光画繚乱

映画と写真、どちらも「光」が関わるので、そしてそれが「錯綜し合う」ということから、ブログタイトルを光画繚乱としました。

デビルズ・ノット 2013年 114分

2016-11-20 10:28:52 | 映画

 

冤罪が構築される過程を描く。冤罪は「思い込み・ずさんな捜査・警察のシナリオ作り」によって完結される。

とかくこの種の作品は「やるせなさ」が根底に流れる。この作品も「もやもや感」は持続する。


  評価 B

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミッドナイトミートトレイン... | トップ | ダンディ少佐 1965年 136分 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL