絵梨香さんが、2004年に美勇伝としてシングル曲、恋のぬけがら、
で、デビューして、丸9年ですね!おめでとうございま~す!“」
E 「オ~、有難うございま~す!」
S 「“デビューから9年、美勇伝で、素敵な歌の数々を聴かせてくれて!そしてソロでも、数多くの、
舞台で活躍してくれましたね。地元札幌に戻ってからも、テレビ、ラジオ出演に、札幌の未来を、
明るくする為のプロジェクトへの参加など、活動も頑張っていて、本当に素晴らしいですよ!
そして、今までの活動で、1番印象に残った事や、これから10年目に向けての、抱負が有ったら、
是非、聞かせて下さい!“と頂きました~!」
E 「成る程、有難うございます~!」
S 「おめでとうございます~!」
E 「覚えててくれたんだ!そうなんですよ!アノ~・・。」
S 「凄いねぇ!」
E 「ねぇ、2004年の~、9月23日に美勇伝として~!アノ~、デビューしまして~!」
S 「はい!」
E 「アッ、美勇伝と言う、グループのメンバーだったんですけれども、私は!で、それから、もう、
9年なんだね?・・」
S 「凄~い!9年目!どうですか?」
E 「何か、凄く、アッと言う間なんですけど~!もう、美勇伝として~、アッ、3年9ヶ月、活動をして~!
その後はソロになって、舞台だったり~・・。」
S 「う~ん!」
E 「ミュージカルの経験を一杯させて貰って~!そして札幌に帰って来て、マァ、2年弱?
1年半ちょっとなんですけど!札幌でも色んな仕事をさせて貰えて~!ホントに沢山の経験を~、
デビューしてから、させて貰えてるので~!ホントに有難いなァと思っていますよ!」
(マァ、絵梨香ちゃんも最近は、すっかり地元に馴染んで、元気に頑張っていますからね)(^^)

S 「何か、10年目に向けて、何か、活動する予定は、まだ無いか?・・」
E 「ま、特に、これって言って~、何かは無いんですけど~!ま、これからは10年目、区切りのねぇ、
年だから~、やっぱり札幌で!まだ私のコトも知らない人って、一杯居ると思うんですよ!」
S 「そうですね。」
E 「美勇伝の時代を知らない人とか~!もう一杯居ると思うので~、マァ、この、
さなみよアップステージもね、沢山の人に聴いて貰って~!アノ、三好絵梨香って言う人が、
居るんだなっていうのを、1人でも多くの方に、知って貰えて~!後は札幌のね、良さとか、
素晴らしい所とか!私自身も知って~!北海道に住んでる皆さんにも、依り知って貰えるようなコトをして
行きたいなと思っております。」
S 「成る程!喋りますね、三好さん!」
E 「フフフ」
S 「有難うございます。もう、気合充分な抱負ね!」
E 「もう、何か、変って喋ってた!」
S 「アハハハ」
E 「フフフ」
S 「でも、珍しく、こう~、何か、手も付いてたもんね?」
E 「ねぇ、何か、もう、前へ、前へ、って言うか、頑張ろうって気持が有りますけど!」
S 「嬉しいですね。」
E 「有難いですね!」
S 「は~い、今年も楽しみに!そして、頂いています!」
E 「ホントですか~?フフ」
S 「フフフ」
E 「あんまり、楽しみじゃ無さそうだけど~!フフフ」
S 「楽しみですよ!」
E 「イヤ~、でもね、一緒に頑張って行きたいよね!」
S 「はい、宜しく、お願いしま~す!」
E 「お願いします!」
S 「そして、皆さんからのメッセージ、ドシドシ、お待ちしています。質問、番組へのメッセージは、
こちらまで、お待ちしています。(ここでアドレス告知していました)・・お待ちしていま~す!ではね、
“マー君さん”からリクエストも頂きましたので、お掛けします!」
E 「オッ、恥ずかしいな!」
S 「美勇伝で“恋のぬけがら”」
(マァ、絵梨香ちゃんには、是非、今年も札幌でライブイベントとか、企画して欲しいですね)(^^)

♪恋のぬけがら♪ (美勇伝)

“さなみよアップロード”

