ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

モーニング娘。'16牧野真莉愛の「まりあんLOVEりんですっ♡」第26回その1(11/22)

2016-11-26 00:00:01 | Weblog



今回も、先週に続き、フクちゃんがスタジオゲストで、大幅にボリュームが膨らんだ為、
その1その2その3に、3分割して、そして、最初からトーク方式でレポさせて頂きます。

(M=マリアン、F=フクちゃん)

M 「こんばんは~!モーニング娘。’16牧野真莉愛です!そして先週に引き続き、今日も~、
ジャジャジャジャジャジャ~ン!」
F 「モーニング娘。‘16の譜久村聖で~す!」
M 「イエ~ィ!」
Y 「イエ~ィ!」
M 「フフフ」
F 「ジャジャンが、増えたね?」
M 「ジャンジャン、ジャンジャン!フフ、もうスぺシャルサービスです!真莉愛からの!」
F 「オッ、有難う!フフ、凄い、歓迎されてま~す!」
M 「イエ~ィ!イヤ、でも、ホントにアノね、やっぱり、譜久村さんはね・・。」
F 「うん!」
M 「楽しいです!」
F 「アハハハ」
M 「何か、気持ち悪い人みたい?・・」
F 「イヤ~、そうですねぇ、この日~の、スケジュールを見てアノ、真莉愛がさァ~・・。」
M 「はい!」
F 「2月にバースデーイベント・・。」
M 「はいはいはい!」
F 「やった時に~、何か~、聖と、ご飯行く券、みたいなの、ゲットした、みたいな!」
M 「ゲットしました!必死で!」
F 「そう、話をしてて~!何かさ、決まったよ!って言って、エッ?何ですか?って言う話してたんだけど~!」
M 「はい!」
F 「それがね、まだ、叶えられてないんだよね~?」
M 「そうなんです~!」
F 「そう、だからさァ、今日、お仕事~、このね、終わった後、時間有るから、行こうかな?と思ったら、
真莉愛、空いてないんだよねぇ?・・」
M 「そうなんですよ!譜久村さんが、もう~、ここ行こう~、とか、お店も~、もう選んで下さって~!
もう、楽しみなんですよ!」
F 「フフ、パンダだよう~、に、行くんだよね?」
M 「パンダだよ~!に行くんです。パンダだよ~!の、お店に行くんです!」
F 「そう!」
(マァ、マリアンも、それだけ、仕事が充実してきてると言う感じですかね)(^^)

M 「エッ、でも~、アレ、凄かったんですよ!真莉愛のバースデーの時に~!」
F 「うん!」
M 「譜久村さんと~、野球の~、何か、1公演目は~、野球、2公演目が、譜久村さん、
どっちか、判んなかったですけど~!」
F 「うん!」
M 「有って~!譜久村さんが~、1番、凄かったの、何だったかなァ?何か、2泊3日の旅行みたいの!」
F 「それさァ、アレでしょ?全額~、聖が出すんでしょ?フフフ」
M 「フフフ、そうです!」
F 「謎の何か、賭けに~、私、入られて!」
M 「だから、譜久村さんと温泉に行くとか~!フフ、そういうの、ばっかり、やってる~!
そんな中でゲットした、お食事!」
F 「お食事、マァ、ゲットしなくても行けるけどね、別にね!」
M 「フフフ、は~い!」
F 「早く、行きたいね!」
M 「そうですね!パンダだよ~!に、行きたいと思います。」
F 「フフフ」
M 「は~い!っと言うコトで、今日もワクワク、ドキドキが止まらない、牧野真莉愛と・・」
F 「ニヤニヤが止まらない、フフ、譜久村聖と!フフフ」
M 「フフフ、最後まで!フフ、これ、台本ですからね!」
F 「フフフ」
M 「最後まで、お付き合い下さい・・」(ちょっと最後を言い間違いしたようです)
F 「フフフ・・」
M 「お付き合い・・」
M&F 「下ちゃいマリア~!」
M 「フフ、それでは、ここで1曲、掛けたいと思いま~す!は~い、譜久村さんがセクシーな!」
F 「フゥ~!」
M 「11月23日に発売する、モーニング娘。‘16の新曲の中から!・・」
M&F 「“セクシーキャットの演説”」
(マァ、2人が泊り掛けで温泉旅行とか行ったら終始、笑いの絶えない楽しい旅に、なりそうですね)(^^)

♪セクシーキャットの演説♪ (モーニング娘。‘16)

