ハロプロ番組レポ

ハロプロメンバー出演番組を不定期にレポします。

「ラジオ日本、カントリー・ガールズの只今ラジオ放送中!!」第106回 (4/16) 

2017-04-21 00:00:01 | Weblog



今回も、オープニングトークをレポさせて頂きます。

(R=山木梨沙ちゃん、M=小関舞ちゃん)

M 「中西さん、莉佳子ちゃん、カミコ、お疲れ様でした~!」
R 「お疲れ様でした~!」
M 「は~い、アノ~、中西さんは~・・」
R 「オ~?」
M 「もう去年です!去年の~、夏~ぐらいに~!」
R 「うん!」
M 「アノ、連絡先を交換したんですよ~!」
R 「ホォ~!」
M 「そっから~、その~、連絡してないワ?って言う、お話になって~!」
R 「ハァ~?」
M 「全く、話してなかったけども~!アノ~、今回のハロコン?」
R 「うん!」
M 「・・から、スッゴイ~!喋らせて~?」
R 「へぇ~?」
M 「頂くようになって~!もう、LINE良くするようになって~!」
R 「うん!」
M 「で~、その~、遊ぼうよ、って話に、なったんですよ、2人で!」
R 「へぇ~?う~ん!」
M 「で、その先輩と~、2人で遊ぶなんて~!今まで無かったし~・・」
R 「う~ん!」
M 「どうしよう?キンチョーする!しかも、何処で遊ぶとか~?!その後輩としての礼儀とか~!
そういうのも全然~・・」
R 「ア~?・・」
M 「判らない~まま、エッ、どうしよう?キンチョーすると思ってたら~!」
R 「うん!」
M 「段々、その話がフフ、無くなってきちゃって~!フフ」
R 「エ~?ウソ~!・・」
M 「で~、そしたら、いつの間にか~、アノ~、消えてたと言う~!」
R 「エッ?」
M 「うん、お互い、何か、そう~、何かねぇ、凄い~、ちょっと、何かねぇ、
そういう雰囲気に、なっちゃって~!」
R 「エッ?」
M 「だから~・・」
R 「ウソ~?」
M 「凄い、残念なんですよ!だから~、もう、今直ぐにでも~!」
R 「うん!」
M 「遊びたいんで~!」
R 「うん・・」
M 「ちょっと、中西さ~ん!お願いしま~す!っと言うコトで!」
R 「はい、中西さん、聴いて下さってると、いいね!」
M 「は~い、ホントに~、もう、遊びたいです!もう~!・・」
R 「うん、それか、これをね、聴いてる、リスナーの方が、中西さんに!」
M 「そう、メールなどでね?・・」
R 「そうそう、そうそう!はい、そういうのも期待して~!遊べるといいね!」
M 「ホント、もう~、初ですから!」
R 「そうねぇ!」
M 「先輩とも、ちゃんと~、お話、出来るようなね!」
R 「そうだね!」
M 「頑張りたいと!」
R 「聴いてるから、きっと!」
M 「はい、思いま~す!」
R 「は~い、それでは今夜もスタートです!」
M 「1422ラジオ日本、カントリーガールズの・・」
R&M 「只今、ラジオ、放送中!」
(マァ、是非、何らかの方法で舞ちゃんと香菜ちゃん2人が、一緒に遊べる流れになって欲しいですね)(^^)

(ここでオープニングミュージックが流れました)

M 「皆さん、こんばんは~!カントリーガールズの小関舞です~!」(テンション高めです)
R 「山木梨沙です!フフフ」
M 「フフ、ホントにもう~・・」
R 「今ね、アノ、スタッフさんから~、アノ、小関さん、何か、大人っぽくなりましたね?喋り方!
みたいに言われて~!」
M 「アハハハ」
R 「で、舞ちゃんは~、大人になるのがイヤなんだって!」
M 「う~ん?・・」
R 「だから~、マァ、キャピキャピして~!届けるんでしょう?この30分間!」
M 「届けるよ!届ける~!」
R 「じゃあ~、高校生になった舞ちゃんは・・」
M 「は~い!」
R 「どうですか?」
M 「そう~ですねぇ・・」
R 「うん!」
M 「アノ~、ま、今の時点だと~、まだ入学式が始まってないので~・・」
R 「はい!」
M 「何とも言えないんですけど~!」
R 「う~ん・・」
M 「アノ~、ま、友達~作り?」
R 「うん!」
M 「って、凄い、大事じゃないですか?」
R 「そうねぇ!」
M 「でも、舞は~、最初はマァ、凄い、ガツガツ行くタイプじゃないんですけど~!」
R 「う~ん・・」
M 「う~ん、割と~、その~、友達作りに困るタイプじゃないんですよ!」
(マァ、本人としては、友達作りは平均タイプと考えてる感じですかね)(^^;