E 「さなみよアップロード!このコーナーでは、最新の音楽情報を、私達から皆さんに送信!
そう、アップロードします!今日、アップロードするのは℃-uteの皆さんで~す!」
S 「はい!」
E 「はい℃-uteのみんなは、ですねぇ、今月9日にリリースされたニューアルバム“⑧Queen of J-POP”
が、好評、発売中で~す!そして、今月9日10日に、日本武道館での公演を終えたばかりの、
℃-uteなんですけど~!ま、こないだ、8月の末に、札幌でもハロープロジェクトのコンサートをやって、
℃-uteも出てたんですけど~!私、多分、5年振り位に~・・。」
S 「オ~!?」
E 「℃-uteのパフォーマンスを見て~、何か、昔はね、ホント、アイドルって言う感じの、可愛らしくて~、
ま、踊りもカッコ良くて~!って、感じだったんだけど~、何か、凄い、アイドルを超えた~、何だろう?
アーティストみたいな!」
S 「カッコいいですよねぇ!」
E 「そう、凄い、カッコ良くて~!ホントに、これから、まだまだ目が離せないなァとは思いましたね。
凄い、素敵でした!」
S 「イヤ~、そうなんですよ!でね、日本武道館での公演って、ホント、お疲れ様ですよねぇ!」
E 「ねぇ!」(マァ、何だかんだ、2日間共、武道館ライブはSOLD OUTでしたからね)(^^)

S 「サァ、そしてですね、更に一般、社団法人、日本記念日評議会から、9月10日は、
℃-uteの日に!」
E 「うん!」
S 「公式認定されたみたい、なんです!」
E 「エッ、凄~い!」
S 「おめでとうございます。ホントに今、ノリに乗ってる℃-uteですね!」
E 「ねぇ!・・」
S 「そんな℃-uteの皆さんの単独ツアーが札幌でも開催されま~す!」
E 「オ~!?」
S 「嬉しいで~す!その名も“℃-uteコンサートツアー2013秋Queen of J-POP、たどり着いた女戦士”
です!」
E 「うん!」
S 「北海道は、10月6日、日曜日、札幌文化ホールで開催されま~す!」
E 「はい、更に℃-uteとスマイレージが出演する“ナルチカ2013秋 ℃-ute × スマイレージ”が、
10月5日、土曜日、帯広MEGA STONEで開催されます。この、ナルチカと言うイベントは、
なるだけ近くで、ハロープロジェクトのライブを体験して貰おうと言うのが、コンセプトで全国のライブハウスを
中心に、今までに無い、距離感で、℃-uteとスマイレージのライブを楽しむコトが出来ちゃうんです。」
S 「成る程~!」
E 「今までに無い、距離感って、どれ位、近いんだろうね?」
S 「ねぇ、気になるよね!」
E 「ステージに上がれちゃうのかな?・・それは無いか!?」
S 「フフ、それは無い!フフ、もうね、℃-uteに、なっちゃう?!フフ」
E 「℃-uteに、なれるのかな?客席とかにも~、アノ、来てくれたりとかねぇ、するのかなァ?」
S 「どうなんだろう?これは、行ってみなきゃ判んないですね。」
E 「ねぇ!」
S 「℃-ute単独ツアー、そしてナルチカ2013秋は、共にチケット発売中です。詳しくはWESSまで、
お問い合わせ下さい!(ここで電話番号を言ってました)・・お待ちしています。では、℃-uteの
ニューアルバム“⑧Queen of J-POP”から“ベーグルにハム&チーズ”・・」
(マァ、2日連荘と言うのが、ちょっとキツいですけどね)(^^;

♪ベーグルにハム&チーズ♪ (℃-ute)

この後、後編に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「安倍なつみあなたに会えたら」NO228後編 (9/22)

2013-09-27 00:00:29 | Weblog


前編からの続きです。

状況はメッセージ紹介の2通目からです。

続いてのメールは、千葉県の“マリちゃん”18歳の方からで
“・・・そして、ドラキュラ公演、お疲れ様でした。千秋楽のカーテンコールでは、なっちの涙に吊られて、
感動しっ放しでした。又、和央さん、美香ちゃんとの抱擁、なっちの泣き顔を、共演者の方、全員が覗く、
温かい場面も有り、なっちが、みんなに愛されるミーナで有った事を実感したし、そんな素敵なミーナとして
生き抜いた、なっちを応援させて貰ってる事が嬉しくて、何だか、誇らしくて、胸が一杯になりました。
この素敵な作品、音楽の中で、ミーナに出会えた空間は、私にとって宝物、素敵なチームだったからこその
寂しさも有るけども、再々演、そして、ミーナに再会出来る日を楽しみに、これからも、なっちと一緒に、
進んで行けたら嬉しいです。ずっとずっと応援しています“との内容でした。

