サフィ 風の囁き

アニメはなかなか良かったと思います。

背景:三月「ひなこのーと」4巻より

F1第5戦予選

2017-05-13 22:29:52 | F1
F1第5戦 スペイン 予選


今回は予選も生中継で見てみました。
ここでのタイヤはソフト、ミディアム、ハードの3種類。
予選は全車ソフトタイヤを使用しました。


まずはQ1。

1回目のアタックでは、ハミルトン、ベッテル、ボッタス、ライコネンという順当なトップ4。
ライコネンは2周続けてアタックして、ベッテルを抜いて2番手に。
他のチームは、上位2チームとは少し、差がついてしまっている感じですね。
まぁ、フリー走行の結果通りではありますが。

上位チームは安泰なので2度目のアタックには基本的に出てきませんが、
ベッテルだけは、なにかチェックしているのか、
ピットから出てそのまま戻る、というのを何度か繰り返していました。
なお、アロンソは12番手でQ1突破。


続いてQ2。

真っ先に出て行ったのはボッタス。ただ、アタック中にミスして、仕切り直し。
次の周で改めてアタックし直しました。
1回目のアタックは、ハミルトン、ベッテル、ボッタス、ライコネンの順。
4、5番手のフェルスタッペン、リカルドも、ライコネンとあまり変わらないタイム。
また、アロンソが10番手のタイムを出しています。

2回目のアタックは、上位3チームは走らず。
ハースのグロージャンがトップ10には入りそうでしたが、ミスしてそのままピットへ。
10番手前後は接戦になったものの、アロンソはぎりぎり10番手でQ3進出。
地元パワーは強い? というか、アロンソの意地、でしょうかね。


そしてQ3。

1回目のアタックは、ハミルトン、ボッタス、ライコネン、ベッテルの順。
ボッタスは最後にミスがあったのが惜しいところ。
上位3チーム以外の4台は前半では出走せず。1回アタックに賭ける形。

で、ラストアタック。全車アタックした中、Q3でもアロンソが意地を見せました。


ってことで、結果。

ポールはハミルトン、2番手ベッテル、3番手ボッタス、4番手ライコネン。
以下、フェルスタッペン、リカルド、アロンソ、ペレス、マッサ、オコンのトップ10。
アロンソ、地元GPとはいえ7番手とは! あっぱれ!
あとは、フォースインディアが2台ともQ3進出したってのも面白いところ。

さて、決勝はどうなるか。
今回もメルセデスVSフェラーリになるでしょうけど、そこにレッドブルがどう絡むか。
アロンソ以下は、さすがに上位3チームとはまともに争えないでしょうね。
とはいえ、アロンソは7番手からスタートですし、ポイント獲得できそう?
これまでトラブル続きだから難しいかもですが、とりあえず最後まで走り切ってほしいです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エオルゼア日記っぽいもの ... | トップ | F1第5戦決勝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。