浪漫日和~ロマンス小説に癒されて~

時間があれば、ロマンス小説に浸る日々。
素敵な小説に出会えると、本当にし・あ・わ・せ。

『甘やかな陥落』 by ステファニー・ローレンスを読んでみた。

2016年10月17日 | ロマンス読書感想 ・サ行

MIRA文庫から出ているこの本。読んでビックリ(?!)。 シンスター一族のシリーズの中の1作でした。私が読んだことあるのは、ヴィレッジブックスから出ている『この身を悪魔に捧げて』他2作。何気にパラパラとこの本読み返したら、今回のヒロインの名前が出てました、年齢は10歳で(笑)。このシリーズ、1作目の『この身を悪魔に捧げて』は面白かったのですが、それ以降の2作が今一つだったので、その後が出て無くても気にしてなったのですが、ここで出会うとは。(4作目は未読ですが、一応購入してるはず(笑)。) MIRA文庫さんには、途中になっいる 《 バスチョン・クラブ 》 シリーズの方を出版して欲しかったな。ヒーローになる人7人いるのにまだ3作しか出版されてません。 

で、今回のお話ですが、シンスター一族には、代々伝わる宝石、「ザ・レディ」って言うのがあって、そのペンダントの導きで良縁に巡り会えるそうです。…で、私はこの手の話は苦手です(笑)。何だろう、それがあるために確信を持ってしまうので、私がロマンスに求める不安感等が失われる気がする…。 なので今回、ロマンスの展開は普通。 それとホットなシーンは、どうも日本語訳が合わず★ なのでほぼほぼ飛ばしました(笑)。そして事件がたびたび起こるのですが、犯人は話の感じからは程遠いサイコな奴(笑)。なのに、事件の展開はまるで迫力がない★このギャップったら。 犯人がヒロインを追いかける理由も今一つ。 

シンスター一族は無駄にわらわら出て来ます。 あとがきに、このシリーズ31作出てるらしいとあったので、どこかで繋がってるんでしょうが、日本だと6作くらいしか出てない模様★ はぁ~…。 ま、今更こんなに長いの読めませんが(笑)。

それと!ヒーローに逆プロポーズをする令嬢と、彼女を追いかけてる放蕩者カップル。気になっていましたが途中で消えてしまいました★なぜだ。 もう少しこの二人をちゃんと描いて欲しかった…。

次回のヒロインは今回のヒロインの妹で、こちらはすでにMIRA文庫から出てますが、読むかどうかは疑問…。妹キャラ、あんまり好きなタイプではなかったので(笑)。(それを言えば、好きなキャラはいないのですが(笑)。今回は登場人物が沢山いますが、キャラがどうもみんな平坦で烏合の衆になってました。ヒーローはプレイボーイらしいけど、そんな所も出てこないし…。)  次回のヒーローはなかなかな放蕩者らしいので、ちょっと気にはなりますが。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なかなか良かった ♪♪ 『放蕩... | トップ | 『 隠遁公爵、愛に泣く 』&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。