なっちは「嬉しいよう~!有難うございます。そうなんですよねぇ!・・」と言ってましたが、もう、あんなに
泣くとは、自分で!と言うか、最後まで、ちゃんとカーテンコールまで、ミーナとして出ようと、自分の中で、
決めていたけど、やっぱり自分で命を絶って、その幕が閉まって、裏から周って上手からカーテンコールで
出て来る時に、もう何か、色んなコトが込み上げてきて、今まで稽古してきたコトとか、歌唱指導して、
頂いた先生だったりとか、ホントに終わりなんだなと自分の中で、ジワ~、と来て、何か、ホントに、
胸が一杯になったと話していました。そして何度か、4~5回、カーテンコールした時、
オールスタンディングオベーションで何度も何度も出たり捌けたりして、又、拍手が有って出たりしたけど
オーケストラピットに居る、ミュージシャンの皆さんが総立ちで、私達に向かって拍手して下さってて、
更に、首に、カンパニーのタオルを巻いたり、Tシャツを着たり、そういうグッズを振り回したりして、ホントに、
ミュージシャンの皆さんも共に走って来たし、泣いてる皆さんも居たりして、途中、何か、キラキラの、
テープがバ~と飛んで来て、それも何か、嬉しくて、ホントに走り切ったんだなと言う、充実感と、
色んなコトが、込み上げて来て感動したとの事で「・・ま、その中でホントに、ヴァンパイア役のね、アノ~、
ヴァンパイアさんって、言うの、演じてた、佑也君って子が居てね、フフ、その子がもう、ワンワン泣くんですよ。
それでフフ、又、その男の子ね、フフ、もうホントに、もう見た目はね、そのヴァンパイアだから怖いんですよ。
何か、ホント、蜘蛛の何か、こうペイントとか、全身にしてて、顔とかも凄いコトになってるのに!もう~、
ホントに、ワンワン泣いてて、それに私、吊られたって言うのも有るんですけど!佑也が、泣くから!
私も吊られて!イヤ~、ホントに、いい~、いい日々だったなァって、感動したんですよね。もう大変でした。
フフ、それに捌けてからも、凄い、泣きました!フフ、もうホントに自分を信じられない位!フフ、涙が~、
ワンワンでした!ホントに!ワンワン泣きました。その日ばかりは!ホントに、それまで、やっぱりねぇ、
堪えてて、泣くまいと!本当に泣きそうになったり、一杯、有ったんですよ!悔し涙だったりとか!
もう、だけど、そんな泣いてる場合じゃないって、う~ん、言う時期も有ったのでね、うん何か、そう言うコトも
全部、こう~、ね、フタをしてたモノが、ポ~ンと外れて!って言う感じでしたね!うん!」と語っていました。
マァ、それだけ、なっちも公演中は、色々とプレッシャーを感じていたと言うコトですよね。(^^;

続いてのメールは東京都大田区のラジオネーム“トントンさん”37歳の男性の方からで
“・・・ドラキュラ、お疲れ様でした。プロローグから、各キャストの演技や、歌の迫力に圧倒され、
重厚なセットと、音も無い動きに感激!又、ドラキュラ伯爵が階段を降りるシーン、セットが動いてる所を、
感じさせない位、極、自然に、普通に階段を降りて来る姿に、プロを感じました。夫の選び方の、
ルーシーとミーナは、幸せと夢に満ち溢れていて、羨ましいと感じる程!やっと今では、ミーナと、
ドラキュラ伯爵の声が重なり合い、融け合い、心を掴んで離しません!そして衝撃のラスト、
感動の余り、涙が溢れました。でも、もう泣きませんでしたよ。男ですから!(なっちは
「泣いてもいいのに!・・」と言ってます)・・改めて沢山の感動を貰いました。感謝の気持で一杯です。
ミュージカルって素晴らしいですね!最後に、なっちから見て、ミュージカルドラキュラの、これぞプロ!と
感じた所は、どんな所ですか?“との内容でした。

なっちは「これぞプロ?う~ん・・」と言って悩んでましたが、ホントにアトラクションのような、あんな、
大きなセットを動かしてるスタッフの皆さんも、そうだけど、表舞台じゃ無くて、裏舞台でも、スタッフの
皆さんにプロを感じたりしていると話していました。そして、今回、舞台監督が、寿子さんと言う、
女性の方で、ホントにチームの裏方と言うか、大道具さんだったりとか、皆さんを引っ張って行く、
寿子さんの動きに感動したとの事で「・・イヤ、やっぱりねぇ、こう~、再演って言うだけ有って~、
そこの信頼関係だったりとか、2年前に出来なかったモノ?が~、何か、出来てる感じもしたり~!
う~ん、そうですねぇ、イヤやっぱり、キャストの皆さんも、そうですし、ミュージシャンの皆さんも、そうですし、
やっぱり、こう~、大人?カンパニー全体が大人の皆さんだったので、う~ん、何か、その姿には、アッ、
自分も、ちゃんと、やらなきゃなァって!う~ん、思わされる瞬間が、一杯有りましたよ!イヤ、ホントに、
皆さん、プロです!う~ん、切り替えが凄いなァって思いましたね。もう、稽古場の雰囲気も、やっぱり、
みんなフワ~としてたりとか、凄く明るい、こういう作品だったんですけど、明るい空気感が、こう~、
有ったんですけどね、でも、やっぱり、はい、稽古、遣ります!って、なった瞬間の、こう、そこの切り替えが?
う~ん、流石だなァと思ったり!それと、やっぱりこう~、オーケストラが入ってきて、本番のセットの前に、
立った時とか、アッ、やっぱり皆さん、こう、切り替えが上手いなァって言うか、やっぱり、プロなんだなァって!
そうそうそう、そんな中で、私も遣らせて頂いたので、イヤ~、プロっていいですねぇ!うん、素敵でした。
はい!」と話していました。
マァ、スタッフの皆さんは多分、なっちが1番、プロ意識が高いなと感じてたと思いますけどね。(^^)

