サフィ 風の囁き

このゲーム、絵柄もいいですが、内容的にもいい感じです。

背景:PC「ことのはアムリラート」より

F1第5戦決勝

2017-05-14 22:55:56 | F1
F1第5戦 スペイン 決勝


アロンソが7番手スタートから健闘できるか注目の決勝。
今回も生中継で見ましたよ。


ってことで、全66周のレース。
下位チームで3台ほどミディアムタイヤを選択していましたが、
それ以外はソフトタイヤでのスタート。

1コーナーでライコネンとフェルスタッペンが接触。
3台並んでコーナーに入り、ボッタスとライコネンが軽く接触、
それで弾かれた形のライコネンがフェルスタッペンと接触したようです。
また、アロンソもオーバーランで順位を落とすことに。
マッサとの接触があったようです。その影響でマッサも順位を落とします。

1周目終了時点で、ベッテル、ハミルトン、ボッタス、リカルド、ペレス、
オコン、ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、サインツ、グロージャンの順。
アロンソは11番手。
ライコネンはストップ。フェルスタッペンもピットインし、そのままリタイア。


13周目、グロージャンに引っかかっていたアロンソがピットイン。
チームメイトのバンドーンもピットイン。

14周目、マグヌッセンとサインツがピットイン。
15周目、ベッテルがピットイン。ベッテルは4番手で復帰。
16周目、タイヤを変えたベッテルがリカルドを抜いて3番手に。

22周目、ハミルトンがピットイン。ミディアムタイヤへのチェンジ。
また、リカルドも同じ周にピットインでミディアムタイヤへ。

25周目、ベッテルがボッタスを抜いてトップに。
26周目、ハミルトンがボッタスの前に出て2番手に。
27周目、ボッタスがピットイン。


33周目、アロンソが2回目のピットイン。ミディアムタイヤへ。
35周目、バンドーンがマッサにヒットしてリタイア。
それによって、バーチャルセーフティーカーに。

通常とは違い、全車が同じ速度で走るので、差は縮まりません。
その間に、中団チームは続々とピットイン。

37周目、ハミルトンがピットイン。ソフトタイヤへ。
38周目、ベッテルがピットイン。ミディアムタイヤへ。
ただ、戻ったところで、ハミルトンと軽く接触。


39周目、ボッタスがリタイア。マシントラブルでストップしたようです。
44周目、ハミルトンがベッテルを抜いてトップに。

48周目、1ストップ戦略で7番手を走っているザウバーのウェーレインに5秒ペナルティーが出ます。
たった5秒ですが、その後ろが接戦なので、随分順位を落とす可能性も。
アロンソは3ストップにして、ほぼ最後尾からではあるものの果敢に追撃、という形。
61~62周で、ウィリアムズの2台を抜いて13番手に。


結果。

優勝はハミルトン、2位ベッテル、3位リカルド、4位ペレス。
以下、オコン、ヒュルケンベルグ、ウェーレイン、サインツ、クビアト、グロージャンのトップ10。
ウェーレインはペナルティーで5秒加算になりましたが、それでも8番手。

アロンソは12番手。マシンの状態はよさそうだったので、1周目の接触が悔やまれます。
上位チームが1台ずつリタイアしたとはいえ、フォースインディアの4位5位は素晴らしいですね。


次回は2週間後、モナコGP。
アロンソは欠場で、代わりにバトンが出走することにも注目です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« F1第5戦予選 | トップ | ママは小学4年生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

F1」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。