R 「うんうん・・ア~、アノさァ、カントリーガールズのメンバーで・・」
M 「はい!」
R 「その~、アッ、居るじゃない、クラスの中で、中心メンバーに居るタイプと~!」
M 「はい!」
R 「でないタイプ!フフ、アハハ」
M 「フフフ」
R 「それの~、メンバー分け、って言うのを~!・・」
M 「はいはい!」
R 「ま、モモチ先輩中心に~!・・」
M 「はい!」
R 「みんなで話してて~!」
M 「あの子は、アァだよね?みたいな!」
R 「そうそう、そうそう~!」
M 「アレ、何だっけね?」
R 「で、舞ちゃんは~、もう、完全に中心!」
M 「は~い!」
R 「で、発言権も有る~・・」
M 「はいはいはい!」
R 「発言したら~・・」
M 「ア~!」
R 「うん、舞ちゃんが発言するタイプ!」
M 「うんうん!」
R 「で~、ちぃは、何故か、判らないけど~、ま、人が自然とね、周りから寄って来るタイプ!」
M 「うんうん!」
R 「愛されるタイプ!」
M 「そうだねぇ!」
R 「で~、ま、フナちゃんも、そうで有ると!」
M 「フナちゃんも、そうだねぇ、割と!」
(マァ、2人は、いい感じのタイプ分けになった感じですかね)(^^)

R 「そう~!で~、モモチ先輩と私と、ヤナミンは~、ま、じゃないタイプだよね、みたいな!」
M 「アハハハ」
R 「メチャメチャ、格付けされて~!」
M 「う~ん?・・」
R 「私、言い返せなくて~、私と、ヤナミンも~!」
M 「うんうん!」
R 「アッ、仰る通りです、みたいな!」
M 「イヤ、でも~、そんなの関係無くさァ~・・」
R 「う~ん!」
M 「このグループでは凄い~、1人1人が輝いてるっていうの、凄いよね!」
R 「そうそうそう~!アッ、関係ないんだよ、そういうのって、全~然!」
M 「うん!キャラは有ってもね!」
R 「そう~、やっぱね、殻は破って行くモノだよね!」
M 「そうだよね、でも、高校生活、勉強、大変に、なりますけども~!」
R 「うん!」
M 「頑張って~、行きたいと思いますね!梨沙ちゃんが~、その高校生~?・・」
R 「うん!」
M 「・・の時に凄い、何かこう、勉強が大変~、みたいな!」
R 「ア~?」
M 「見てたんですよ、中学生の私は!」
R 「うん!」
M 「で~、なりたくないな、高校生~!とか、思ってたんですけど~!ま、頑張んなきゃ意味ないので!」
R 「そうだね!」
M 「取り合えず、努力はしますよ!」
R 「そうねぇ、義務教育じゃないからね!」
M 「そうなんですよ~!」
R 「楽しいよ~!私、高校生が1番、楽しかった。うん!」
M 「ホント~?」
R 「うん!」
M 「アッ、でも、そう言われると、ヤル気が上がりますね!」
R 「うん、ホント、楽しいから!」
M 「じゃあ、もう、今しかない、高校生活を!」
R 「そう!」
M 「頑張って行きたいと思いま~す!」
R 「は~い!」
M 「はい、っと言う訳で、それでは今日のファーストナンバーです。」
R 「お待たせしました~!カントリーガールズの、カッコいい、この曲を聴いて下さい。カントリーガールズで・・」
M&R 「“Good Boy Bad Girl”」
(マァ、高校生になったら、今まで体験出来なかった、素敵なコトが一杯、楽しいますからね)(^^)

♪Good Boy Bad Girl♪ (カントリーガールズ)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HBCラジオ「Hello!to meet y... | トップ | モーニング娘。'17牧野真莉愛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。