曲のイントロが流れる中、なっちは「ちょっとテンション、上げましょうか?Icona Popで・・」と言って、
曲を紹介していました。

♪Girlfriend♪ (Icona Pop) 

ここから朗読コーナーに、なっていました。今回、なっちが朗読したのは、
“椎葉クニ子”の“クニ子おばばと山の暮らし”の一部でした。

“太陽、お月様に手を合わせる。
皆さんは、神様を信じるじゃろうか?

生まれて、このかた、90年近く、山の中で暮らしていると、
やっぱり、自然の神様、ご先祖様が近くに居るんだろうと思います。

朝、起きて、今日はピカピカの晴れと言う時は、
まず、手を合わせて、太陽に、お祈りをする。

そして、ご先祖様が、祭られている仏壇の前に座り、
ご先祖様、家族、みんなを守って下さり、感謝申し上げます。

っと、言う思いを篭めて柏手を打ち、これを、ばばは、
1日たりとも欠かした事は有りません。

お月様にしたって、そうです。
満月の日には、月の神様が、灯り1つ無い、
真っ暗な山を、昼間みたいに明るく照らしてくれる。

月が冴えている時は、夜でも、畑で仕事をしていましたが、
ぽっかりと、夜空に浮かぶ、真ん丸い、お月様を見上げては、

有難うございますと、心で呟き、静かに、静かに、
祈りを捧げるようにしています。

わざわざ、お墓に参らなくても、何処にでも、
神、仏は、思いを受け止めてくれる。

だから、太陽、お月様が出ていたら、
手を合わせるのが当たり前に、なっています。

食べ物を頂く時にしても、何を置いても、神様が最初です。
水やジュース、お菓子なんかを、直ぐに口に入れず、

家に居る時は、庭先に、山に居る時は、周りの草木に、
ポ~ンと撒きます。

ばば達は、子供の頃から、山には山の神様、川には水神様、
家には荒神様が居ると教えられてきたから、頭で考えず、
手が勝手に動いてしまう。

そして、必ず、山の神様、水神様、屋敷の荒神様に、
上げ申す!と、言いながら食べ物を差し上げます。

椎葉の人が、みんな、同じようにする訳ではないけれど、
ばばの家の者は、知らず知らずのうちに、習慣に、なっているのだろうね。

その、お陰か、山の仕事の合間に、大怪我をしたり、焼き畑で、
山火事に、なってしまったりとか、大変な事は起こらなかったですよ。

自然から、溢れんばかりの水を、綺麗な空気を!
美味しい物を頂いている、その恵みが無かったら、
どうしたって、私達は、生きて行けないものね!“

♪フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン♪ (アジムス) 

読み終えた、なっちは今日は、椎葉クニ子さんの“クニ子おばばと山の暮らし”をご紹介したけど、
椎葉クニ子さんは、宮崎県の椎葉村に住んでいらっしゃる、89歳の、おばあさんで、椎葉村は、
平安時代に起こった壇ノ浦の戦いで滅びた平家が、辿り着いた村と言われていて、椎葉クニ子さん、
始め、この村に住んでいる人達は、自身は平家の末裔と信じ、標高900mの山深い土地で、
自然の恵みと助け合いの精神を大切にして暮らしていますと言っていました。そして現在、89歳ですが、
今でも元気に、山を歩き回って仕事する、クニ子お母さんの健康の秘訣は、仕事が好きで、体を、
動かさない日は無い位、動き回るコトで、今日、ご紹介した本は、クニ子おばばの習慣で、自分が、
健康で安全に住んでいるコトを、周りの自然に感謝して、お祈りをするとの事で「・・イヤ~、素敵な、
習慣だなァと思います。中~々、こんな暮らしに憧れたり、こうねぇ、自然と会話をしながら繋がり合って、
こう、生活をするってねぇ、太陽が昇った時に起きて、太陽が沈んだ時に、こう、眠りに就くと言う、
何か、ホントに自然と共に暮らす、そして、そこの土地で穫れた物を頂いて、感謝を忘れず!
憧れますけどねぇ、何処か!でも中々、出来ないコトだなァって、思いながら、ちょっと憧れを抱きつつ、
重ねつつ、読ませて頂きましたけど、ねぇ!クニ子おばばはね、最後に日本中、何処を探しても、
100点満点、上等は無い!与えられた場所で、精一杯生きるコトが、その人の道だと思います、っと
私達に伝えています。イヤ~、溜め息ですね。ホ~ントに素敵ですねぇ!クニ子おばばから生きる勇気を
貰える、そんな本です。是非“クニ子おばばと山の暮らし”読んでみて下さい!・・」と話していました。
何か、自分の、これからの人生にアドバイスを与えてくれる、そんな本に、なってるようですね。(^^)