M 「ラブリンメールのコーナーで~す!」
F 「イエ~ィ!」
M 「イエ~ィ!」
F 「イエィ!・・」
M 「フフ、っと言うコトで、早速、ラブリンメールが、一杯、届いているので!」
F 「は~い!」
M 「読んで行きたいと思いま~す!」
F 「は~い!」
M 「まずは、東京都の“サクボハルキさん”からです!」
F 「有難うございま~す!」
M 「有難うございま~す!“真莉愛ちゃん、フクちゃん、こんばんは~!パシフィコ横浜の、
コンサート帰り中に投稿してます“・・有難うございます。」
F 「オ~、凄~い!有難うございま~す!」
M 「“そして、真莉愛ちゃん、センター、おめでとう~!”・・有難うございま~す!
“今日のコンサートも、真莉愛ちゃんも、フクちゃんも本当に楽しんでいて、こっちも嬉しいで~す”・・」
F 「う~ん、有難う!」
M 「“所で、フクちゃんに質問ですが”・・」
F 「はい!」
M 「“真莉愛ちゃんみたいな妹は欲しいですか?フクちゃんは、3兄弟の真ん中ですよね?”・・」
F 「そうなの!」
M 「“弟さんはいますが、妹で、しかも真莉愛ちゃんですよ!マリラブで、いつも元気な真莉愛ちゃんも、
大好きです!無邪気なフクちゃんも大好きで~す!“」
F 「オ~!?」
M 「有難うございます。」
F 「有難うございます。・・そんな、真莉愛なんか来たら、疲れちゃいますよね!」
M 「アハハハ」
F 「お家に~、毎日、毎日、こんな、フクちゃ~ん!なんて言う人が居たら!」
M 「アハハハ」
(マァ、マリアンのような妹が家族に居たら、かなり賑やかな雰囲気になると言う感じですかね)(^^;

F 「イヤ、でも~、妹が、ずっと欲しくて~!」
M 「エ~?・・」
F 「何か、やっぱり、男兄弟に挟まれてるし~!」
M 「はい!」
F 「アノ~、何?お姉ちゃんとか、妹エピソードって、凄い可愛いなァ、と思って~!」
M 「ア~、うんうん!」
F 「何か、そういうのに、凄い憧れてるから~!」
M 「は~い!」
F 「何か、欲しいかも!」
M 「ア~、逆に、真莉愛じゃなくても、いいかも知れないですね?」
F 「アハハハ」
M 「フフフ」
F 「イヤ、でもね、真莉愛・・う~ん?真莉愛~・・そうだなァ?」
M 「そうだなァ~?・・」
F 「真莉愛・・」
M 「そうですよね、うん!」
F 「何か、真莉愛がねぇ、妹だと、何か、何でも、お願いしちゃいそうで!
何か、多分、デビルになっちゃうから、聖が!」
M 「アハハハ、デビルって?」
F 「だって、何でも、やって、くれそうだもん!」
M 「イヤだ、イヤだ、イヤだ!」
F 「お茶、持って来て~?とか、でも何かさァ、は~い!とか言ってさァ、持って来てくれそうだからさァ~!」
M 「判んないですよ~!?」
F 「ア~、普段の真莉愛、コワいから~!?」
M 「エ~?フフフ」
F 「やんないか?ハァ~?とか、ハァ~、舐めてんじゃねぇよ、とか!フフフ」
M 「言わない、言わない!」
F 「コワい、コワい!」
M 「言わないですよ~!言わない!イヤ、譜久村さんの為なら、何でもしますよ!」
F 「フフフ」
M 「だって、ケーキも買いに行ったんですから!フフフ」
F 「そうだね!いい妹に、なってくれると思います。」
M 「じゃあ、譜久村さんの、お家に、明日から妹に、なりたいと思います。」
F 「大丈夫で~す!」
M 「アハハハ」
F 「4人兄弟?・・」
(マァ、マリアンが妹になれば譜久村家は、男女2人ずつ4兄弟で均整がとれると言う感じですかね)(^^;