9月のテーマは“ソロ活動10周年記念~あなたのベストフレンドストーリー~”とのコトで早速、
投稿メッセージが紹介されていました。

最初は、神奈川県、川崎市のペンネーム“古今ここんなっつさん”24歳の男性の方からで
“僕のベストフレンドは平成の純愛男です。僕には小中高と、同じ学校の兄弟のような友人が居ます。
彼は高校1年の時、同じ剣道部の先輩に恋をしました。僕の知っている限り、恐らく初恋のはずです。
彼は引っ込み思案な性格で小さい頃から、何をするのも、僕の後を付いて来るようなタイプでした。
そんな性格も有り、彼は、ずっと告白出来ず、その先輩とは、単なる部活の先輩、後輩の、
関係のままでした。しかし、いよいよ、その先輩が卒業を控えた冬、彼は男として覚悟を決めたのです。
その先輩には彼氏が居る事を承知の上で、玉砕覚悟で自分から先輩を呼び出して、2人きりの中で、
告白したのです。結果は何と、OK!実は、その先輩も真面目に部活に励む、彼の事を少し、
気になっていたと言うのです。そして付き合って7年目・・(なっちは「ちょっと待って!鳥肌なんだけど!」と
言ってます)・・先月の8月、めでたく2人は結婚しました!(なっちは「だって!エ~、ウソ?何か、
読んでて泣きそうなんだけど!フフ、感動して!フゥ~・・ちょっと待って!・・」と口を挟んでます)・・
彼は生涯で、1人の女性だけを愛し続ける事を誓ったのです。ホントに嬉しくて僕は、他の友人達と一緒に、
100本のヒマワリの花束を贈りました。僕のベストフレンドは、強い愛を持った、自慢の純愛男です“
との内容でした。

なっちは、これは純愛って!純愛ですけど何か、物凄いストーリーで、もうドラマとか映画の世界みたいで
ホントに、こう言うコトって有るの?と言っていました。そして凄い、感動してるとの事で「・・イヤ、何か、
こういうメールを読むと、運命とかって有るんだなァって、思ったり!フフします。エ~、凄くないですか?
これ!ホントに付き合って7年で結婚したって!イヤイヤイヤ、素晴らしいじゃないですか!
これは~、お祝いしますよねぇ!イヤ~、スッゴイですねぇ!ホントに、この時代に、平成の時代に!
いいですねぇ、イヤ~、見習いましょうね、皆さ~ん、ねぇ!あっちだ、こっちだ、ねぇ、言ってる、
場合じゃ無いよ~!ねぇ、ホントに有り得ないからねぇ!フフ、ホントに!イヤ~、素敵だな!
一途、万歳ですね。フフフ、素晴らしい!」と語っていました。
マァ、なっちが鳥肌モノと感動して羨ましがる位、素晴らしい恋愛ストーリと言う感じですかね。(^^)

続いてのメールは東京都台東区のラジオネーム“まささん”男性の方からで
“安倍なつみさん、こんばんは!初メールです。友達の話で、1つ、思い出した事が有ります。
私は陸上部なのですが、部の中では、かなりの少数派の中距離をやってます。(なっちは「中距離って、
有るんだ?中距離って、どれ位ですか?800mとかですか?・・短距離、それ?!ですよね。
その辺ですよね?1500mとか、長距離?まだ、中距離なのかな?そうですねぇ!成る程!」とスタッフに
聞いて言ってました)・・アップする時などは大体、1人、緊張感との戦いも、大体1人なのです。
(「う~ん、そうですよね、高めてる時間、凄い判ります!」と口を挟んでます)・・或る日の大会で、
友人から、こんな一言を言われました。どんなに苦しがろうが、常に笑っていれば、自己ベストは出る!
実際に、やってみたら、自己ベストが出ました。あれから2年位経ちましたが、一生忘れられない言葉を、
貰った気がします“との内容でした。

なっちは、ストイックにやるコトは、凄くいいコトと言うか、大切なコトでも有るけど、でも、その状況は、
やっぱりプラスにポジティブに楽しんで、前向きに挑むコトなのかと思うけど、でも確かに、そう思うとの事で
「・・私も、そうなんですよね、グ~と、こう入ってしまうと、笑えない時がフフ、多くて~!フフ、もう何か、
色んなコトが、こう~、結構、ナーバスにフフ、こう、なってしまったりするので、う~ん、何かねぇ、
そうなんですよ!凄く、それは、いいですねぇ!常に笑っていればって、ハハハって、笑う訳では無くて、
心が、って、言うコトなんでしょうけどね、確かにねぇ、いいですね、いい話ですね!」と語っていました。
マァ、ポジティブ精神は、それなりに、いい方向に進む場合が多いですからね。(^^)

続いてのメールは東京都、江戸川区のラジオネーム“気まぐれスナフキンさん”28歳の男性の方からで
“・・・僕のベストフレンドは幼稚園から中学校まで同じで、小中学生の頃、同じ部活に入っていた人です。
高校生の頃、街で偶然、再会して、携帯電話のメールアドレスをメモ帳に書いて教えて貰ったのですが、
メモ帳を失くしてしまい、申し訳ない気持で溢れ、別の友人に誘われたバーベキューや飲み会で食べて、
色々な事を、話してるうちに、きちんと謝らねば、と思いつつ謝れずに、2年前を最後に会えておりません“
との内容でした。

なっちは「・・だって!ホンマかいな?アラララ、アラララララ?ホントですか?何だって、それ?フフフ、
そうなんだ~?・・」と言ってましたが、何か、誰か伝いで電話番号とか、聞けないのかな?と思うし、
今は、Facebookとか、Twitterとか、色々有るから、自分の行ってた小学校、中学校とか、
高校を入れたら、そこで繋がれそうだし、繋がって欲しいなと思ったりしていると話していました。
そして、私も何か、遣りたいと思ってるとの事で「・・何か、フフ、小学校の時に、一緒だった、あの子が、
エ~?みたいな!今、こう、なってるの?みたいな!そんな、ちょっと素敵だけど、ちょっとやって、
無いっすねぇ!フフフ、そうなんですよ!何か、私らしい人がね、Twitterとか、Facebookに、
居るらしいんですけど、それ、私じゃ無いですからね!フフフ、ホ~ントに違うから~!結構、今回の、
ドラキュラカンパニーにも、なっち、こう、フォローしたよ!とか、フフ、言われるんですけど、それ、
私じゃ無いですよ!って、言う、フフフ、そうなんですよ!そう、私がブログに、アップしたコトを、そのまま、
アップしてたり~!それらしい、私のニュアンスを何か、こう、加えてアップしたりするんですけど~!
ホ~ント違いますからねぇ、もう、止めて下さい!フフフ、私じゃ無いですから、は~い!」と話していました。
マァ、芸能人でTwitterをしてない人は結構、そういう被害を受けてるケースが多いですよね。(^^;

♪Best Friend♪

ここで又、日記風に読んでいました。

「○月×日、この間、火鍋を頂きました。漢方や、薬膳入りのスープ、
お鍋の中に、沢山のキノコや野菜、お肉を入れて、食べるんですが、
スープに味が付いているので、何も付けずに頂く!
それが、もう、美味しくて美味しくて!体が喜んでる感じでした。
あまりの美味しさに、次の日も食べに行っちゃいました。
これからの季節、火鍋、お奨めですよ!」
(マァ、これからは温かい鍋が最高ですよね)(^^)

エンディングで、なっちはインフォメーションを色々、語った後「それでは、あなたに会えたら!
来週、日曜日の夜9時、ここで、あなたに会えたら!今日も聴いてくれて有難うございました。
安倍なつみでした~!それじゃあ、したっけねぇ~!バイバイ!」と、言って終っていましたね。(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「安倍なつみあなたに会えたら」NO228前編 (9/22)

2013-09-26 00:00:01 | Weblog


今回もボリュームが膨らんだので前編、後編に分け、一部簡略化してレポさせて頂きます。

オープニングで、なっちは「今夜もラジオの前で聴いてくれてる皆さん、パソコン、ラジコで聴いてくれてる
皆さん、こんばんは、bayfmあなたに会えたら!安部なつみです。さて、明日は秋分の日で、
祝日と言うコトで、ねぇ、皆さんは3連休の真っ最中なんでしょうかねぇ?今月は3連休が2回、
有りましたねぇ?休んでばかり・・イヤ、でもねフフ、こういう3連休が有るから、お仕事が頑張れたりする!
イヤ~、でも、いいですねぇ、やっぱり、国内旅行だったり、私はアノ、地元が北海道だったので、
道内旅行したり、してましたねぇ!家族、みんなで~、お父さんが運転する車に乗って、ラジオだったり、
音楽を聴きながら、家族で歌いながら、色んな旅行をしましたねぇ、イヤ~、懐かしいな、
富良野に行ったり、色んな所に行ったな、函館も行ったり、そうそうそう~!道内旅行、いいですよ~!
ホントに北海道、是非!良かったら何かの機会に皆さん、行ってみて、下さいね!美味しい物も、
一杯有りますし!(マァ、北海道は四季、いつの季節でも美味しい物が一杯有りますからね)(^^)