M 「じゃあ、続いてのメール、行きたいと思います。」
F 「は~い!」
M 「東京都・・“ムロカさん”からで~す!」
F 「有難うございま~す!」
M 「有難うございま~す!“真莉愛ちゃん、譜久村さん、こんばんラブリ~ン!”・・」
F 「こんばんラブリ~ン!」
M 「アッ、お悩み相談です!」
F 「オッ?!」
M 「“私は、声が小さいのが悩みです!お年寄りと、お話してる時も、あちらが気を遣って、
聴こえた振りをして下さることも有って、声が大きければ良かったのになァ、と思います。
真莉愛ちゃんは、声が凄く、大きくて、カッコいいなと思います。はっきり大きな声で喋ろうと、
いつも意識して、頑張ってるんですか?しっかり、腹筋、使って喋ってるんでしょうか?教えて下さい“」
F 「う~ん!?」
M 「う~ん?・・」
F 「でも、声、小っちゃいのは~!聖も~、ちょっと悩みかも知れない!」
M 「ア~、うんうん!」
F 「ちゃんと~、こう、ステージに立つ人に、なってから~!何か、ちゃんと喋れる人に、フフ、
なろう!って思って~!」
M 「はい!」
F 「そう、頑張ってるんですけど~!でも、家族とかで言うと~、何か、何?モゴモゴしてんの、聖?
みたいな感じで~!」
M 「はい!」
F 「エッ、今の、独り言~?みたいに、なっちゃう時も有るし~!」
M 「はい!」
F 「だから~、エッ、何だろうね?何、したらいいと思う~?」
M 「アッ、でも、逆に真莉愛も~、思っちゃうと~、ボツボツボツって喋るから~、
ま、滑舌、悪いのも有るんですけど~!」
F 「フフフ」
M 「うん、エ~?エ~?とかって言われるけど、でも逆に、真莉愛は~、声が逆に大き過ぎてるのも、
悩みかも知れないです!」
F 「そうだね、何かさァ~、アノ、フフ、大きいよね?ホントに!」
M 「ビックリする!フフ」
(マァ、確かに、マリアンはテレビ番組に出演してる時も、元気一杯に喋るシーンが多いですからね)(^^;

F 「アノ、何だっけ?何か~、レッスンとかで、曲を掛けて貰う時に~、お願いしま~す!って、こう、
マネージャーさんに言うんですけど~!」
M 「ヤバい?・・」
F 「したら、お願いしま~~す!みたいな!」(絶叫して言ってます)
M 「アハハハ」
F 「今から、何、始まるの?みたいな感じに!フフ」
M 「イヤ、それは~、大きな声で言おうと思って言ったから~!」
F 「うん!」
M 「大きかったけど~!でも、流石に~、それは大きい声じゃなくていいよ!って、言われる・・。」
F 「怒鳴り声みたいな感じで!」
M 「そう、大きい声って言うのね、最初、意識して、やってたんだけど!」
F 「そう、楽屋で1番、ウルサイのは~?優樹ちゃんかなァ?フフフ」
M 「ア~、ア~!」
F 「優樹って、意外と、喋らないか?」
M 「イヤ、喋る時は~?って、コトですね!」
F 「そうそうそう!喋る時は~、ア~、でも、後、亜佑美ちゃんとかも、結構・・。」
M 「う~ん?」
F 「何か、リアクションが凄いよね?」
M 「面白~い!面白いって、言ったら何か~・・。」
F 「例えば、座りながら、メイクしながら~、喋ってるのに~!」
M 「はい!」
F 「笑って~、何か、椅子から落ちたりとか~!アハハハ」
M 「アハハハ」
F 「何か、床に這いつくばって笑って!フフフ、するじゃ~ん!」
M 「ア~、アハハ・・面白~い!」
F 「何か、そういうのと比べたら真莉愛は~、アノ、楽屋とかで、落ち着いてるかな、って、思うけど・・。」
M 「アッ、やった~!フフ・・でも~、お家とか~だと~、やっぱり~、声が大きくって~!いつも、
静かにして!って言われるんですよ~!だから、ただ~、楽しくて、アノね、アノね、って喋りたくても~!」
F 「うんうん!」
M 「声、大きくしちゃうから~!何か、思い通りに喋れない!」
F 「オ~?・・」
M 「小さい頃からかなァ?・・」
F 「確かに!何か、アレだね?大き過ぎる人も、小っちゃ過ぎる人も、悩みに、なっちゃうよねぇ?・・」
M 「そうです!でも、フツー位の人って、いるんですかね?」
F 「そう、いるんじゃな~い?フフフ」
M 「フフ、アッ、そうか、いるか?いるか?・・」
(マァ、フツーのトーンで喋ってる人が、やっぱり、1番多いと思いますけどね)(^^;

この後、その2に続きます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ラジオ日本、カントリー・... | トップ | モーニング娘。'16牧野真莉愛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。