は~い、そしてマァ、私はドラキュラの千秋楽公演が終わって~!マァゆっくりと、お休み、取りたいなァって、
言う所なんですけど、マァ、ホントに先々、決まってる、お仕事に向けて~、色々と映像を見たりだったり、
台本、読んだりとか~してたり、マァ、その他の、お仕事でも、ちょこちょこと動いて、準備してる感じ、
なんですけれども!マァ、でもねぇ、ホントに~!イヤ~、千秋楽フフ、終りましたよね!フフ、
マァ、こないだ、収録~、してた時は、まだ終っていなくて~!マァ、ミーナ真っ最中だったんですけど!
マァ、ホントに正直、ホっと、しています。アノ~、やっぱり、毎日、毎日、朝、まず起きたら声が出るか?
ア~ア~ア~、う~ん!とか、言ってフフ、発声しながら!そうやって、朝、こう~、朝が始まって~!
マァ、劇場に行って~、アップして~!ホントに、こう、体力と~、こう、声?の勝負だったので!
後、緊張感とプレッシャーと、色んなモノを背負いながら、毎日、アノ、ステージに立っていたので~!
マァ、ホントに、その作品が終わって、ホッとしているのと充実感と、もう解放感と!フフ、イヤ、でもホントに、
いい~、カンパニーだったので~!イヤ、スタッフもキャストも、ミュージシャンの皆さんも、ホ~ントに、
みんなで、この作品を走り切れたなって!何か、1人欠けても違ったと思うし、ホントに、う~ん、
この作品の中で生きられて、ミーナとして、沢山~、学ぶコトが、学ばせて頂いて、教えて頂いて、もう、
ホントに、感謝、感謝の、エ~、ドラキュラの日々でしたね。
(マァ、今回の公演中は、なっちもミーナに全てを注いで取り組んでいた感じでしたからね。)(^^)

うんうん、ホントに未だにね、アノ、実はドラキュラチームで、繋がってるLINEが有りまして!フフフ、もう~、
実は、今日も朝から、朝、起きたら、もう何10件も~、フフ、みんなで遣り取りしてるから!フフ、
もう、凄いコトに、なってて~!フフ、イヤ、でも凄く、楽しいんですけどね!終わって、今も尚、
遣り取りしてるって凄いなって言う!そうなんですよ~!みんな、朝型の人だったり、夜型の人だったり、
居るんですけど!みんなで写真を送り合ったりとか~、イヤ~、そうなんですよ!何処何処、
行きたいねぇ、とか、バーベキューしたいねぇ、って言って繋がっているんですけど、イヤ~、フフ凄い!
凄い、面白いです!フフフ、凄い、いい、未だにね、こうやって繋がってるって、中々、今までの私、
経験でも無いですね、こんなカンパニー!う~ん、凄い素敵だなと思いながら!ねぇ、マァ、私は、
次に向けて動いてるんですけども!いい関係で、いたいなァと思いますねぇ、皆さんとね!
(マァ、是非、又、来年の再演の時まで、ずっと繋げて盛り上げて欲しいですね)(^^)

マァ、後はマァ、今更って言ったら、ま、今更なんですけど、でもホント、おめでとうございますでしたね、
ですよね?2020年、オリンピック開催、決定と言うコトで!イヤ、これはねぇ、これ、決まった日が~、
確か、千秋楽の日だったんですよね?うん、だから、みんなで、そのコトを話したり、してたんですけど!
イヤ~、嬉しいですよね。やっぱり自分が~、アノ~、生きてる間に、って言うかフフ、東京で、
オリンピックが見られる、そして参加出来るかも知れないって言う~!何~か、それが嬉しくて~!
だって前に~、東京オリンピックが有った時って、私、生きてないでしょ?生まれて来てないよね、勿論!
イヤ~、だから凄く~、ねぇ、日本中が、こう何か、凄い盛り上がって!お祭り騒ぎのようになったり、
何か、盛り上がるんだなァって思うと、凄い、嬉しいですねぇ!世界中から、ねぇ、選手だったりとか~、
そこに関係している人だったり、見に来て下さる人だったりとか~?ねぇ、凄いですよねぇ!やりましたね!
って感じですよねぇ!イヤ~、素晴らしい!私も凄く楽しみにしていますけれども!ねぇ、はい、っと、
言うコトでマァ、2020年に向けても、そうですけど、ねぇ、頑張ってフフ、行きたいなってフフ、思いますね!
はい、っと言うコトで、日曜日の夜、この時間はラジオの前の皆さんとのヒーリングタイム、大好きな、
音楽と共に私も癒されたいと思います。それでは今夜も最後まで、お付き合い下さい!」と言って、
始まっていました。
マァ、後、7年後、果たして、なっちが、どんな感じに変貌?してるのか、そちらも楽しみですね。(^^)

♪やさしさに包まれたなら♪ (絢香) 

ここからリスナーのメッセージが紹介されていました。

最初は愛知県のラジオネーム“パールさん”主婦の方からで
“・・・ミーナとして生きた18公演、本当に本当に、お疲れ様でした。私は、初日、翌日の24日と、
千秋楽に観劇しました。(なっちは「エ~、そんなに?3回も!観て下さったんですね。フフ、凄い!
有難うございます。」と言ってます)・・正直、なっちが、あんな高音を出せるとは思っていなくて、
なっち凄い、なっち凄い!っと、心の中で、どれだけ言った事か?何度も何度も鳥肌が立ちました。
千秋楽では、演技が凄く、良くなっていて感動しました。なっちは確実に次のステージに進みましたね。
素晴らしいカンパニーで、舞台は総合演劇だなと改めて思いました。なっちに掛っていたプレッシャーは、
計り知れない程、大きなものだったのでしょうね?そんな、なっちに伝えたい話が有ります。
ドラキュラの感想を検索していた時、見つけました。役を作る役者は、役を降りたら役を忘れるけど、
役を切るカッコ、成り切る役者は、役、そのものが自分の人生の一部になるので、どんどん深みが増す、
役で演じた人生が、まるで自分が生きて来た、そのもので有るかのように、吸収出来る、
仮面の付け外しじゃ無い、そんな所が強みだと言う話、なっちにピッタリ、当て嵌まる気がしました。
緊張の日々から解放され、ゆっくり出来てるといいですね。今後の、なっちが楽しみです。
ずっと応援します。長くてすみませんでした!“との内容でした。

なっちは、役を作ると、でもブログにも書いたけどミーナがドンドン、ドンドン、回を増す毎にと言うか、
瞬間的にも、そうだけど、この役が、自分と重なったり、近づいて来る、そう言う重なる瞬間が多々有って、
ホントに、役をドンドン、自分に近づけてると言う作業は何か、今回ホントに、得たコトと言うか、初めて
感じられたコトだったし、そして、役に成り切るとか、役を演じるとか、そう言うコトでは無いコトを、
経験させて頂けた気がしたと言っていました。又、実は、今まではホントに凄く、振り切れる役だったり、
振り幅がグ~ンと大きい役を演じたり、捨て身に、なったりそういう部分で、振り切れてた解放感とか、
爽快感が有ったけど、ミーナは、そうでは無くて、何か、表現と言う上で、ただ、声を荒げたりとか、
体も動作もそうだけど、踊ったり、何か、放つってコトをすると言うコトでは無くて、ホントに心の中の葛藤、
脳の中で、頭の中で起きてるコトと、心の葛藤の中で、ホントに理性が強い女性だったとの事で
「・・そんな人がねぇ、ドラキュラ伯爵って人に、会ったコトで、どういう風に、なって行くのか?って言う!
だからねぇ、ホントに、そうそうそう!自分で、こういう役がホントに無かったので~!イヤ~、
どういう風にすれば、こう~、ミーナを演じる上で、どうしたらいいんだろうな?って言うのが~、全く、
経験に無いコトだったので~!もう、何度と演出家だったりとか~、もう、色んな、その演者の、
皆さんだったり~、フフ、もう、色んな方と何度、話したか?うん、その中で、歌の表現って言うコトも、
こう、重要に、なってたので、お芝居と~、同じ位!うん、だからねぇ、ホ~ントに、ホ~ントに!
こう、この経験は、ホントに大きくて!もう~、見て感じて貰ったコトも、凄い、嬉しいんですけど!
私の中では、この経験がホントに、こう~、今までに無い経験を、させて頂いたので、何か、大事に、
して行きたいなって、うん、思うし~、何か、秘密の経験だなって!大事に大事に、この先、こう、
演劇だったりとか、こう、舞台の中で生きる中で、こう、話せる部分も有ったり~、こう、
出来るんじゃないかなと思って、ホ~ントにホントに、いい経験を、させて頂いたなって思います。はい!」
と話していました。マァ、なっちは、ドラキュラの中で、新たに大きな財産を得たようですね。(^^)

この後、後編に続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加